[不滅の恋人]第17話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2018年3月3日〜2018年5月6日

TV朝鮮で放送の週末ドラマ

「不滅の恋人」

第17話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

韓国ドラマ「不滅の恋人」ポスター

写真出典:http://broadcast.tvchosun.com/

スポンサーリンク


韓国ドラマ「不滅の恋人」人物関係図

写真出典:http://broadcast.tvchosun.com/

 

キャスト・登場人物はこちら→「不滅の恋人」キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

<不滅の恋人 第17話あらすじ>

 

ジャヒョンに会いに来た竹山アン氏、ソン・ドゥクシク、クッタンは、イ・フィを見るなり驚きます。

[不滅の恋人] 第17話 驚くドゥクシク

イ・フィとジャヒョンを心配した竹山アン氏は、「都城は危険だからここから離れた方がいい。」と言います。

「お母さん、私はお嬢さんを堂々とした身分にしてあげたいのです。一生逃げて暮らすことはできません。お嬢さんと離れ離れになったとしても、私たちの気持ちを別れさせることはできないと分かりました。お嬢さんを苦労させて後悔もしましたが、別れるのはもっとつらいです。」とイ・フィ。

「大君としてお生まれになったのに、何というご苦労を・・・。」と同情するアン氏。

「苦労したおかげで、何が大事なのか良く分かりました。生きることがどれほど尊いか、この人をどれほど想っているか。」とイ・フィ。

娘の幸せだけを願っていると言うアン氏に、「お母さん、私今も幸せよ。」とジャヒョン。

[不滅の恋人] 第17話 母と話すジャヒョン

そこへ尼僧がやって来るので、慌ててその場を立ち去ろうとするイ・フィに、ジャヒョンを助けてくれたお礼を言うドゥクシク。

 

クッタンはドゥクシクに「愛を知らない。」と言うと、ドゥクシクは真剣に自分の気持ちを伝えますが、そこへルシゲが登場して場がしらけます。

 

ユン・ジャジュンは女真族の使臣の荷物をあさってイ・ガンと取引した秘密文書を探そうとします。

ところがイ・ガンは使臣を殺したことで大王大妃シム氏に叱責を受けます。

ジャジュンは文書が見つからなかったことをイ・ガンに知らせると、イ・ガンは取引をしたことがないとシラを切ります。

ジャジュンがその場を立ち去ると、オ・ウルンはイ・ガンにジャヒョンが寺にいると報告します。

 

イ・フィは官軍に偽装し、ド・ジョングク、ルシゲと共に監禁されている女真族の使臣に会いに行きます。

[不滅の恋人] 第17話 使臣に会うイ・フィ

「我々はもう朝鮮人には騙されない。後は戦争するのみだ。帰れ!」と使臣。

「帰れ、だって。」と通訳するルシゲ。

「戦争して残るものは何だ?略奪した食料が底をつけば、また兵士と穀物を交換しようとするだろう。」とイ・フィ。

「我々を愚弄しているのか?」と使臣。

「私は機会を与えているのだ。そなたはチニャン大君と手を組んで、わざと戦争を起こして朝鮮の王子である私を殺そうとした。死地から帰った私がそなたたちを許して、こうして手を組む機会を与えているのだ。」とイ・フィ。

そしてイ・ガンのようなウソの約束はしない、その代わり朝鮮の技術者を女真族に送り、不毛な地を開墾する方法を伝授し、止まっている貿易を再開し、お互いに生きる道を模索しようと告げます。

「ウンソン大君は信じても大丈夫。異族の私を命がけで守ってくれた。」とルシゲ。

すると「贈り物だ。我々は闘う時にこの笛を吹く。」と言って、使臣はイ・フィに笛を贈ります。

[不滅の恋人] 第17話 イ・フィに笛を贈る

「チニャン大君が約束を守らなかったら笛を吹けと、お父さんが言っていたわ。」とルシゲ。

イ・フィは笛と一緒に文書を受け取ります。

その文書を読むと、イ・ガンが王になったら領土を女真族に譲る代わりに、イ・フィを殺してほしいという内容でした。

「これならチニャン大君の罪状を明らかにできる。」とイ・フィ。

[不滅の恋人] 第17話 文書を手に入れるイ・フィ

スポンサーリンク


寺では上王と一緒に食事をするジャヒョン。

「王様、たくさん召し上がって早く大きくなってください。」とジャヒョン。

ジャヒョンが上王を寝かしつけている頃、寺に戻って来たイ・フィとルシゲは、ジャヒョンに会いに来たイ・ガンを見つけます。

イ・フィは先に隠れ家に行き上王と逃げようとしますが、イ・ガンがやって来ます。

するとジャヒョンは「自分が残って時間を稼ぐ。」と言います。

イ・フィはジャヒョンを残して行くことはできないと言いますが、ジャヒョンは「私の家族が後を付けられて、きっとここが分かったのでしょう。私が応じれば怪しまれないでしょう。心配しないで。」と安心させてルシゲと一緒に残り、イ・フィは上王を連れて避難します。

 

そこへ到着したイ・ガン。

イ・ガンはジャヒョンがナギョムから受けた拷問の傷を心配します。

[不滅の恋人] 第17話 ジャヒョンに会いに来る

そしてジャヒョンとお茶を飲みたいと言い、ジャヒョンはイ・ガンを寺の中に案内します。

ジャヒョンはイ・ガンに、どうして自分を殺さなかったのかと尋ねると、「フィがいないこの世で生きていることが、すでに罰を受けていることではないか。」と答えるイ・ガン。

[不滅の恋人] 第17話 ジャヒョンと話すイ・ガン

ジャヒョンは「浄業院もここも同じく牢獄のようです。家族と会えるようにしてください。」とお願いします。

するとイ・ガンは、「もうウンソンを忘れたのか?」と尋ねると、「忘れたと言えばウソですが、ひとつ確かなのは、ウンソン大君は亡くなり、私は生きているということです。」と答えるジャヒョン。

イ・ガンは「それで何を望むんだ。」と尋ねます。

ジャヒョンは「父が明国から無事に帰国したら、今の中殿を廃位し、私を国母にしてください。」と要求します。

「結局女が欲しいのはそれか?」とイ・ガン。

「いくら王の妻と言っても、側室では妾と同じです。もう虐げられたくありません。それが無理なら私を諦めてください。」とジャヒョン。

「なぜそんなに堂々としているのだ。」とイ・ガン。

「今日わざわざここへいらしたのは、殺されそうになっても私に会いたいからではないですか?ウンソン大君は私にすべてをかけていました。本当に私を望むなら、ウンソン大君のようにすべてをかけてほしい。」と強く要求するジャヒョン。

[不滅の恋人] 第17話 要求するジャヒョン

イ・ガンは外へ出ると、「それではそなたが具合が悪くて出養生に行っていることにしよう。浄業院を出るには、この言い訳しかない。」と言い、ジャヒョンを家に帰すことにします。

イ・ガンと一緒に山を下りるジャヒョン。

 

一方、上王を連れて山を降りて行ったイ・フィは、ジャヒョンが気になり上王をキトゥクに任せて一人寺へ戻ります。

そしてジャヒョンたちに気づかれないように後を付けて行きます。

キトゥクと朝鮮人三人は、上王を連れてチョ・ヨギョンのいる妓楼に逃げます。

[不滅の恋人] 第17話 妓楼に逃げるキトゥクたち

 

家に帰って来たジャヒョンは、心配している竹山アン氏に、「今までは温室で育てられてきたが、自分は強くなった。」と言います。

 

帰り道、ジャヒョンの態度に嬉しいながらもほろ苦い気持ちを隠すことができないイ・ガンは、宮殿に戻ると、妊娠をしたというナギョムの言葉に驚きます。

居所に戻ったナギョムに、「なぜ妊娠をしたと嘘をついたのですか?」と尋ねる女官。

スポンサーリンク


ジャヒョンを心配して後を付けて来たイ・フィは、監視が目を離した隙に塀を越えてジャヒョンに会いに来ます。

「王様は無事ですか?」とジャヒョンが尋ねると、「たぶん大丈夫だろう。」とイ・フィ。

「だろうって、最後までお守りしなかったのですか?」とジャヒョン。

「ジャヒョンが心配で、途中で戻って来た。」とイ・フィ。

イ・フィはイ・ガンとジャヒョンの後をついて来たと話すと、「それで兄上に嫉妬しているんですか?」とジャヒョン。

ジャヒョンは初めてイ・フィに会った時の自分とは違う自分になってしまったが、イ・フィに対する想いだけは同じだと言います。

イ・フィはイ・ガンを嫉妬していた自分の気持ちを伝え、お互いの気持ちを確認してジャヒョンを抱きしめます。

そしてしばらく離れ離れでも、お互いの状況を連絡しあおうと約束します。

[不滅の恋人] 第17話 約束するイ・フィ

 

懐妊したという話を聞いた大王大妃シム氏と大妃キム氏。

大妃がお祝いを述べると、その言葉を聞いたナギョムは、廃位された大妃キム氏に何と言ったらいいのかと、自分の地位が大妃よりも高いことを知らせようとします。

[不滅の恋人] 第17話 懐妊を知らせるナギョム

 

イ・フィはジョングクやヨギョンたちと会い、女真族から手に入れた文書をどうするか話し合います。

イ・ガンを王の座から降ろすには、イ・ガンの手足を切らなければならず、そのためにはヤンアン大君を罠にはめて、イ・フィを殺そうとしたのはイ・ガンだったと世に知らしめようと策を練ります。

 

ド・ジョングクはナギョムの兄ジャジュンに会い、「ヤンアン大君は忠誠心より欲望が大きいようだ。ヤンアン大君が消えればそなたが領議政にふさわしいのでは?」と言って、ジャジュンの出世欲を刺激します。

そしてジョングクは、「ヤンアン大君のそばで子供の泣き声が聞こえるようだ。」と告げます。

[不滅の恋人] 第17話 ジャジュンと話すジョングク

 

ジョングクの話を聞いたジャジュンは、兵士を連れてヤンアン大君の家を訪ねて行きます。

[不滅の恋人] 第17話 ヤンアン大君の家に行くジョングク

ジャジュンは流刑地から行方不明になっていた上王を見つけて驚きます。

イ・フィが予め用意した罠にかかったジャジュン。

そしてジョングクはヤンアン大君の部屋を捜索するフリをして、女真族の秘密文書を発見します。

ジャジュンから「ヤンアン大君が文書と上王を隠していた。」と聞いたイ・ガンは怒りをあらわにし、「ヤンアン大君を殺せ。」と命じ毒薬を渡します。

イ・ガンから毒薬を受けたヤンアン大君の前に、イ・フィが姿を現します。

「これは王になる資格のない者に、欲望を植え付けた対価である。」とイ・フィ。

[不滅の恋人] 第17話 姿を現すイ・フィ

「お前は生きていたのか!」と驚愕するヤンアン大君。

ジョングクはヤンアン大君に剣を向け、イ・フィがその場を立ち去ると、イ・フィの耳にヤンアン大君の悲鳴が聞こえます。

[不滅の恋人] 第17話 ヤンアンを倒すイ・フィ

写真出典:http://broadcast.tvchosun.com/

スポンサーリンク


あとがき

 

イ・フィとジャヒョンは何度も離れ離れになる危機が訪れますが、それでも二人の気持ちが固く、仲間の援護もあり、再会することができました。

そして王を狙った罰として寺で謹慎生活をするはずのジャヒョンは、とうとう実家に帰って来ました。

自分を狙ったジャヒョンを憎めないのか、イ・ガンはジャヒョンに優しくふるまってくれますが、それが愛とは思えないのはなぜでしょう。

イ・ガンはイ・フィが手にするものを自分も手にしたいという欲望から、ジャヒョンに近づいているのでしょうか。

イ・ガンの気持ちが良く分からないですね。

とうとう最終回が近づいてきて、イ・ガンの側近ヤンアン大君が消されました。

これからイ・ガンが急速に力を失うのではないかと、これからの展開が気になります。

第17話の視聴率は3.6%でした。

 

あわせて読みたい関連記事

 

[不滅の恋人]第15話

[不滅の恋人]第16話

[不滅の恋人]第18話

[不滅の恋人]あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、インターネットを接続する環境が整っていれば、レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」というアイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2019年11月時点で「不滅の恋人」は配信されていません。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA