[オクニョ]獄中花(オクチュンファ)第7話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

第6話ではチェタミン(スパイ)になって初めての任務を遂行するオンニョ。

明の使臣から手紙を奪おうとした時に現れた明の兵士を倒しますが、

剣を腕に受けて怪我を負ってしまいました。

任務を無事遂行することが出来るのでしょうか。

では「オクニョ」(獄中花・옥중화)第7話のあらすじを紹介します。

※なおこの記事内では、タイトルであり主人公の名前である

「オクニョ」を韓国語読みの「オンニョ」と表記して紹介しています。

※ネタバレを含みますので注意!

オンニョ役チン・セヨンとユン・テウォン役コ・ス

出典:http://entertain.naver.com/read?oid=311&aid=0000654398

スポンサーリンク


 

<「オクニョ」獄中花 第7話あらすじ>

出典http://daejanggeum.xii.jp/okjunghwa_chart

キャスト・登場人物はこちら→「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

宿所へ

明国の使臣オ・ジャンヒョンの宿所をパク・テスが攻撃することで、

宿所は火の海で大騒ぎになり、オンニョは手紙を奪うために

使臣の兵舎へ入ります。

ユン・テウォンが明の使臣を守ろうとして傍に寄りますが、

チェタミンが現れてユン・テウォンとチェタミンが闘いになります。

カン・ソノも明の使臣を狙いますが、

この時に明の兵士が現れたため逃げて、失敗します。

オンニョは無事に手紙を奪いますが、明の兵士に腕を切られます。

手紙を持って天幕から逃げるオンニョ。

 

翌日、ユン・テウォンはオンニョの腕の傷に気付き、驚きます。

獄中花第7話 話をするオンニョとユン・テウォン

そしてオンニョが断るのをよそに処置をしてあげます。

獄中花第7話 オンニョの傷の手当てをするユン・テウォン

傷口を見たユン・テウォンは

「刀の傷のようだが、どこでやられたのか」と尋ねると、

「必死に逃げたから覚えていないんです。」ととぼけるオンニョ。

獄中花第7話 とぼけるオンニョ

「気を付けないと・・・。」とつぶやきながら

優しく手当てをするユン・テウォンに、オンニョは心が動きます。

 

その翌日

明の使臣と向かい合って座るユン・テウォン。

「先代王の最期について真実が暴かれるのを

阻止しようとして、ユン・ウォニョンが自分を

狙っているのではないか。」と明の使臣。

 

パク・テスはその明の使臣をさらに追跡しています。

オンニョの無事を確認するパク・テスは、

「明の使臣が都へ着く前に始末するのだ、

どこがいいのか検討せねば。」と言います。

 

チョンドゥンが市場でスリをします。

そのスリをした指輪をチ・チョンドゥクに見せると、

「それはオンニョの形見と同じ指輪ではないか。」と驚きます。

「その指輪を持っているのは、どんな人だったか?」と尋ねる

チ・チョンドゥク。

「どんな人って言われても・・・。」と困るチョンドゥン。

 

チョン・ナンジョンと文定王后

「昔の東宮殿内人が生きている。」と言う文定王后。

獄中花第7話 事実を明かす文定王后

確認するようにと伝えると、

「昔処理されているはずだ。」とそんな話は信じないチョン・ナンジョン。

獄中花第7話 信じないチョン・ナンジョン

そしてチョン・ナンジョンは

「自分の娘が捕盗庁従事官と結婚する。」と自慢しつつ、

「娘が庶女(妾の子)だから、自分も妾でなく本妻になりたい。」と

その身分を嘆きます。

文定王后は「貞夫人が生きている限りはお前は

貞夫人にはなれないし、貞夫人になろうとするのは欲が深い。」と言います。

そして「安国洞の正妻・キム氏夫人がいなくなれば可能性はあるが。」と言います。

 

その言葉を聞いて、チョン・ナンジョンは思案します。

獄中花第7話 思案するチョン・ナンジョン

そして貞夫人になることを夢見て、正妻の住むキム氏夫人がいる所へ、

秘書ミン・ドンジュを送り、こちら側の味方として作らせ、

兄には東宮殿内人を探させます。

 

明の使臣とユン・テウォン

「ここから都まではもうわずか。

今日はゆっくり休むように。」とオ・ジャンヒョン。

「ところで、そなたは学があるように見えるが、

どうしてこのような商売を?」と尋ねるオ・ジャンヒョン。

ユン・テウォンはどうしてチンピラになったかという

いきさつをオ・ジャンヒョンに話します。

「母親が捨てられた事が恨(ハン)になっている、

その恨を晴らすためには、自分が商団でお金を稼ぐ事だ。」と話します。

「復讐に一生を捧げるのは愚かかもしれない。」と告げるオ・ジャンヒョン。

 

任務失敗

任務遂行を失敗した後、オンニョが逃げると怪しまれるので、

そのまま商団に残っていました。

明の兵士たちは徹底してオ・ジャンヒョンを護衛しています。

オンニョは燕京(今の北京)へ行く前にオ・ジャンヒョンを

消すというパク・テスと密かに連絡を取り合います。

そして京へ行く前の最後の宿所を狙う作戦を遂行することにします。

「まずは宿の造りを確認せよ。」とカン・ソノ。

 

捕盗庁部将カン・ソノがトチとユン・テウォンの目につきます。

「何であの方が。」とトチ。

「誰だ?」と言うユン・テウォンに、「捕盗庁の武官様だ。」とトチ。

「今日はこちらにお泊りですか?」とトチ。

「部屋はいっぱいだ。」とカン・ソノ。

「では、我々の部屋に是非。」とトチ。

宿所がなく困っているパク・テス一行たちに、

ユン・テウォンは仲間の部屋を使うようにしてくれ、

そのお蔭でパク・テスはオ・ジャンヒョンの宿所に接近出来るのでした。

その様子を見ていたオンニョは驚いて、

カン・ソノに尋ねると、「心配するな、

知り合いのゴロツキだ。お陰で宿に侵入できる。」とカン・ソノ。

 

任務再遂行

とうとう夜にパク・テスたちは護衛の兵士たちを倒して、

徐々にオ・ジャンヒョンの寝所に近づいていきます。

 

パク・テスがオ・ジャンヒョンを捉えたまさにその時、

オ・ジャンヒョンはパク・テスの顔を見ます。

そしてパク・テスはユン・ウォニョンの計略を話し

「朝鮮の裏切り者」と言うと、オ・ジャンヒョンは

「朝鮮の裏切り者はユン・ウォニョンだ。」と反論しますが、

ついに終わりを迎えます。

 

覆面をして顔を隠していたオンニョに、ユン・テウォンは刀を向けます。

獄中花第7話 オンニョを見つけるユン・テウォン

そして覆面が外れて顔がばれてしまいます。

驚くユン・テウォンは「どういうことだ?」と尋ねます。

獄中花第7話 顔がばれるオンニョ

そしてユン・テウォンはオンニョに

「本当の正体は何だ。使節団を狙っているのか?」と問います。

「太監をやったのはお前か?」と強い口調で問いただすユン・テウォン。

オンニョは何も言えないのでした。

 

するとユン・テウォンの背後からアタイが

やって来てユン・テウォンを気絶させ、

切ろうとするアタイをオンニョは止めます。

「何故だ?」と問うアタイ。

獄中花第7話 オンニョに問うアタイ

「私が良く知っている知り合いだから。」とオンニョは言います。

オンニョは「集結地へ逃げろ。」と言うアタイとその場を去ります。

スポンサーリンク


カン・ソノに下された命令

一方ユン・ウォニョンはカン・ソノに、

「パク・テスがオ・ジャンヒョンを処理したら、

次はパク・テスを処理しろ」と命令していました。

カン・ソノはパク・テスを尊敬しているので葛藤します。

パク・テスはオ・ジャンヒョンの最期の言葉を思い出し、

カン・ソノに「オ・ジャンヒョンを処理するように

指示したのが誰か?」を尋ねます。

「オ・ジャンヒョンから奪った密書を持っているのは

そなただな。」とパク・テス。

獄中花第7話 尋ねるパク・テス

すると「任務の目的を聞かないのが、

チェタミンの基本ではないか」とカン・ソノ。

獄中花第7話 答えるカン・ソノ

パク・テスはすでにユン・ウォニョンを疑っているのでした。

カン・ソノはユン・ウォニョンから受けた

「パク・テスをやれ」と言う命令を躊躇している間に、

パク・テスはオ・ジャンヒョンが持っていた手紙を

見せるようにと言っています。

 

倒れるパク・テス

パク・テスとカン・ソノがお互い意見衝突している間に、

パク・テスの隣から部下のチェタミンがパク・テスを剣で斬り付けます。

獄中花第7話 狙われるパク・テス

カン・ソノとその場を去る部下。

ユン・ウォニョンは部下にパク・テスの処理を依頼していたのでした。

 

パク・テスとの別れ

パク・テスが倒れていたのをオンニョが見つけます。

「先生、どうなさったんですか?先生、しっかり。」と

パク・テスを支えて小屋に連れ込むオンニョ。

パク・テスの怪我がひどいのでオンニョが手当てをします。

そしてパク・テスは、「オンニョ、お前に会えぬまま

この世を去るのかと思った。

俺を狙ったのはユン・ウォニョンだ。

初めから私を消すつもりだった。」とオンニョに告げます。

パク・テスは、「私を逆賊にして自分を牢獄へ入れたのも

ユン・ウォニョンで、狙ったのもユン・ウォニョンだ。」と言い、

パク・テスは「朝鮮に行って私の孫を探して、

これを孫に渡して伝えてほしい。」とオンニョに頼みます。

追手が迫って来て、パク・テスは

「自分はもうダメだ。早く逃げろ。生きて帰ったら、

チェタミンはきっぱりやめるのだ。」と言い、

オンニョは泣きながらその場を逃げます。

部下はパク・テスに、「早く逃げましょう。」と言うと、

「オンニョを待たなければ。」とパク・テス。

「オンニョはもうとっくに逃げたでしょう。」と部下。

 

追い出された商団

使臣が倒されてユン・テウォンと商団一行は捕まります。

ユン・テウォンはオ・ジャンヒョンに会おうとしますが、

「オ・ジャンヒョンはやられた。」と明の商団官吏。

驚くユン・テウォン。

「早くここを出て行かないと、使臣様の暗殺を

疑われる。」と言われ、ユン・テウォン商団一行は追い出されてしまいます。

ユン・テウォンとトチはオンニョの姿がないので心配します。

けれどもオンニョの行方が分からないままです。

ユン・テウォンは「このまま朝鮮に帰ったら、

二度と来ることが出来ないから。」と京で密貿易をしようとします。

トチは、「明との貿易は禁じられている。

このまま帰ろう。」と言いますが、いう事を聞かないユン・テウォン。

 

その頃オンニョは砂漠の真ん中でパク・テスとの

思い出を回想しながら泣いています。

「私は人生を誤った。ただ死を待つくらいなら、

弟子を一人持つのも悪くない。」と言ったパク・テスを思い出します。

 

ユン・テウォンは都に着き、「チン・ピロ」に会うとトチに告げます。

明の使臣から、「チン・ピロは私の事を良く

思っていないようだ。」と聞いていたからです。

 

ユン・ウォニョンと文定王后

パク・テスとオ・ジャンヒョンが消えてユン・ウォニョンは大喜びします。

「パク・テスの事は、墓場まで持って行く秘密だ。」と

ユン・ウォニョンはカン・ソノに約束させます。

文定王后に知らせると喜びつつも悲しみます。

ユン・ウォニョンから、「パク・テスは亡くなった。」と聞いたからです。

「パク・テスがどうして亡くなったのか?」と

ユン・ウォニョンに追及する文定王后。

「私は納得がいかない。その理由を調べて報告しろ。」と文定王后。

「面倒な事になった。」とため息をつくユン・ウォニョン。

文定王后は内禁衛従事官キ・チュンスにパク・テスの

生死とその理由について調べさせます。

そして、この事はユン・ウォニョンには内密に頼みます。

 

コン・ジェミョン商団では

捕盗庁のヤン・ドングがコン・ジェミョン商団に訪ねて来ます。

そして「かわうその毛皮は取引が禁止されているのだが。」と

商売用の品を広げて見てはケチをつけています。

するとヤン・ドングを鎮めるために、

ヤン・ドングにお金を手渡すコン・ジェミョン。

 

商団大行首の失望

そこへファン・ギョハが現れます。

そしてコン・ジェミョンに太監オ・ジャンヒョンが

倒されたことを伝える、ソソル(素素樓)女主人ファン・ギョハ。

「妓房でユン・ウォニョンが話しているのを聞いたから間違いない。」と告げます。

明に送った商団は失敗したと聞いて驚くコン・ジェミョン。

 

濡れ衣を着せられたオンニョ

オンニョは漢陽へ着きます。

文定王后がパク・テスの死について

ユン・ウォ二ョンを疑うと、ユン・ウォ二ョンは

オンニョを犯人に仕立てて陰謀を企てて、

文定王后を納得させようとします。

オンニョは捕盗庁の人たちによって捕えられてしまいます。

獄中花第7話 捕まるオンニョ

 

オンニョの前に現れるカン・ソノ。

そしてカン・ソノはオンニョに、

「全ての事を受け入れろ。」と言います。

獄中花第7話 オンニョの前にカン・ソノ

するとオンニョは「私が何の罪を犯したというのですか。

私ではないことを知っているではないですか!」と

カン・ソノに訴えます。

カン・ソノは捕まえられたオンニョに

「時にチェタミンは政治的に利用される事もあり、

自分の過ちではなくてもその状況を認めるのが

チェタミンの宿命だ。」と説得します。

するとオンニョは「パク・テスは私の師匠であり、

父のような存在でした。何故私がやったと認めなくては

いけないのですか!」強く反論します。

獄中花第7話 反論するオンニョ

けれどもカン・ソノは自分の言葉を肝に銘じるようにと

オンニョに伝え、「絶対にユン・ウォニョン大監の事を

口にしてはいけない、その瞬間お前は危ない。」と言います。

そして「それを守れば、私がお前を助けることができる」と忠告します。

第8話に続きます。

写真出典:http://www.imbc.com/broad/tv/drama/fip/clip/index.html

 

あとがき

任務を成功させたはずのオンニョが濡れ衣を着せられて、

捕まってしまいました。

チェタミンをやってはいけないとあれほど言っていた

師匠パク・テスの言葉を守っていれば良かったのに・・・と

少々もどかしい気持ちになってしまいます。

捕まってしまったオンニョをカン・ソノは無事に助けることが

出来るのでしょうか。

そして、正体がバレなかったものの、商団のユン・テウォンとは

敵対関係になってしまいそうですが、今後どんな展開になるのでしょうか。

今後も目が離せない展開になっていきますね。

第7話の視聴率は16.5%でした。

 

あわせて読みたい関連記事

「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)第5話あらすじ

「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)第6話あらすじ

「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)第8話あらすじ

→「オクニョ」獄中花あらすじ一覧はこちら

 

スポンサーリンク


★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、

「読み放題」というアイコンのついた作品を

31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年6月時点で「オクニョ(獄中花)」が途中話まで配信されています!

31日間無料トライアル登録すれば、

600円分もらえる「ポイント」を使って無料で視聴が可能です。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す




CAPTCHA