自分に合うデトックス茶を求めて・・・。

最近デトックスという言葉をあちこちで耳にするようになりました。

私自身も体内の老廃物を排出するということには大変興味があります。

そこでデトックスの効果があるお茶を探し始めていくつかの種類を見つけたのですが、一番定番なのがやはり緑茶・どくだみ茶、そしてヨモギ茶・ローズヒップティー・タンポポ茶などもデトックス効果があるようですね。

今から25、6年前の事、知り合いの家族がアトピー性皮膚炎に悩まされていた時に、母親が外でどくだみを摘んで来ては家に持ち帰り煎じて飲ませたところ、アトピー性皮膚炎がきれいに治ったという話しを聞きました。

どくだみは日陰の道端に生えているということで、比較的探しやすい植物ではありますが、仕事の合い間に狂ったようにどくだみを摘んでいたというので、子供の治療のためにいかに必死であったかが手に取るようにわかります。

そしてその話しを聞いて当時なかなか治らないと思われていたアトピー性皮膚炎が、どくだみを飲んで治ってしまったという話に私もとても驚き、デトックスという言葉も知られていない時代に初めて解毒の効果というものを認識したのでした。

話しは戻って、このようにデトックス効果があるいくつかのお茶の中で、私が特に興味を持ったのがルイボスティーです。

解毒効果はもちろんのこと、老化防止・アレルギー症状の緩和やミネラルが豊富であること、カフェインが含まれていないというところが気に入って、このお茶を飲んでみようと思い立ちました。

早速近所のドラックストアへ行ってルイボスティーを探しましたが、ここでは取り扱っていないということで、さらに近くにあるスーパーへ・・・。

お茶売り場に行くと一番目立つ陳列棚に、とてもおいしそうなパッケージで何種類かのルイボスティーが売られていました。

これでしばらく飲み続けながら体質改善の効果を期待しようと、パッケージを見比べながらどれにしようか悩んでいると、一つのパッケージにいかにも「どうよ」と言わんばかりに「ルイボスポリフェノール3000mg」と書いてあるではありませんか。

普通に健康な人ならこのポリフェノールはとても体に良いと知っていますが、確か頭痛外来でもらったパンフレットには

「ポリフェノールが含まれる食品は控えた方がよい」と書いてありました。

どうやら片頭痛の人には合わないようです(涙)

ポリフェノールを摂取することで血管が拡張して片頭痛の発作を助けることになり、頭痛を引き起こしてしまうというものです。

せっかく頭痛を予防するための薬を飲んでいるのに、わざわざポリフェノールを摂取するのはやめた方がいいと思い、ルイボスティーは泣く泣くあきらめて帰って来ました。

家に帰って来て再度お茶の事を調べながら、新しいものを取り入れずして今までどおりの生活の中で、十分デトックス効果を得られるものがあるのではないかと、ほうじ茶をすすりながら思い直しました。

韓国ドラマにハマって早18年 まだまだハマります。

韓国ドラマを見始めたのが1998年頃のことです。

当時わが家でスカパーを契約して自分でアンテナの取り付けを行い、韓国放送をよく見ていました。

というのも97年秋から韓国人の家族が増えて、故郷を離れて日本での慣れない生活、テレビが恋しいだろうというわけでKNTVを契約しました。

このチャンネルだと韓国の主な放送局KBS、MBC、SBSのニュースやドラマはもちろん、バラエティー番組、音楽番組などいろいろなジャンルの番組を楽しめます。

ちなみに当時放送していたのが

「あなた、そして私」チェ・ジンシル、チャ・インピョ、ソン・スンホン出演

「ミスターQ」キム・ミンジョン、キム・ヒソン、ソン・ユナ出演

「愛の群像」ペ・ヨンジュン、キム・ヘス、ユンソナ出演

「秋の童話」ソン・スンホン、ソン・ヘギョ、ウォンビン出演

「ホジュン」チョン・グァンニョル、ファン・スジョン出演

 

ざっと1998年~2000年のドラマを挙げてみました。懐かしいドラマばかりです。

この流れでいろいろ見ていたのですが、一番印象に残ったドラマがイ・ビョンホン、チェ・ジゥ、リュ・シウォン出演の「美しき日々」でした。

母と何度も繰り返し見ながら、「日本で放送したらみんなハマるよね~」といつもつぶやいていました。

ドラマの内容や俳優にもハマりましたが、音楽がとても良くて~

主題歌を誰が歌っているのか気になって、ネットで調べると名前はZEROという歌手だということが分かりましたが、高音が美しく切ない歌声が魅力でいったいこの人は男の人?女の人?といつも疑問でした。

後でZEROは男性歌手だという事が分かったのですが、家族が韓国に行ったときにこの「美しき日々」OSTのCDを買ってきてくれて感激した記憶があります。

というわけで「日本で放送したらいいのにな~」という願いはそう遠くないうちに実現したので、家族で大喜びしました。

 

あれ以来、韓国ドラマを楽しむことが生活の一部となりました。

韓国に住んでいる時はもちろんドラマが溢れていて、どれを見たらよいのか分からないくらいでした。

韓国人にとってもドラマはかかせないようで、大河ドラマは特に男性が好んで良く見ていますし、朝~午前中には主婦が家事をしながら楽しむホームドラマが人気です。

今日本ではテレビをつければ韓国ドラマが一日中見れるので、昔と比べてずいぶん変わりました。

韓国でドラマ人気が続く限り、私もまたハマり続けるでしょう。

かっぱ橋道具街~ブラッスリー・レカンで味もサービスも最上級ランチ

今から13年前の5月に冷蔵ショーケースなどを見るために、東京メトロ銀座線「田原町駅」にあるかっぱ橋道具街へ出かけました。

このかっぱ橋道具街は100年を超える歴史があり、調理器具・製菓器具・食器・厨房機などの飲食関係の道具が売られている問屋街です。

 


スポンサーリンク


 

10月9日は「道具の日」という事で、毎年かっぱ橋道具まつりが開催されます。

このおまつりりでは「目玉が飛び出るくらいのビックリ値段で掘り出し物をゲット!!」できる道具市があります。また、空くじなしの大抽選会は賞金総額1000万円と盛り上がりそうですね。

 

このとき見に行った冷蔵ショーケースはお目当ての物が見つからなかったのですが、食品サンプルがいろいろ売られていたのが興味深く、楽しくアイショッピング(韓国で使われる言葉で、「目で見るだけ」、Eye shopping)ができました。

当時はあまり多くはありませんでしたが、今では外国人もたくさん訪れるようで、お目当てはやはり食品サンプルや日本の職人が作った包丁などが人気があるそうです。

 

さて、乗り換えの上野駅でランチをしようということで「ブラッスリー・レカン」へ。

ここは昭和7年上野駅に作られた貴賓室をそのまま生かした、アールデコ様式の内装がレトロでゴージャスな素敵なフレンチレストランです。

この旧貴賓室は戦前当時は天皇や皇室が利用していたとあって、気品のある落ち着いた雰囲気が素敵な空間です。

ここレカンでは、フレンチレストランとしては比較的お安くフルコースを楽しめるとあって、オープンと同時にあっという間に満席になってしまいました。

 

まずはオードブル、フランスパン、スープ、そしてメインディッシュ

フランスパンを食べたらカスがポロポロとテーブルに散らばってしまい、恥ずかしくてどうしよう・・・とドキドキしていたら、ウェイターさんが食器を片付ける時にササッとチリトリで片付けてくれたのですが、あまりの早さと手際の良さにボーっとしてしまいました(笑)
あれは後から知りましたがダストパンというのですね。

とてもスマートに片付けてくれるので感心してしまいました。

 

最後にデザートと飲み物ですが、デザートを半分くらい食べたタイミングでウェイターさんが、「申し訳ございませんがデザートを間違えてお持ちしてしまいました。」

「え~~~っ、食べちゃってますが・・・(冷や汗)」

「いえいえこちらのミスですから、今改めてお持ちします。」

二人で食べていたそれぞれのデザートが間違えていたらしく、注文と違う事に全く気付かない私たちを、隣のテーブルの女性がクスクスと笑っていました。

再度ふたつ持って来ていただきデザート二皿完食してしまいました~(笑)

 


スポンサーリンク



初めて頭痛外来に行ってきました。

以前韓国にいるときたまたまNHKためしてガッテンで

「あ!薬を飲むその前に 頭痛を元から断つSP」の放送(2015年10月14日)を見ました。

この放送で頭痛の予防薬について紹介していましたので、これだ!と思い急いで日本に帰国してきました。

 

それで日本に帰国しても「もしかしたら頭痛が軽くなるかもしれない」としばらく鎮痛剤でやりすごしていましたが、やはり頭痛が頻繁に起きるのでインターネットで調べて頭痛外来に行くことに・・・。

要予約ということであらかじめ日時を予約して行きました。

当日は神経の検査をするのでストッキングは履かずに靴下で来て下さいと言われて、何の検査をするのか妙にドキドキしてしまいました。

特に当日は朝から仕事が手に付かずそわそわしてしまいましたが、実際診察が始まると、心配するような怖い検査や痛い検査などは一切ありませんのでご心配なく(笑)

 

ちなみに私の記憶では、眼球、きらきら星のお遊戯のように手首が動くかのチェック、左右の握力、また診察台に横になり先生が軽く頭を左右に動かしたり、足の裏を棒のようなもので軽くさすったり、脚気の検査と同じように棒で手足をたたいたりする簡単な検査でした。

そして問診をもとに頭痛の種類を判別されるのですが、私の場合は、片頭痛でしたが月に2回以上と頻繁に頭痛が起きるので予防薬を服用することになりました。

 

私が処方された薬はこの予防薬と、頭痛の発作が起きた時の治療薬です。

 

予防薬は頭痛のあるなしにかかわらず毎日服用するもので、先生のお話しでは1カ月から1カ月半くらい飲み続けると、効果を実感する人が多いそうです。

そして6か月ほど続けて服用すると頭痛もかなり軽減するそうです。

 

お薬の種類もいろいろあって、どの薬が効くか、とのぐらいの期間で効果が現れるかは個人差があるので、かかりつけの先生と相談しながら、そして様子を見ながらですね。

予防薬を服用しながら、頭痛が起きた時にはその痛みを鎮める薬も飲むことができるので安心して治療できます。

また治療薬にも内服薬のほか、吐き気や嘔吐がある時に適した点鼻液、即効性のある注射剤(自己注射を含む)などもあるということです。

そして普段の生活での注意事項として広がった血管が収縮し痛みが鎮まるので冷やしたらよいとかチョコレート、ワイン、チーズなど特定の食べ物や飲み物が頭痛の原因になっている場合があるので避けた方がよいという指導を受けました。

また、1日2分の頭痛体操で頭や首、肩の凝りをほぐして片頭痛を予防し、緊張型頭痛の緩和に役立つということで、さっそく毎日取り組んでいます。

 

この頭痛予防薬で長年の片頭痛から解放されるのを心待ちにしながら、治療効果を期待したいと思います。

健康

無駄足ばかりの韓国ドラマ「美しき日々」ロケ地めぐり

昔むかしのその昔、韓流ブームが起こる以前の話しです。

2001年にたまたま見た韓国ドラマ「美しき日々」にはまり何度も見ていたので、2002年に個人旅行で韓国を訪れた時にロケ地を見てみたいと思い一人であちこち歩いてみました。

ドラマの中で主人公ヨンスと妹セナ(施設で実の姉妹同然に過ごした義姉妹)が数年ぶりに再開するあのソウルタワーのふもとの八角亭に行きたくて、

とっさの思いつきでソウル地下鉄4号線の会賢(フェヒョン)駅からひたすらソウルタワーを目指して歩きました。

ところが歩いても歩いてもタワーに近づくどころか、八角亭も見えてきません。いつまでたってもダラダラと続くなだらかな坂道が恨めしくもあり、どこまで歩けばいいのか見当もつかず疲ればかりがたまっていきました。

 

それもそのはず、ロケ地の詳しい地図などの情報は当時出回っていなかったし、ただソウルの観光地図だけを頼りに歩いていたので当然のことでした。

 

それでもやっとたどり着いたのが今思うと南山公園ではなかったかと思います。

噴水が中央にある公園で「美しき日々」の主人公ヨンスと室長はきっとここで結婚式を挙げたのだろうとひとり満足し、時計を見ると夕方5:30。

お腹が空いて屋台のおでんを食べているといつの間にその屋台に行列が(驚)

私が買うときはお客さん誰もいなかったのに、私がよほどおいしそうに食べていたみたいです。

 

ところでロケ地の八角亭ですが、徒歩ではとても無理な距離で車がないと行かれないと分かりました。

その日はここでロケ地めぐりを終了。

(後に2011年に訪れた時に南山ケーブルカーに乗ったら、あっけなく八角亭に着きました。)

 

 

そして次の日は汝矣島(ヨイド)の桜並木を目指します。

相変わらず何のガイドブックもないので取りあえず地下鉄で汝矣島駅に向かいました。

実際にはその一駅隣の国会議事堂駅の方が近かったのですが。

そこから川が見える方向へまっすぐ歩いて行ったのですが、土手は見えても桜が一つも見えません。

4月の半ばなので桜がちょうど見ごろなのではないかと期待していたのに探すことができず、無駄に時間が過ぎるばかりでした。

その土手でくつろいでいる韓国人に「桜はどこですか」と尋ねるのですが、私の韓国語の発音が悪いのか全く通じずあきらめてしまいました。

今思うとそう遠くはないところをうろうろしていたのですが、かといって広い公園の中で地図もなく探し当てるのが相当困難なことでした。トホホ

結局ここでもドラマのロケ地を探すことができず諦めて帰ることにしました。

 

ほとんどなんの収穫もないドラマのロケ地めぐりでしたが2002年の日韓ワールドカップの年、開会式を控えたソウルワールドカップ競技場を生で見てきた満足感に浸りつつ日本へ帰国したのでした。

梅雨は要注意!意外と知らないカビ対策

梅雨に入ると増えてくる嫌なものの代表がカビです。

日本は高温・多湿なお国柄、私たちの身のまわりにどこにでもいる厄介もののカビをどうにかしたいですね。

梅雨のカビ対策

 

 

 

 

 

 

カビとは

カビは人類よりもはるか昔から存在して、梅雨や台風などの高温多湿の時期に

食品や衣類、浴室などに発生する微生物です。

湿度が65%以上、気温が20℃~30℃でカビが繁殖し、カビの種類は3万種類以上ともいわれ、色や形も様々です。

 


スポンサーリンク


 

また人の生活に欠かせないカビもあり、人には有害なカビもあります。

特に、カビによりアレルギー症状を引き起こすこともあり、辛い症状が長く続いたりします。

 

カビアレルギーとは

体の中にカビの胞子を吸い込んだり、食物と一緒に摂取することで

結膜炎、鼻炎、ぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状や感染症が現れます。

時には肺炎など重症化することもあります。

 

カビの出やすい場所

浴室、台所、洗面所などの水回り、家具の裏や壁とのすき間、押し入れ、クローゼット、

エアコン、玄関などですが、カビはどこにでもいると言っても過言ではありません。

ここで普段カビには気をつけていても知らずにとってしまいがちなカビに関するNG行動を6月9日放送の「なないろ日和」で放送していたので紹介します。

梅雨にカビが増える場所

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫

1.泥のついたままの野菜を冷蔵庫にしまうと、泥1gにカビが数万個いるため、カビが繁殖してしまいます。

冷蔵庫の中でカビが一番多いのが野菜室です。

泥を洗い流して水分を拭き取ってからしまいましょう。

 

2.冷蔵庫に入れるとカビが生えやすい食品が小麦粉です。

冷蔵庫の中の湿気を吸ってカビが生えやすいので粉物は常温保存しましょう。

 

3.飲みかけのペットボトルを冷蔵庫に保存すると、カビが繁殖して体内に取り込むことになります。

 


スポンサーリンク



 

ボディーケアー

1.お風呂上りに髪の毛をドライヤーで乾かさずに自然乾燥させたり、濡れたまま寝たりすると頭皮にカビが生えて抜け毛、悪臭の原因に。

2.耳かきのし過ぎで耳を傷つけると炎症を起こし、自浄作用が弱まり外耳道真菌症に。

3.顔の洗い過ぎで皮膚の皮脂バランスが崩れて、「マラセチア菌」による肌カビに。

 

カビを予防するには

・乾燥させる

・温度を下げる

・栄養源を立つ

 

対策としては、第一に風通しを良くして換気をして湿度を下げる事です。

特に湿度の高い場所には除湿器を使う事も効果的です。

そしてカビの栄養となる石けんかすや皮脂、ホコリや汚れの中にあるタンパク質などを除去する事が大切です。

カビが繁殖する前に先回りして対策をするのが良いですね。

 


スポンサーリンク



布団のダニを退治する方法 布団乾燥機編

春から夏にかけて、風邪の症状が長引いてなかなか良くならないという人の中で、実は風邪ではなくてダニアレルギーだったという人も少なくないのではないでしょうか。

まさにこの時期に気をつけたいのが「ダニ」を原因とするアレルギーです。

そこでアレルギー専門の医師から教えてもらったダニアレルギー対策の方法を、我が家でも実際に実践して症状を減らすことが出来ましたので、以下にご紹介いたします。

 

ダニが増える時期は

ダニが一番好きなのが湿度です。湿度が60%以上、そして気温が25℃以上になるとダニの最適な繁殖条件と言われています。

梅雨が始まる6月から秋にかけてが一番多くなる時期です。

 

ダニのえさ

人のフケ、アカ、食べかす、床や壁のカビ、ペットの毛、ホコリなど

家の中はダニが好物とするものが至る所にあると言えます。

 

ダニが引き起こすアレルギー症状

ダニのフンや死骸が体内に入った時に体の防御機能が敏感に反応してしまうと出てくる症状で、目、鼻、皮膚、呼吸器に現れます。

一般的にアレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、喘息などが多く現れます。

 

ダニの多い場所

カーペット 、布製のソファー、畳、ぬいぐるみ、ペット、布団、毛布、枕など

特に肌と接触する寝具にはダニが多く繁殖しています。

チリダニは卵から成虫になるまで2週間~1か月、成虫になってからの寿命が2~3か月で、その間に1日1~3個の卵を産んでどんどん繁殖していきます。

このサイクルを考えると、1週間に1度ダニ駆除をすればアレルギーの原因を除去できます。

 

布団のダニを駆除するポイント

1.布団の丸洗い

布団は常に適度な温度と湿度があり、ダニが繁殖する絶好の場所です。半年に1回布団を定期的に丸洗いするのがオススメです。

2.天日干しでは死なない?

ダニは50℃以上で死ぬと言われていますが、天日干しでは表面温度が高くなっても、ダニが布団の中の方へ逃げて行ってしまいます。

また、布団を叩いてもダニは減らずに奥に入っていき逆効果です。

3.布団乾燥機&掃除機

高温の熱風でダニを死滅させることが重要です。

60℃の布団乾燥機の熱風で最低20~30分でダニが死滅します。

布団の裏表を順番に、ダニが逃げ込む四隅もしっかりかけましょう。

そして布団乾燥機でダニを死滅させたら、掃除機で布団のダニを吸い取ります。

この時、より効果的にダニを吸い取るにはダニフィルターの付いた紙パック式の掃除機を使って、1㎡につき20秒以上ゆっくりじっくりと掃除機をかけるのがポイントです。裏表ともに丁寧に吸い取りましょう。

ダニが生きたままでは、掃除機で吸い取ってもダニが布団の繊維にしがみ付いて抵抗するので、先に布団乾燥機で死滅させるのが効果的です。

 

最後に

ダニをゼロにすることは不可能と言われていますが、数を減らすことでアレルギー症状を減らすことが可能です。

特に梅雨の時期から台風の時期にかけては湿度と温度が高くなるので、こまめに対策をすることで乗り切りたいですね。

 

[ガッテン]タッチケア「オキシトシン」の医療現場での取り組み

ガッテンでオキシトシンについて紹介していたので詳しく調べてみました。

オキシトシンはタッチケア(スキンシップ)をすると脳からの分泌が増えて、ストレスを緩和して幸福感をもたらすため、幸せホルモン、癒しホルモン、愛情ホルモン、抱擁ホルモンなどと呼ばれます。

最近このタッチケアによって得られる様々な効果が話題となっています。

 


スポンサーリンク


 

オキシトシンとは

語源はギリシャ語で「早く生まれる」という意味で、オキシトシンは赤ちゃんが産まれるとき子宮を収縮させて陣痛を誘発し分娩が容易に行われるようにするホルモンなので子宮収縮ホルモンとも呼ばれています。

また、産後の母乳の分泌を促進させ、授乳の準備をするホルモンでもあります。

そして、オキシトシンは出産時にのみ分泌されるのではなく、母親が赤ちゃんに強い感情的なつながりを感じたり、女性が男性に母性本能を感じるなど、普段の生活でも分泌され、親しみを感じる「愛の妙薬」として作用します。

ここで「オキシトシン」は女性だけが分泌するホルモンか?と思いますが、男性にも普遍的に存在することが分かってきました。

信頼している親しい人とのスキンシップで脳から出る事で以下のような効果が現れます。

 

オキシトシンによる効果

・女子力up

・情緒を安定させる

・信頼関係が深まる

・アンチエイジング

・血圧上昇を抑制する

・認知症の改善

そこで医療現場でもこのタッチケアを生かせないかという取り組みが始まっています。

例えば「アニマルセラピー」と呼ばれるペットの癒し効果がそのひとつです。

介護現場でペットとの触れ合いを通して、治療効果を高めたり心を癒したりする効果が期待されています。

また、相手の気持ちを汲み取ることが難しく、対人コミュニケーションの障害がある自閉症の人にオキシトシン経鼻スプレーを使って臨床試験を行った結果、対人コミュニケーションの障害が改善されるという結果が出ました。

その後オキシトシンの臨床研究は、参加する人の数を次第に増やしながら、着実に前進しています。

東京大学が世界で初めて示したこの試験結果は、今まで原因が分からず、治療法も確立されていなかった自閉症の治療薬として今後も大いに期待がかかりますし、色々な症状や病気の治療・改善に向けて開発を進めてほしいですね。

 


スポンサーリンク



羽田空港国際線ターミナルに行ったら「焼肉チャンピオン」

 

タイミング悪くオバマ大統領が広島訪問をした5月27日、羽田空港で大韓航空機のエンジンが出火するトラブルがありましたが、私も羽田とソウルの金浦空港をよく利用する一人として、見ていてとても怖い事故でしたね。

幸い大事に至らなくてよかったです。が再発防止に努めてほしいです。

 


スポンサーリンク


 

ところで、私は6年間韓国に住んでいたのですが、特に最近は韓国から日本に行ってまた韓国へ帰るという往復でしたので、羽田空港では特に複雑な思いが重なり合う場所でもあります。

個人的に乗り物が苦手なので空港では緊張した時間を過ごし、飛行機がもし揺れたら機内食もろくに食べられないかもしれないという心配から、飛行機に乗る前に空港で必ずランチを食べておくようにしています。

2010年10月に国際線ターミナルがオープンした直後の空港は、たいへん混雑していてレストランはどこも列をなして待ち時間が長い中、待たずに入れるお店を発見したのですが、それが「焼肉チャンピオン」というレストランでした。

また11ヶ月間韓国に住むというのに韓国料理かと笑われそうですが、日本の韓国料理ですから、本場とはまた違ってとてもおいしいのです。

それに店の前にはエベレスト登頂した三浦雄一郎さんのサインが書かれたポスターが立て掛けてあり、なんだかパワーが付きそうです。

ここで必ず注文するのが

焼き肉ビビンバ(スープ付き)1380円

カルビ塩クッパ(キムチ付き) 1000円

ですが、味にうるさい家族が本場で食べているビビンバよりおいしいとハマってしまい、

毎回羽田空港を利用する度に恒例になっています。

焼き肉専門店なのでビビンバに乗っているプルコギが気に入ったようです。

クッパというメニューは韓国では見受けられないのですが、それはチゲなどの汁物に

ご飯を入れて食べればそれがクッパになるので、何でもそのような食べ方をする韓国では特にクッパというメニューはありません。

話しを戻して、韓国にはないこのクッパが飛行機に乗る前の緊張感の中でも、のどごしがよく食べやすいので毎回好んで食べます。

結局は比較的揺れの少ない安全なフライトで、安心して機内食もしっかり完食してしまうのですが(笑)

 


スポンサーリンク



所沢市のふるさと納税 御礼品は鉄道車両部品?!

所沢市のふるさと納税でもらえる御礼品に西武鉄道2000系車両部品が登場しました。

ふるさと納税は、自分が好きな自治体を応援する事ができる寄付金で、寄付をすると御礼品がもらえて、寄付金を確定申告する事で税金が控除される仕組みです。

好きな自治体をいくつでも選べるところも魅力ですね。

 


スポンサーリンク


 

この西武2000系電車は1977年(昭和52年)に登場し、西武鉄道では一番多く製造された通勤形電車の系列で、主に新宿線を走る代表的な車両です。

NHKのニュースで見た時には、御礼品に面白いものがあるんだなという驚きと同時に、笑みがこぼれてしまいました。

埼玉県所沢市ふるさと納税ホームページには「鉄道マニア必見 !」と書いてあります。

どれも実際に使われていた車両から取り外した本物の部品です。

 

<部品セットA>内容

・釣り手
・運転士補助いす
・車内放送装置
※各1点

 

<部品セットB>内容

・釣り手(優先席用)

・車掌スイッチ

・非常通報器

※各1点

 

釣り手、どこの釣り手かということもこだわるところなんですね。

どちらも25ポイントとありますから、1000円で1ポイント =25ポイントで25000円の納税ということになりますね。

 

 

<部品セットC>内容

・釣り手
・運転士補助いす
・車内放送装置
・車号銘板付点検扉
※各1点

70ポイント

 

<部品セットD>内容

・釣り手(優先席用)
・車掌スイッチ
・非常通報器
・運転士用椅子

70ポイント

 

運転士の椅子は是非欲しい一品ですが、本当に取り外してしまったようです(笑)

 

マニアの方ならのどから手が出るほど欲しい一品ではないでしょうか。

普段お金で買うことのできないものですから、かなり希少価値が高いのではないかと思います。

と思いましたが、鉄道部品はオークションで結構売られていますね(汗)

 

5月27(金)午後1時インターネットでの受付開始です。

急げ!

 


スポンサーリンク