[千鳥ヶ淵お花見2018]夜桜はボートで!桜の開花と見頃、ライトアップ情報

いよいよ桜の季節が近づき、お花見が待ち遠しくてウキウキしますね。

東京都内でも特に人気の高い「千鳥ヶ淵緑道」の桜の開花と見頃、

周辺で行われる千代田さくらまつりの日程やライトアップ、

ボート場の営業時間などお花見情報を紹介します。

※現在、昨年の情報を表示しています。

新たな情報が入り次第、更新いたします。

千鳥ヶ淵 お花見


スポンサーリンク


 

桜の名所<千鳥ヶ淵緑道>

明治14年に英国大使館前に桜を植樹したのを始めに、

江戸城のお濠の周辺に桜が植樹されました。

その後明治30年代には「東京名所図会」に千鳥ヶ淵の桜の散策が紹介されて、

東京の桜の名所として定着していきました。

2016年は100万人の人が千鳥ヶ淵の花見に訪れています。

お花見の人気ランキングは全国9位東京都内では5位を記録しています。

最近では海外からの観光客もたいへん多くなっています。

 

千代田のさくらまつり

2018年の千代田さくらまつりは以下のとおりです。

  • 日程:3月29日(火)~4月8日(日)まで
  • 場所:千鳥ヶ淵緑道、靖国神社、神田神社ほか
  • お問い合わせ:千代田観光まちづくり実行委員会(千代田区商工業連合会内)
    TEL03-6273-7827
  • 開花状況:TEL03-3556-0393(3/12~4/14の期間のみ、自動音声で確認できます。)

 

ちなみに、千鳥ヶ淵でのお花見はござを敷いての宴会スタイルではなく、

散策でのお花見となります。

静かにのんびりと散策しながら、お濠の水面に映える美しい桜を楽しむことが

出来ますね♪

  • 宴会及び喫煙禁止区域です。
  • 駐車場はありません。
  • 入場料無料です。
  • 売店、露店、レストランはありません。
  •  トイレは2カ所設置されています。

<千鳥ヶ淵緑道マップ>↓

 

<花の道マップ>↓

お花見 千鳥ヶ淵マップ

写真:http://kanko-chiyoda.jp/

 

桜の開花&見頃はいつ?

 

<2018年3月13日発表開花予想>↓

2018年 桜開花予想

出典:http://www.weathermap.co.jp/news/2017/01/24/20170124sakura1/

 

※東京の桜の開花予想が3月19日(月)、

満開予想は開花から1週間後と発表されました。

 

 

 

 

何と言っても夜桜がオススメ!ライトアップ情報

皇居西側の千鳥ヶ淵緑道に沿う全長約700mの遊歩道を

「LED電球」を使用してライトアップされた夜桜を楽しめます。

千代田さくらまつり期間中に日没18:00頃~22:00までライトアップされた

夜桜を楽しめます。

 

やはりライトアップされた桜は幻想的で美しいですね。

時間と空間を忘れて夢の世界にいるような、

そんなひとときを与えてくれる美しい光景です。

あまり花見客は写っていないように見えますが、

「激混み」との事ですね。

こんなに素晴らしい桜を見ない訳にはいきませんよね♪


スポンサーリンク



ボートに乗って桜を間近で楽しもう♪

千代田さくらまつり期間中は、千鳥ヶ淵ボート場が営業時間を延長して夜間営業をします。

  • 営業時間:9:00~20:30 (乗船券の販売は20:00まで)
  • 乗船料:30分800円 (観桜期)、ボート1隻の料金で3人まで乗れます。
  • お問合せ先:03-3234-1948 (千鳥ヶ淵ボート場)
  • 事前予約は不可ですのて、ご注意ください。

千鳥ヶ淵の水上から桜を見上げるので、

散策コースとは違った角度から桜を楽しめます。

はらはらと舞い散る桜、水面に浮かぶ桜とともに、

ライトアップされた幻想的な風景の中でボートに乗れば、

二人の距離もグッと縮まりそう♥

そしてボートの種類は足漕ぎ用と手漕ぎ用の2種類あります。

写真を撮りやすいと言う点では足漕ぎの方がスピードも遅く、

その場に留まりやすくて良いようですが、

手漕ぎボートに比べて数が少ないようです。

<千鳥ヶ淵ボート場マップ>↓

  • 強風などにより、ボートが中止になる場合もあります。
  • 混雑している時は数時間待ちになる場合がありますので、早めにボート場に向かいましょう。

 

↓もちろん、日中の桜もとても美しいですよ~♪

 

アクセス

千鳥ヶ淵緑道へ行くには

  • 地下鉄「九段下駅」2番出口から徒歩約5分
  • 地下鉄「半蔵門駅」5番出口から徒歩約5分

※期間中「九段下駅」は混雑が予想されますので、

「半蔵門駅」や他の周辺駅からですと比較的混雑を避けてご利用できます。

 

最後に

桜が咲いたら、春の爽やかな風に誘われて千鳥ヶ淵の周辺を

散策してみるのも良いですね。

場所や時間によって桜の表情が変化するので、色々な風景を満喫できそうです。

そしてボートから見上げる桜は迫力があってイチオシです。

平日の朝一でしたらボートもあまり混雑していないのですぐに乗れるようですが、

土日には数時間待ちという事もあり予約も出来ないので、

早めにボート場へ向かうのが良いようです。

1年のうち桜を満喫できる期間が短いですので、逃さず楽しみたいですね♪

※「千代田さくらまつり」の開催期間と、

「桜の開花予想」は新情報が発表され次第更新します。

 

あわせて読みたい関連記事

今年のお花見はどこに行こうかな・・・?

まだ迷っている人は是非こちらの記事もどうぞ♪

↓↓お花見特集2018のページはこちら↓↓


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA