[たった一人の私の味方]第61話,第62話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2018年9月15日〜2019年3月17日

KBS2で放送の週末ドラマ

「たった一人の私の味方」

第61話,第62話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」ポスター

写真出典:http://www.kbs.co.kr

スポンサーリンク


[たった一人の私の味方]人物相関図

 

キャスト・登場人物はこちら→「たった一人の私の味方」キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

<たった一人の私の味方 第61話あらすじ>

 

キム・ミランとチャン・ゴレの両家の顔合わせの日。

ミランとソ・ヤンジャ、ヤンスン、そしてキム・ドラン夫婦が待っていると、ゴレの家族が入って来ます。

するとゴレの妹チャン・ダヤは、「えっ?!何、コレ。ミランさんはドランさんの妹なの?!」と驚き、「お母さん、お兄ちゃん、この結婚は反対よ。」と言います。

一方ドランとワン・デリュクも、「ダヤさんが、あの家の娘?!ミランどういう事?!」と驚きます。

ヤンジャは気絶したフリをしてデリュクに抱えられ、ミランの一行はそのまま帰宅し、顔合わせも中止になります。

[たった一人の私の味方] 第61話,第62話 気絶するヤンジャ

 

ミランは「どうするのよ。倒れたからってどうにもならないわよ。」とヤンジャを責めて外へ出かけてしまい、心配するドランとデリュク。

ヤンジャもミランの結婚が破談になるのではと、心配します。

 

そしてゴレの家族も帰宅し、ダヤはヤンジャに対する悪口を言い、「お兄ちゃん、この結婚は詐欺に遭ったようなものよ。」とダヤ。

「それはちょっと言い過ぎよ。」とナ・ホンシル。

ダヤは最後まで結婚に反対します。

「母さん、俺は今まで一度も結婚したいと考えた事がなかったけど、ミランとなら結婚できると思ったんだ。母さんが反対するなら、結婚を辞める。その代わり、二度と結婚の話はしないでほしい。」とゴレは部屋に行ってしまいます。

まだ反対しているダヤに、「ダヤ、自分は結婚したのに、兄には結婚させないの?あなたは家に帰りなさい!ゴレのために結婚を許すから、何も言わないで。」とホンシル。

 

ヤンジャはホンシルに電話を掛け、ホンシルとカフェで会います。

「うちのミランには何の罪もありません。ミランは出来の悪い母親を持った罪しかありません。自分がミランから遠いところに行くから、ミランを嫁として認めてください。」とヤンジャはひざまずいて涙します。

[たった一人の私の味方] 第61話,第62話 涙を流すヤンジャ

驚いたホンシルは「立ち上がってください。私は結婚させないと言っていませんから。」と言います。

「私はそんなに悪い人ではありません。」とヤンジャは言って、自分は夫を亡くして詐欺に遭い、このザマだと言うと、ホンシルは自分も若くに夫を亡くしているから、苦労したし理解できるとヤンジャを慰めます。

お互い自分の子供が幸せになれるなら結婚させたいと考える二人。

いまだにゴレが同性愛者だと誤解しているホンシルは、このままミランとの結婚を進めようと考え、「早いうちにゴレとミランさんを結婚させるつもりです。」と言います。

 

帰宅したヤンジャは「とにかくミランは結婚する事になったから、そのつもりで。」と言い、「お母さん、ミランにはそう知らせた?」と心配するドラン。

ヤンジャがミランに電話を掛けると、電源が入っていません。

「あなた、義妹にミランの事、よろしく頼むと言っておいて。」とドランにお願いするヤンジャ。

 

その頃ミランとゴレは外で会っています。

「ゴレさんが別れてほしいと言えば、別れるわ。私、うちの母を見捨てられない。」とミラン。

[たった一人の私の味方] 第61話,第62話 諦めるミラン

「誰が母親を見捨てろだって?状況は簡単ではないが、お前に指輪をはめるのに覚悟はしていたから。もう少し待っていてくれ。」とゴレ。

「ゴレさんを信じて待つわ。」とミランは言い、ゴレはミランを抱きしめます。

ちょうどその時ホンシルからゴレに電話かかかって来て、「ゴレ、一つだけ聞くわ。私がミランさんとの結婚を許したら、ミランさんとの結婚に後悔はない?」とホンシル。

「はい。」と答えるゴレ。

「それなら結婚しなさい。今さっきミランさんのお母様と会って、結婚の日取りを決めたから。」とホンシル。

ミランは喜んでゴレに抱き付きます。

スポンサーリンク


ミランとゴレを結婚させると知ったダヤは、「お母さん、どうかしてるんじゃないの?うちのお兄ちゃんの何が不足であんな家と結婚するのよ。」と驚きます。

「ゴレが決めた事なんだから、黙っていなさい。」とホンシル。

ダヤはナ・ホンジュに、「お母さん、どうしちゃったの?」と尋ねると、「あなたこそ、どうしたの?本人がいいと言っているんだから。」とホンジュ。

ホンシルは寝室で一人「私のゴレ・・・どうしたらいいの?」と涙を流します。

 

帰宅したダヤはオ・ウニョンに、「お義母さん、うちのお母さんがおかしいんです。お母さんの事、止めてください。うちのお兄ちゃんと結婚するのが誰だか知っていますか?キム秘書の妹だったんです。」と言い、驚くウニョン。

 

ウニョンや友人たちは、ホンシルのためにもこの結婚を辞めさせたいと考え、ホンシル宅を訪ねます。

「うちの長男の嫁の妹と結婚するんですって?」とウニョン。

「そうよ。」とホンシル。

嫁を選び間違えて家がメチャクチャになった家も多いのに、と心配する友達に、「誰が何を言っても、結婚させるわ。私はあの子が気に入ったのよ。」とホンシルは涙を流して部屋に入ってしまいます。

「気に入ったと言う割には、どうして泣いてたのかしら。」と友達。

みな、ゴレが速度違反(婚前妊娠)したのではないかと言いますが、ホンジュは否定して、みんなを帰します。

 

ワン・イリュクははちみつ水を作ってダヤに飲ませ、「お前は俺の事だけ気にしていればいいじゃないか。」とイリュク。

「キム秘書の妹が、うちのお兄ちゃんと結婚するのは、本当にイヤ!」とダヤ。

そこへ帰宅したウニョンが入って来て、「あなたのお母さん、本当にどこかヘンだわ。妊娠したのか聞いたら、何も聞かないでって。嫁が気に入ったとか言いながら、涙を流して。ホンシルが弱点でも握られているんじゃないの?」とダヤに言います。

 

ダヤはゴレの歯科医院を訪ね、「お母さんの事を考えたら、お兄ちゃんどうかしちゃったの?」と言うダヤ。

[たった一人の私の味方] 第61話,第62話 文句を言うダヤ

「ダヤ、俺はお前がイリュクと結婚すると言った時、母さんがお前の結婚に反対すると言った時も、俺はいつでもお前の味方だった。お前がイリュクの事好きだと言うから。お前がイリュクと結婚したいと言うから。俺はお前の選択を信じて応援してあげたじゃないか。」とゴレ。

「ある程度のレベルはないと。どう選んでもそんな女性しか選べないの?お兄ちゃん、ひょっとしてあの女と寝たの?あの子は絶対にお兄ちゃんが歯科医師だって事分かって誘って来たのよ。」とダヤ。

「ダヤ、いい加減にしろ!」と怒りをあらわにするゴレ。

「お母さんは私たちのために苦労してきたのよ。あんな女より100倍ももっといい女の人を紹介するから。」とダヤ。

「ダヤ、言いたい事は全部言ったか?ミランは俺が愛する人だ。」とゴレ。

「あの女に騙されればいいわ。もう二度と会いたくない。」とその場を去るダヤ。

 

ダヤはミランに会いに行き、ミランに悪口を言ってミランの髪の毛をつかみます。

ドランはミランをかばってダヤを突き飛ばし、「何をするの?!反対するなら母親とお兄さんのところへ行って反対すれば?」とダヤに言います。

[たった一人の私の味方] 第61話,第62話 かばうドラン

「姉妹そろってうちのお兄ちゃんを狙ったの、知っているわよ!うちのお兄ちゃんから、一刻も早く離れて。」とダヤ。

 

ドランはミランに「どうしてやられっぱなしで黙っているの?」と言うと、「私は大丈夫。ゴレさんの妹に一発叩かれたから、ちょっとは気が楽になった。実はゴレさんに申し訳なくて、自分のような人間が結婚するなんて。だからもし叩かれてもゴレさんを信じてついて行く。」とミラン。

「でもそれは違うわよ。誰もあなたを無視して勝手に接する権利はないんだから。次からは我慢しないで。」とドラン。

ミランは「お姉ちゃんは絶対私のために喧嘩しないで。」とお願いします。

 

帰宅したドランはダヤに、「同じ屋根の下に住んでいなかったら、タダじゃおかなかったわよ。」と言い、ミランをかばう時にダヤを押した事を謝ります。

そしてドランは「ミランにも謝って。」とダヤに言うと、「忠告する気?」とダヤ。

「いくらミランの事を気に入らなくても、兄の嫁になる人よ、その事を忘れないで。」とドラン。

 

ミランとゴレの結婚式当日。

式に参加したくないとイリュクにごねるダヤ。

 

ゴレと一緒に客を迎えるホンシルが硬い表情をしているのを、ホンジュに指摘されてしまいます。

ミランのウエディングドレス姿を陰から見ているカン・スイルは、「ドンチョル、おめでとう。お前の娘はとてもきれいだ。」と呟きます。

スイルのそばにやって来たホンジュは具合が悪いと言うので、薬を買って来るスイル。

 

<たった一人の私の味方 第62話あらすじ>

 

「ドンチョルさん、あなた今うちのミランを見ている?あなたがすべて助けてくれたのを知っているわ。ありがとう、あなた。」と涙を流すヤンジャ。

そして「ゴレのパパ、私はこの結婚のために罰を受けるなら、喜んで罰を受けるわ。私はこうするしかなかったのよ。嫁を私の娘だと思って、罪の償いと思って嫁に生涯尽くしていくわ。」とホンシル。

ミランとゴレは嬉しそうに新婚旅行に出発します。

[たった一人の私の味方] 第61話,第62話 結婚するミラン

スポンサーリンク


会長宅では、自分の宝石箱から宝石が消えてしまったと訴えるパク・グムビョン。

ダヤはミス・チョの部屋に入り、消えた宝石を探しますが、宝石が見つからないと次はドランを疑います。

「お義母さん、キム秘書の実家の母親じゃないですか?詐欺に遭ってお祖母様からもらったお金を全部失って、2百万ウォンがなくて我が家に来たじゃないですか。それなのに私の兄への贈り物の時計は、ほぼ1千万ウォンする時計を買ってもらったし、母がしなくていいと言ったのに、他の贈り物も数千万ウォン相当も準備したそうです。そのお金がどこから来たんでしょうか。」とダヤ。

「キム秘書が疑わしいって事なの?」とウニョン。

「キム秘書が一番多くお祖母様の部屋に出入りしているし、お祖母様からもらったかもしれない。」とダヤ。

ウニョンとダヤはドランの寝室にこっそり侵入し、押入れを探していると、ミス・チョがすぐに気づいてドランを連れて部屋にやって来ます。

「お義母さん、まさか私がお祖母様の宝石を盗んだと思って、私達の部屋を探しているんですか?私の事、疑っているんですか?」とドラン。

ウニョンは「そうではない。」と言い訳しますが、ダヤは「あんな状況なら、どこだって探さなくてはいけないでしょ!何をそんなに大声を出すんですか?それもお義母様に。それにお祖母様の部屋に一番多く出入りしているのは、そちらさんでしょ!」とダヤ。

 

ミス・チョは帰宅したデリュクに、「本部長、大奥様の宝石がなくなったんですけど、私はここで10年近く仕事していますが、そんな私を疑うのも足りなくて、ダヤ奥様と奥様がドラン奥様を疑って、この部屋を探し回っていたんですよ。これは本当にひどいじゃないですか!本部長。」と訴え、ドランは涙を流します。

[たった一人の私の味方] 第61話,第62話 涙を流すドラン

デリュクとイリュクは、「今ミス・チョが言った言葉は本当か?」と驚きます。

デリュクが警察を呼んで調べてもらうと、「外部からの侵入の痕跡がないので、どうやら内部犯行のようですが、自宅勤務の従業員は身元照会をしなければならないので、ご協力お願いいたします。まずカン・スイルさん、住民番号を教えてください。」と警察官。

カン・スイルがためらいながら住民番号を言おうとすると、ミス・チョが冷凍庫から新聞紙に包まれた宝石を見つけます。

グムビョンが認知症の症状が出た時、飴と間違えて冷凍庫に隠したのでした。

ワン・ジングクに叱られたウニョンとダヤは、ドランに謝罪します。

 

ダヤはウニョンに謝りますが、ウニョンは「あなた謝れば済むと思っているの?あなたのせいで私までこんな事になって。どうして他人でもなく私の嫁を疑うように仕向けるの?立場を変えて一度考えてみて。私があなたを疑ったら気分がいい?何かあると私のところに来て、変な騒ぎを起こして、あなたの話を聞いた私が間違っていたわ。また私を惑わせたらその時は覚悟しなさい。それにあなたはキム秘書を目の敵にして、生意気にドランさんの事こちらさんなんて呼んで、これからは呼称をきちんと呼んで。分かったわね。」とダヤに忠告します。

 

そしてウニョンはドランに、「今まであなたにとても悪い事をしたみたい。だから恥ずかしくあなたの前で顔を挙げる事ができない。私もよく考えてみたら、あなたは今まであまりにも大変だった。私あまりにもひどい姑だったように思うわ。私これからは努力してみるから、難しいとはおもうけど、今までの事はすべて忘れて一緒に努力してくれる?」と謝罪し、二人は手を取り合ったまま涙を流します。

[たった一人の私の味方] 第61話,第62話 謝るウニョン

 

その二人の様子を盗み見していたダヤは気分を害し、実家へ行きますが、ミランとゴレが新婚旅行から帰って来るため、夫婦を迎える準備を手伝うようにと言われます。

ダヤはミランとゴレが帰ると挨拶もせずに家を出て行きます。

 

帰宅したダヤはドランの車を足で蹴り、うっぷんを晴らします。

するとドランがスイルの宿舎の方へ行くのを目撃したダヤ。

[たった一人の私の味方] 第61話,第62話 目撃するダヤ

写真出典:http://www.kbs.co.kr

スポンサーリンク


あとがき

 

ドランを嫌っていたウニョンまでが、ちょっとやり過ぎかなと思い始めたようで、ドランの手を取って、謝罪したのはドランにとっては良かったですが、ダヤは最後までドランを困らせる存在になりそうです。

そしてゴレの結婚を許したホンシルも、占い師の言葉を信じてミランと結婚させましたが、ゴレの同性愛がミランにバレないかと、複雑な心境のようですし、ダヤが激しく反対しているので、心労が尽きないようです。

今日はカン・スイルの身元が明らかになってしまうのかと、一瞬ハラハラしましたが、何とかその場を切り抜けましたね。

今後もこんな事があるかと思うと、寿命が縮む思いです。

視聴率は第61話は31.7%、第62話は35.9%でした。

 

あわせて読みたい関連記事

 

[たった一人の私の味方]第57話,第58話

[たった一人の私の味方]第59話,第60話

[たった一人の私の味方]第63話,第64話

[たった一人の私の味方]あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、インターネットを接続する環境が整っていれば、レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」というアイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2019年5月時点で「たった一人の私の味方」は配信されていません。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA