[ドクターX]2017第1話10月12日あらすじネタバレ!米倉涼子,遠藤 憲一,大地真央出演

2017年10月12日(木)夜9時~放送

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」

第1話のあらすじを紹介します。

※ネタバレを含みますので注意!

「ドクターX」タイトル

写真出典:http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/cast/

スポンサーリンク


 

「ドクターX」キャスト

キャスト・登場人物はこちら→[ドクターX]登場人物キャスト&あらすじ

 

第5シリーズ 第1話あらすじ

険しい山をロッククライミングしているのはフリーランス外科医の大門未知子。

そして露天風呂で疲れを癒しています。

そこに入って来たのは蛭子さん!

蛭子さん曰く「ここは男湯」と言います。

仰天する大門。

 

翌日に蛭子さんと一緒に路線バスに乗りますが、バスが急に蛇行し始めます。

大門が見ると、運転手は意識を失っています。

大門はバスを停めてバスを降り、通りかかりの人に救急車を呼ぶように頼みます。

そこで見知らぬ女性はふもとの病院を紹介します。

大門が患者と村の病院に到着すると、そこにいた医師は森本光。

森本は大門を懐かしみます。

大門は何も覚えていない様子。

早急に応急手当の手術をすると、隣で森本が大門の腕が相変わらずだと感心します。

その手術の様子をじっとみていた女性は、「何者なの?」と興味深く見ています。

手術を終えて大門は、近いうちに再手術すると言って、帰って行きます。

 

一方蛭間重勝は過去に必要のない手術器具を不正に買い取り、賄賂を受け取っていた件で、北海道の知床分院に左遷されていました。

そこに現れたのは東帝大学病院の外科副部長・海老名敬。

蛭間重勝を東帝大学病院に呼び戻しに来たと言います。

けれども東帝大学病院に戻った蛭間の不正を問われて、知床分院に戻ると言うと、院長の志村まどかが、蛭間を引き留めます。

 

院長の志村は医師の前で、過去の悪しき膿を全て出して、患者ファーストを実現すると宣言します。

そこに豹柄のミニスカートで大門が現われます。

「この泥棒猫!」と大門がいきなり志村に告げます。

「もう一度治療するなら、ここでするように患者をここへ連れて来たの。」と志村。

医師たちが大門を追い出そうとすると、志村は大門をここで雇うと宣言します。

大門は手術を自分のこの目で確認した。とても素晴らしかったと絶賛します。

 

神原名医紹介所では所長の神原晶やフリーランスの麻酔科医・城之内博美たちと麻雀をしながら、今日東帝大学病院と契約を交わしてきたと大門。

神原は良くやったと褒めますが、契約金を見るととても安いと驚きます。

 

東帝大学病院の外科副部長・猪又孝は志村にどうしてあんな女を入れたのかと抗議しますが、実力があればフリーランスでも関係ないと反論する志村。

 

術前カンファレンスの日、大門が先日助けたバスの運転手の執刀をアメリカの権威ある医師に頼むと発表する志村に、私の方が上手なのにどうしてと反論します。

話が終わらないうちに、大門はひとりで昼休みに行ってしまいます。

そしてとんかつを食べていると目の前のジャーナリスト・一色が急に倒れて、大門はすぐに対処します。

そして病院で、「オペしないと、死ぬよ。私なら腫瘍を全部取れるよ。」と大門。

どこの病院でも助からないと言われて、大門の話を信じない一色に、「結局は諦めてるんだ。」と言い放つ大門。

 

入院してきた一色があまりにも有名人なので、志村や猪又は病院の名誉にかけて、手術をやめた方がいいと判断しますが、大門は絶対に私しかできない、私、失敗しない、と言いかけて、志村に遮られます。

 

志村は日本医師倶楽部会長・内神田景信たちと会食の場に行きますが、この請求書はどこへ行くのかと尋ねて、帰ってしまいます。

その様子を見ていた蛭間は、自分が費用を負担すると言います。

スポンサーリンク


神原と大門は焼き肉をつまみながら、すごい時代だね、太平洋を隔ててオペができるなんてと話します。

自分の目と手で直接患者に触れるのが大事なんだと大門。

 

オペ室では、アメリカからジャイケル・マクソンによる遠隔操作で一色の手術が始まります。

みな、「おーっ。」と歓声をあげます。

 

その一方第2オペ室では、大門はバスの運転手のオペをしています。

ところが新米医師の失敗で大量出血して、他の医師が呼ばれて来ます。

 

今度は遠隔操作でオペをしているジャイケル・マクソンが失敗してしまい、アメリカでは画像が全く見えなくなってしまいます。

急きょ直接のオペをすることになり、誰も出来る医師がいない中、志村が直接執刀することになりました。

 

第2オペ室では、大門を中心に順調に手術が進んでいます。

助けに入った西山直之は、大門のオペのスピードの早さに驚きます。

 

志村が担当している一色のオペは、これ以上進めても無理だと判断し、オペの手を停めます。

そこに勝手に入って来た大門は、「やるよ~。私、失敗しないから。」と言って再会させます。

志村も諦めたオペを大門が順調に進め、志村も固唾を飲んで見守っています。

大門は自分の役目を終え、患者の胸に手を当ててオペ室から出て行こうとすると、志村が「ありがとう。」と声を掛けます。

 

院長室では志村と海老名、猪又が一色のオペの成功に笑みを浮かべていると、神原がやって来て、メロンとともに2,000万円の請求書を差し出します。

法外な金額だと言う志村たちに、遠隔操作によるオペの失敗については口外しない、その失敗を取り戻したのが大門だと言う神原。

 

そこに、蛭間がやって来て志村と一色の不倫報道をばらします。

立場のない志村は完敗します。

 

とんかつを食べている大門の隣にやって来た志村は、あなたが彼を病院に連れて来なければ不倫もばれなかったのに、と呟きます。

不倫がばれなかったら院長を辞めずに済んだのに、失敗した、と志村。

そんな志村に大門は、人の命を助けたのだから失敗ではないと慰めます。

そこに一色の妻が現われて、「この、泥棒猫!」とビンタされる志村。

大門は、「怖~い。」と言って逃げてしまいます。

 

結局院長の志村は不倫騒動で院長を辞め、蛭間が院長に復帰します。

そこに神原が現われて、契約書を新たに提出します。

大門は、「いたしません。」と連発して部屋を出て行きます。

 

あとがき

大門未知子、豹柄のミニで登場しました。カッコいいですね。

そして今日院長として出演した志村まどか役の大地真央も、未知子に負けず劣らずカッコよかったですが、不倫騒動で辞めちゃうとは・・・。今回限りみたいで残念です。

一匹狼のフリーランス大門未知子は、また敵が多そうですね。

でも、こんなに腕が良ければ敵なんか関係ないですね。

 

あわせて読みたい関連記事

[ドクターX]第2話あらすじ

[ドクターX]第3話あらすじ

[ドクターX]あらすじ一覧

 

⇩「ドクターX」を見逃してしまったという方必見!⇩

[ドクターX]見逃し動画を無料で視聴するには

 

スポンサーリンク


2件のコメント

  • のぞ

    大地真央を叩いた女優さんは誰ですか??
    気になっています。
    教えてください!!

    • peach75

      詳細を調べましたら、一色辰雄の妻役は赤間麻里子さんと言う事でした。
      大地真央さんが叩かれるなんて、後にも先にもないような瞬間でしたね。

コメントを残す




CAPTCHA