[女神降臨]キャスト登場人物&あらすじネタバレ!ムン·ガヨン,チャ·ウヌ,ファン·イニョプ,パク·ユナ主演

2020年12月9日~2021年2月4日

tvNで放送の水木ドラマ

「女神降臨」

大人たちは言う。

18才・・・存在自体だけでもキラキラ輝く年だって。

けれど現実は、存在だけでは絶対に輝かない。

顔の評価の厳しい学校という小さな空間ではなおさらだ。

不細工だという理由でいじめにあったある少女、ジュギョン。

徹底的に仲間から外されたジュギョンは、存在を認めてもらうためにメイクという魔法!を通じて女神に変身する。

それなのに・・・どうして幸せではないの?

彼らが愛する私は化粧できれいに作った私だから、化粧の前の私はみんなに嫌われたので、この話は愛されるために必死にすっぴんを隠すしかない18才の少女の、凄絶で涙ぐましいすっぴんの徹底したセキュリティ&女神生存期と言える。

愉快で温かく胸がドキドキして、時には胸が痛むこの話を通じて自尊心ゼロだったこの少女が自分の「before」と「after」の両方を愛するようになり、顔の評価をする子供たちの前でこれ以上頭を下げない!

愛の前でもためらわずに堂々とした自尊心たっぷりの少女に成長する姿を見せたい。

 

では「女神降臨」キャスト・登場人物とあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

女神降臨ポスター

写真出展:http://program.tving.com/tvn/truebeauty

スポンサーリンク


1.あらすじ

 

外見コンプレックスを持っていたが、メイクを通じて女神になったジュギョンと、人知れぬ心の傷を持っているスホに出会い、お互いの秘密を共有し、ともに成長していく自尊心回復ロマンスコメディドラマ。

 

2.人物相関図

「女神降臨」人物相関図

写真出展:http://program.tving.com/tvn/truebeauty/8/Contents/Html

 

3.キャスト(登場人物)

(1) イム・ジュギョン役 ムン・ガヨン

イム・ジュギョン

きれい。宇宙最強の美貌。

数多い単語の中で一番彼女に合う単語を選ぶとしたら 「女神」。

でも問題は・・・化粧を落とすまで、女神だ。

化粧前のbeforeと化粧後のafterが両極端の、スッピンが残念な彼女。

外見よりは頭脳が光を放つ母親と、頭脳よりは容姿が光を放つ父親との間で・・・ジュギョンは、その光を一つも受けずに生まれた。

一言で言って、外見や頭脳は何一つまともに似ていないということだ。

優越な遺伝子を持って生まれた姉と妹の間で憎いアヒルの子のように過ごした歳月も18年。

その歳月の間に一つ教えを得たのは・・・手に入らないものを得ようとしても心が痛むだけだということだ。

生まれながらにこのように生まれたのにきれいになろうとあくせくしたって何の役に立つというのか。

しかし、それが問題になるとは思わなかった。

目が悪くてかけただけのレンズの厚い眼鏡、保温性を追求した黒いストッキングに白いソックス。

きれいに束ねたオールバックと急成長期を考慮したゆったりとした制服、それに俗にいう「少女好み」とは距離がとても遠い彼女の独特な好みは「ダサいくせにセンスのない小汚い子」と映った。

不細工だから・・・初恋のお兄さんに凄惨にふられた。

ジュギョンにとって学校は毎朝自ら歩いて行く地獄のようだった。

そんなある日・・・。

父が大きな詐欺に騙され、家族にとっては一瞬にして家が吹き飛び空が崩れたが、ジュギョンにとっては人生逆転のチャンスだった。

あたし・・・転校するの?!

この機会に、新しい学校でシャトル人生から脱出し、花道だけを歩こう!と誓って、毎日昼も夜もメイクアップスキルを磨いて・・・待望の転校。

彼女を見る熱い視線・・・口があんぐり開いた彼らは言った・・・”女神降臨“

きれいになったらすべてが変わった。

以前は、あれほど望んで努力しても持つことができなかった友達もできた。

しかも・・・生まれて初めてグループトークにも入ってみた!

涙が出る、涙が出る!

イム・ジュギョンの人生にもついに花が咲くんだね!・・・までだったらハッピーエンドだったけど。

転校初日から同じクラスの男子生徒にスッピンが見つかってしまった。

それもよりによって!

慈悲など全くないように見えるイ・スホに。

もしウワサを立てられたらどうする?!

 

(2) イ・スホ役 チャ・ウヌ

イ・スホ

一言で言うと神様のミス。

神様が人間を作る時、良い所、悪い所を公平にしなければならないのに、彼を作る時はしばらくの間眠ったのか・・・。

ありとあらゆる良い所ばかり注ぎ込んだ、人間離れのルックス、明晰な頭脳、生まれつきの運動神経まで。

完璧すぎ!

みんなの関心を一身に受けるが、当の本人はみんなに関心がない。

他人には1秒の視線も与えず、女子生徒には告白する時間も3秒以上与えない「三重防弾ガラス」でできている鉄壁男だ。

幼い頃、いつも忙しかったトップスターのお父さんと癌の闘病生活で長い間苦労して亡くなったお母さん。

それで、いつも一人だった彼が心を開いて親しかった友達のセヨンが1年前にこの世を去った。

その日以後彼はもっと冷たく凍りついたかも・・・そんな彼の、渇いた日常に・・・。

「どうして」という女の子が鉄の壁を突き破って突進した。

イム・ジュギョン。

化粧してないスッピンを見てないのに!自分の秘密を守ってほしいと、ひざまずいてすがりついてこの騒ぎになるのか。

「俺が思うにスッピンもかなりきれい・・・。あ、とにかく!」

何か問題が起こったに違いない・・・。

まさか・・・もしかして・・・これがまさに言葉でだけ聞いていた初恋?

スポンサーリンク


(3) ハン・ソジュン役 ファン・イニョプ

ハン・ソジュン

魅力的なルックス、モデルフィットフィジカル。

固い肩に表情もいつも怒っている。

そこに甘いボイスでアイドルデビュー直前まで通ったセボム高校のアイドル。

生まれつきの冷たい雰囲気のため、暴力団と関係しているとか、隣の学校をあれこれいじめているとか、噂がいつもつきまとうが。

実は病気の母親の看病を引き受けており、妹を非常に大事にする温かい息子であると同時に優しい兄だ。

基本常識に乏しく無知なのは、長い練習生生活で勉強に壁を作ってそうなったということにしよう。

1年前、初めて自分の音楽的才能を発見してくれた友達、セヨンが死んだ。

あの日、スホとの友情も切ってしまった。

セヨンの死がスホのせいだと思ったから・・・。

その日以来、ソジュンは不安定になりさまよった。

そんな中、お母さんの健康悪化でしばらく休学していたが、3ヵ月後、復学した学校で久しぶりに会ったスホ。

相変わらずスホの顔を見ただけでも怒りがこみ上げてくるが、我慢した。

ただ無視して、お互い知らない間柄で・・・そのように暮らしたかった。

ところが、スホが笑う。

普段はあまり笑わないやつがジュギョンというとんでもない女の子の前ではやらなかったことまでする。

「まさか・・・ジュギョンが好きなのか?」

最初は落ち着かないやつが面白くて、ジュギョンに接近したけど、ジュギョンといるとなんでこの子とこうしてるんだろう?

スホが何だっけ?そうしているうちにこれが好奇心に変わって行って・・・からかったら面白いし、会わないと会いたくなるし。

そのうちに好きになって・・・みんなこうなんじゃない?

問題はよりによってなぜ、スホの好きな子なのかって!

 

(4) カン・スジン役 パク・ユナ

カン・スジン

化粧の力、アプリの力、修正の力・・・何もいらないセボム高校のスッピン女神。

いつも自信に満ちて堂々としており、ガールクラッシュで勉強もよくできる。

その上に家柄までよいゴールドスプーン(富裕層)。

これくらいだから鉄壁男スホの唯一の女友達だと・・・みんな認めるところだ。

10年前、幼い頃、スジンの父であるカン教授がスホの母の主治医をしてからスジンにとってスホは良きライバルだったが、時には片思いの相手だったのに、また勝ちたくなったら悔しい・・・。

嫉妬の対象でもあった。

単に友達と定義するには複雑で微妙な関係だ。

そのように感情は様々な色に変わりながらどんどん積もっていった。

すべてが完璧に見えるスジンだが、実は強圧的な家庭の雰囲気にいつも苦しんでいる。

しかし、大変な顔をしたくないから、何でもないふりを装って、大丈夫のように自分を隠す。

スホにさえも・・・それでいつからか手を洗う癖ができた。

怒りがこみ上げてきたり、もどかしい気持ちが 手を洗ったら一緒に洗い流されるようで・・・。

学校では複雑な考えから抜け出したくて単純で明るいスアと友達になり、転校してきたジュギョンとも親しくなった。

ジュギョンは自分とは違って肯定的で愛され育っていつも輝く・・・私が持っていないものを持った子。

誰もが愛する子だと思う。

ところで・・・スホがジュギョンを眺める。

まさか好きなのかな? 違うよね…?

 

(5) ハン・ジュンウ役 オ・ウィシク

ハン・ジュンウ

[2年5組担任、文学教師]

古い本とレコード盤を愛する感性文学の先生。

感性的なだけに心性は柔らかく暖かいが、恥ずかしがり屋だ。

生徒たちの不満にも屈せず名言で朝礼をし、授業時間には必ず詩を朗読しながら自ら感性に酔う。

じっとしていても辛いのが青春なのに、小さな詩一編で心を慰めてあげたいという気持ちで。

車も父親が乗っていた20年以上の車に依然として乗り、昔の音楽を好んで聴く。

アナログ人間だと言われているが、それでも忙しく回る世の中で自分だけでも思い出を大切にしてゆっくりゆっくりと生きていきたい。

そのような性格のため、恋愛もしたことがない。

実は恋愛をしようと思ったこともないというのが正しいだろう。

幼い頃から豊かでなかったために質素にお金を積み立てる彼で、残っている学生ローンを心配する彼にとって、愛は贅沢だった。

そんなある日、晴れた日の突然のにわか雨のように彼女が現れた。

白馬に乗った王子様のように現れ、カバンから口紅の代わりにドライバーを出して故障した車を直してくれた彼女。

ヒギョン、かっこよくてワクワクした。

ところが、自分のクラスの生徒であるジュギョンの姉だそうだ。

残念ながら教える生徒の家族とは恋愛できない。

それが自分の鉄則だ。

しかし、シェークスピアはこのように語った。

「愛の行路を塞ぐあらゆる妨害物はもっと深い愛を作る動機になる」と。

スポンサーリンク


(6) チェ・スア役 カン・ミナ

チェ・スア

狂ったほどすぐに親しくなる。

おしゃべり好きで疲れないエネルギーを持ち、あの世的なテンションの持ち主。

ストレスはコインカラオケで解消してこそ本物だという、韓国の平凡な生気はつらつとした女子高生。

オタ活が趣味で、グループA-TEENの大ファンであり、メンバーウルの悪口を言えば彼氏も踏んじゃうという。

スジンの親友だったが、転校してきたジュギョンを見て早速目をつけた。

他の友達が仲良くなる前に先に特有の親和力で親友になった。

 

(7) ユ・テフン役 イ・イルジュ

ユ・テフン

成績も、外見も、身長も平均あたりを行ったり来たりする平凡な男。

しかし、愛だけは平凡にしたくない情熱男だ。

愛するスアのためなら恥をかかずA-TEENオタ活も一緒にしてくれるし、その度に各種イベントに、スアが怒った時に備えて準備しておいた愛嬌だけ100個保有中 。

いつもクールに恋愛してクールに別れるスアの性格上、クールに蹴られるに違いないため、いつもスアに負けている。

 

(8) アン・ヒョンギュ役 イ・サンジン

アン・ヒョンギュ

彼女と付き合うのが夢のモテソロ(彼女が一度もいなかった人)。

 

(9) キム・チョロン役 イ・チャンシク

キム・チョロン

単純無知で義理堅いソジュンの男友達。

美しい名前と違って険悪な外見、大柄だが弱々しい心の持ち主。

 

(10) キム・シヒョン役 キム・ヒョンジ

キム・シヒョン

セボム高校の雑談とウワサに反応が早く、人の話に関心の高い18歳の女子高生。

 

(11) ホン・ヒョンスク役 チャン・ヘジン

ホン・ヒョンスク

[ジュギョンの母、パンドラショップ社長]

15年間パンドラを運営しながら町のおばさんたちをぎゅっと握っている半永久界の大物。

ダメな家長の夫のせいで、生活力が強く粘り強くなった。

約30年前、ハンサムなその顔に魅せられて積極的にアタックし、他の子たちを皆追い抜いて純真なジェピルを勝ち取り、結婚にゴールインしたが、いたずらにハンサムだっただけだ。

その事実に気付いた時は、すでにヒギョンを産んだ後だった。

しかし、仕方がない。

これは全部夫の顔にすっかり惚れた私の運命のせいよ。

初めて学んだのが美容の仕事だったので、美容の方の仕事をしてきたが、幼い頃から頭も良くて勉強もできた。

ソウルのよい大学に行くこともできたが、2男2女の長女で、次々と続く弟らの学費をまかなうため、大学をあきらめてすぐ美容院に就職し、金を稼ぎ始めた。

そのため、学びに対する渇きがある。

「子どもたちだけは勉強がよくできるようにして良い大学に行かせるのが人生の目標だ。」

 

(12) イム・ジェピル役 パク・ホサン

イム・ジェピル

[ジュギョンの父]

花の中年。テリウスに似ていると良くいわれる男。

10年前、会社を首になり、再就職失敗後、様々なことをやってみたが、ハンサム以外にまったく素質がない。

最近は、大詐欺に遭って家を失い、昔住んでいた古びた家に引っ越すようになった張本人。

妻のヒョンスクにいつもいじめられている身だけど、それでもおとなしくて肯定的で妻の言うことをよく聞く。

ハンサムで、優しさもあるとおばさんたちの間では裏通りの「ヒュー・グラント」と呼ばれている。

仕事をしてくる妻のおかげで家事最高レベルに「内助の王」。

子供たちにも友達のようないいお父さんだが、特に2番目のジュギョンは切ない。

外見だけは似ていないが、よりによって純粋な脳は自分にそっくりで、いつも姉や妹と比較される姿に、さらに心が痛む。

現在は文化センターに通いながら素朴にアロマキャンドル作りを学んでいる。

何でも習って生計の役に立ちたい。

ヒョンスクはお願いだから何もしないで家におとなしくしていてと言うが・・・でも家長なのに遊べるか!

スポンサーリンク


(13) イム・ヒギョン役 イム・セミ

イム・ヒギョン

[ジュギョンの姉、新人開発チーム]

ジュギョン家の長女。

名門大学を卒業して有名放送局に就職して能力が認められ、現在は新人開発チームで働いている。

大学時代の4年間、「韓国大学のキム・テヒ」と呼ばれるほどきれいだが、趣味はアクションゲーム。

体でするエキサイティングスポーツを楽しむ。

爆弾酒10杯も平気な愛酒家。

たまには周りの人たちに女が女らしくないと、と言われることもあるが、「女らしいのにどうして?女だったらこうするっていうのがあるの?」

そんな彼女が恋をする時はどうだろうか。

前後を計算したり、駆け引きしたりすることは知らない。

心の向くまま、体が従うまま、ただ行動するだけだ。

ところが、そんなヒギョンがジュンウに心臓を突かれた。

今の時代珍しい男らしく控えめな男性像ジュンウ。

ジュンウを見たその日、ヒギョンは思わず口ずさんだ。

「自分のものにしたい。」

だけどこの男しきりに逃げようとする。

あ、こんな男は初めてだね。

ヒギョンはジュンウを見ながらもう一度低い声でささやく。

「気が狂うほど自分のものにしたい、ジュンウ。」

 

(14) イム・ジュヨン役 キム・ミンギ

イム・ジュヨン

[ジュギョンの弟]

全校1位の経験があり優秀な頭脳でハンサムだ。

家庭では3代続いた一人息子として、母親からたっぷり愛されて育った末っ子で、学校では、いかつい人気の男を維持しようと努力する。

唯一の楽しみは、年子の姉であるジュギョンをからかうことで、ジュギョンと喧嘩しながら友達のように育った。

ジュギョンのすっぴんの写真をえさに使い走りさせる悪魔の知能を持つ弟。

 

(15) イ・ジュホン役 チョン・ジュノ

イ・ジュホン

[スホの父、トップ俳優&ムーブエンターテインメント代表]

20歳のデビュー直後から今までトップスターの座を維持しているソフトなイメージの大韓民国を代表する俳優。

元祖韓流スター。

絶好調だった時に一般人女性と結婚発表をして国内を騒がせたが、相次いで設立したエンターテインメント会社を数年で成長させた驚くべき事業能力まで持っている。

少なくとも外部から見るとそうだ。

20代初め、愛しすぎて所属事務所の引き止めにもかかわらず結婚まで推し進めた女性は・・・子供を妊娠するや否やがんになった。

彼は子どもをあきらめて治療を受けることを望んだが、妻は子どもを産むために抗がん治療も手術もすべて先送りにした。

そうやって生まれた子がスホだ。

子どもが生まれた喜びと感動を感じる暇もなく、相次ぐ妻の手術と治療で慌ただしく1年が過ぎ、大衆の前では常に明るく柔らかい俳優イ・ジュホンでなければならなかった。

海外活動で忙しくなり、妻の面倒を見る時間すらなかった。

ひょっとしたら逃げたかったのかもしれない。

病気の妻、その妻に似た子から・・・。

そうしているうちに、息子のスホは独りで寂しく育った。

このように10年間、長いガン闘病をした妻との死別。

その時、彼は30代前半の若い年齢だった。

妻の死は彼には堪え難いことだった。

今でも一人息子のスホに家族であり父親になってあげたいのに、自分を恨みの目で見つめながら冷たく接する息子とは依然として気まずいばかりだ。

 

(16) イ・ミヒャン役 パク・ヒョンジョン

イ・ミヒャン

[ソジュンの母]

ゴウンを生んで間もなく夫を交通事故で亡くした。

その時から保険販売の仕事をしながらソジュンとゴウンを一人で育ててきた。

負けん気が強くなくて、保険の仕事をしながらも苦労が多かったが、その時助けてくれたのが、ほかならぬジュギョンの母、ヒョンスクだ。

その時からヒョンスクと姉妹のように親しくなったのが、今まで縁が続いている。

しかし途中、慢性腎不全を患い透析を受けてきたが、最近は運よくこの分野の最高の医師から早くも腎臓移植手術を受け、回復に向かっている。

 

(17) ハン・ゴウン役 ヨ・ジュハ

ハン・ゴウン

[ソジュンの妹]

ミュージカル俳優が夢の17歳の女子高生。

歌うのが好きで合唱部に入った。 大らかな性格

写真出展 http://program.tving.com/tvn/truebeauty/7/Contents/Html

女神降臨

スポンサーリンク


★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、インターネットを接続する環境が整っていれば、レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」というアイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2021年9月時点で「女神降臨」は配信されていません。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩⇩31日間無料試聴はこちら⇩⇩
U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA