「名前のない女」第25話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2017年4月2日〜9月15日までKBS2で放送された平日連続ドラマ

「名前のない女」

第25話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

「名前のない女」キャスト ポスター

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama


スポンサーリンク


<名前のない女 第25話あらすじ>

「名前のない女」キャスト 人物相関図

 

キャスト・登場人物はこちら→「名前のない女」キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

ク・ドチはユン・ソルの事務所を訪ねて、

「大変です。一日中、ユン・ソルさんの事で頭がいっぱいなんです。

いつからかは分からないが。

大事なのは、俺がユン・ソルさんの事を好きだと言う事。」と告白します。

「私はドチさんの気持ちを受け止める事ができないんです。

私はドチさんが思うほど、いい人ではないんです。想われる資格もない。」とソル。

そこへキム・ムヨルが入って来ます。

「とにかく私は他の事で頭がいっぱいなんです。ごめんなさい。」と断るソル。

ムヨルは気を遣って、事務所の外へ出て行きます。

 

ソルも事務所を出て行くと、ドチはソルを追いかけて、

「自分に機会を与えて欲しい。」とお願いしていると、

「嫌だと言っているじゃないか。ハン・ソルと別れて日も浅いのに。

警告する、ユン・ソル弁護士に関わるな。」とムヨル。

「キム・ムヨルさんこそ、女性に対する真心なんて、あるのか?」とドチ。

ムヨルはドチを殴ります。

 

ホン・ジウォンはソ・マルリョンとユン・ギドンのチキン店に行きます。

「どこかで会ったような気がしますが。」とマルリョン。

「ユン弁護士の事務所前で。」と答えるジウォンに、

「あの時は水を掛けてしまい、失礼しました。」と謝るマルリョン。

ジウォンはリゾート開発の件で、是非土地を売ってもらえるように、

お願いに来たのです。

話の流れで、実はマルリョンとギドンには双子の娘がいたが、

生後100日も経たずに行方不明になってしまい、

今どこで何をしているのか分からない、とマルリョン。

ジウォンは驚いて、ソルも知っているかと尋ねると、

ソルには言えない、とマルリョン。

 

殴り合いをして、ドチもムヨルも軽いケガをします。

ムヨルの車に乗り込んだソルは、

薬局で買った薬を塗ってあげようとすると、

「ドチに断っていた時に、”他の事で頭がいっぱいだ”と言っていたのは

・・・俺の事か?」とムヨル。

黙ってうなずくソルを抱き寄せるムヨル。

ソルはムヨルに抱かれつつ、「私をホン・ジウォンに売り、ポミを捨てたあんたを、

ただじゃおかない。」と心で呟き、わざとムヨルのワイシャツに口紅を付けます。

 

ジウォンは帰宅してク・ドヨンに、

「ユン・ソルには双子の妹がいるそうよ。」と言うと、

「もしそうだとすれば、ユン・ソルの妹がソン・ヨリかもしれない。」とドヨン。

ジウォンは驚きますが、ドヨンは、

「ソン運転手の娘ヨリは、ソン運転手と実の親子じゃないんだよ。

そうソン運転手が言っていた。だからもうソン・ヨリの話はするな。」と忠告します。

ジウォンはますます混乱します。

 

ドチはユン・ソルが運命の人だと感じ、断られても諦めない覚悟を決めます。

一方ソルはドチから愛される資格がないと感じ、

ジウォンに復讐をすればきっとドチを傷つけるに違いないと、

ドチに申し訳ない気持ちになります。

 

朝ク・ヘジュはムヨルのワイシャツについている口紅を見つけて、

ムヨルに言い寄ります。

「夕べ新人歓迎会の時に、ついてしまったのだろう。

誰なのかも分からない。」と開き直るムヨル。

 

ソルは車を会社に置いて来てしまったからと早く家を出ると、

外で待っていたク・ドチは、何度も断るソルを強引に自分の車に乗せて、

手作りのお弁当までソルにあげて、会社まで送って行きます。

車を降りたソルに、「自分はソルさんを諦めない。」と告白するドチ。

 

その様子を目撃したムヨルは、ソルにドチの車に乗るなと言い、

他の男と会っているのも嫌だ、と言います。

ソルも、「室長が他の女性といるのは、嫌です。

でも、私たちは許されない仲でしょ。」と言います。


スポンサーリンク



チャン・エノクはヘジュが最近始めた寝具の店を見に行きます。

そして「どうして楽しないで、仕事なんかしているの。」とエノクが尋ねると、

「経営を学んでいるのよ。いずれウィドグループを継ぐんだから。」とヘジュ。

エノクは、「うちのムヨルじゃなくて、ヘジュが跡継ぎ?!」とムヨルを心配すると、

「私が継ぐってことは、ムヨルさんが継ぐって事ですよ。」とヘジュが言い、

安心するエノク。

エノクは、「いい嫁と出会ったわ。ヨリと結婚していたら、今頃・・・。」と言い、

ヘジュが嫌な顔をするので、

「最近、ヨリとそっくりな子を見かけて。」とついうっかり口をすべらせるエノク。

「ヨリとそっくりですって?!」とヘジュは驚き、

ムヨルに対して怒りをあらわにし、「幻を見たんじゃないのね。」と呟きます。

 

その頃職場では、ムヨルはソルに

「夕べ出来なかった歓迎会をやろう。」と誘っています。

そしてムヨルが事務所を出た時にヘジュから、

「今からすぐにそっちへ行くから、逃げないでそこにいなさいよ。」と

メールが来たのを、ソルが盗み見します。

ソルはムヨルになりすまして、「会社の前にある、ワインバーで会おう。」と

メールの返事をして会う事にします。

ムヨルにも同じ内容のメモを事務所に残して、出て行くソル。

ムヨルは嬉しそうに香水を振りかけています。

 

ソルが一足先にワインバーで待っていると、ムヨルがやって来ます。

そこへヘジュがやって来て、ソルを目撃します。

トイレに向かったソルの後を追ったヘジュは、

恐る恐る「ソン・ヨリ。あんた生きてたの?」と呼びます。

「どなたですか?人違いでは?」とソル。

「黙りなさいよ!」と叫ぶヘジュ。

出て行くソルの後をつけて、「あんたの事、許さない。」と

ソルの頬をなぐるヘジュ。

その瞬間を目撃したムヨルは、ヘジュを叱ります。

「名前のない女」第25話 殴られるユン・ソル

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama/

 

あとがき

 

ク・ドチに告白されてれ、しかも断ったのに諦めないと積極的なドチだけでなく、

なぜかいい雰囲気になってきたのは、ユン・ソルとキム・ムヨル。

もちろんソルの罠ですが、ムヨルはやっぱりソルの事が

好きになるようになっているのでしょうか。

それとも、ユン・ソルに言い寄られたら、断る男性がいない、

ソルはそんな雰囲気を持っているとも言えるかもしれませんね。

どちらにしても、二人の男性の心を惑わしつつ、復讐心に燃えるソル。

ムヨルはヘジュにソルの存在を秘密にしていましたが、

ソルが自らばらしてしまい、どんな作戦に出るのでしょうか。

第25話の視聴率は13.6%でした。では次回第26話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

「名前のない女」第23話あらすじ

「名前のない女」第24話あらすじ

「名前のない女」第26話あらすじ

「名前のない女」あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」という

アイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年8月~「名前のない女」の配信スタートです!

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

 


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA