[適齢期惑々ロマンス~お父さんが変~]第20話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2017年3月4日〜8月27日までKBS2で放送された土・日ドラマ

「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変~」

第20話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

韓国ドラマ「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変~」ポスター

写真出典:http://www.kbs.co.kr

スポンサーリンク


<適齢期惑々ロマンス~お父さんが変~ 第20話あらすじ>

 

韓国ドラマ「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変~」キャスト 人物相関図

写真出典:http://www.kbsworld.ne.jp

 

キャスト・登場人物はこちら→「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変~」キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

ビョン・ヘヨンとチャ・ジョンファンが

同棲する部屋にやって来た

ナ・ヨンシルとオ・ボンニョ。

ヨンシルは逆上しヘヨンを叩き、

ヘヨンをかばうジョンファンをも叩きます。

すると、「どうしてうちの息子を叩くのよ!」とボンニョは

ヨンシルを止めますが、

ボンニョは部屋干ししてあるヘヨンの下着を見て、

同棲しているのを知って衝撃を受け、

ジョンファンを叩き続けます。

 

その頃ビョン・ハンスも子供たちからヘヨンの同棲の事を聞き、

パパ軽食の前でヘヨンを待ち構えています。

するとタクシーからヨンシルとヘヨンが降りて来て、

ヘヨンは部屋に入ると、ラヨンをにらみつけます。

ヘヨンは両親の部屋でひざまずいて謝罪しますが、

ヨンシルは、「どうして私たちを騙す事ができるの?」と

大声で説教します。

ところがヘヨンは、「友達と一緒に住むと言いましたが、

男友達とは言っていません。」と自分が

ウソをついた訳ではないと主張し、

ヨンシルはさらに呆れてしまいます。

「正直に話したら、許してもらえないから。」とヘヨン。

「黙らないか!何でも良く出来るからと甘やかしたら、

口答えばかり!誰がそう育てたのか?」と怒鳴るハンス。

 

ボンニョも「私が買ってあげたワンルームに、

女を連れ込んで!だから玄関のパスワードを変えたのね!」と叱ると、

「俺はもう38才だ。結婚したい女と

暮らしてももういいじゃないか。」とジョンファン。

チャ・ギュテクも驚き、「それならまず両親に

紹介してから、結婚すればいいじゃないか。」と言うと、

「付き合い始めて間もないし、まだ結婚話を言い出せない段階だ。

自分で責任を取るつもりでいるから。」とジョンファンは答えます。

ボンニョは、パパ軽食の娘なんか嫌だと言います。

 

ヘヨンは両親の部屋を出ると、次は屋根部屋に呼び出されて、

ジュニョンから説教されます。

ミヨンとラヨンは母を泣かせて、許さないと言うと、

ヘヨンは、兄からそんな事言われる筋合いはないし、

兄にそんな資格はないと反論します。

ジュニョンは親がヘヨンにどれだけ期待しているのか、

分からないのか、と言います。

「34年間、親の期待が大きくて大変だった。」とヘヨン。

だからと言って、偉そうな態度は許せない、と兄弟たち。

 

ラヨンは枕を持って、上の階のナ・ヨンシクの家に行き、

「今、うちのお姉ちゃん、大事件なの。」とバラし、

イ・ボミはナ・ミナを部屋に行かせて話を聞きます。

するとキム・マルブンも「親を騙すとは。」と驚き、

娘ヨンシルを心配します。

「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変~」第20話 姉の事件を報告するラヨン

 

翌朝、ジュニョンとミヨンが朝食を準備しますが、

ハンスとヨンシルは、食欲がないといって、

部屋から出て来ません。

ハンスは、寝込んでいるヨンシルを起こして、

食卓へ連れて行きます。

家族全員が揃いましたが、ヘヨンの事件を知らない

アン・ジュンヒだけがモリモリとご飯を食べます。

「もしかして、何かあったんですか?」とジュンヒ。

「あるにはあったが、気にしなくて大丈夫だ。」と

おだやかに答えるハンス。

ヨンシルはすぐに席を立ってしまいます。

 

ミヨンはジュンヒのマネージャーを代わってもらい、

職場でする事がなく、

ジュンヒが出演するドラマ「オー・マイ・ボス」の

出演俳優がインタビューを受けている動画を見ています。

「父親」がテーマのドラマという事で、

父について質問されたジュンヒは、

しばらく黙ってしまい、

ミヨンが「早く答えなさいよ~。」とじれったい心境で見ています。

すると、「海苔巻の端っこを食べさせてくれます。」と

ぶっきらぼうに答えるジュンヒ。

ミヨンは、「ジュンヒにとって父親との思い出は、

それしかないんだなあ。」と胸を痛めます。

 

区民センターでは、食堂でパク・チョルスと

兄が食事をしていると、

隣に座るラヨンは、ダイエット中だとサラダだけを食べています。

兄が「先生はぜい肉なんかないのに、な、チョルス。」と振ると、

「あ、ああ。」とチョルスは動揺します。

「ホント?」と喜ぶラヨンは、それならと、

チョルスのおかずを一つ食べてしまいます。

そんな無邪気なラヨンに、笑みをこぼすチョルスと兄。

兄もラヨンにおかずをあげます。

するとチョルスは自分の昼食を全てラヨンにあげます。

ラヨンはお腹が苦しいと言って、ベルトを緩めると、

視線をそらすチョルス。

兄は笑い、むせるラヨンに水を差し出します。

ラヨンが兄に、「誰にでも親切なんですね。」と尋ねると、

「そんな事はないんだが。」とラヨンにウィンクすると、

チョルスが怒って席を立ち上がります。

ラヨンも立ち上がると、

「ランチをあげたんだから、コーヒーでもご馳走するのが

マナーじゃないのか?」と兄。

ラヨンはチョルスと兄の関係を勘違いしているので、

理解が出来ないまま、「分かったわよ、

コーヒーおごるわよ。」と答えます。

 

ラヨンは喫茶店からチョルスに電話をして、

すぐに来るようにと呼び出します。

チョルスが到着すると、

ラヨンは「二人がいる時に確認しようと思って。

二人は付き合っているんでしょ?」と尋ねます。

「つまり、俺たちが?!」と兄が驚くと、

「そうよ、悪い事は言わないから、別れなさい!」とラヨン。

「俺たち双子だよ。」とチョルス。

ラヨンは二人を見比べて、「似てないけど。」と言います。

「二卵性ですよ。双子の兄パク・ヨンヒ、弟パク・チョルス。」とチョルス。

ヨンヒはクスクス笑っています。

「じゃ、二人は兄弟?!」とラヨン。

「俺たち、そんなに仲がいい?」とヨンヒ。

ラヨンは、「お疲れ様。」と言って、

逃げるように帰ってしまい、

トイレにこもって、自分が何をやらかしたのかと、

青くなっています。

 

ギュテクがジョンファンの部屋に来て、

どんな女か尋ねると、

「大学で同じサークルの後輩で、弁護士で、

美人で、能力があって。」とジョンファン。

「そんなにいい相手なら、大切にしないと。

何が同棲だ。」とギュテク。

「ヘヨンが大切じゃないから同棲したんじゃなくて、

ずっと一緒にいたいし、相手を知りたいから。

それに今の若者はみなそうだ。」とジョンファン。

「全て言い訳にしか聞こえないな。

相手のご両親の立場も考えないと。

逆の立場なら、俺は絶対そんな男を婿にしない。

とにかくお母さんに謝りなさい。」とギュテク。

スポンサーリンク


ギュテクとジョンファンが食卓に座ると、

「今やっと分かったけど、警察でバッタリ会った時から、

あんたたち、付き合ってたでしょ。」と悔しがるボンニョ。

謝るジョンファンを許してあげろと、ギュテク。

すると、「別れるのよ。それとここに帰って来なさい。」とボンニョ。

ジョンファンは、「別れないし、ヘヨンと結婚するつもりだ。」と言い、

「8年前にも別れて、死ぬほど後悔した。」とジョンファン。

ボンニョはやっと8年前に別れさせたのが、ヘヨンだと思い出します。

母と息子の言い争いが平行線です。

 

朝ヘヨンとジョンファンは出勤前に会い、

ヘヨンが部屋に置き忘れたスマホを渡します。

そして親から叱られて大変だとお互い慰め合い、

ヘヨンはしばらく電話はムリだろうと言い、

せめてメールくらい欲しい、とジョンファン。

「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変~」第20話 慰め合うヘヨンとジョンファン

 

ミヨンは職場でジュンヒに、「自分の立場しか

考えていなかった。アン俳優の事は考えていなかった。」と謝ります。

そしてジュンヒにとって父親との思い出が、

この数日しかないかと思うと、胸が痛むと言うミヨン。

まだ受け入れられない状況はあるが、

ジュンヒの立場は理解できるとミヨン。

ジュンヒはミヨンの謝罪を受け入れますが、

素直には喜べていません。

ミヨンはジュンヒの好きなブルーベリー味の

菓子を差し出し、

また一緒に仕事をしたいと願い出ます。

「分かった、そうしよう。公私混同せずに、頑張れよ。」とジュンヒ。

「はい、頑張ります。」と笑顔のミヨン。

ミヨンは公私区別のため、

家でのミヨンの呼び方を決めます。

「”新人”と呼ぶのはやめてほしい。」とミヨンが言うので、

「それなら”柔道”と呼ぼう。」とジュンヒ。

ミヨンは仮の呼び名として了承します。

「それなら俺の事は、”アン俳優”か?」とジュンヒ。

ジュンヒが嫌でなければ、そのままがいいと言うミヨンに、

ジュンヒは快諾します。

そして家に帰ったらマネージャーの仕事はしないと言うミヨンに、

それでも用がある時は、家族に長時間労働を見られたくないので、

メールでやりとりして、屋上で会うと決めます。

ジュンヒはマネージャーをミヨンに戻すため、

本部長に会いに行きます。

すると本部長は、ジュンヒとミヨンの関係を疑います。

「違いますよ、妹です、妹。」とつい口を滑らせるジュンヒ。

「妹?!」と驚く本部長に、

「妹みたいな存在。」とごまかすジュンヒ。

ますます疑う本部長。

 

ヘヨンは帰り道で、両親の事が気にかかり、

ウナギ料理を手土産に買い、持って帰ります。

そして寝込んでいるヨンシルに食べるようにと言いますが、

無視するヨンシル。

「お母さん、どうしてそこまで怒っているのか、

正直理解ができません。」とヘヨン。

怒って飛び起きるヨンシルに、

「騙したのは悪いと思っていますが、同棲がそんなに悪いのかどうか、

分からない。お互い好きあっているんです。

私たち30才を過ぎた大人です。若い人はみなそうです。」とヘヨン。

「それなら、そんなに堂々としているのに、

どうして騙したの?」とヨンシル。

「反対されるから。世代によって価値観が違うから。」とヘヨン。

「じゃ私たちは、世間の流れも知らない、年寄りって事ね?

じゃ私たちが間違えていたのね。そんなに価値観が違うなら、

出て行きなさい。」とヨンシル。

こちらも平行線です。

 

寝ずに食べずに苦しむヨンシルの姿を見ているハンスも、

辛そうです。

早く寝るようにとハンスが言いますが、

身もだえするヨンシル。

 

翌朝、食卓に集まった兄弟たち。

ミヨンは気を遣い、ジュンヒにフルーツジュースをあげると、

ジュンヒはご機嫌です。

 

ハンスはヨンシルに、「考えはついたか?

それでもあの二人は、結婚させなければ。」と言い、

呆れるヨンシルは、ボンニョと姻戚になるのが、

嫌だと主張します。

ハンスも好きで結婚させる訳ではない、

結婚させる訳にもいかないが、

させない訳にもいかないだろう、良く考えてみてくれ、とハンス。

 

ハンスが外に出ると、カフェに「休業」と

張り紙をしているボンニョ。

「一体どんな腐れ縁なんでしょうね。

そちらの娘をもっとちゃんと教育しなきゃ

ダメじゃないですか?」とボンニョはハンスに話しかけ、

ハンスは謝ります。

「謝られたら、もう言う事はないけど、

この建物を買った時から失敗ね。

この建物も売りに出したわ。もうそちらと

顔を合わせる事がないといいけど。」とボンニョ。

その会話を聞いていたジュニョンが心配すると、

ハンスは、「お母さんとヘヨンには黙っていろ。」と口止めします。

 

ジュンヒは本部長から車を一台準備してもらい、

キーをミヨンに渡すと、ジュンヒの手を握って大喜びするミヨン。

戸惑うジュンヒは、ミヨンの手を振り払い、

運転の練習をさせます。

 

夜ジョンファンはスーツに身をまとい、

フルーツバスケットを持ってヘヨンの家にやって来ます。

そして呼び鈴を鳴らすと、玄関先に出て来たジュンヒは、

「チャPD?!?!」と驚き、ミヨンがヘヨンの彼氏だと紹介し、

ジュンヒはまた驚きます。

ミヨンがハンスとヨンシルを呼び、

ジョンファンはヘヨンの両親に謝ります。

「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変~」第20話 謝るジョンファン

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama/papa/view/vod/index

 

あとがき

 

そもそも同棲するくらいなので、

ヘヨンもジョンファンもあまり罪悪感はないようで、

それが両親をもっと苦しめているみたいですね。

親の立場なら、当然反対もするし、

理解も出来ないと思います。

でも、結婚させるかさせないかの問題も

これからいろいろもめそうで

展開に目が離せませんね。

そして、ミヨンがジュンヒを理解しはじめたら、

何だかとても嬉しそうな表情のジュンヒ。

カワイイです。

俳優とマネージャーの関係として、

これから息の合った仕事ができそうですけど、

どんなコンビぶりを見せてくれるか、

楽しみです。

第20話の視聴率は29.2%でした。

では次回第21話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

「お父さんが変」第18話あらすじ

「お父さんが変」第19話あらすじ

「お父さんが変」第21話あらすじ

「お父さんが変」あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」という

アイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年7月時点で「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変~」は

配信されていません。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA