[たった一人の私の味方]第65話,第66話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2018年9月15日〜2019年3月17日

KBS2で放送の週末ドラマ

「たった一人の私の味方」

第65話,第66話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」ポスター

写真出典:http://www.kbs.co.kr

スポンサーリンク


[たった一人の私の味方]人物相関図

 

キャスト・登場人物はこちら→「たった一人の私の味方」キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

<たった一人の私の味方 第65話あらすじ>

 

チャン・ダヤはキム・ドランの車に忍び込み、ドライブレコーダーに録画された音声を聞いてしまいます。

「何これ?!お父さんだなんて、昔実の父親は亡くなったと言っていたのに。何がお父さんよ。恋人同士みたいに甘い声出しちゃって。」と驚くダヤ。

「それならもしかしたら本当に親子?まさか!一体二人の正体は何なの?そうだ、あれで試してみよう。遺伝子検査して、親子じゃなければ本当に怪しい仲ね。」と企むダヤ。

 

ドランはカン・スイルが「明日に会長に運転手を辞めると言うつもりだ。」と言っていた言葉を思い出して眠りにつけず、ワン・デリュクが眠ったのを確認して起きだします。

そして「お父さんもう寝ていますか?お話があるから、今からちょっとお父さんの部屋に行きます。」とスイルにメールを送ると、「ダメだ。こんな夜中に誰かに見られたら、どうするんだ。」と止めるスイル。

ドランは「それなら大通りにあるコンビニで会いましょう。カップラーメンでも食べながら。」と返信します。

 

コンビニでスイルと会ったドランは、「明日うちの家族たちに、仕事を辞めるという話を本当にするんですか?」と尋ねるドラン。

「明日言おうと思っているんだが、どうして?」とスイル。

「今まで何も問題はなかったのだから、先にお父さんが住む家を探してから仕事を辞めた方がいいんじゃない?」とドラン。

「私がここに長くいても、お前にとっていい事は一つもないから。」と答えるスイル。

ドランは「家族に正直にお父さんが私の父と話したらダメかな?」と尋ねますが、「それは絶対にダメだ。会長たちには理解してもらえない事だ。奥様がやっとドランの事を受け入れてくれたのだから、今後も絶対にバレたらいけない。」と止めるスイル。

「その代わりに近くに住む事にした約束は必ず守ってね。」と念を押すドラン。

[たった一人の私の味方] 第65話,第66話 コンビニで会うドラン

 

その頃目を覚ましたデリュクは、「ドランさんはこんな夜遅くに、またどこに行ったんだ?」とドランを心配して部屋を出ます。

1階に下りてもドランがいないので、デリュクはドランの携帯に電話を掛けると、ドランの携帯電話は置きっぱなし。

その携帯電話がロックされているのを見て、デリュクはさらに不審に思います。

デリュクはドランを捜しに外へ出て行きます。

 

スイルと一緒にいたドランは急いで家に帰ると、ソファで座っているダヤに会います。

夜遅くに出掛けていたドランを疑うダヤ。

 

ドランが部屋に戻るとすぐにデリュクに電話をかけ、デリュクは急いで帰って来ます。

「もしかして私を捜しに行ってたの?」とドラン。

「俺がどれだけ心配したか分かるか?大通りまで捜しに行って来た。どこに行くのか伝えてくれれば、俺は心配しなくていいのに。ところでどうして携帯にロックをかけているの?俺もロックしてないのに。」とデリュク。

[たった一人の私の味方] 第65話,第66話 疑うデリュク

「ただ、ちょっと・・・。」とごまかすドラン。

スポンサーリンク


ダヤは不在のドランとスイルの歯ブラシをこっそりと持って出かけ、「今日中に分かりますか?」と遺伝子検査を依頼します。

「万が一キム秘書とカン運転手が本当に親子なら、どうなるのかしら?」と考えるダヤ。

 

スイルはワン・ジングクの部屋を訪ね、「会長が前貸ししてくださったお金です。ありがとうございました。会長、申し訳ありませんが、私今の仕事を辞める事にしました。これまで私にとても良くしてくださり、突然の事情でこのような事になり、申し訳ございません。」とスイル。

ジングクは驚きながら、スイルが辞める事を寂しがります。

後任者が来るまで仕事をする事になったスイル。

この事実を知ったダヤは、「外で二人気楽に会おうと?なんと恐ろしい女なの。数時間後には結果が出るから、お義母さん、お義父さん、見ていなさい。」と心の中で呟きます。

[たった一人の私の味方] 第65話,第66話 つぶやくダヤ

 

キム・ミランはチャン・ゴレのために4時間もかかってお弁当を作り、台所はメチャクチャになりますが、そんなミランが可愛くて仕方がないナ・ホンシル。

ミランは作ったお弁当を持って歯科医院を訪ねます。

医院で仲良くお弁当を食べるゴレとミランを見て、看護師たちは驚きます。

その間にソ・ヤンジャはヤンスンが経営しているピザ屋のピザを持って、連絡なしに突然ホンシルの家を訪ねます。

「妹がピザ店の社長なので妹の仕事を手伝っているんですけど、ピザがとてもおいしいので持って来ました。来たついでにミランの顔を見て帰らなきゃ。」とヤンジャ。

ヤンジャはホンシルにご飯を食べさせたり、コーヒーをいれたりして、ミランが帰宅するまで待つと言い、表情を曇らせるホンシル。

[たった一人の私の味方] 第65話,第66話 コーヒーを入れるヤンジャ

 

スイルとホンジュは映画を見に行きます。

ホンジュがスイルにしがみつくと、「ホンジュさん、どうして?これは怖い映画ではないですよ。」とスイル。

デートを楽しむ二人。

 

<たった一人の私の味方 第66話あらすじ>

 

ドランとスイルの遺伝子検査の結果を見たダヤは、「まさかとは思ったけど、本当に親子だったのね?!でもどうして他人のフリをしながら暮らしているの?」と疑問を抱きます。

ダヤはまずオ・ウニョンにこの事実を知らせようとしますが、また小言を言われるかもしれないと思い直し、ジングクを訪ねる事にします。

すると動揺しているダヤを見たウニョンは、「どうしたの?何かあったの?」と尋ねますが、「何でもないです。」と答えるダヤ。

 

ダヤは遺伝子検査結果とドライブレコーダーの音声を持ってジングクの部屋を訪ねます。

[たった一人の私の味方] 第65話,第66話 会長を訪ねるダヤ

そしてジングクに遺伝子結果表を見せ、音声を聞かせながら、スイルとドランが親子だと言うと、「あの二人がまさか・・・信じられない。」とジングク。

「最初から計画的に我が家に入って来たようです。デリュクお義兄さんとの結婚も計画的だし、お義父さん、この人たちとても怖いです。」とダヤ。

「この問題は、今から私がすべて解決するから、ダヤさんは決して誰にも話してはならない。」と釘を刺すジングク。

スポンサーリンク


ジングクはドランとスイルを会社に呼び出します。

ドランはデリュクから電話を受けますが、「実家にちょっと用事ができて、いや大した事ではないから、本部長は先に休んでいてください。」とウソを言います。

デリュクはヤンジャに電話を掛け、「お義母さん、お元気ですか?もしかしたらドランさんがそちらに行きましたか?」と尋ねますが、ドランが実家に行っていない事を知ります。

 

ジングクはドランとスイルに、「私に何か言いたい事があるのでは?」と尋ねますが、知らないフリをするドランとスイル。

[たった一人の私の味方] 第65話,第66話 問い正すジングク

ジングクが怒って遺伝子検査表を投げつけると、ドランとスイルはひざまずいて謝罪し、「カン運転手は私の父です。私の実のお父さんです。」と認めます。

ジングクは「なのになぜ隠した?二人は私たちに何をしたのだ!」と怒ります。

「会長、私はドランの父親なんです。けれどドランは私が父とは知りませんでした。何も知りませんでした。ドランはつい最近知りました。会長、私はドランが赤ん坊の時、私の手で捨てました。私は罪人であり、何の資格もない醜い父です。だから過去を全て消して生きてきたのです。ところが、会長宅に来て本当に思いがけず、ドランと出会いました。ところがつい最近ドランが私の事を知ってしまいました。ドランが庭で倒れた日です。あの日ドランが私の事を父と知って、衝撃で倒れました。」と嗚咽するスイル。

「そうではありません会長、私のせいなんです。あの時父は誰にも知られないうちにここを去ると言ったのを、行かないでと私が止めたんです。そうしてでも、一緒にいたかったんです。」と涙を流すドラン。

[たった一人の私の味方] 第65話,第66話 謝罪するスイルとドラン

「妻が最後まで結婚に反対したが、私だけは君を心から信じて受け入れた。そんな私の心を君が少しでも知っているなら、私には素直に打ち明けるべきではなかったのか?」とジングク。

そしてジングクは、「自分の過ちを認めるならば、責任を持ってこのまま静かに生きなさい。何事もなかったかのように。君が可愛いからではなく、うちのデリュク、そして私の母、私たちの家族のためだ。分かったね?」とドランに言い、スイルに向かって、「ドランさんの元を離れて、二度と家に近づかないように。そしてこの事は誰にも話さないように。」と警告するジングク。

 

ドランが帰宅するとデリュクは、「こんな夜に今まで一体どこに行っていたんだ?私にウソまでついて。」と怒ります。

「今度話します。今は何も聞かないでください。」とドラン。

「分かりました。何も聞かないから携帯電話のロックを解除してください。私が分からないと思いましたか?私の事を夫だと考えるなら、携帯電話のロックを解除してくれ。ドランさん今私にウソをついているでしょう。」とデリュクが言うと、イヤだと答えるドラン。

[たった一人の私の味方] 第65話,第66話 腹を立てるデリュク

デリュクは腹を立てて、部屋を出て行きます。

 

ミランは寝ながら寝言を言い、ゴレを蹴とばして寝ています。

仕方なくゴレはベッドから降りて床で寝ていると、その姿をホンシルとホンジュが見て驚き、ミランにもっと良くしてやらねばと考えます。

 

スイルはパク・グムビョンに、「大奥様、私は今日でここを辞める事になりました。」と挨拶します。

「カン運転手、何言ってるの?辞めるって?それじゃ、我が家の運転手を辞める事になったの?」と驚くグムビョン。

「お母さん、カン運転手は重要な事があって、辞める事になったんですよ。」とグムビョンを止めるジングク。

認知症の症状が出ているグムビョンは、「私がカン運転手の事好きだから、カン運転手から引き離そうとして、追い出すつもりなの?カン運転手、行かないで!」と騒ぎ出します。

[たった一人の私の味方] 第65話,第66話 スイルを引き留めるグムビョン

写真出典:http://www.kbs.co.kr

スポンサーリンク


あとがき

 

ダヤはいきなりジングクに言いつけてしまいました。

ジングクには話すべき事は話したスイルでしたが、怒りの方が大きかったようで、言い訳も全く聞き入れてもらえませんでしたね。

韓国ドラマで良くある、「裏切られた感」が強かったジングク。

特にデリュクは財閥の家柄なので、どう見てもスイルとドランが結託して結婚詐欺みたいな事になってしまいました。

偶然が重なったとは言え、ピンチを迎えたドラン。

ダヤに常に弱みを握られて、これからダヤが権力を振り回しそうですし、デリュクとの夫婦仲に亀裂も入り、ドランはこれからどうなってしまうのでしょう。

その一方でミランとゴレはとても上手く行っているようで、ミランは嫁いびりもなく幸せそうですね。

ホンシルとホンジュはまだゴレの事を同性愛者と誤解しているようで、どうせならこの誤解がずっと続けば、ミランも大事にされますね。

視聴率は第65話は32.4%、第66話は37.7%でした。

 

あわせて読みたい関連記事

 

[たった一人の私の味方]第61話,第62話

[たった一人の私の味方]第63話,第64話

[たった一人の私の味方]第67話,第68話

[たった一人の私の味方]あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、インターネットを接続する環境が整っていれば、レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」というアイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2019年5月時点で「たった一人の私の味方」は配信されていません。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA