韓国で紹介された冷やしご飯+大豆オイルで血糖値改善

今韓国でも食生活の変化や運動不足による、生活習慣病が急増しています。

テレビでは、生活習慣病の予防や改善に関する情報が多く取り上げられるようになりました。

その中でも特に話題になった内容が韓国の番組「나는 몸신이다(私は身体の神だ)」で紹介された「大豆オイル冷やしご飯」です。

大豆オイルを入れてご飯を炊き、それを冷やして食べる事で血糖値を改善するというものです。

 

スポンサーリンク


 

ご飯を冷やすとレジスタントスターチ(耐性でんぷん)という消化しにくいでんぷんが増えて、このレジスタントスターチが小腸では吸収されずに、大腸でも一部のみが消化吸収されるため、血糖値の上昇を抑える事になります。

冷やしご飯だけでもレジスタントスターチが増える上に、大豆オイルで米つぶをコーティングすると、レジスタントスターチが2倍になりますので、効果もそれだけ上がります。

韓国では콩기름(コンキルム)という大豆オイルがお手軽な価格で売られていて、この方法がカンタンで長く継続できる健康法として話題になりました。

作り方はカンタンで、お米を研いで炊飯器で炊く前に、お米4人分(約2.5合)に対して、大豆オイル大さじ1の割合で入れて炊きます。

炊き上がったら冷蔵庫で6~12時間冷やして、食べる時に1分ほど電子レンジで温めます。

ご飯は白米でも玄米でもどちらでも良いです。

冷やし方は冷凍ではなく冷蔵で冷やします。

他のオイルと比べた時に大豆オイルを入れた時が、一番レジスタントスターチが増えるというデータがありますので、やはり大豆オイルが効果的だと思います。

ご飯を加熱しすぎると効果が落ちますので、電子レンジでの温めは”冷たくない程度に”温めます。

我が家でもさっそく取り入れ、妊娠糖尿病にかかって以来長く治療中の親戚にも勧めたところ、2週間も経たないある日

「怖いくらい下がった・・・」と電話あり。

この方法は糖尿病予備軍の人には特にオススメです。

治療中で薬を服用している人は、医師と相談しながら取り組むのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA