[オクニョ]獄中花(オクチュンファ)第12話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

オンニョがユン・テウォンと手を組んで復讐を計画していましたが、

商団のイ・ミョンウ大行首が亡くなることで、

計画に支障が出てしまいした。

本当に自ら命を絶ったのか、それとも何者かによるのか・・・?

オンニョは真実を明らかに出来るのでしょうか。

では「オクニョ」(獄中花・옥중화)第12話のあらすじを紹介します。

※なおこの記事内では、タイトルであり主人公の名前である

「オクニョ」を韓国語読みの「オンニョ」と表記して紹介しています。

※ネタバレを含みますので注意!

オンニョ役チン・セヨンとユン・テウォン役コ・ス

出典:http://entertain.naver.com/read?oid=311&aid=0000654398


スポンサーリンク


 

<「オクニョ」獄中花 第12話あらすじ>

出典http://daejanggeum.xii.jp/okjunghwa_chart

キャスト・登場人物はこちら→「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

チョン・ナンジョンの計略で

捕盗庁部将ソン・ジホンは、イ・ミョンウ大行首が

自殺ではないかと言いますが、詳しくは検死官に

見てもらうと言います。

「イ・ミョンウを外へ出したのが知られたら、

私の立場は危ない。」と自分の立場を心配するチョン・デシクに、

オンニョは「それどころではありません。」と告げます。

オンニョは典獄署で亡くなったイ・ミョンウ大行首が

自殺でなくて他殺であると、検死官より先に論理的に

明らかにして、典獄署主簿チョン・デシクにその事実を伝えます。

獄中花第12話 事実を伝えるオンニョ

本当か?と尋ねるチョン・デシク。

獄中花第12話 驚くチョン・デシク

続けて「どんな根拠で・・・。」とチョン・デシクはオンニョに尋ねます。

獄中花第12話 会話するオンニョとチョン・デシク

するとオンニョは首を絞めていた縄を差し出して、

「これは右利きの人が結んだ縄で、

イ・ミョンウ大行首は左利きです。」と言います。

オンニョは「他殺だと疑う2番目の理由は、

通常首を絞めたら舌が口から出ているけれども、

イ・ミョンウは舌が口の中に入っていた。」と。

そして「3番目の理由は、舌が固くなっていたので

毒薬を飲んだという証拠です。」と言います。

オンニョの推測では、何者かが少量の毒を盛って

気絶させてから、他の者が首に縄をかけたのだと言います。

獄中花第12話 推測するオンニョ

そしてオンニョは、「亡くなっていく途中で

意識が戻っていったので、生きている時に首を縄で

締めたようだ。」とも告げます。

これが他殺なら大変なことだ、とチョン・デシク。

獄中花第12話 困惑するチョン・デシク

牢屋の中でそのような事件が起きたとしたら、

典獄署の責任者である私が無事でいられるだろうか・・・と

自分の立場をまず心配するチョン・デシク。

他殺だということを他の者に知られてはいけないという

チョン・デシクに、オンニョは「捕盗庁で解剖すれば

すぐに明らかになるのでは」と言います。

「これは自殺だ、分かったか?」と念を押すチョン・デシク。

 

ユン・テウォンに会いに

オクニョがユン・テウォンに会いに商団を尋ねます。

「今日イ・ミョンウ様に会える。いい取引が

できそうだ。」とユン・テウォン。

「いいえ、もうイ・ミョンウ様にはもう会えません。」とオンニョ。

「もしかして、自害したのか?」とユン・テウォン。

「何で自害したんだ?」とトチ。

「何か事情があったのだろう。今から安国洞に行くから、

一緒に行くか?」とユン・テウォン。

オンニョとユン・テウォンは一緒にキム氏夫人に会いに行きます。

ところが、オンニョは何かを考えてユン・テウォンに

先に行っていてもらいます。

 

ミン・ドンジュとソン・ジホンが会っているところを、

オンニョがつけています。

獄中花第12話 ソン・ジホンをつけるオンニョ

チョン・ナンジョンがミン・ドンジュを通して、

ソン・ジホンに「検査官が検死をしないように手を回し、

自殺として扱ってほしい。」とお願いしていたのでした。

獄中花第12話 ソン・ジホンにお願いするミン・ドンジュ

そして、チョン・ナンジョンの指図を受けた

捕盗庁部将ソン・ジホンは、この事件を自殺として

早々に始末して、チョン・ナンジョンに報告します。

獄中花第12話 チョン・ナンジョンに報告するソン・ジホン

どうして、そのような決定を下したのか

私にも教えてください、と言うソン・ジホンにチョン・ナンジョンは

「典獄署に捕えられたユン・ウォニョンを牢屋から

出すためだ。」と言います。

獄中花第12話 報告を受けるチョン・ナンジョン

「ユン・ウォニョン大監を牢屋から出すためには、

文定王后の決断しかない。これから、大きい謀反の事件が起きる。

その謀反の事件を収拾するために、

文定王后はユン・ウォニョンを必要とするだろう。」と言い、

そのためにイ・ミョンウがうってつけなのだと言います。

獄中花第12話 会話をするチョン・ナンジョンとソン・ジホン

 

安国洞キム氏夫人に迫る危機

ユン・テウォンはキム氏夫人に会い、

「医員の治療を受けてください。」と説得しますが、

「私はもういいのだ。」とキム氏夫人。

そこにミョンソンがキム氏夫人の食事を運んできます。

オンニョは食事をしようとするキム氏夫人を止めて、

汁物に毒が入っていないか銀の針で確かめます。

オンニョは夫人の食べ物に毒が入っていると勘付きます。

そして、毒を盛っているその背後には

チョン・ナンジョンが関わっていると推測し、

その事をオンニョはユン・テウォンに告げます。

オンニョが銀の針で確認した時には変化は

ありませんでしたが、全ての毒が銀の針に反応するとは

限らないとオンニョ。

ユン・テウォンはチョン・ナンジョンが夫人に

毒を盛るように指示しているとオンニョから聞き驚きます。

 

キム氏夫人を助けるために

オンニョは、昔あらぬ疑いを掛けられて典獄署に

収監されていた医員のもとをユン・テウォンと一緒に訪ねます。

獄中花第12話 医員を訪ねるオンニョとユン・テウォン

どうしたんだ?と尋ねる医員。

獄中花第12話 オンニョと久しぶりに会う医院

オンニョは医員を連れてキム氏夫人のところに行きます。

獄中花第12話 キム氏夫人を診る医員とオンニョ、ユン・テウォン

夫人を診た医員は「とても危ない状態だ。」と告げます。

オンニョが「これを見てください。」と言って白い粉を取り出します。

獄中花第12話 白い粉

「こんなに貴重な物をどこで手に入れたのか。」と尋ねる医員。

獄中花第12話 白い粉について話す医員とオンニョ、ユン・テウォン

医員は、「朝鮮では手に入らない貴重な毒薬だ。」と説明します。

「幼い時から知っているミョンソンがこんなことを

するはずがない。」というユン・テウォン。

獄中花第12話 驚くユン・テウォン

きっとミョンソンの背後に誰かがいるはずだ、

とユン・テウォンは推測しています。

するとオンニョは、「ミョンソンがユン・ウォニョン大監に

会っているのを見たことがある。」と言います。


スポンサーリンク



典獄署では

コン・ジェミョンは干し肉をユン・ウォニョンを差し上げます。

「普段はまずいと思っていたが、牢屋では美味いな。

お前の名前は妻から聞いていた。

何故妻の商団の邪魔をするのだ。」と

ユン・ウォニョンが尋ねると、気まずいコン・ジェミョン。

「ところで、ユン・ウォニョン様はどのような罪で

こちらに・・・。」とコン・ジェミョンが尋ねると、

「俺が法だ。俺はユン・ウォニョンだ。何を言う。」と

威張るユン・ウォニョン。

チョン・ナンジョンからの手紙がユン・ウォニョンに

渡されると、そこにはチョン・ナンジョンが企てた陰謀が書かれていました。

 

ユン・ウォニョンを釈放するために

ユン・ウォニョンを牢屋から出そうとして、

チョン・ナンジョンは嘘の謀反人を企て、

反逆を疑わせる張り紙を町中に付けます。

謀反が起きれば、それを収拾できるのが

ユン・ウォニョンだと気付かせるためです。

ミン・ドンジュの手下、トンチャンがその貼り紙をしていると、

偶然出会ったのはチョンドゥン。

「トンチャン兄貴、何やってるんですか?」とチョンドゥン。

「この事は絶対話してはいけない。」とトンチャン。

チョンドゥンはトンチャンがミン・ドンジュの元で働いている事をしります。

 

翌朝、町に貼られた貼り紙が読めない民たちのために、

イ・ジハムが代わりに読み上げますが、

実際に書かれている内容とは違い、

チョン・ナンジョンとユン・ウォニョンの悪行を唱えるイ・ジハム。

そこに捕盗庁の役人たちが来て貼り紙を剥がし、

イ・ジハムは世を惑わせた罪で捕まってしまいます。

 

安国洞では

オンニョがユン・テウォンに解毒の薬を渡しているのを

ミョンソンが目撃してしまいました。

ユン・テウォンがミョンソンの後を付けると、

ミン・ドンジュと密会しているのを見て、

ユン・テウォンは背後にチョン・ナンジョンがいるのを確信します。

オンニョは、その話を聞いて何故チョン・ナンジョンが

夫人を消そうとしているのか不思議に思います。

ユン・テウォンは「安国洞のキム氏夫人は、

ユン・ウォニョンの正妻で、自分はユン・ウォニョンの庶子である」と

今まで明かせなかった出生の秘密をオンニョに明かしました。

チョン・ナンジョンがユン・テウォンの実の母を打ち、

そして病気でこの世を去った後に、

貞夫人であったキム氏夫人がテウォンを育ててくれたのです。

その育ての母親までもがチョン・ナンジョンに狙われているとは・・・。

 

呼び出されるチョン・ナンジョン

文定王后は張り紙の内容が深刻であることを悟り、

収拾するためにチョン・ナンジョンを宮中へ呼びます。

「もう2度と文定王后様にお会いできないと

思っていました・・・。」と涙を流して挨拶するチョン・ナンジョン。

獄中花第12話 涙を流すチョン・ナンジョン

「都城に謀反を疑わせる張り紙がしてあるのを知っているか。

逆賊の連中は誰なのか。もしや心当たりはないか?」と文定王后が問います。

獄中花第12話 質問する文定王后

チョン・ナンジョンは「この事態を収拾できるのは、

ユン・ウォニョン大監以外には誰もいません。

今は旦那様にお任せください。」と涙で訴えるのでした。

結局チョン・ナンジョンの計画通りに文定王后は

ユン・ウォニョンを典獄署から出して、

事件を収拾するようにとチョン・ナンジョンに命令したのでした。

 

出所するユン・ウォニョン

ついに出所が決まったユン・ウォニョン。

「おい、コン・ジェミョン。出所したら顔を出せ。

差し入れを分けてくれた礼をするぞ。」と

ユン・ウォニョンが出て行くと、

ユン・ウォニョンに唾を吐き出し、

「癇に障るヤツがいなくなった。」と清々するコン・ジェミョン。

ユン・ウォニョンはオンニョに

「お陰で良い経験をした。お前の事は忘れぬからな。」と言って

典獄署を後にします。

 

謀反人の濡れ衣で

ユン・ウォニョンは「さすがナンジョンの企てた策だ。」と

褒めながら、亡くなったイ・ミョンウを謀反人として

仕立て上げて、事態を収拾しようとします。

ユン・ウォニョンが入手したイ・ミョンウの秘密帳簿に、

賄賂を受け取った人の名前が書かれていて、

ユン・テウォンの名も連なっています。

イ・ミョンウと取引を準備していたユン・テウォンは、

チョン・ナンジョンと手を組んでイ・ミョンウを謀反人に

仕立てたソン・ジホンによって、義禁府に連行されたのでした。

獄中花第12話 捕まったユン・テウォンと義禁府

それはイ・ミョンウから謀反を企てる資金を受け取ったという罪でした。

ソン・ジホンはユン・ウォニョンから渡された

イ・ミョンウの秘密帳簿を通して、

ユン・テウォンとイ・ミョンウが接触していたという

事実を知っていて、これを利用してユン・テウォンに罪を被せたのです。

チョン・ナンジョンの計画通りにユン・ウォニョンは

牢屋から出て、結局目障りなユン・テウォンは逆賊だという

嘘の濡れ衣を着せられた謀反罪として典獄署に捕えられてしまいます。

何も分からず連行されたユン・テウォンは、

オンニョが告げた「イ・ミョンウが亡くなったので、

あなたも気を付けて。」という言葉を思い出し、

全てがチョン・ナンジョンの仕業だと知り、怒りが込み上げます。

獄中花第12話 無言のユン・テウォン

 

拷問を受ける

「俺が何をしたのだ。」とユン・テウォンが尋ねると、

「謀反を企てたのだろう。拷問の用意をしろ。」とソン・ジホン。

ソン・ジホンのひどい拷問を受けたユン・テウォンは、

「旦那様(ユン・ウォニョン大監)の言葉は、

旦那様のものではなくチョン・ナンジョンの言葉。

チョン・ナンジョンの犬になってでも出世をしたいのか。」と

鋭い目つきで叫びます。

獄中花第12話 反論するユン・テウォン

ソン・ジホンは拷問をさらに続けます。

獄中花第12話 睨みつけるソン・ジホン

そんなユン・テウォンに対し、

「これこそ一石二鳥」・・・と

チョン・ナンジョンの計略は上手く当たっていくようです。

 

キ・チュンスを訪ねるオンニョ

オンニョは以前にパク・テスの最期について、

正直に文定王后に話したことを、

内禁衛従事官キ・チュンスが評価し、

その時に「何かあったら私を訪ねて来なさい。」と言う

言葉を思い出します。

そしてオンニョはキ・チュンスを訪ねて

「大妃さまにお目通りを。是非お伝えしたい事があります。

謀反はねつ造されたものです。

これには根拠もあります。」と言い寄ります。

「それは本当か?」とキ・チュンス。

写真出典:http://www.imbc.com/broad/tv/drama/fip/clip/index.html

 

あとがき

チョン・ナンジョンとオンニョの熾烈な争いが始まりました。

イ・ミョンウの事件の真相をオンニョが

明らかにしましたが、それを証明してユン・テウォンの濡れ衣を

晴らすためにも、キム氏夫人が飲まされた毒薬についても、

明らかにしなくてはいけない問題が山積みです。

全ての問題の張本人がチョン・ナンジョンだと考えると、

本当に厄介な相手ですね。

チョン・ナンジョンの背後の大きな勢力に、

オンニョは立ち向かうことができるのでしょうか。

第12話の視聴率は16.9%でした。また次回が楽しみです♪

では第13話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)第10話あらすじ

「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)第11話あらすじ

「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)第13話あらすじ

→「オクニョ」獄中花あらすじ一覧はこちら

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、

「読み放題」というアイコンのついた作品を

31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年6月時点で「オクニョ(獄中花)」が途中話まで配信されています!

31日間無料トライアル登録すれば、

600円分もらえる「ポイント」を使って無料で視聴が可能です。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA