[愛の不時着]第13話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2019年12月14日〜2020年2月16日

tvNで放送の土日ドラマ

「愛の不時着」

第13話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

韓国ドラマ「愛の不時着」ポスター

写真出典:http://www.tving.com/main.do

スポンサーリンク


韓国ドラマ「愛の不時着」人物相関図

写真出典:http://www.tving.com/main.do

 

キャスト・登場人物はこちら→「愛の不時着」キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

<愛の不時着 第13話あらすじ>

 

リ・ジョンヒョクがもう北に行ってしまったかと思ったと言うユン・セリ。

自分が北に帰っても、もう泣かないようにとジョンヒョク。

セリはジョンヒョクに、両親のために北に帰るようにと言い、自分の身は自分で守ると言います。

[愛の不時着] 第13話 涙を流すセリ

 

セリの部屋では、ピョ・チスたちはセリが泣く姿を初めて見たと言い、しんみりしてしまいます。

そしてジョンヒョクとセリがなかなか戻って来ないのでチョン・マンボクが外へ見に行くと、戻って来た二人。

その様子を車の中から見ているチョ・チョルガン。

 

部屋に戻ったセリのために、仕切り直しの誕生パーティーをします。

ケーキのろうそくに初めて火をつけると言って喜ぶキム・ジュモク。

部隊員たちは北の誕生祝いの歌を歌い、セリに花束を渡します。

ケーキのろうそくを消す前に、手を合わせて願い事をしてから火を消すと願いが叶うと言うセリ。

そしてみなで一斉にろうそくの灯を消します。

[愛の不時着] 第13話 セリの誕生日を祝う

 

ジョンヒョクは休んでいるセリの部屋に来て、準備する時間もなかったし、ブランド物でもないし、と言い訳をしながら、セリにカップルリングをプレゼントします。

セリが自分ではめようとすると、ジョンヒョクは「男にプレゼントされたこと、ないんだな。」とつぶやいて、セリの左手の薬指に指輪をはめてあげます。

「どこで習ったの?こんなにドキドキさせること。」とセリは言い、セリもジョンヒョクの左手の薬指に指輪をはめてあげます。

そして「何があってもあなたのこと覚えている、指輪を一生はめているから。」と言うセリ。

[愛の不時着] 第13話 指輪をはめるジョンヒョクとセリ

 

コ・ミョンウンは村にやって来るとナ・ウォルスクとヤン・オックムにバッタリ会います。

新婚の部屋を決めてからまだ新婚が入っていないようだと言いつつ、「違う男性が来ていたみたいですよ。」とウォルスク。

ミョンウンは甥だとウソをつき、化粧品をウォルスクとオックムに渡して、足早に去りますが、ミョンウンのウソを見破っている二人。

 

ミョンウンはソ・ダンの新婚の家に上がり込むと、ク・スンジュンがいるので驚きます。

ダンのために酔い覚ましスープを準備していたスンジュンは自己紹介し、「もしかしてダンさんがお母様に話もせず、外泊したんですか?」と尋ねると、携帯が切れていたからと言うミョンウンに、「どれほど驚いたことでしょう。」と同情します。

そしてスンジュンはひざまずいて丁重に謝ると、一瞬スンジュンに惹かれそうになって急にダンを捜し始めるミョンウン。

[愛の不時着] 第13話 謝るスンジュン

 

スンジュンはミョンウンとダンに食事をするように呼びますが、おかずを見るとミョンウンの家の冷蔵庫から持って来たものばかり。

ミョンウンはスンジュンの両親について尋ね、ダンのことをどう思っているかと尋ねると、「私が一方的にダンさんに好意を抱いています。」とスンジュン。

理由を尋ねるミョンウンに、「誰の前でも堂々としている自信と優雅さ。母方に似たようですね。」と答えるスンジュン。

 

ミョンウンはダンに、「私は気に入ったわ。」と言います。

ダンはそういう仲ではないと否定しますが、「ジョンヒョクが戻ってきたら結婚するの?」とミョンウン。

「結婚するわよ、私はジョンヒョク同志の婚約者なんだから。」とダン。

[愛の不時着] 第13話 母と話すダン

スポンサーリンク


路地裏を歩いているオ課長を捕まえるジョンヒョク。

セリはマンボクから、部隊員たちは軍人体育大会の選手にまぎれこんでやって来た、ジョンヒョクもその選手団として帰国するのが一番安全だと聞きます。

セリも必ずジョンヒョクを北に帰さなければいけないと答えます。

 

コ・サンアはセリの家政婦に電話をかけると、ここ数日は来ないでいいと言われたと言う家政婦。

その頃セリは掃除機をかけていると、ウンドンが初めて見る掃除機に感動しています。

ウンドンに掃除機をお土産に持たせてあげたいと言うセリはみんなを集めて、改めて部隊員たちが欲しいモノ、買いたいモノがあるか尋ねます。

すると部隊員たちはまずメンズファッションの店に行き、ダメージジーンズを見て「南朝鮮の人はお金持ちのように見えて、貧しい生活してるな。」と驚きます。

「それがオシャレなんですよ。」とジュモク。

そのビリビリに破けたジーンズを履いたクァンボムがとてもカッコよくて、みなも履きたがります。

ウンドンは弟妹のためにぬいぐるみを欲しがります。

[愛の不時着] 第13話 ショッピングするウンドンたち

 

インスタグラムに「帰って来て良かった、俺たち今から会おうか。」という掲載を見つけたホン・チャンシクは、これは絶対セリに書いたメッセージだと主張し、セリは関係ないと否定します。

そのやり取りをジッと聞いているジョンヒョクは、セリに嫉妬します。

「だから私たち、もっと早く出会えばよかったのに。」とセリ。

「私たちの間には休戦ラインがあるじゃないか。」とジョンヒョク。

[愛の不時着] 第13話 反論するジョンヒョク

 

苦労して出会ったのだから仕事をサボろうとセリは言い、映画館に行きます。

そしてドライブで渓谷にやって来て、セリに「満足だった?」と尋ねるジョンヒョク。

ジョンヒョクはある女性が橋の上から飛び降りようか、どうしようかと迷っていた場面を見たと言います。

その時ジョンヒョクはその女性が自分の好みのタイプだと直感的に感じたと言います。

「それでまだその女性のこと、覚えているのね。」とすねているセリ。

[愛の不時着] 第13話 すねるセリ

「その女性に近づいて、カメラのシャッターを押してくださいと頼んだら、ここで撮らなきゃいけないんですか、と手を震わせながらもカメラを受け取った。」とジョンヒョク。

もしやと思ったセリは、「そこはどこ?」と尋ねると、「スイスの吊り橋。」と答えるジョンヒョク。

そしてジョンヒョクはあの時出会った女性のことが忘れられなかったと言い、セリの録音機を渡します。

「それじゃ、あの時隣にいたのが、ソ・ダンさん?」と驚くセリ。

「そうだ。あの時あなたが言っていたでしょう?あの女性にこの男性はもったいないって。」と笑うジョンヒョク。

 

チスたち部隊員はチキン店で食べていると、周りの客がうるさいと言うチス。

ジュモクが、それはみながサッカー韓日戦を観ているからだと言います。

すると急に試合に熱が入り、声援を送るチスたち。

そこへセリとジョンヒョクが入って来ます。

韓国のチームが1点入れると、部隊員たちもみな喜んで大盛り上がりです。

[愛の不時着] 第13話 応援する部隊員たち

 

韓国チームがまたゴールを決めると、「私がチキン代、ぜーんぶ支払うわよ。」と叫ぶセリ。

店から出て一服しようとするマンボクに、火をつけてあげるチョルガン。

マンボクは顔色が一変します。

「同志が俺を裏切って最初は腹が立ったけど、時には気が変わることもあるだろう。」とチョルガン。

そしてチョルガンは、ジョンヒョクの兄ムヒョクを殺したのはマンボクだと知られたら、許されるだろうか、とマンボクを脅迫します。

マンボクはムヒョクの事でジョンヒョクに借りを返したいと答えると、チョルガンはマンボクの一人息子ウピルの画像を見せ、借りを返すのと一人息子のどちらが大事かと尋ねます。

[愛の不時着] 第13話 脅迫するチョルガン

 

セリの家でウンドンとジョンヒョクは寝る準備をしていて、パソコンでゲームをした話になり、ウンドンがゲームのネームを教えると、表情が変わるジョンヒョクは、もうゲームの話はやめて寝ようと言います。

ジョンヒョクが部屋から出て来ると、キッチンで泣いているマンボク。

スポンサーリンク


キム・リョンヘがジョンヒョクを釈放させた罪に問われて拘束され、マ・ヨンエが困っているところを助けようと言うナ・ウォルスクたち。

村の婦人たちはリ・チュンニョルに取り入ってもらおうと、嫁になるダンに会いに行き、リョンヘを助けてほしいとお願いします。

ダンはかたくなに断りますが、そばで聞いていたスンジュンが引き受けます。

すると婦人の一人が最近留守のジョンヒョクの家からスンジュンが出て来たのを見たと言います。

 

ダンはスンジュンに理由を尋ねると、牢屋から脱走して南に行ったチョルガンからセリを守るために、ジョンヒョクが追いかけて行ったとダンに事実を打ち明けます。

悔し涙を流すダン。

[愛の不時着] 第13話 事実を打ち明けるスンジュン

 

セリはジュモクの顔をパックしてあげ、スーツに着替えさせてお使いを頼みます。

ジュモクは訳も分からず言われた場所に行くと、チェ・ジウが待っているので、驚くジュモク。

[愛の不時着] 第13話 驚くジュモク

ジュモクは嬉しすぎて、レストランの柱にしがみついて、なかなかチェ・ジウに近づけません。

貸し切りのレストランでジュモクとジウの二人きり。

「元々セリはあまりこういうお願いしないんだけど、どうしてもお願いって。セリが大好きな弟のうちの一人だって。ずいぶん遠くからわざわざ来てくれて、ありがとう。」とジウ。

そしてジウは「何か話したいことがあったら、話して。」と言います。

「愛し合ってる人は、出会うようになると言っていましたね。いくら遠くても、戻って来ると。」とジュモク。

ジウはうなずきます。

[愛の不時着] 第13話 ジュモクと食事をするジウ

感激のあまり涙を流すジュモク。

そしてジウと撮ったツーショットの写真を胸に抱いて喜びをかみしめるジュモク。

写真にはジウから「また会いましょうね。」というメッセージとサインが書かれています。

「ジウ姫、そうしましょう。」とジュモクは喜びつつ、そのためには南北統一しかないなとつぶやきます。

そこへセリが入って来ると、ジュモクは「一生の夢が叶ったから、今死んでもかまわない。」とセリにお礼を言います。

ここでまたセリが部隊員一人一人に声を掛けると、「最後の挨拶?」とウンドン。

毎回別れの挨拶がつらいセリたち。

ところでセリが部隊員たちに渡したクレジットカードを使いたい放題使うように言ったのに、大した使っていなかったとセリは言い、みんなにプレゼントを用意したと言います。

[愛の不時着] 第13話 別れの挨拶をするセリたち

 

ユン・ジュンピョンはセリのことを知っていながら消そうとしたユン・セヒョンに対して、「お前が優れているから代表の座を譲ったのではない。」と怒りをあらわにします。

そこへサンアが入って来て土下座し、セリがスンジュンと一緒に北朝鮮のホテルにいる写真をジュンピョンに見せ、「これは本当に事故なのでしょうか。」と言います。

そしてスンジュンは、昔ジュンピョンが買収した会社の社長の息子で、スンジュンは復讐のためにセリに近づいたと言うサンア。

セヒョンは「スンジュンに早くセリを韓国に送り帰すように言っても、スンジュンが言うことを聞かなかったんです。」とウソを言います。

けれどもジュンピョンは、ウソか本当かはセリに確認すれば分かる、ウソだと分かればセヒョンは全てを失うと忠告します。

 

ジュンピョンがセリを呼んでいる、とセリに電話を掛けるセヒョン。

その隣の助手席にはチョルガンが乗っています。

セリが一人で車を運転して出発すると、マンボクがチョルガンに「今、出発しました。」とスマホで報告します。

[愛の不時着] 第13話 報告するマンボク

スポンサーリンク


セリが運転していると、左右に一台ずつの車がセリの車をあおって来ます。

そして前方にも一台の車が止まっています。

すると車から金属の棒を持った男たちがセリの車に向かって来ます。

 

一方のジョンヒョクはチョルガンが待っている倉庫にやって来ます。

[愛の不時着] 第13話 倉庫にやって来るジョンヒョク

大勢の男を次々に倒していくジョンヒョク。

その倉庫からオ課長が逃げ出してくると、やって来たのは部隊員5人組。

 

実はチョルガンに脅迫されたマンボクは、ジョンヒョクにそのことを告げ、セリがセヒョンから呼び出されたのは、背後にチョルガンの企みがあると知って、みなで打ち合わせをしていたのでした。

[愛の不時着] 第13話 打ち合わせするセリたち

 

セリの車には、部隊員たち5人も同乗していて、襲い掛かって来た男たちを倒します。

セリは心配で車の中から叫びますが、「こう見えても、俺たち特殊部隊員だ。」とジュモク。

そして最後の一人をマンボクが片付けて、無事にセリを守ります。

部隊員たちは急いでジョンヒョクを助けに行きます。

ジョンヒョクと合流した部隊員たちは、チョルガンたちに向かって行きます。

チョルガンが銃を出すと、すぐにジョンヒョクは銃を奪いますが、チョルガンはマンボクの首に刃物を突き付けます。

そのチョルガンに向かって銃を向けるジョンヒョク。

[愛の不時着] 第13話 大乱闘になるジョンヒョクたち

 

ジョンヒョクが他の男たちと乱闘している間に、チョルガンはマンボクを連れて外に出て行きます。

車の中で待っていたセリは、チョルガンが誰を連れて来たのかよく見えませんが、暴行を受けているのを見て、思わず目をそらします。

するとマンボクを捜しにやって来たジョンヒョクを見つけて、車から銃を取り出すチョルガン。

ジョンヒョクはチョルガンから後ろ姿を銃で狙われたところに、セリが車で突進していきます。

チョルガンが撃った銃がセリの車を直撃します。

車の運転席で気を失っているセリを見つけたジョンヒョクは、すぐにチョルガンに撃ち返します。

撃たれたチョルガンは車の影に隠れると、マンボクも銃でチョルガンを撃ちます。

銃弾に当たったセリを抱きかかえるジョンヒョクは、「まだ愛していると言ってない。」と涙を流します。

[愛の不時着] 第13話 気を失うセリ

[愛の不時着] 第13話 涙を流すジョンヒョク

写真出典:http://www.tving.com/main.do

スポンサーリンク


あとがき

 

今回、特別出演でチェ・ジウが登場しましたね。

ジュモクの嬉しそうな笑顔、忘れられないです。

他の部隊員たちも、セリからもらったプレゼントで、一生忘れられない思い出になったようです。

そして軍人体育大会の閉会式に間に合うように戻らなければいけない部隊員たちは、結局ジョンヒョクと共にすることに決め、待ち合わせ場所に現れませんでした。

そしてジョンヒョクとセリを助けるために、ジョンヒョクに命令を下してほしいと言うチスたち。

そうして最後の乱闘シーンに乗り込んだのですが、セリが撃たれてしまいました。

チョルガンもジョンヒョクとマンボクに何発も撃たれたので、どうなったでしょうか、息を引き取ったのでしょうか。

セリが命を懸けてジョンヒョクを守りましたが、無事に助かるでしょうか。

第13話の視聴率は14.620%でした。

 

あわせて読みたい関連記事

 

[愛の不時着]第12話

[愛の不時着]第14話

[愛の不時着]あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、インターネットを接続する環境が整っていれば、レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」というアイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2020年8月時点で「愛の不時着」は配信されていません。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA