「吹けよ、ミプン」第6話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

イ・ジャンゴの好意で、倉庫部屋から引っ越ししたキム・ミプン家族。

ところが、その家は何とイ・ジャンゴの家。

昔マカオで二人の親は険悪な仲でしたが、

これから無事に暮らすことが出来るでしょうか。

では「吹けよ、ミプン」第6話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

吹けよ、ミプン イ・ジャンゴ役ソン・ホジュンとキム・ミプン役イム・ジヨン

写真出典:stylus


スポンサーリンク


<吹けよ、ミプン 第6話あらすじ>

吹けよ、ミプンキャスト登場人物相関図

写真出典:http://www.imbc.com/broad/tv/drama/mipoong/cast/

キャスト・登場人物はこちら→「吹けよ、ミプン」キャスト

 

同じ屋根の下で

キム・ミプンはイ・ジャンゴの助けによって同じ屋根の下で

暮らすことになりました。

イ・ジャンゴの祖母タルレは礼儀正しいキム・ミプンの家族を

とても気に入ります。

イ・ジャンゴは祖母に

「私がこの家の息子であることを、

当分の間秘密にしておいてください。」とお願いします。

それはキム・ミプンと家族のプライドが傷つかないようにというイ・ジャンゴの配慮からでした。

タルレは「お前がこの家の息子だってことがばれるのは、

時間の問題なのに。」と心配しながらも、

イ・ジャンゴの気持ちを汲み取ってあげます。

キム・ミプンの母チュ・ヨンエはしきりに感謝のお礼をしながら、

幸福感に浸ります。

 

母のお願い

そんな中、イ・ジャンゴの母ファン・クムシルは

1,000億ウォンの遺産を受け継ぐ事になりそうな

マ・チョンジャの娘と自分の息子を会わせようとしています。

家に帰ってきたイ・ジャンゴは、

母ファン・クムシルからお見合いがあるという話を聞きます。

イ・ジャンゴは「私はそのような席は気乗りがしない。」と断りますが、

ファン・クムシルは「母親の顔を立てると思って、

一度だけ会ってちょうだい。」と懇願します。

結局、イ・ジャンゴは母の願いを受け入れます。

 

一方マ・チョンジャは「明日の12時よ、プリンスホテル。

ただ行ってお昼食べて来ればいいんだから。」と娘チョ・ヒラに言います。

すると「私がどうしてあのおばさんの息子に会わなくちゃいけないのよ。

私二度とお見合いしないって言ったじゃない。」と、チョ・ヒラ。

吹けよ、ミプン第6話 会話するマ・チョンジャとチョ・ヒラ

「頭の賢いヒラがお母さんの言う事聞かないの?

お見合いじゃないってば。

ただご飯食べて帰ってくればいいんだから。

お見合いするフリだけして。」と、マ・チョンジャ。

吹けよ、ミプン第6話 説得するマ・チョンジャ

「一体どうして私が行かなきゃいけないの?」とチョ・ヒラ。

「それなりの理由があるのよ。

理由は聞かないで。」とマ・チョンジャ。

「まさかお母さん、あのおばさんに弱みを握られてるんでしょ。」とチョ・ヒラ。

「そんなんじゃ、ないわよ。

弁護士として相談に乗ればお金を稼ぐじゃない。」とマ・チョンジャ。

「一言で言えば、明日はご飯だけ食べて、

さっさと帰ってくればいいんでしょ。」と言うチョ・ヒラに

「うちの娘は賢いわね。」と喜ぶマ・チョンジャ。

吹けよ、ミプン第6話 笑う母と子

「分かったから、代わりに条件があるの。

明日上手くやってくるから、ハンドバッグ一つ買って。

新作が出たんだって。嫌ならいいわ。」とチョ・ヒラ。

 

イ・ジャンゴの好意

イ・ジャンゴは家の網戸を直すという理由で、

仕事帰りにまたキム・ミプンに会いに来ます。

キム・ミプンが「ジャンゴ兄さんについて行って

大家さんの家に挨拶しに行く。」と言うと、

イ・ジャンゴは「話しがある。」とキム・ミプンを外に呼び出します。

呼び出したまま口を開かないイ・ジャンゴにキム・ミプンは

「話しって何?」と尋ねます。

結局イ・ジャンゴは「実は今日引っ越してきた家は私の家だ。

素直に言えなくてごめん。正直に話したら嫌がるかと思って。」と告白します。

するとキム・ミプンは「私たちの事をからかっているんですか?

どうしてそんなに自分勝手なんですか。

無一文の貧しい脱北者だからって、ジャンゴ兄さんの独りよがりよ。

明日この家を出て行きます。」と怒ります。

吹けよ、ミプン第6話 怒るキム・ミプン

イ・ジャンゴは「どこに?引っ越しするお金はあるのか?

それともあの倉庫の部屋にまた戻るというのか?

お前はどうして自分のプライドだけ考えるんだ?

ユソンやお母さんの事はなぜ考えないんだ。

夜間救急で入院までしたじゃないか。

お前の気持ちは十分理解できるが、今はこれが最善だと思う。」と叱ります。

吹けよ、ミプン第6話 叱るイ・ジャンゴ

現実を話すイ・ジャンゴの前にキム・ミプンは何も言えませんでした。

イ・ジャンゴは「保証金を返してもらって

仕事をたくさんしてお金を稼いで、

この家よりも良い家に引っ越すことだ。」とアドバイスします。

吹けよ、ミプン第6話 アドバイスするイ・ジャンゴ

キム・ミプンは「うちのお母さんとジャンゴ兄さんのお母さんが

お互い分かるんじゃないですか?

私の母がこの事を知ったら気絶しちゃう。」と涙を流し、

イ・ジャンゴは「お母さんは気づかないだろうから。

状況を見てゆっくり話してみよう。

そうしよう、スンヒ。いや、ミプン。」と慰めます。

キム・ミプンはイ・ジャンゴの好意を感謝して受け、

「ジャンゴお兄さん、今度ジャジャン麺おごるから。」と言います。

 

お見合い

イ・ジャンゴはチョ・ヒラとは以前良くない出会いだったので、

彼女がお見合い相手であることを知りながらも

母のお願いで仕方なくお見合いに行きます。

 

その帰りの駐車場で、

「今おじさんが私の車をかすったでしょ。

この目でしっかり見たんだから。」とチョ・ヒラ。

吹けよ、ミプン第6話 怒るチョ・ヒラ

「だったらきちんとまっすぐ駐車するんだな。」と隣の車の持ち主の男性。

「おじさん、これを解決せずにそのまま行ったら、

私警察に通報するからね。」と電話を掛けるチョ・ヒラ。

吹けよ、ミプン第6話 通報するチョ・ヒラ

「何するんだ。」とチョ・ヒラに手を挙げた男性の腕を

掴んだのは何とイ・ジャンゴ。

そして「危険物で女性に暴行したら、

刑法第261条特殊暴行者として適応する。」と告げます。

吹けよ、ミプン第6話 腕を掴むイ・ジャンゴ

男性は連絡先をチョ・ヒラに渡して、

かかった修理費を知らせるように伝えます。

イ・ジャンゴは「大丈夫ですか?

こういう時は相手を刺激してはいけません。

先に保険会社に連絡して。」と助言します。

「助けてくれてありがとうございます。

そしてこの間はすみませんでした。」と言うチョ・ヒラ。

「終わった事だ。気にしないで。」とイ・ジャンゴ。

チョ・ヒラはイ・ジャンゴを見直します。

そして「今日は母の頼みで仕方なくお見合いに来たけど、

イ・ジャンゴさんがアフターを申し込んでくれたら私受けますよ。

例えば、映画を見に行こうと誘われたら、

見に行きますよ。」とチョ・ヒラ。

「すみませんが、約束があるので。」とイ・ジャンゴは言って

足早に去ってしまいます。

吹けよ、ミプン第6話 足早に去るイ・ジャンゴ

「何よ、私と映画に行きたくないのか、

時間がないから行かないのか・・・。」と独り言を言うチョ・ヒラ。


スポンサーリンク



チョ・ヒラは「イ・ジャンゴに映画を見に行こうと誘っても返事がないの。

私が今まで会ってきた男性たちとは違う。

あのおばさんに電話してイ・ジャンゴは私の事を気に入ったのか、

気に入らないのかを聞いてみてよ。」と母マ・チョンジャにお願いします。

チョ・ヒラはその後、

ファン・クムシルと会ってイ・ジャンゴへの気持ちを告白します。

一方マ・チョンジャは、ファン・クムシルに

「うちの娘はあなたの息子の事を好みではないよ。」と嘘を言います。

イ・ジャンゴは「私はまだ誰とも付き合うつもりはない。」と言い、

チョ・ヒラは自分を拒否するイ・ジャンゴによって傷付き背を向けます。

 

別れ

イ・ジャンスはジュリを見つけて駆け寄り

「ジュリ、一体どこに行ってたんだ。俺がどれだけ心配したか分かるか。

電話しても電話に出ないし。

心配で死にそうだったんだぞ。

ところで、あいつは誰なんだ。」と言います。

吹けよ、ミプン第6話 泣きつくイ・ジャンス

ジュリは「子供のパパよ。私、主人とやり直すことにしたの。」と答えます。

吹けよ、ミプン第6話 答えるジュリ

すると「頭おかしくなったのか?

毎日浮気して暴力振るって生活費もくれないで離婚したって言ったじゃないか。

こんな男とやり直すのか?」と大声を出すイ・ジャンス。

その言葉を聞いてカッとした前夫がイ・ジャンスに殴り掛かります。

吹けよ、ミプン第6話 喧嘩する前夫とイ・ジャンス

二人は取っ組み合いの喧嘩になり、イ・ナミとジュリが仲裁しますが、

ジュリは腹を立ててイ・ジャンスに

「もう二度と私の前に現れないで。」と言って去って行きます。

吹けよ、ミプン第6話 その場を去るジュリ

「あんたは何てバカなの。あんな女を好きになって。」と

叔母のイ・ナミはイ・ジャンスに言います。

吹けよ、ミプン第6話 イ・ナミとイ・ジャンス

 

こっそり現れる

「こっちこっち。」と手招きをするのは

チョ・ヒラとチョ・ヒドンの祖母クィオク。

吹けよ、ミプン第6話 手招きする祖母クィオク

「おばあちゃん、こんなに夜遅くにどうしたの。」とチョ・ヒドン。

吹けよ、ミプン第6話 祖母と話すチョ・ヒドン

「毎日スーパー銭湯で寝泊りするのはもうこりごり。」とクィオク。

すると祖母クィオクをこっそりと自宅に招き入れるチョ・ヒドン。

吹けよ、ミプン第6話 こっそり家に入る祖母とチョ・ヒドン

チョ・ヒドンの部屋に入るとホッとする二人。

「僕が機会を見てお母さんに話しておくから、

分かるよね?」というチョ・ヒドンに

「分かってる、分かってる。ばれたら追い出される事・・・。」と言うクィオク。

吹けよ、ミプン第6話 会話するチョ・ヒドンと祖母

「ご飯はここに持ってくるから、トイレに行くときは気を付けてよね。

ヒラにばれると大変だから。

僕は床で寝るから、おばあちゃんはベットでゆっくり休んで。」とチョ・ヒドン。

「可愛い孫よ、おばあさんが小さい時から手を掛けて育てた甲斐があるわ。」と喜ぶクィオク。

写真出典:http://www.imbc.com/broad/tv/drama/mipoong/clip/

 

あとがき

キム・ミプンが何度腹を立てても、広い心で受け止めるイ・ジャンゴ。

それをキム・ミプンも知っていながら腹を立てているようにも見えます。

とは言え、異国の地でゼロから出発するキム・ミプン家族にとって

頼もしい存在ですね。

そんなイ・ジャンゴとお見合いをしたチョ・ヒラは

また駐車場でもめていましたが、前にもどこかで見た光景のようですよね。

前回は加害者でしたが、被害者になって初めて痛みを感じたのでしょうね。

チョ・ヒラとチョ・ヒドンの祖母クィオクは

何故に身内の家に内緒で侵入したのでしょうか。

何か良からぬ過去がありそうですね。

第6話の視聴率は13.6%でした。

では次回第7話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

「吹けよ、ミプン」第4話あらすじ

「吹けよ、ミプン」第5話あらすじ

「吹けよ、ミプン」第7話あらすじ

→「吹けよ、ミプン」あらすじ一覧はこちら

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」という

アイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年1月現在、「吹けよ、ミプン」の配信がスタートしています♪

そして第1話は無料で視聴可能です!

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA