[耳打ち~愛の言葉~]第7話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

第6話で父シン・チャンホの病気を何とか助けたいシン・ヨンジュ。

父を助けるのが難しい現実に嗚咽します。

そのシン・ヨンジュを抱き締めて謝るイ・ドンジュン。

では「耳打ち~愛の言葉~」第7話のあらすじを紹介します。

※ネタバレを含みますので注意!

韓国ドラマ「耳打ち~愛の言葉~」ポスター

出典:http://www.kbs.co.kr/drama/chodro/

スポンサーリンク


<「耳打ち~愛の言葉~」 第7話あらすじ>

写真出典:http://program.sbs.co.kr

キャスト・登場人物はこちら→「耳打ち~愛の言葉~」キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

心に誓う

シン・ヨンジュは「父が刑務所から出てきたら、二人で田舎で静かに暮らして今までの嫌な事は忘れたい。」と言います。

「それは難しいかもしれない。本当にすまない。お父さんの命はそう長くない。」と謝り、シン・ヨンジュを抱き締めるイ・ドンジュン。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 抱き締めるイ・ドンジュン

写真出典:http://www.xportsnews.com

 

シン・チャンホが末期のガンであることを知ったシン・ヨンジュ。

どうやって本人に伝えようかと悩んで涙を流します。

その姿を見たイ・ドンジュンはシン・ヨンジュの代わりにシン・チャンホに会いに行きます。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 シン・チャンホに会うイ・ドンジュン

写真出典:http://www.newsen.com

 

イ・ドンジュンはシン・チャンホに「一審で裁判を担当したイ・ドンジュンです。手術は・・・」と挨拶し手術の結果を伝えようとします。

何とか病状を伝えようとしますが言葉がでないイ・ドンジュンに、むしろ「知っています。判事様。今年いっぱいなんとか持つでしょうか。」とシン・チャンホ。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 病状を尋ねるシン・チャンホ

 

イ・ドンジュンは静かに首を横に振ります。

「話を聞きました。刑執行停止を計らってくれて、手術も大統領の主治医がしてくれると。」とシン・チャンホ。

「私が裁判を正しく行わなかったのです。お嬢さんがくれた証拠を私は無視しました。権力が怖くて権力の前にひれ伏したのです。」とイ・ドンジュン。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 素直に話すイ・ドンジュン

写真出典:http://www.starseoultv.com

 

シン・チャンホは「私もデモの時に、もし権力にひざまずいたら、妻の苦労もなかったろうに。」と言います。

「判事としてやってはいけない事をやってしまいました。」とイ・ドンジュン。

「後悔したかと尋ねただろう。後悔しています。こんな風に終わるなんて。世の中を変えようなんて思わないでください。この世の中で精一杯生きる事です。」とシン・チャンホ。

「シン・チャンホさんは素晴らしい記者でした。」とイ・ドンジュン。

「殺人犯として記録されてしまいました。後輩に借りたお金のせいで。人殺しだと。」とシン・チャンホ。

「裁判をもう一度やります。私が間違えて出した判決、もう一度審判しますよ、シン・チャンホさん。」とイ・ドンジュン。

 

太白へ

イ・ドンジュンは退院すると同時に太白に向かいます。

太白でカン・ジョンイルと会うなり、イ・ドンジュンに「スヨンと太白を捨ててここを出て行ってくれ。」と言うカン・ジョンイル。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 忠告するカン・ジョンイル

するとイ・ドンジュンはカン・ジョンイルに、「これ以上我慢できなくて闘うことにした。目をつむって生きようと決心したが、シン・チャンホさんが生きている姿が見え、耳打ちが聞えてくる。キム・ソンシク記者を殺害したと自首しろ。証拠が無くなった事件、どうやって真犯人を捕まえるか見せてやる。」と耳打ちします。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 耳打ちするイ・ドンジュン

写真出典:http://www.xportsnews.com/

 

取引

そしてイ・ドンジュンはすぐチェ・イルファンを訪ねます。

イ・ドンジュンはチェ・イルファンに、「何を捨てるつもりですか?太白ですか?私ですか?私の意見を申し上げても良いですか?代表。」と言います。

チェ・イルファンはイ・ドンジュンに、「太白を危険にさらすことは出来ない。俺はだな、ドンジュン。お前を捨てるつもりだから、ここを去りなさい。」と告げます。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 辞めろと言うチェ・イルファン

「代表、私は太白を去るつもりです。」とイ・ドンジュン。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 取引するイ・ドンジュン

写真出典:http://www.starseoultv.com

 

「チャン・ヒョングク最高裁判長はお前を放ってはおかないだろう。」とチェ・イルファンが言います。

イ・ドンジュンは、「最高裁判長の仮面をはがした後に太白を去ります。私は国内最高の法律事務所の代表から選ばれた人間です。最高裁判長が消えたら私も太白を去ります。カン会長との約束通り、チェ・スヨンとカン・ジョンイルも別れる事になるでしょう。」と言います。

「太白の主人になる機会を捨てるのか?」とチェ・イルファン。

「私は正義のない力は捨てて、力のない正義を選びます。

母のお腹にいる時から捨てられた医者の息子(イ・ドンジュン)と、一生畑を耕して小作料を払い続ける農家の息子(チェ・イルファン)が手を組んでカン・ユテクに挑みましょう。」とイ・ドンジュン。

スポンサーリンク


対立

太白の社内でカン・ジョンイルはシン・ヨンジュに、「お父さんの事で何かお手伝いする事があれば、言ってください。」と言います。

「父はもうすぐ逝くでしょうけど、そちらには残された人生を何十年も牢屋で暮らさなければいけないんじゃないの?その時は全てを失うわ。」とシン・ヨンジュ。

「血は争えないと言うが、父親に良く似て愚かだな。」とカン・ジョンイル。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 シン・ヨンジュの神経戦

写真出典:http://pop.heraldcorp.com

 

良心宣言

出勤後に一緒に食事をしながら、最高裁判長を捕まえる計画を立てるイ・ドンジュンとシン・ヨンジュ。

その時、イ・ドンジュンにチェ・イルファンから「最高裁判長が訪ねて来る。」という電話が入り、最高裁判長を迎えるイ・ドンジュン。

シン・ヨンジュは最高裁判長の後を付けながら、隠しカメラで撮影して不正の証拠を集めます。

 

数日後、最高裁判長は自分の婿の裁判を担当する判事に会います。

その事実を掴んだシン・ヨンジュとイ・ドンジュンは、先輩である担当判事に最高裁判長の婿の公金横領の嫌疑を暴露します。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 先輩判事と会うイ・ドンジュン

その不正の証拠を見せながら先輩判事を自分たちの側に付け、判事は裁判所の掲示板に良心宣言をします。

 

不正を重ねる

イ・ドンジュンは「防弾ベスト不正事件の裁判を正しく処理して欲しい。」と要求します。

最高裁判長はイ・ドンジュンを訪ね、「防弾ベストの不正に関する裁判は厳重にするように。」と忠告します。

最高裁判長は窮地に追われて、カン・ジョンイルと手を組みます。

そしてシン・チャンホがこの世を去るまで裁判を延ばし、公訴権がなくなって事件が片づけられるように計画を立てます。

 

刑の宣告

そして報国産業の防弾ベスト不正と関連のある関係者たちは皆、法定最高刑を宣告されます。

この事実を知ったカン・ユテクは怒り、チェ・イルファンを訪ねます。

そしてカン・ユテクはチェ・イルファンに「太白にいるカン・ジョンイル側の弁護士たちをみな引き抜いてやる。」と脅迫します。

 

チェ・イルファンは急いでイ・ドンジュンを呼び出し、「報国産業への攻撃を中断するように。」と言います。

イ・ドンジュンは、「怖いのてすか?怖ければもっと攻撃してください。いつでも奴らが勝ったでしょう。けれど時々は真実が勝つ事もあります。太白にいる刑事事件専門の弁護士を私に預けてください。カン・ジョンイルが釣り場事件の真犯人だという事を明らかにします。カン・ジョンイルは三代続いた一人息子と聞きました。殺人犯として拘束されれば、報国産業もその家系も代が途絶えるでしょう。」と言います。

 

太白の弁護士チームが集まる会議で、イ・ドンジュンは「キム・ソンシク記者殺人事件の担当し、シン・チャンホの弁護チームを結成する。」と発表し、カン・ジョンイルを圧迫します。

 

後悔の念

一方シン・ヨンジュが事務所に設置した隠しカメラを発見したチェ・スヨン。

全てがシン・ヨンジュとイ・ドンジュンに筒抜けだったと知り、不安に襲われて震えます。

そしてカン・ジョンイルと犯した今までの行いを後悔し、「ジョンイル兄さん、私たち、どこから間違えちゃったの?私がイ・ドンジュンさんと結婚してから?そうでなければアメリカでジョンイル兄さんと出会ってから?」とチェ・スヨン。

カン・ジョンイルも動揺しますが、チェ・スヨンを慰めます。

カン・ジョンイルは「チェ・スヨンを信用してはいけない。」と言う父カン・ユテクの言葉を思い出しています。

 

記者会見

数日後、最高裁判長はイ・ドンジュンの手中から抜け出すために、イ・ドンジュンの判事再採用は脱落が妥当だという記者会見を予定します。

最高裁判長と共にすると約束していた人々はみな裏切ります。

シン・ヨンジュはイ・ドンジュンが判事時代に、イ・ドンジュンを再採用から脱落させた法官9人が関連した不正を暴露します。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 不正を暴いたイ・ドンジュン

写真出典:http://pop.heraldcorp.com

 

結局イ・ドンジュンの判事再採用脱落は妥当ではないという記者会見となり、最高裁判長を陥れたのです。

イ・ドンジュンとシン・ヨンジュは喜び、お互い見つめ合う二人をチェ・スヨンは嫉妬します。

 

チェ・スヨンは太白の事務所に記者を集めて、イ・ドンジュンと同伴で雑誌のインタビューを受けます。

イ・ドンジュンと仲の良い夫婦を演じるチェ・スヨン。

シン・ヨンジュがいる前で、「写真から撮りましょう。」と言ってイ・ドンジュンにキスするチェ・スヨン。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 仲良く見せるチェ・スヨン

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 見つめるシン・ヨンジュ

事務所から出て来て偶然その様子を見たカン・ジョンイルは衝撃を受けます。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」7話 衝撃を受けるカン・ジョンイル

写真出典:http://tvdaily.asiae.co.kr

 

あとがき

 

今までやられるままにやられていた(ように思える)イ・ドンジュンが、いよいよ反撃に出ました。

というか、今になって自分の過ちに気がついたのかもしれません。

判事が公正でない裁判で、無罪のシン・チャンホが殺人犯に仕立てられるのも恐ろしいですが、今になってそれは間違っていたと感じたのでしょうか。

イ・ドンジュンが真実を追求するほど、カン・ジョンイルの立場が弱くなりますが、チェ・スヨンもカン・ジョンイルと同様に追い込まれるはず。

イ・ドンジュンは妻が追い込まれても、夫婦は演じ続けるのでしょうか。

今回はシン・ヨンジュはイ・ドンジュンを背後で助けて見事に不正を暴きましたね。

イ・ドンジュンとシン・ヨンジュの関係も発展していくのでしょうか。

気になりますね。

第7話の視聴率は14.9%でした。

では次回第8話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

「耳打ち~愛の言葉~」第5話あらすじ

「耳打ち~愛の言葉~」第6話あらすじ

「耳打ち~愛の言葉~」第8話あらすじ

「耳打ち~愛の言葉~」あらすじ一覧

 

スポンサーリンク


★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、インターネットを接続する環境が整っていれば、レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」というアイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年6月時点で「耳打ち~愛の言葉~」は配信されていません。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA