ブラジル料理の主食は何?気になる栄養効果を調べてみました。

ブラジル・リオデジャネイロオリンピックの開催で、

ブラジルについての関心が高まっていますが、

今回はブラジル料理について調べてみました。

ダイエットにブラジル料理

 

ブラジル料理の主食・アロス&フェジョン

ブラジルでは毎日のように食べられているのが、「ご飯と煮豆(アロス&フェジョン)」です。

「アロス」とは、インディカ米を油で炒めて炊いたご飯です。このインディカ米は日本では「タイ米」として知られているお米ですね。

インディカ米は粘り気が少なく独特な匂いがあるので、一般的に炒めて

他の食材と一緒に混ぜ合わせて調理します。

このアロスと合わせるのが「フェジョン」です。

フェジョンとは、インゲン豆、うずら豆、レンズ豆やヒヨコ豆などを煮た料理です。

ブラジル料理

アロス&フェジョンは各家庭ごとに風味や味付けがあり、レシピがあります。

ここにソーセージや肉類のソテー、そして生野菜を添えると

ブラジル定番の家庭料理となります。

 

スポンサーリンク


 

気になる特徴&栄養価は?

インディカ米に含まれる「レジスタントスターチ」は

レジスタント=消化されない

スターチ=でんぷん

という意味で、小腸では消化されずに大腸に届くため

エネルギーになりにくい性質があります。

・生活習慣病の予防

・血糖値上昇を抑える

・腸内環境を整える

・空腹感を抑える

・摂取カロリーを抑える

ダイエットを望む方にも、健康志向の方にも、嬉しい効果が期待できます。

ダイエットに

またフェジョンの代表的なインゲン豆はタンパク質・糖質が豊富で、

他の豆に比べて脂質が少なく、低カロリーです。

ミネラル・ビタミン・アミノ酸・食物繊維もあるので、積極的に摂りたい食材です。

 

まとめ

ブラジル・リオデジャネイロオリンピックで、注目度が高くなるのではないかと思います。

ブラジル料理の主食であるアロス&フェジョンが、健康と美容に役立つ事が分かりました。

特にインディカ米にはレジスタントスターチが多いという特徴がありますので、注目したい食材です。

アロスもフェジョンも油で炒める場合は、油の量に気をつけたいですね。

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA