[ひよっこ]8月7日第109話あらすじ&見逃し動画を無料で見る方法!

4月3日(月)~はじまりました、NHK朝ドラ「ひよっこ」

第19週、8月7日(月)第109話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

朝ドラ「ひよっこ」第1週第1話

写真出典:twitter.com/nhk_hiyokko

1. あらすじ 第19週「ただいま。おかえり。」第109話

★キャスト・登場人物はこちら→「ひよっこ」キャスト

 

美代子が奥茨城に戻ってから、数日が過ぎた日。

奥茨城母の会が緊急招集され、会長のきよと副会長の君子が美代子の家に遊びに来ます。

きよは、高子の事を「なかなか手ごわい気の強い嫁だ。毎日が闘いだ。でも面白れぇ女だ、気に入っている。」と話します。

「でも、そんなに毎日嫁と姑が闘っていたら、男たち大変なんじゃねえの。」と君子。

「ああ、亭主も息子も私と高子が闘っていると、音もなく姿消す。」ときよが言い、みな大笑いします。

 

次は美代子の話になります。

「本当に?何も覚えてねえの?実さん。あんたの事も、家族の事も?」と君子。

「はあ、そんな事があんのか?」ときよ。

「あんだね。」と美代子。

「でも、会えたんだね。あんた。」と君子。

「うん、会えた。」と美代子。

「そうか、いがったな、美代子。」ときよ。

「子供たちには話したのけ?ちよ子と進に。」と君子。

「うん、話した。ちよ子と進に。ちよ子は泣いたよ。私の事を覚えてねえのって。進はまだ良く分からないみたいだった。でも、おかげで少しホッとしたよ。進は父ちゃん帰ってくるのかってそこだけ喜んだからね。」と美代子。

「でも、なんで連れて帰って来なかったんだよ。実さんの事。」と君子。

「だってその日まで違うの女の人と暮らしていて、私の事も覚えてねえのに、今日からはここで暮らせって言えなかった。」と美代子。

「そうか、そう考えたか。」と君子。

「あの、美代子。聞きにくい事聞くけどいいか?」ときよ。

「慣れてるから聞いて。気い使わないで聞いて。」と美代子。

「あのよ、その、川本世津子、やっぱりキレイなのけ?」ときよ。

がっくりと肩を落としながら、「あのね、キレイだった。」と美代子。

「あれま~やっぱりな~。」と君子ときよ。

「そりゃそうだよ、有名な女優さんだよ。よりによってどうしてそんな人さんと私対決しなきゃなんねえの、私。嫌になっちゃう。」と美代子。

「でも、ほら、感じは?嫌な気取った感じとか?」と君子。

「いや、それがねえのよ。そうだったらいがったと思うんだけどさ。丁寧だし、品がいいし、偉そうな感じとか全然ないし。もう参ったよ。」と美代子。

「そうか、それはきついな。」と君子ときよ。

「家とかもね、いかにもお金持ちと言うか成金みたいな感じだったら、こんな所に暮らしていても幸せじゃねえよみたいに思えるかもしれないけど、これがまた素敵なんだよ。スリッパが、スリッパだよ、分かる?スリッパ。」と美代子。

「スリッパ~!」と君子ときよ。

「でも、もう関係はないんでしょ?」と君子。

「うん。あれは信用できるな。毅然としてたからね。勿論許せない気持ちもあるけど、まあ、ウソはついてないな。それは分かった。で、問題はこれからだよ。」と美代子。

「ん?」と君子ときよ。

「だから要するに、実さんからしたら何にも覚えてねえ訳だから、初対面みたいなもんだ。しかも川本世津子と比べられるんだよ。私は。」と美代子。

「え~?!」と君子ときよ。

「で、問題はさらにここから。」と美代子。

「なんだ、まだあんのか?」と君子ときよ。

「聞いてよ。家を出た後、お蕎麦屋さんに行ったんだ。3人で。でも、やっぱりね、気まずいって言うか重い感じになっちまうでしょ。だって実さんからしてみたら、知らない女が妻だ子供だって事になった訳で。でも、それなのによ。あたしとみね子のために、明るくしてくれたんだよ。」と美代子。

 

(「おかめそばっていうの、ありますけど。」と言う実。)

 

「冗談とか言ってくれてさ。その時、私の事覚えてないけど、この人の事好きだな~って思ってさ。大好きだな~って。もう一度私の事好きになってほしいなって思って。へへへ。」と笑いながら泣く美代子。

そんな美代子の肩を抱きながら、「大丈夫だよ、だってあんたが奥茨城村で一番いい女なんだから。」と君子。

「なんだよ、君子、こんな時だけ譲るなよ。」と美代子。

そして「きよさん、泣かないで、泣かすつもりじゃなかったんだから。」と美代子。

茂は縁側で三人の話をじっと聞いています。

 

すずふり亭では、庭で元治と秀俊とみね子がじゃがいもの皮むきをしています。

実はあかね荘の階段の修理をしています。

そこへ鼻歌を歌いながら鈴子が帰って来ます。

「あ、谷田部さん、こんにちは。」と鈴子。

「悪いわね。いろいろやってもらっちゃって。水道もね。」と富。

「富ちゃん、こき使っちゃダメよ。」と鈴子。

「人聞きの悪い。」と富。

「わたしに出来る事であれば、何でも言ってください。」と実。

富は実にお茶を入れます。

そんな姿を見てみね子は笑顔になります。

 

「川本世津子さんから、私に手紙が来ました。お父さんの記憶障害という病気について書かれてありました。」と呟くみね子。

 

「谷田部みね子さん、この手紙を送るのは勇気がいりました。でも、これだけはあなたたちに伝えないといけないと思い、書きます。あなたのお父さんが私の家に来てすぐに記憶が無くなった理由を知り合いの大学病院の先生に教えてもらいました。先生は、おそらくどうしようもなく理不尽で、怖ろしく悲しい事が起こってしまった時に、それについて考えたくないと言う強い気持ちから来ているのだろうと言いました。思い出すかどうかは分かりません。もしかしたら一生思い出せない事もあるそうです。」と世津子。

 

「赤坂警察には一人で行きました。捜索願を取り消しに。そして綿引さんに手紙を出しました。すぐに返事が来ました。綿引さんはすごく喜んでくれて、私は泣いてしまいました。」と呟くみね子。

 

すずふり亭の庭では柏木堂の一郎とヤスハルが柏餅を持って来ます。

「あら、柏餅、食べたい。」と富。

みね子たちはみんなで柏餅を食べながらお茶をします。

「5月かあ。そろそろ田植えの季節だなと思って。」とみね子。

「田植え?きついんでしょ。あれ腰にくるでしょ?」と元治と一郎。

「でも、田んぼ一面に張った水に、青空が映り込んで、とってもきれいなんですよ。キラキラって。」とみね子。

実も黙って聞いています。

 

2. あとがき&感想

奥茨城村での美代子と君子、そしてきよの女子会はいつもながら楽しそうでした。

でも、今日は美代子の報告会だったので、涙を流しながら美代子を励ましましたね。

とても素晴らしい女子会ですね。

あんな時間を私も過ごしたいです。

そしてすずふり亭では、ご近所さんが集まって、お茶をする時間、私も仲間に入りたい(笑)

ヤスハルは甘い物が嫌いでも、味噌あんの柏餅は好きだそうです。

味噌あんってちょっぴりしょっぱいですからね。

実は記憶がないながらも、すずふり亭で素敵な時間を過ごしています。

病院にも通院しながら少しずつでも記憶が戻るといいですね。

 

3. 動画配信サービスを利用して[ひよっこ]を無料で見る

「面白い」、「泣ける」と好評の朝ドラ「ひよっこ」。

でも、毎日欠かさず見るのって結構大変ですよね。

そこで、もしも見逃してしまったという方必見!

見逃した「ひよっこ」の動画を無料で試聴できる配信サービスがあります。

 

それは、今多くの動画配信サービスがある中で、ランキングの高い

「U-NEXT」です。

ネットの環境があれば簡単に視聴できるサービスです。

 

まず配信本数が国内最大級の120,000本以上と、他の動画配信サービスに比べてコンテンツが充実していて魅力です。

最新作はもちろん、お店でなかなか見つからない古い作品なども多数配信されています。

そしてPCやスマホ、タブレットなどに動画をダウンロード出来るので、通勤途中や、寝室など、見たい時に見たい場所で楽しめるのがいいですね。

 

そして何より嬉しいのが、登録してから31日間は無料お試しが可能です。

この無料期間は結構大きいです。

 

U-NEXTは登録をすると600円分のポイントがもらえます。

「ひよっこ」は新作なので見放題ではありません。

が、このポイントを使えば「ひよっこ」5話分が無料で見る事が出来て、しかも「見放題」というアイコンがついた動画を無料で試聴できます。

 

U-NEXTで「ひよっこ」を無料で視聴する方法の詳細はこちら

➭➭➭「ひよっこ」見逃し動画を無料で見る方法

 

あわせて読みたい関連記事

[ひよっこ]8月4日第107話あらすじ

[ひよっこ]8月5日第108話あらすじ

[ひよっこ]8月8日第110話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」あらすじ一覧はこちら!

 

↓ ↓U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録する↓ ↓

U-NEXT

コメントを残す




CAPTCHA