[100日の郎君様]第10話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2018年9月10日〜2018年10月30日

tvNで放送の月火ドラマ

「100日の郎君様」

第10話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

韓国ドラマ「100日の郎君様」ポスター

写真出典: http://www.tving.com

スポンサーリンク


[100日の郎君様] 人物相関図

 

キャスト・登場人物はこちら→「100日の郎君様」キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

<100日の郎君様 第10話あらすじ>

 

ホンシムに口づけするウォンドゥク。

すると雨が降って来て、大喜びするホンシム。

濡れたくないウォンドゥクは「不快だ。」と言って、ホンシムの手を引いて走り出します。

村人たちも、「水汲みしなくていい。」と大喜び。

[100日の郎君様] 第10話 口づけするウォンドゥク

 

小屋に逃げ込んだウォンドゥクとホンシムは雨宿りしています。

ウォンドゥクはホンシムが家族を失ったと聞いたと話し、同情します。

「王様が交代する時に、多くの人が死んだ。うちの父もその一人なの。」とホンシムが言うと、「その時に別れた兄と一緒に暮らさないのか。」と尋ねるウォンドゥク。

ホンシムはお互い長く離れて暮らしていたから、整理することがあると答え、それよりウォンドゥクはどうなったのかと尋ねます。

「漢陽は広すぎるし、何も思い出せなかった。」と答えるウォンドゥク。

クドルが「ウォンドゥクが漢陽の道を良く知っている。」と話していたのを思い出すホンシム。

「私が戻らないかと心配したか?漢陽に住もうかと思ったが、戻らねばならない理由があった。モックに2文払わないといけないから。」と言い、ウォンドゥクはホンシムを見つめます。

ホンシムは雨がやみそうにないと心配していると、ウォンドゥクは後ろからホンシムを抱きしめます。

[100日の郎君様] 第10話 抱きしめるウォンドゥク

 

宮殿でも恵の雨だと喜ぶ王。

そこへ中殿パク氏が具合が悪いと知らせが入り、王は中宮殿に行きます。

このまま死にたいと寝込んでいる中殿パク氏は、「キム・チャオンに玉璽が押された白紙の紙で脅された、私とソウォン大君だけでなく王をも見下す態度だった。」と言います。

必ず二人を守ると答える王。

 

帰宅したホンシムはウォンドゥクに沐浴の準備をしますが、先に入れと言うウォンドゥク。

ホンシムはウォンドゥクに先に入るようにと言います。

「仕方がない、意見が合わないから一緒に入ろう。」と言うウォンドゥクに、慌てて先に入ると言うホンシム。

ウォンドゥクはムヨンと闘った時の事を思い出しています。

ムヨンは「お前はもう死んだ。この世に存在しない人間だ。だから思い出すな。お前が生きていると知った瞬間、多くの人が死ぬ。」と言うと、「なぜだ。」と尋ねるウォンドゥク。

[100日の郎君様] 第10話 尋ねるウォンドゥク

その理由を考えて悩むウォンドゥクに、お風呂に入るようにと言うホンシム。

ウォンドゥクがお風呂に入ろうとすると、新しい着物を準備してあります。

スポンサーリンク


お風呂に入って出てくると、布団を敷いているホンシムは、「着物が良く似合うわね。」と言います。

「元々何を着ても似合うのだ。」とウォンドゥクは言い、腕を差し出して「右の袖が短いのはなぜだ。」と尋ねます。

「あなたの右腕が長いのよ。」と言って、ウォンドゥクの右腕を引っ張るホンシム。

長旅で足は疲れていないか、お腹が空いていないかと尋ねるホンシムに、「夫が3日も家を空けて寂しいのは理解できるが、ここで寝るつもりがなければ、あっちの部屋へ行け。」とウォンドゥク。

「言われなくても行くわよ。」とホンシムが出て行くと、微笑むウォンドゥク。

ヨン氏の部屋に行ったホンシムは「合房を迫っていたのに追い出すなんて。ならどうして口づけしたのよ。」と独り言を言います。

 

翌朝ヨン氏は帰宅してウォンドゥクを見ると、思わず抱きしめます。

「実に不快だ。抱いていいと許可していない。」とウォンドゥク。

ヨン氏はただ嬉しくてと言い、涙を流します。

ウォンドゥクは「なぜ見ず知らずの男を婿にしたのか。」と尋ねると、「瀕死の状態を助けたのだから、我が子のようなものだ。」とヨン氏。

ウォンドゥクはお礼を言い、頼みごとをします。

 

ホンシムが寝坊すると、ヨン氏とウォンドゥクは縄を編んでいます。

ホンシムが食事の準備をしようとすると、ヨン氏が準備してもう食べたと言い、ウォンドゥクはホンシムが作る料理よりヨン氏の方がおいしかったと言います。

ヨン氏が縄編みを教えると、上手に編むウォンドゥク。

[100日の郎君様] 第10話 わらじ編みを教えるヨン氏

ヨン氏はこっそりホンシムを呼び、「朝からあれこれ教えてほしいと言ってきた。ウォンドゥクとして生きると決めたらしい。」と嬉しそうに言います。

 

官衙では夜通し謄録を読んでいたジェユンは、気になるところがあり、パク・ポグンに質問します。

ジェユンは「ホンシムの便利屋」についての日記を指さして尋ねると、元々は村で問題が起きると一肌脱いで助けてくれるホンシムだが、問題ばかり起こすろくでなしの夫をもらってから苦労して、便利屋を始めたとポグンは答えます。

 

ジェユンはウォンドゥクに会いに行くと、ウォンドゥクがモックを泣かせているところに遭遇します。

ジェユンがウォンドゥクの代わりに2文を渡して解決します。

「王から贈り物までもらって立派な人かと思ったが、私に見る目がなかった。」とジェユンは立ち去ります。

モックから「県監は悪い人だ。ホンシムを呼び出してコソコソ話してた。」と聞いたウォンドゥクは、ジェユンに嫉妬します。

 

ジェユンはホンシムを訪ねて頼み事をしますが、断るホンシム。

「君がなぜ両班の格好で漢陽に来ていたのか、とても気になっても深く調べようとは思わなかったが・・・。」とホンシムの弱みに付け込むジェユンを、慌てて止めるホンシムは仕方なくジェユンの頼み事を聞きます。

[100日の郎君様] 第10話 頼み事をするジェユン

ジェユンはホンシムの耳元で、ヒソヒソと話をしていると、ウォンドゥクがやって来て、「私だけが不快なのか。」と言います。

ウォンドゥクがホンシムの夫と知ったジェユンは、ため息をつきます。

ホンシムは「仕事の依頼だから誤解だ。」と言ってウォンドゥクと家に入ります。

 

日焼けしたウォンドゥクの顔に、おろしたきゅうりを塗ってあげるホンシム。

目を開けてホンシムを見つめていると、目を閉じてとホンシム。

ホンシムがウォンドゥクの眉が濃いと言って触わると、「触って良いと許可していない。しかしそれでも触れるのはお前だけだ。」と笑みを浮かべるウォンドゥク。

[100日の郎君様] 第10話 ホンシムを見つめるウォンドゥク

スポンサーリンク


クンニョとクドルが鮒を持って来て、ホンシムにさばいてほしいと言いますが、ホンシムが不在なので、代わりにウォンドゥクがやると言いますが、生きた鮒を前にして怖くなったウォンドゥクは、「ホンシムが来るまで待つ。」と言います。

 

ジェユンはパク令監宅の塀の中を覗くため、夜ホンシムを呼び出して、自分を登り台にしてホンシムに覗かせます。

パク令監が犬に干し肉を与えているのを見て、呆れるホンシム。

すると腰が痛くて早く下りてくれとジェユン。

こんなことをする理由を尋ねるホンシムに、「村に来て、やりたいことが2つあったが、そのためには君の助けが必要だ。」と言います。

1つは想っていた女性が結婚してしまい、かなえられないがと言うジェユン。

そして官衙まで帰る道が分からないと言うジェユンに、ホンシムが道案内してあげます。

その様子を木の陰から見ているウォンドゥク。

 

王は大司諫チョン・サヨプを呼び出し、これからは非情な王になる、命の危険が伴うが甘受できるかと尋ねます。

サヨプは今の王が即位しなければ父も命がなかった、自分は命の覚悟はできていると答えます。

すると王は秘密は墓まで持って行くようにと言い、チャオンを始末せねばならないとサヨプに密令を下します。

[100日の郎君様] 第10話 サヨプに命じる王

 

翌日、ホンシムはパク令監宅に忍び込み、パク令監が可愛がっている犬を干し肉でおびき寄せ、犬を奪い逃げます。

ホンシムはウォンドゥクとぶつかると、犬を逃がしてしまい困惑します。

パク令監も犬がいなくなって、大騒ぎになります。

 

官衙では、パク令監が吏曹参議だったのに、なぜ都落ちしたのかとポグンに尋ねるジェユン。

多くの賄賂を受けて極刑を受けるところで、キム・チャオンに助けられたと言うポグン。

するとパク令監が血相を変えて官衙にやって来て、吏判から預かっている犬がいなくなったから探してほしいとお願いします。

「私が必ず見つけて連れて来ます。」とパク令監の手を握って約束するジェユン。

[100日の郎君様] 第10話 頼まれるジェユン

 

ジェユンがニンマリしていると、ウォンドゥクが現れて「うちの妻を待っているのか。」と尋ねます。

「そうだ。」と答えるジェユンに、「官衙に役人がたくさんいるのに、なぜ妻に頼むのだ。」とウォンドゥク。

「お前に説明する必要はない。」とジェユン。

「妻に言い寄っているのは推測がつく。」とウォンドゥク。

「今、何と言った。私は県監だぞ。」とジェユン。

二人はにらみ合っているとホンシムがやって来て、犬が逃げてしまったと謝ります。

ホンシムの後について行こうとするジェユンをウォンドゥクは遮り、ウォンドゥクが探すと言います。

畑に罠を仕掛けて隠れているウォンドゥクとジェユンは、言い争いしながら犬を待ちます。

「犬を見つけてパク令監に認められたいのだろうが、私からすれば、パク令監の犬になるのと同じだ。」とウォンドゥク。

「無礼だぞ、平民の分際で。」とジェユン。

「庶子の分際で・・・と言われたら、気分はどうだ。強者に耳を傾け、弱者をないがしろにすれば、人の上には立てない。」とウォンドゥク。

「もしかして、以前私と会ったことがあるか?声に聞き覚えがある。」とジェユン。

すると犬が歩いて来て罠に近づくので、縄を引き犬を捕まえるウォンドゥクは、「これで令監の犬になれるな。報酬はいらない。」と言います。

「お前の出納帳のおかげで県監は罷免されたが、尾を切っただけだ。私は根元から切りたい。そのためならパク令監の犬にでもなるさ。」とジェユン。

「それでは民の信頼は?」と尋ねるウォンドゥクに、「お前が気に入った。友になろう。」とジェユンは言い、平民だと見下したことを謝罪します。

「そう出るとは、不快だ。」とウォンドゥクは言い、ジェユンの計画では根元までは切れないと言うと、ウォンドゥクならどうするか尋ねるジェユン。

[100日の郎君様] 第10話 尋ねるジェユン

 

ジェユンはパク令監と矢の勝負をすると言い、ウォンドゥクを的の前に立たせて、ウォンドゥクが頭の上に持っている皿に命中した方が勝ちと決めます。

パク令監に矢を向けたのだから、次はウォンドゥクが的になるのは公平だろう、それがイヤなら綱常罪に問うのが良いと言うジェユン。

賤しい身分で県監には逆らえないだろう、と笑うパク令監。

まずジェユンが矢を射ると、ウォンドゥクの左に矢がそれます。

「それじゃ、つまらないだろう。」とパク令監は言い、ウォンドゥクの右に矢が飛んで来た瞬間、医女ののどに矢が刺さった場面が蘇ります。

ウォンドゥクはその衝撃に、しゃがみこんでしまいます。

[100日の郎君様] 第10話 的になるウォンドゥク

スポンサーリンク


世子が生きているというウワサがチャオンの耳にまで届くと、ウワサの発信源を探すチャオン。

するとチャン・ムンソクが「ウワサの出所が分かりました。」と報告し、チャオンが庭に出てみると、宮女たちを集めて世子が生きていると話をしているのはキム・スジ。

スジを問い詰めるチャオンに、「世子様に似た人を宮殿で見たのです。」と震えながら明かすスジ。

チャオンはソンジュヒョンに行くと言います。

 

「矢を射る勝負はここまでだ、私の負けだ。願いは何だ?何でも聞くぞ。」とパク令監。

ポグンは急いでウォンドゥクの元に走り、声を掛けます。

ウォンドゥクは弓を見ていると、誕生祝いに弓をもらった記憶や、王や世子嬪の姿が蘇ります。

 

クンニョはホンシムに、ウォンドゥクを的に県監たちが賭けをしていると伝えます。

ホンシムはジェユンに駆け寄り、「人の命がそんなに軽いのですか。善人の顔をして、どうしてそんなにひどいことをするんですか。」と問い詰めていると、エウォルがやって来ます。

「県監になったばかりなのに、妓生を呼ぶなんて。」と怒るホンシムに、「私が呼んだのではなくて、あちらから来ただけだ。」とジェユン。

呆れて行ってしまうホンシム。

「よりによって、どうして今来たんだ?」と言うジェユンに、「もしかして、あの女が想い人なのね。」とエウォル。

 

エウォルは世子嬪が懐妊したが、世子の子ではないというウワサが流れていて、そのウワサを流そうとしたのが中殿パク氏だと報告します。

[100日の郎君様] 第10話 報告するエウォル

そしてミン・ヨンギ礼判が中殿を裏切ったので、中殿の企みは水の泡になったと言います。

「もう一つ、世子様が生きているというウワサもあります。」とエウォル。

どれもこれも信じられないと驚くジェユン。

そこへポグンがやって来て、宮殿に進上した時に同行した民の署名をジェユンに渡します。

その署名を見ていたジェユンは、「羅願得(ナ・ウォンドゥク)」と言う文字を見て、世子イ・ユルの「願」の字と筆跡が良く似ていると感じ「世子様が生きているというウワサは本当か。」とエウォルに尋ね返します。

そう考えると、ウォンドゥクの話し方や声が、世子に似ていると感じるジェユン。

[100日の郎君様] 第10話 考えるジェユン

 

チャオンは部下を連れて馬でソンジュヒョンに向かいます。

すると覆面をした男たちに矢で狙われ、囲まれてしまいます。

 

ホンシムとヨン氏、クドルとクンニョは手分けしてウォンドゥクを捜します。

すると家で黙々とわらじを編んでいるウォンドゥク。

「漢陽で何かあったのね。」と尋ねるホンシム。

[100日の郎君様] 第10話 尋ねるホンシム

ホンシムと目も合わせないウォンドゥクに、「矢で狙われても立っていたと聞いた、どうしてなの。」とホンシム。

「ウォンドゥクなら、そうしているしかないから。」とウォンドゥク。

「ウォンドゥクとして生きて行くの?漢陽まで行って記憶を取り戻すと言ったじゃないの。」とホンシム。

「何も思い出したくない。お前のそばにいたいから。」とウォンドゥク。

ホンシムは目に涙を浮かべて、「兄が来たら、あなたを残してここを去るつもりだった。一生隠れて暮らすつもりだった。そんな私でもいいの?一緒にここを離れる?」と打ち明けます。

ウォンドゥクはホンシムを抱きしめます。

[100日の郎君様] 第10話 抱きしめるウォンドゥク

写真出典: http://www.tving.com

スポンサーリンク


あとがき

 

ジェユンは赴任してくるなりパク令監の言いなりになり、ご機嫌を取り、なんだか村人からの評判も良くなさそうですが、なにか考えがあってのことらしいですね。

でも何を目的としているのか、イマイチつかめませんが、世子の謎解きを解明しようとしているようではあります。

もう世子は死んでしまったと信じているようですが、やっとウォンドゥクの声や筆跡が世子に似ていると気づき始めましたから、これからウォンドゥクの正体に迫っていくことでしょう。

一方のウォンドゥクは、なんとなく記憶が少しずつよみがえってきて、過去を知らない方がよいのではと察したようです。

そしてウォンドゥクとして暮らすと決意したようで、ホンシムに対してもだんだん妻として受け入れて行く気持ちになっているようですが、兄と暮らそうと思っていたホンシムも複雑な心境ですね。

これからホンシムと兄ムヨンとウォンドゥクと一緒に暮らす・・・なんてことは絶対にありませんが、これからの展開が気になります。

第10話の視聴率は10.263%でした。

 

あわせて読みたい関連記事

 

[100日の郎君様]第9話

[100日の郎君様]第11話

[100日の郎君様]あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、インターネットを接続する環境が整っていれば、レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」というアイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2020年4月時点で「100日の郎君様」は配信されていません。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA