[醍醐寺お花見2018]開花と見頃は?しだれ桜見どころ売店情報

待ち遠しい桜の季節がやって来ますね。

京都の代表的なお花見の名所、醍醐寺の桜の開花と見頃、

見どころや売店の情報を紹介します。

醍醐寺 お花見 しだれ桜


スポンサーリンク


 

醍醐寺について

醍醐寺は貞観16年(874)に聖宝理源大師が小堂宇を建立して、

准胝、如意輪の両観音像を安置した事に始まりました。

平安時代から「花の醍醐」と呼ばれる桜の名所で、慶長3年(1598)の春、

豊臣秀吉は花見に際して畿内から700本の桜を植え、三宝院の建物と庭園を造ります。

そして晩年、贅を尽くした宴「醍醐の花見」を開き、

この時息子・秀頼や正室・北政所(きたのまんどころ)、

側室の淀、三の丸など女房衆1300人余りが参加して盛大に行われました。

世界文化遺産の境内を背景にカワヅザクラ、シダレザクラ、

ソメイヨシノなど約1,000本の桜があり、約22万人のお花見客が訪れます。

お花見人気ランキングは京都府内で3位です。

醍醐寺では毎年4月の第2日曜日13時~「豊太閤花見行列」が開催され、

雅楽や狂言、踊りなどを披露します。

三宝院から仁王門までは無料、仁王門から金堂へは有料です。

 

 

  • 場所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
  • 開園時間:3月1日~12月第1日曜日までの期間 午前9時~午後5時まで(各所入場は閉門30分前まで)
  • 定休日:無休
  • 入場料:醍醐寺境内は無料
  • 霊宝館、三宝院、伽藍の拝観料はそれぞれ600円
  • 3か所共通券(三宝院・霊宝館・伽藍)は
    大人1,500円、中学・高校生1,000円、小学生以下は無料
    (春期・秋期・・・3月20日~5月15日・10月15日~12月10日)
  • お問い合わせ:総本山 醍醐寺 TEL:075-571-0002/FAX:075-571-0101

夜のライトアップは一般向けには実施していません。

 

桜の開花と見頃

春の彼岸の頃にカワヅザクラが咲き始め、シダレザクラ、ソメイヨシノ、

ヤマザクラ、ヤエザクラ、そして三宝院のオオベニシダレと

金堂わきのオオヤマザクラが咲き終わるまで約3週間お花見を楽しめます。

2018年の開花予想は、3/29と発表されました。

昨年2017年は4/4(火)に霊宝館のしだれ桜と秀吉の桜は見頃を迎えました。

 

 

見どころ

 

醍醐寺 お花見 しだれ桜

醍醐寺では一番先に憲深林苑でカワヅザクラが咲き始めます。

そして霊宝館のしだれ桜や樹齢180年の三宝院の太閤しだれ桜は

多くのお花見客が訪れる醍醐寺のシンボルです。

また霊宝館の庭では、樹齢100年と言われるソメイヨシノの美しさが

人々の心を奪い、総門を入った参道両わきのソメイヨシノの桜並木の

桜のトンネルが見事で混雑していても、是非見たい数々の桜があります。

 

醍醐寺マップ

醍醐寺 お花見マップ

写真出典:http://kimamanikaiteru.blog15.fc2.com/blog-entry-63.html


スポンサーリンク



売店

  1. 醐山料理 雨月茶屋
    うどん、そば、精進料理や、ソフトドリンクやアルコール、デザートが楽しめます。
    営業時間 9:00 ~ 18:00
    お問い合わせ:TEL075-571-1321
  2. 雨月恩賜館(要:事前予約)
    旬の京野菜をたっぷり使った伝承の醐山コース料理を堪能できます。
  3. 雨月茶廊/売店
    アンティックな建物でお土産や喫茶、甘味が楽しめます。
  4. 三宝院売店では食品、飲料、調度品、お土産そして書籍、絵葉書、CD、図録などを取り扱っています。
    営業時間9:00~17:00
    ※拝観料が必要です。お問い合わせ:TEL075-571-0112
  5. 伽藍のお休みどころ「寿庵」はかつて高僧が宿舎としていた所です。
    そば、うどん、カレーなどのお食事やドリンク、和スイーツを味わえます。
    営業時間10:00~17:00
    お問い合わせ:TEL075-572-7878

※境内は売店以外では飲食・喫煙が禁止になっています。

醍醐寺売店マップ

醍醐寺 売店マップ

写真出典:http://www.daigo-ugetsu.jp/access/index.html

 

アクセス

 

  • (電車)京都市営地下鉄東西線「醍醐駅」下車 徒歩約15分
  • (バス)京都駅八条口から京阪バス・山科急行 ホテル京阪前(山急醍醐寺ゆき乗り場)バス停「醍醐寺」下車
  • (バス)JR山科駅から京阪バス1番乗り場(22,22A系統乗車) バス停「醍醐寺前」下車
  • (バス)京阪六地蔵駅から京阪バス2番乗り場(22,22A系統乗車)  バス停「醍醐寺前」下車
  • 駐車場:あり100台 通常期700円、春期・秋期1000円(5時間を越した場合は、30分毎に普通車は100円加算されます。)

 

醍醐寺周辺の地図

 

最後に

醍醐寺では様々な種類の桜が咲き誇りますので、長い期間お花見を楽しめますね。

境内では売店以外では飲食が出来ませんし、シートを敷いての宴会も

出来ませんので気を付けましょう。

一般向けのライトアップはありませんので夜桜は見れませんが、

日中でも圧巻の見応えある桜を楽しめます♪

 

あわせて読みたい関連記事

今年のお花見はどこに行こうかな・・・?

まだ迷っている人は是非こちらの記事もどうぞ♪

↓↓お花見特集2018のページはこちら↓↓


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA