[隅田公園お花見2018]開花と見頃&ライトアップ情報!お花見クルーズ

東京スカイツリー、浅草寺に隣接する都内有数の桜の名所「隅田公園」

開花と見頃の時期、「隅田公園桜まつり」「墨堤さくらまつり」のライトアップ、

お花見クルーズなどお花見情報を紹介します。

新たな情報が入り次第、更新いたします。

隅田公園 お花見 スカイツリーと桜


スポンサーリンク


 

隅田公園について

土手の両側に桜が咲き誇る隅田川は川を隔てて墨田区と台東区に分かれていて、

その両岸にあるのが隅田公園です。

江戸時代、この両岸に八代将軍徳川吉宗が堤防保護と風流を考えて桜を植え、

その後も村民の手でさらに植桜されて評判となり、桜の名所となりました。

墨田区側にはソメイヨシノやヤマザクラなどの桜が約340本あり、

約20万人のお花見客が訪れる東京都内での人気ランキング12位の名所です。

そして台東区側にはソメイヨシノ、サトザクラなどの桜が約600本あり、

約14万8000人が訪れて、人気ランキングは東京都内で20位です。

そして毎年桜の開花に合わせて、墨田区主催の「隅田公園桜まつり」と

台東区主催の「墨堤さくらまつり」が開かれます。

 

<桜マップ>

出典:http://www.guidenet.jp/tk/hanami/

 

開花予想と見頃はいつ?

2018年の東京の桜の開花予想は3/19(月)と発表されました。

 

隅田公園桜まつり(台東区)

近くにある東京スカイツリーと桜のコラボが絶景のスポットで、

屋台船からのお花見も楽しめます。

  • 日時:2018年3月20日(火)~4月8日(日)開催
  • 場所:隅田公園(台東区側)
  • 入場:無料
  • ライトアップ:日没~22:00までです。

 

アクセス

  • 都営浅草線「浅草」駅より徒歩5分
  • 東武線「浅草」駅より徒歩3分
  • 東京メトロ銀座線「浅草」駅より徒歩3分
  • つくばエクスプレス線「浅草」駅より徒歩10分
  • 東武スカイツリー線 浅草駅 徒歩3分
  • (バス)北めぐりんバス 隅田公園→徒歩1分

(お問い合わせ)浅草観光連盟 電話:03-3844-1221
隅田公園(台東区側)マップ


スポンサーリンク



墨堤さくらまつり(墨田区)

吾妻橋から桜橋までの約1㎞に及ぶ桜トンネルが見事で、多くのお花見客が訪れます。

東京スカイツリーもライトアップされて美しい夜桜を堪能できます。

そして地元町会の模擬店や芸妓茶屋、銘品名店会、観光協会のブースなどが並びます。

  • 日時:3月下旬~4月上旬まで(桜の開花に合わせて)
  • 場所:隅田公園(墨田区側)
  • 入場:無料
  • ライトアップ:日没~21:00までです。

 

アクセス

  • 都営浅草線「本所吾妻橋」駅より徒歩10分
  • 東武スカイツリ-ライン「とうきょうスカイツリ-」駅より徒歩10分
  • (車)首都高速向島ICより500m

 

隅田公園(墨田区側)マップ

 

お花見屋形船

桜の開花に合わせて3月23日(金)~4月8日(日)まで、

隅田川のお花見が出来る屋形船が運航します。

  • 料金:おひとり様  10,800円(税込) ※おとな2名様よりご予約可能 小学生以下 5,400円(税込)
  • 乗船場:晴海乗船場
  • コース:隅田川お花見コース
  • 所要時間:約2時間30分
  • 最少催行人員:15名様 ※ご予約が15名様に満たない場合は、休船となります。

お花見屋形船の詳細はこちら

隅田公園 お花見 屋形船

出典:http://www.amitatsu.jp/ohanami/

 

水上バス

2018年3月17日(土)~4月8日(日)の桜の咲く期間に、隅田川の桜を楽しむコースが運航します。

  • 乗船場:浅草 、浜離宮、日の出桟橋
  • 片道:浅草~日の出桟橋間 約60分 ※当期間中に一般往復券の販売はしていません。
  • 料金:大人 740円~780円(コースにより)、小人 370円~390円(コースにより)
  • 座席:自由

水上バスの詳細はこちら

隅田公園 お花見

 

駐車場

    • 場所:<隅田公園自動車駐車場>向島五丁目6番(屋内プール体育館跡地)
    • 開場時間:午前7:30~午後6:30まで
      ※上記時間以外は、出入口を門扉で閉鎖するため、車両を出し入れすることができません。
    • 駐車台数:中型車・大型車 :5台
      普通車:20台
    • 利用料金:中型車・大型車 最初の30分まで無料、以後30分まで毎に400円
      普通車 最初の30分まで無料、以後30分まで毎に100円

※駐車場の台数が少ないため、出来る限り公共の交通機関を利用するのをおすすめします。

 

最後に

上野公園に比べて混雑は避けられるようですが、

もしシートを敷いてお花見をする場合は土日なら

朝一で場所取りするのが良いでしょう。

シートを敷く場所が桜並木そばの土手と決められていますので気を付けましょう。

台東区側よりは隅田側の方がすいているようですし、

シートを敷いて宴会というよりは、土手を散策しながらお花見する人が多いです。

のんびりと散策しながら、そして川の上からのお花見もおすすめです♪

 

あわせて読みたい関連記事

今年のお花見はどこに行こうかな・・・?

まだ迷っている人は是非こちらの記事もどうぞ♪

↓↓お花見特集2018のページはこちら↓↓


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA