[雲が描いた月明かり]第11話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2016年8月22日~10月18日まで午後10:00~KBS2で放送された月・火ドラマ

「雲が描いた月明かり」

第11話のあらすじを紹介します。

※ネタバレを含みますので注意!

「雲が描いた月明かり」ポスター

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama/gurumi/behind/wallpaper/index.html

スポンサーリンク


<雲が描いた月明かり 第11話あらすじ>

 

「雲が描いた月明かり」人物相関図

写真出典:https://knda.tv/kntv/program/kn000663/

 

キャスト・登場人物はこちら→[雲が描いた月明かり]キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

イ・ヨンとサムノムが待ち合わせをしていると、

そこに現れたのは尚膳ハン・サンイク。

サムノムを長い間捜していた、と言うハン・サンイクは、

サムノムの本名、「ホン・ラオン」を知っていました。

なぜその名を知っているのかと尋ねるイ・ヨン。

「この子は知らないようですが、幼い時に世子様と

ご縁があったようです。」とハン・サンイク。

ハン・サンイクとイ・ヨンはサムノムを外して、

二人で話をし、ハン・サンイクは昔サムノムの母に

大きな借りがあったと言います。

では、今その借りを返す時だ、内侍府として

サムノムをよろしく頼むとイ・ヨン。

 

ハン・サンイクが帰り、イ・ヨンはサムノムに、

茶山先生と会う日時をまた決めると言い、

茶山先生とは、どんな先生かと尋ねるサムノム。

「先生から学ぶ事が多い、そのような方だ。

ただ、お酒を飲むとクセがある。」とイ・ヨン。

サムノムも「そんな方を一人知っています。

私のお祖父さん。」と言います。

イ・ヨンはサムノムを見つめて、「ラオン。」と言いながら、

サムノムの眉間に筆でホクロを書きます。

「面白いですか?」とシラケているサムノム。

「私の気持ちだ。ずっと前から、

そうやってお前に目を付けていた。」とイ・ヨン。

 

ハン・サンイクはキム・ビョンヨンに、

「三代にわたって王に仕えてきた。

その間、機会を伺ってきた。

今の李氏朝鮮に希望はない。」とハン・サンイク。

「では、新たな希望のために、

白雲会がすべきことは何ですか?」と尋ねるビョンヨン。

「あの娘は、10年前の乱について、

何も知らないのか?」とハン・サンイク。

「はい、何も知らないようです。」とビョンヨン。

 

王が食事をする前に、女官が毒見をすると、

箸が黒く変色し、王も女官たちもみな怯えます。

王の食事を準備する水刺間(スラッカン)では、人が集められ、

調べますが、女官ではない人間が一人いたと分かります。

そこから、食材を運んできた人間が怪しいと突き止めるキム・グンギョ。

 

ミョンウン王女は庭でこっそり手鏡をのぞいて、

細くなった顔を見とれています。

すると、ミョンウン王女の後をつけていた

チョン・ドクホの姿が鏡に映ります。

ミョンウン王女は怪しく思い、ドクホに言い寄りますが、

ドクホは懐から何かを出そうとして、ますます怪しいドクホ。

ミョンウン王女は「誰かいるか!」と叫んで助けを求め、

後ずさりした時に倒れそうになったのを、

ドクホが支えますが、ドクホは一瞬気を失って、

ミョンウン王女を抱いたまま二人で倒れてしまいます。

立ち上がったミョンウン王女は、ドクホの頬を左右一発ずつ殴り、

「今度は絶対許さない。」と言って、

気まずい雰囲気のまま、その場を立ち去ります。

 

グンギョはイ・ヨンに、王に毒を盛った父と娘が逃げたと報告します。

ソン内官は、内官たちの宿所をくまなく捜し、

次に資泫堂を調べると、サムノムの荷物から、

女性の韓服が見つかります。

 

王に毒を盛った父と娘は捕まりますが、

白雲会のチラシを配ったとして先に捕まっていた娘を、

無実だとかばっていたのがイ・ヨンだったので、

ますますイ・ヨンはキム・ホン一派に責任を追及されます。

 

イ・ヨンは母・中殿ユン氏から、「世の中を広く見る目を持ってほしい。

民の声に耳を傾ける世子になってほしい。」と言われたのを思い出し、

「自分が良かれと思っていたことが、間違いだったとしたら、

どうしたら良いだろう。」と悩みを打ち明け、

サムノムは、「私のお祖父さんの話では、

心が寂しければ、全てが疑い深くなるとおっしゃいました。」と答えます。

「なら、私にはお前が必要だな。楽しい事で、私を慰めてほしい。」とイ・ヨン。

二人は見つめ合って、微笑みます。

「雲が描いた月明かり」第11話 見つめ合うサムノム

 

領議政キム・ホンは礼曹判書チョ・マニョンと

世子の婚礼について話をします。

「キム家以外に世子妃が務まる家柄はないだろう。」とキム・ホン。

そしてチョ・マニョンが王に呼ばれた事を指摘して、

王とチョ家の婚姻を阻止したいキム・ホン。

 

ソン内官は資泫堂で見つけた女性の韓服を中殿キム氏に見せると、

「気になったら確認すれば、分かるわね。」と中殿キム氏。

 

サムノムは毒に詳しいトギに、先日の王の食事に毒が入っていた件を尋ねます。

毒の入った食事を口にした女官も、亡くなった者がいなかったとサムノム。

「箸が黒くなったのに?」とトギ。

トギはサムノムとイ・ヨンの前で、いろいろな毒について調べます。

すると、ふつうは毒がついた箸を布で拭いても、

毒は落ちないとトギは言い、さらに調べを進めます。

イ・ヨンも茶山先生を訪ねて、毒について尋ねます。

 

サムノムは中殿キム氏に呼び出され、

中殿キム氏は、「そなたの居所から面白いモノが

見つかった。」と言って、韓服をサムノムに見せます。

そして、直接確認すればいいのだから、と服を脱ぐ事を強要します。

 

イ・ヨンが夜空の月を眺めていると、

チョ・ハヨンがイ・ヨンを訪ねます。

夜一人で歩いているのは危ないとイ・ヨンが心配しますが、

世子様のお蔭で度胸がつきました、とチョ・ハヨン。

そしてチョ・ハヨンは「私のどこがお気に

召さないのですか?」とイ・ヨンに尋ねると、

「心に想っている女性がいる。

何かのせいで嫌いという事ではない。」とイ・ヨン。

「どんな女性ですか?」とハヨンが尋ねると、

そこへチャン内官が走って来て、

「ホン内官が大変だ!」とイ・ヨンに知らせ、

すぐに駆けつけます。

イ・ヨンが中殿キム氏に理由を尋ねると、

「この顔、見るたびに、男であるのがもったいない。

この美しさで男とは・・・。

世子が見て、どうお思いですか?」と中殿キム氏。

怒りを抑えて「その手を離してください。」とイ・ヨン。

「こんなにキレイなら、勘違いするのも分かる。

女より女らしい。ところが今日ホン内官の居所から

こんな物が出て来たの。

世子の噂が立っていたので、この母がその噂を消して

差し上げましょう。」と中殿キム氏は韓服を見せます。

「願うなら、どうぞ。」とイ・ヨン。

中殿キム氏はサムノムに、韓服を持っている理由を問い詰めます。

答える事ができないサムノムに、

「その服を脱いでみろ。」と中殿キム氏。

するとイ・ヨンも、「ホン内官、

中殿の命令に従え。」とサムノムに言いつつ、

「今度は内官の服まで脱がせるつもりですか?

誰が正しいか、ここではっきりさせましょう。」と強気のイ・ヨン。

中殿キム氏がサムノムの服を無理やり脱がせようとすると、

そこへハン・サンイクがやって来ます。

スポンサーリンク


「内侍府と内命府の品格を損なわない方法で、

お願いします。この内官は内侍府での試験に

合格した者です。中殿のご懐妊中に、

男が脱ぐのを直接ご覧になりますか?

もしこの事実を王様がお聞きになったら・・・。」と

中殿キム氏に頭を下げるハン・サンイク。

「尚膳、私も中殿も、ハッキリさせたい性格なので、

確認させてはいただけませんか?

中殿ママ、何をためらっているのですか?

早く確認しなさい。」とイ・ヨン。

中殿キム氏は諦めて、「連れて行け。」と言います。

 

資泫堂でサムノムを寝かしつけたイ・ヨンは、

深く悩みます。

ビョンヨンが戻って来て、「何かあったのですか。」と尋ねると、

「大事な人をそばにおきたいだけなのに、

傷つけるだけだ。」とイ・ヨンは出て行きます。

 

資泫堂の外でキム・ユンソンとビョンヨンはお酒を飲みながら、

サムノムが中殿に呼ばれた騒ぎの事を尋ねるユンソン。

ユンソンは「ホン内官は大丈夫か?」と尋ね、うなずくビョンヨン。

「実は、そばにおいておきたい女性がいる。」とユンソンが言うと、

「それ以上言うな。想うだけにしろ。」とビョンヨン。

「いや、もう想うだけではいられない。

初めて自分のモノにしたいと思った。」とユンソン。

 

茶山先生は宮殿にやって来ます。

そして内官に声を掛けると、その内官が茶山先生をじっと見つめます。

二人は目を合わせて、「お祖父さん!」「ラオン!」と声をあげます。

「あ、ここではラオンじゃなくて、サムノムです。」と言うと、

「どうしてお前がここに?それも内官として?」と茶山先生。

「なぜかこうなりました。こう見えても、

仕事ぶりは認められていますから、ご心配なく。」とサムノム。

サムノムと茶山先生は抱き合い、再会を喜びます。

 

10年前、役人が茶山先生に二人の人相書きを見せて、

「この者たちは謀反の罪を犯したホン・ギョンネの

妻と娘だ。」と言って家の中を捜しますが、

いなかったので、帰って行きます。

茶山先生は自宅の裏にラオンと母をかくまっていたのでした。

 

茶山先生とラオンを見つけて、「お二人はどんなご関係で?」と

イ・ヨンがやって来ます。

「では、お祖父さんが、茶山先生?」と驚くサムノム。

「お祖父さん?」とイ・ヨンも驚きます。

 

イ・ヨンは王の食事に毒が盛られていた件で、

茶山先生に食材を見せると、

「これは、甘み、辛み、苦みの三種の味があるので、

三菜と言って、この中に硫黄の成分が含まれているため、

銀の箸の色が変色したのです。」と茶山先生は言い、

「毒ではなかったのか?」とイ・ヨンが尋ねると、

茶山先生は三菜をモリモリと食べて見せ、

「これでも信じられませんか?」と尋ねます。

茶山先生は、「医員たちも、知っているはずなのに、

どうしてその事を黙っているのだ?」と疑問に思います。

 

その頃キム・ウィギョとキム・グンギョは、

「世子は今頃恐れを抱いているだろうな。医員も口止めしてあるし、

三菜の事など、知る由もないだろうに。」と笑っています。

 

イ・ヨンは毒を盛ったと疑われていた父と娘に会いに、牢屋へ行きます。

そしてイ・ヨンは「耐えがたき苦しみを

味わわせてしまい、すまなかった。」と謝罪し、

無実の父子を釈放します。

イ・ヨンは茶山先生にお礼を言い、

サムノムは茶山先生に、母の知らせを聞いていないかと尋ねます。

「次に会う時は、母の良い知らせがあるといいが。」と別れる茶山先生。

 

王はイ・ヨンを呼び出し、「礼曹判書の娘と結婚するように。」と言います。

イ・ヨンは「心にもない相手との結婚はしたくありません。」と言いますが、

王の命令は、覆す事ができません。

イ・ヨンは書庫で整理しているサムノムの後ろ姿を見つめ、

サムノムに「ラオン。」と耳打ちします。

「世子様、私を資泫堂まで送ってください。」とサムノム。

そして東宮殿と資泫堂を何往復もします。

「世子様に、”ラオン”と呼ばれる時が一番幸せです。」とサムノム。

「私もだ。」とイ・ヨン。

サムノムは、それ以上の幸せは望まないと言い、

イ・ヨンは、もっと欲を出す、好きなのだから

当たり前の事だと言います。

サムノムは、「自分のために世子様が危険に

さらされるのは、イヤです。国婚を断らないでください。」と言い、

「その事は言うな。」と強い口調のイ・ヨンは、

サムノムを置いて帰ってしまいます。

サムノムは涙を流し、こらえます。

 

イ・ヨンは茶山先生に、

「以前相談した女性とは、実はホン・ラオンです。」と言い、

「どうしてよりによって内官を・・・。」と茶山先生。

「私にとっても大事な人です。」とイ・ヨン。

「身分の違い、運命のいたずら、すべてを克服

出来るように助けて欲しいと、おっしゃいましたね。

だが、あの娘に必要なのは、世子様ではありません。」と茶山先生。

イ・ヨンは硬い表情をします。

 

イ・ヨンはサムノムに、自分が王となって理想の国を作った時には、

サムノムが一番最初の国民だと言い、

そして「ラオンに辛い事があって、何かを

手放さなくてはいけなくなった時に、

手放すのが私であってはならない。約束だ。」と言います。

「はい、世子様。」とサムノム。

「これで私の願いは叶った。お前の願いが私の願い。

お前の母を捜した。」とイ・ヨン。

後ろを振り向くと、ラオンの母がいたのです。

 

イ・ヨンは茶山先生の様子から、ラオンが母と会うには、

イ・ヨンにも覚悟が必要だと感じたのです。

抱き合うラオンと母。

「雲が描いた月明かり」第11話 母と再会するラオン

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama

 

あとがき

 

今まで何度か性別を問われる場面で、サムノムは冷や冷やしながらも、

なんとかクリアして来ましたが、

今回は相手が中殿キム氏で、最大の危機でしたが、

イ・ヨンもかなり焦った事でしょう。

でも、ハン・サンイクの登場で今回も乗り切りましたね。

もし内官が実は女性だったとなると、どうなるのでしょうね。

前代未聞の一大事で、どう処罰されるのかとか、

対処されるのか、誰も経験がないかもしれませんし、

それがまた恐ろしくもあります。

イ・ヨンは今回、チョ・ハヨンに好きな人がいると明かしましたが、

それはイ・ヨンとしては、サムノムと本気で

結婚まで考えている証拠だと思いますが、

現実問題、サムノムと結ばれる可能性ってあるのでしょうか・・・。

第11話の視聴率は20.7%でした。

では次回第12話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

 

[雲が描いた月明かり]第9話

[雲が描いた月明かり]第10話

[雲が描いた月明かり]第12話

[雲が描いた月明かり]あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

 

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」という

アイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年5月時点で「雲が描いた月明かり」が

全話無料で視聴可能です!

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA