[ドクターX]2017第6話11月16日あらすじ!見逃し動画を無料で視聴する

2017年10月12日(木)夜9時~放送

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」

第6話のあらすじを紹介します。

※ネタバレを含みますので注意!

「ドクターX」タイトル

写真出典:http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/cast/


スポンサーリンク


 

「ドクターX」キャスト

 

キャスト・登場人物はこちら→[ドクターX]登場人物キャスト&あらすじ

 

第5シリーズ 第6話あらすじ

 

「俺クラスになると、手が勝手に動いてしまう。」と言って、猪又がオペをしています。

あれこれと自慢をしている間に、血圧低下と出血が気になると城之内。

それでもまだ独り言で自慢話をして、オペが遅いと城之内が大門に愚痴ります。

中華料理店の店主六浦に、「私たち、上手いし早いから。」と言うと、安心する六浦。

餃子を食べている城之内に東帝大病院から緊急の電話が入ります。

すぐに病院に駆けつけると、猪又が執刀したVIP患者が術後の体調が悪いとクレームが入ります。

猪又は麻酔科医の城之内のせいにしますが、城之内は、「おしゃべりしてオペが遅いあんたが悪いんでしょ。」と言い返します。

ところが城之内は東帝大病院への出入りが禁止になってしまいます。

名医紹介所では大門と城之内が喧嘩となり、城之内は紹介所を出てどこかへ行ってしまいます。

病院内ですれ違っても知らんぷりする大門と城之内。

 

猪又は蛭間院長の不在の間、院長席に座り、ふんぞり返っています。

そして院長秘書の中谷は蛭間に、

 

入院している中華料理店の六浦良夫の妻敦子の病室に行き話をする大門。

その大門は城之内と餃子でもめて喧嘩したと良夫は笑います。

すると良夫は腹痛を訴え、すぐに検査をすると膵臓に腫瘍(IPMN)が見つかります。

「俺は死ぬのか。」と心配する良夫に、「死なせない。」と大門。

けれども術後仕事に復帰できるか心配する良夫に、インシュリンの調整に時間がかかると説明する西山。

 

エレベーターで西山と二人きりになった看護師長森は、大門先生が来てから西山がオペの事ばかり考えているから大門先生が嫌いだと言います。

そして西山がちゃんと睡眠をとっているかと心配します。

そこに乗って来た原が二人を飲みに誘います。

 

城之内は中華料理店を除くと、しばらく店を閉めて入院する準備をしています。

とても不安がる良夫。

その会話を店の外で聞いている大門。

 

東帝大では六浦良夫と敦子の術前カンファレンスを行います。

猪又が良夫のオペ方法を述べると、大門が異議を唱えます。

大門は全摘を主張し、海老名も同意します。

ところが猪又は患者から承認を得ていると言って違う方法でオペをやると言い張ります。

 

良夫が病院の食堂で食事をしていると、大門がやって来て、どうしてあの医者の言うとおりにするのかと尋ねます。

良夫はその方が術後にすぐ仕事に復帰できるからと答えます。

でも、それでは根治しないよと大門。

良夫は意志が固いようです。

 

名医紹介所では麻雀をやっていても大門と城之内が気まずい雰囲気なので、神原がこれじゃつまらないと言います。

大門は良夫を助けるために城之内を東帝大病院で仕事が出来るようにしてほしいと、神原に頼みます。

ところが城之内はオペはやらないと断ります。

城之内は良夫がそのオペを望んでいないからと答えます。

城之内も病気になった時、真っ先に子供の事を考えてオペを躊躇した、だから良夫の気持ちが分かると言います。

 

大門は六浦良夫の検査画像を見ていると、海老名がやって来て本当にこのままでいいのかと迫ります。

「どうしたの?顔だけじゃなくすべてが怖い。」と大門。

海老名はとにかく大門に頑張れと励まします。

大門は他の方法を考えます。


スポンサーリンク



城之内は大門のオペが勝手で、自分が苦労していると言うと、それは大門が城之内を信頼しているからだと励ます神原。

そこへ海老名がやって来て、いずれ城之内を東帝大に復帰させると言って、海老名のおごりで一緒に食事をします。

 

病院では敦子の手術が始まりますが、良夫は待っている間病室で血を吐いてしまいます。

すぐに良夫の緊急オペが始まると大門に連絡が入り、レストランの海老名にも連絡が入ります。

やっぱり今日は割り勘ですまないと海老名が帰ろうとすると、城之内が「今日は私がおごる代わりに・・・。」とある条件を提案します。

 

病院では大門が敦子のオペ室に入ると、城之内が待っています。

大門は城之内に尋ねる事を全て原に尋ねます。

原が直接城之内に尋ねろと言うと、城之内がいるならオペやらないと言って西山に執刀を頼んで出て行ってしまう大門。

そして大門は良夫のオペをしている猪又と代わります。

猪又が追い出されて、一緒に麻酔科医も出て行くと、大門が麻酔も出来ると言ってオペを始めます。

ところが何か考えています。

早く全摘しないとと海老名が言いますが、全摘しなくて済むと判断した大門は術式変更します。

そこに城之内がやって来ます。

「遅いよ~。」と大門が言うと、「私体がひとつだから。」と城之内。

城之内は難しいオペだと言うと、「大丈夫、私失敗しないから。」と大門。

猪又は海老名のところに行き、こんな術式は失敗すると愚痴を言います。

大門は無事にオペを終え、良夫の胸に手を当てて、「餃子、楽しみにしてるよ。」と言ってオペ室を出て行きます。

海老名はガッツポーズをします。

苦笑いする猪又。

海老名は城之内のところへ行き、君を戻して良かったと賛美し、パートナーだもんねと言うと、城之内はパートナーが待っているからと大門の方へ行ってしまいます。

 

神原は院長室に入り、蛭間院長が不在と言う事で代理の猪又先生に1,000万円の請求書を渡します。

猪又が不満を言うと、言い返す神原。

大門と城之内が神原の帰りを待っています。

そこへルンルンの神原がやって来て、三人で帰ります。

中華料理店では夫婦そろって元気に仕事をしています。

 

あとがき

 

大門と城之内が中華料理店で餃子1皿を二人で半分ずつ食べていたのに、城之内が最後まで取っておいた残りの1個を食べてしまって、喧嘩になってしまったわけですが、結局二人の信頼関係があるからオペもうまくいくし、喧嘩できちゃうようにも思えますね。

そして中華店の夫婦のオペを同時にやってのけるなんて、さすが大門ですね。

なぜだか海老名が城之内に接近していましたけど、猪又に対してあまり良く思っていないみたいですね。

そして西山と長森の二人の仲も気になります。

 

あわせて読みたい関連記事

[ドクターX]第4話あらすじ

[ドクターX]第5話あらすじ

[ドクターX]第7話あらすじ

[ドクターX]あらすじ一覧

 

⇩「ドクターX」を見逃してしまったという方必見!⇩

[ドクターX]見逃し動画を無料で視聴するには

 


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA