「名前のない女」第44話後半,第45話前半(韓国:第60話)あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2017年4月2日〜9月15日までKBS2で放送された平日連続ドラマ

「名前のない女」

第44話後半,第45話前半(韓国:第60話)のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

「名前のない女」キャスト ポスター

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama

スポンサーリンク


「名前のない女」キャスト 人物相関図

 

キャスト・登場人物はこちら→「名前のない女」キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

<名前のない女 第44話後半(韓国:第60話)あらすじ>

 

ウィドグループでインターンとして働き始めた初日。

ク・ヘジュに倉庫の整理を命じられて、一人作業をしていたソン・ヨリは、ヘジュに鍵をかけられて閉じ込められてしまいます。

その時、ヨリに電話が掛かって来て、夜道を一人で歩いていたマヤが交通事故に遭ったと知り、すぐにク・ドチに電話で知らせます。

帰宅したヘジュもドチから知らせを聞き、キム・ムヨルに連絡して、マヤのいる病院に向かうヘジュ。

 

病院に集まったドチ、ヘジュ、ムヨルは、手術中のマヤの容態を尋ねると、「命の別状はないが、輸血の必要がある。」と看護師は言い、マヤは血液型がO型で、父親ムヨルの血液型を尋ねると、ムヨルがA型だと答えます。

看護師がヘジュを母親だと思い尋ねると、AB型だと答えるヘジュ。

ドチは聞いていて、「二人とも、自分の血液型を勘違いしているんじゃないのか?AとABから、Oは生まれないだろ。」と言いつつ、ドチは自分がO型だから、輸血すると名乗り出ます。

 

その頃、ヨリは倉庫から出られずに、「助けてください!誰かいませんか?」と大声を出しています。

 

ドチが輸血をしに行くと、ヘジュはムヨルに、「血液型の事で、ドチ叔父さんにあれこれ疑われないかしら?」と心配すると、「今マヤが手術中だと言うのに、そんな事心配している場合か?」とムヨル。

するとヘジュは、マヤの祖母チャン・エノクに預けたのに、エノクは何をしていたのかと、怒り出します。

エノクの家に連れて行かなければ良かったじゃないかと、怒るムヨル。

 

その頃自宅ではク・ドヨンが目を覚まし、ホン・ジウォンに手を伸ばすので、ジウォンは驚きます。

「あなた、目を覚ましたの?私が分かる?」とジウォンが話しかけると、

ドヨンはジウォンの名を、「ホ、ホ・・・。」と答えようとしますが、言葉も出ずに、気力も無く、手を降ろしてしまいます。

するとヘジュから電話が入り、マヤが事故で手術中だと知らせます。

 

マヤは手術が終わり、集中治療室に移されます。

ヘジュとムヨルはそこでも夫婦喧嘩をし、ヘジュが、「どうしてこんな子を家に連れて来たのか・・・。」とつぶやくと、「マヤを連れて来たのは、何か魂胆があったのか?」と尋ねるムヨル。

ヘジュは黙り込みます。

ドチは病院の廊下で、ヨリに何度電話をしても、通じないので、心配します。

そこへエノクとキム・ヨルメがやって来て、自分のせいだと責めるエノク。

ドチがヨルメにヨリの事を尋ねると、倉庫で整理をしていたと話すヨルメ。

ドチはすぐに倉庫に向かいます。

すると、ドアの向こうで叫んでいるヨリの声が聞こえます。

ヨリはドチが来たと分かると、すぐにマヤの心配をし、ドチは手術が無事に終わったと伝え、警備室に知らせます。

すると倉庫の責任者でないと、鍵が開けられないと言い、警備員がすぐに連絡をしますが、電話に出ません。

仕方なく、ドチは倉庫の前で待っています。

 

ジウォンは自宅にキム博士を呼び、幸い家族が誰もいないので、ドヨンをまた眠らせて欲しいと頼みます。

キム博士は、1年も意識が戻らなかった患者に、睡眠薬投与は医師の良心にかけて絶対に出来ないと断ります。

ドヨンの脳死判定も、実はキム博士との取引でジウォンが書かせたので、その事がバレてもまずいのでは、と脅迫するジウォン。

キム博士はドヨンに会うと、「キ、キム博士・・・。」とつぶやくドヨンに、「会長、目を覚まして良かったですね。」と声をかけるキム博士は、点滴に睡眠薬を投与します。

キム博士は帰り際に、次回は投与しないと言って帰ります。

ジウォンはドヨンが眠っている間に、名義をみな変更してしまうつもりです。

 

マヤが麻酔から目をさまし、ムヨルが「どうして夜一人で出かけたんだ?」と尋ねると、「私、パパの娘じゃないの?お祖母ちゃんとパパの会話を聞いたの。私養女だって。」とマヤ。

ムヨルは「パパの娘だ。」と必死に答えます。

「名前のない女」第60話 目を覚ますマヤ

 

良く朝ヘジュが出勤すると、ヨリはまだ出勤していません。

ヘジュは、今朝締め切りのデザイン案を提出したか、社員に尋ね、もし提出していなければ、やる気がないと見なす、と言います。

その頃、朝になってやっと倉庫の責任者が、鍵を開け、ドチはヨリを抱きしめますが、ヨリは急いでドチの携帯を借ります。

 

事務所では、ヘジュが朝の9時ちょうどにデザインの提出を閉め切り、「ソン・ヨリさんは出勤もしないし、デザインも提出していないから、解雇です。」と言うと、社員がネットで締切10秒前にヨリの提出を確認します。

ヘジュは悔しがり、倉庫へ向かいます。

そして倉庫にいるヨリを見つけて、「あんた、どうしてデザインを提出できたの?一晩中倉庫に閉じ込められていたのに?!」とヘジュ。

「あんたが犯人ね?デザインの提出を阻止して、私をクビにしようとしたのは?」とヨリは言って、信じないヘジュを倉庫に連れて行きます。

すると倉庫の黒板にデザインの原画が描かれています。

ドチは「お前がヨリさんを倉庫に閉じ込めたのか?」と怒ります。

ヨリは、「あんたは私には勝てないわよ。」と言って、ドチと立ち去ります。

 

ドチは事務所でヨリに、マヤの輸血の時、両親とマヤの血液型が合わなかった事を話します。

まずは一旦帰宅してから、マヤに会いに行くと言うヨリ。

スポンサーリンク


マヤの病室では、エノクはムヨルから、マヤが夜一人で家を出た理由を聞き、さらに自分を責めます。

エノクは、いっその事正直に話をした方がいいのではと言うと、ヨリとドチがマヤのお見舞いに来ます。

ムヨルはヨリとマヤの接触を嫌がり、無理やり帰そうとします。

ムヨルの様子がおかしいので、ドチはムヨルを廊下に呼び出します。

そしてドチは、「マヤ、ムヨルとヘジュの娘じゃないだろ。」と尋ねます。

驚いたムヨルはヨリの顔を見て、慌てます。

ヨリも、以前マヤがジウォンお祖母さんが怖いと言っていた、と話し、「マヤ・・・誰なの?もしかして養女?」と尋ねます。

ムヨルは、「そうだ。」と答え、ヨリとドチは驚きます。

ムヨルは本当のマヤが死んで、今のマヤを養女として迎えたと言い、目に入れても痛くないほど、可愛い我が娘だとムヨル。

ムヨルはそうかもしれないが、ホン・ジウォンはそうではない、裏で企みがあるはずだ、以前私を養女として迎えた時も、息子を助けたい一心だけだった、自分はジウォンに利用されたとヨリ。

ムヨルはヨリの話に驚き、マヤを養女に迎えた理由に気づき、どこかへ走って行ってしまいます。

 

<名前のない女 第45話前半(韓国:第60話)あらすじ>

 

その頃、ジウォンは部下に指示し、株式と財産すべてをドヨンの名義から、自分の名義に変更する事に成功します。

そこへムヨルがやって来て、「マヤが事故に遭ったのに、マヤの事を尋ねもしませんね。」と言い、「手術が無事に終わったと聞いたわ。」とジウォン。

「お義母さんの立場なら、そうでしょうね。マヤに何かあったら大変ですからね。ヘソンの命がソン・ヨリにかかっていたのと同じように、ガヤの命がマヤにかかっているのだから。」とムヨル。

「そんな事を聞きに、ここへ来たの?マヤはあなたの娘なんだから、ちょうどいいじゃないの。」とジウォン。

「だからと言って、お義母さんの行動が正当化されることはありません。もううんざりです。」とムヨル。

 

ドチは事務所に戻ると、明日理事会が招集されると聞きます。

ドチはジウォンの魂胆を探りつつ、ソ・マルリョンに電話します。

ク・ドヨン会長が脳死判定を受けて、まだ1カ月も経っていないのに、と呆れるマルリョンは、ドチと一緒に、ジウォンが会長になるのを阻止しようと言います。

チャングはドチに、「ク・ドヨン会長が脳死判定というのは、本当なのだろうか。」とつぶやきます。

 

自宅では、ムヨルが荷物をまとめて家を出ようとし、ヘジュとジウォンが止めます。

実の娘を育てながら、ウィドグループ会長の婿の座を諦めるのかとジウォンが尋ねると、どうせ私の能力が必要になる時が来るだろう、そしてヨリには真実を話すつもりはないが、真実を知ってしまった以上、ここでは住めないと言って、ムヨルは家を出て行こうとすると、そこへヨリとドチが帰宅します。

ムヨルは出張だと言うジウォン。

ドチとヨリは、「待っていましたとばかり、緊急理事会ですね。」と言うと、「脳死の判定を受けて、理事たちが自発的に招集しようと言ったのよ。ドヨン会長がこうなって、一番つらいのは私よ。」とジウォン。

「それはどうでしょうかね。」とドチ。

ドチとヨリはドヨンの部屋へ行き、ドヨンの手を握りながら、語りかけます。

するとドヨンの手が動き、目を覚まします。

ヨリとドチは驚いて、声を掛けると、目を瞬きして返事をするドヨン。

「名前のない女」第60話 目を覚ますドヨン

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama/

 

あとがき

 

だんだんマヤの真実が迫ってきつつありますが、マヤが知ったのは、自分が養女だと言う事まででしたね。

そしてムヨルは、ジウォンがマヤを養女にした理由を知りましたが、それでヨリの側につくわけではなく、どこまでも自分の利益を考えて行動するだけで、何も期待できなさそうですね。

ジウォンが名義変更を終えた後に、ドヨンが目覚めましたが、間に合うのでしょうか。

キム博士は良心の呵責を感じて、睡眠薬を微量にしたようですね。

ジウォンに全てを奪われないように、阻止できればいいのですが、また次回が気になります。

韓国第60話の視聴率は18.9%でした。

 

あわせて読みたい関連記事

「名前のない女」第43話前半(韓国:第58話)あらすじ

「名前のない女」第43話後半,第44話前半(韓国:第59話)あらすじ

「名前のない女」第45話後半(韓国:第61話)あらすじ

「名前のない女」あらすじ一覧

 

スポンサーリンク


★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、インターネットを接続する環境が整っていれば、レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」というアイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年8月~「名前のない女」の配信スタートです!

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA