[雲が描いた月明かり]第14話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2016年8月22日~10月18日まで午後10:00~KBS2で放送された月・火ドラマ

「雲が描いた月明かり」

第14話のあらすじを紹介します。

※ネタバレを含みますので注意!

「雲が描いた月明かり」ポスター

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama/gurumi/behind/wallpaper/index.html

スポンサーリンク


<雲が描いた月明かり 第14話あらすじ>

 

「雲が描いた月明かり」人物相関図

写真出典:https://knda.tv/kntv/program/kn000663/

 

キャスト・登場人物はこちら→[雲が描いた月明かり]キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

宮殿を出ようとするサムノムに、

検問が待っていました。

宮殿内に、ホン・ギョンネの娘が

潜伏していると分かり、

宮殿の外に出る女官一人一人を、

確認しているのでした。

サムノムの番になり、通符を差し出し、

名を名乗ろうとすると、

「ご苦労だな。私の連れだ。確認の必要はないな?」と

役人に声を掛けるのは、キム・ユンソン。

サムノムはユンソンのお蔭で、

ホン・ラオンとバレずに、宮殿を後にします。

 

その頃世子イ・ヨンは、資泫堂に行きますが、

サムノムが出て行った後でした。

そこには内官の衣服と、イ・ヨンからもらった腕輪が、

置かれていました。

 

イ・ヨンはキム・ビョンヨンに、サムノムの行方を捜させますが、

どこへ行ったのか、まったく分からないと言うビョンヨン。

 

イ・ヨンはサムノムがいない寂しさを紛らわせるために、

性格が細かく鋭くなり、夜も眠らず仕事に没頭して、

内官たちが気を遣うばかりです。

サムノムがいなくなって、代わりにチャン内官が

イ・ヨンの身支度を整え、仕事も増え、ゲッソリしています。

「ホン内官、どこへ行ってしまったんだろう。」と言うのは、

サムノムと同期のトギ。

「ある日突然姿を消して・・・。

ホン・サムノムに会いたいな。」とチャン内官。

 

チョン・ドクホはイ・ヨンに、

世子襲撃の刺客の周辺で、とくに動きはないが、

ひとつ不思議な点がある、と報告します。

「最近、吏曹判書キム・ウィギョが金塊を

手にしたのですが、その金塊の流れが

怪しいのです。

死んだ刺客の兄が、金塊を持って行楽場に現れました。」とチョン・ドクホ。

「死んだ刺客が吏曹判書から、

何かの代価に金塊をもらった・・・。」と推測するイ・ヨン。

 

サムノムはユンソンの助けで、

母と二人で隠れ家にいます。

サムノムは母が刺繍を縫うのを見ながら、

父と母のなれ初めなどを聞いています。

 

ハン・サンイクはビョンヨンに命令して、

サムノムを白雲会の本陣に連れて行こうとしますが、

その時はすでにサムノムが宮殿を出てしまった後で、

行方が分からないと報告するビョンヨン。

サムノムが、ホン・ギョンネの娘だと気付いて

逃げたのではないかと推測するハン・サンイクは、

「肝に命じろ。もしあの娘が自分の正体を知ったとしたら、

一番安全なのが白雲会だ。」とビョンヨンに言います。

 

イ・ヨンはユンソンを呼び出すと、

何も話さないユンソンに、

「いくらサムノムの事を想っていて、私を敵視していたとしても、

私に会って尋ねる事はないのか?

あの娘はどこへ行ったのか?

私に何か言葉を残していないのか?と。」とイ・ヨン。

「もしご存じでも、私にはどうせ答えて

くれないのでしょう?」とユンソン。

「いや、私は違う。無駄だと分かっていても、

尋ねたい。」とイ・ヨン。

「お役に立たず、申し訳ありません。」とユンソン。

「知らなければ知らない、知っていても

知らないと言うつもりだな。」とイ・ヨン。

「はい、そのとおりです。」とユンソン。

 

夜、月を見ながら考え事をしているイ・ヨン。

違う場所で、その同じ月を見ているサムノムも、

イ・ヨンと月を見た時の事を思い出しています。

宮殿で昔、サムノムは、

「宮殿で見る月って、こんな月なんですね。

幼い事は、月を見る場所ごとに、

月の形が違うのかと思っていました。」と言うと、

「月と太陽が24節気で変化するという事を、5才には習うから、

そんなバカな事は思わない。」とサムノムをバカにするイ・ヨン。

すねるサムノムに、「冗談だ。私はお前よりバカだった。

幼い時は、この宮殿が世の中全てだと思っていた。」とイ・ヨン。

「じゃ、私の方がマシですね。」と笑うサムノム。

イ・ヨンはサムノムの手を握り、

「私は世子で、お前が誰だとしても、

私たちの気持ちが同じならいい。あの月のように。」とイ・ヨン。

「雲が描いた月明かり」第14話 月を見るイ・ヨンとサムノム

 

イ・ヨンと月を見た事を思い出し、

涙を流すサムノム。

 

中殿キム氏は産気づきますが、内官は御医を退けます。

中殿は無事出産しますが、女の子と分かると落胆する中殿は、

子供の顔も見ずに、消せと命令します。

中殿の隣には、内官が産んだ男の子が眠っています。

女官からソン内官に女の子を渡し、

ソン内官は恐る恐る女の子を宮殿の外へ運んでいきます。

その後をつけているのはユンソン。

 

ミョンウン王女は庭でチョン・ドクホを見つけて、

慌てて隠れます。

そしていかにも偶然すれ違ったかのように通り過ぎようとし、

ドクホに声を掛けられて、ニンマリします。

そして、「散歩をするのだが、

一緒に行っても良いぞ。」とミョンウン王女。

ミョンウン王女は、ドクホの無礼なところが気に入った、

これからは二人でいる時は、言葉づかいを

気にしなくても良い、と言います。

「それは出来ません、王女様。

私は王女様の名前も知りませんから。」とドクホ。

「ミョンウンだ。私の名前は。」と王女。

「分かった、ミョンウンよ。」と答えるドクホは、

王女を引き寄せます。

思わず目をつぶる王女。

ドクホも目をつぶって口づけしようとすると、

「早すぎるではないか!」とドクホの頬を叩く王女。

「すまない、ミョンウン。ところで・・・痛い。」とドクホ。

スポンサーリンク


キム・ウィギョはソン内官から、

ホン・ギョンネの娘が宮殿に忍び込んでいると分かったその日に、

ホン・サムノムが宮殿から消え、

過去にサムノムが女性の韓服を持っていたと聞き、

サムノムに対して不審に思います。

キム・ウィギョはイ・ヨンに、

「大事にしていた内官が消えて、お心を

痛めておられましょう。」と嫌味を言います。

「そのとおりだ。それで、先日の刺客について、

面白い事が分かった。吏曹判書の金塊が、

刺客の兄に渡ったとな。」と答えるイ・ヨン。

「何をおっしゃりたいのですか?」とキム・ウィギョ。

「それは私が聞きたいところだ。

一体何の代価なのか?東宮殿を襲撃した刺客に。」とイ・ヨン。

 

キム・ウィギョは、青ざめてキム・グンギョに話すと、

「まさか金塊に番号があるとは、知らなかった。」と驚くグンギョ。

ウィギョはどうしたら良いのかと、頭を抱えて悩みます。

 

ユンソンはサムノムの隠れ家に行き、サムノムと会います。

「とても美しいですね。」とユンソン。

サムノムがユンソンの顔を見ると、

「月がですよ。もっと近くで見ますか?」とユンソンは、

双眼鏡を出します。

双眼鏡をのぞいたサムノムは、

「本当に、月が目の前に迫っている。」と言います。

サムノムがずっと双眼鏡をのぞいているので、

ユンソンがサムノムを覗くと、

イ・ヨンの事を思い出して涙ぐむサムノム。

「遠くにいる方に、会いたいのですね。」とユンソン。

「違うんです。月が大きくて目を見開いていたから。」とサムノム。

 

領議政キム・ホンは、ホン・サムノムが

ホン・ギョンネの娘ラオンと知り、

逃げたのなら捕まえよ、と提案します。

 

イ・ヨンは金塊の件でキム・ホンを呼び出し、

キム・ウィギョが金塊で刺客と取引していた事について、

説明が必要だと言うと、

「吏曹判書がその金塊で取引しようとしていたのは、

ホン・ラオンについての情報だ。白雲会の間者。

東宮殿の襲撃を助けたのです。

ご心配なく、私がその娘を捕えますから。」と言うキム・ホン。

イ・ヨンはキム・ホンの言葉に、心が揺れます。

サムノムが間者だったのかと悩み、

「まさか、そんな事は。」とつぶやき、苛立つイ・ヨン。

 

チョ・ハヨンは王と中殿キム氏に挨拶し、

王が、「どんな世子妃になりたいか。」と尋ねると、

「ただただ、世子様を想い慕うのみでございます。」と答えるハヨン。

王は気に入り、世子妃としての教育を受ける事になります。

「雲が描いた月明かり」第14話 王に会うチョ・ハヨン

 

サムノムは母から、「礼曹判書の娘が世子妃になるらしい。」と聞き、

「それは良かった。」と答えるサムノムは、

いたたまれず部屋に入ってしまいます。

 

イ・ヨンは一人花園にいると、

サムノムがやって来ます。

イ・ヨンは慌てて立ち上がると、

サムノムではなく、チョ・ハヨンでした。

「別宮にいないといけないのでは?

世子妃に選ばれたと聞いた。」とイ・ヨン。

「誠心誠意、世子様にお仕えいたします。」とハヨン。

「ただの取引ではないか。私も取引として

すべき事はきちんとする。ただし、一つだけ約束してほしい。

この花園に入って来ないでほしい、二度と。」とイ・ヨン。

花園でのサムノムとの思い出を大切にしたいイ・ヨン。

 

サムノムに会いに来たユンソンに、

「ここに来ないでくださいと言ったはずです。

忘れたいのに、世子様の事を知りたくなるのです。

そんな自分がイヤなのです。」とサムノム。

「大丈夫です。こんな地獄のような日々が過ぎ去れば、

ホン内官の心が私に向かないかと、

私もそんな事ばかり考えています。

でも、そんな期待を持つのはやめます。」とユンソン。

涙を流すサムノム。

 

ハン・サンイクの使いがサムノムを訪ねて、

手紙を渡します。

そこには宮殿で出来なかった話があるからと、

待ち合わせ場所と時間が書かれています。

サムノムがその場所へ行くと、

イ・ヨンが待っています。

実はサムノムに会おうと送って来た手紙は、

キム・ホンが書いた物で、

世子とサムノムが会っているのを捕まえて、

世子を内通罪に問うという罠だったのです。

サムノムとイ・ヨンが会っている建物は、

すでにキム・ホンが送った兵士たちに囲まれています。

 

外の様子を知らない二人。

「私はお前を絶対に許さない。」とイ・ヨンは言って、

サムノムを抱きしめます。

「雲が描いた月明かり」第14話 サムノムを抱きしめるイ・ヨン

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama

 

あとがき

 

ホン・サムノムが、実はホン・ギョンネの娘ラオンだと知って、

かなり気持ちが揺れ動いたイ・ヨン。

最後にはサムノムとおそろいの腕輪を外そうと思いましたが、

外す事が出来ませんでした。

きっと、サムノムの気持ちにウソはないと思い直したのでしょう。

そう思えば思うほど、イ・ヨンも胸が痛くなりますね。

そしてサムノムとイ・ヨンの気持ちを知って見つめるユンソンも。

見ているこちらも気持ちが張り裂けそうになります。

そんなサムノムとイ・ヨンの再会も、

キム・ホンの罠とは。

ハン・サンイクの名前でサムノムを呼び出したのを見ると、

キム・ホンはハン・サンイクの正体も知っているようですね。

これからどんな展開になるのか、気になります。

第14話の視聴率は18.7%でした。

では次回第15話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

 

[雲が描いた月明かり]第12話

[雲が描いた月明かり]第13話

[雲が描いた月明かり]第15話

[雲が描いた月明かり]あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

 

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」という

アイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年5月時点で「雲が描いた月明かり」が

全話無料で視聴可能です!

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA