[わろてんか]3月14日第136話あらすじ&見逃し動画を無料で見る方法!

10月2日(月)~はじまりました、NHK朝ドラ「わろてんか」

第24週、3月14日(水)第136話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

「わろてんか」タイトル

写真出典:http://www.nhk.or.jp/warotenka/index.html

スポンサーリンク


 

1. あらすじ 第24週「見果てぬ夢」第136話

★キャスト・登場人物はこちら→「わろてんか」キャスト

 

風太の家で、てんと栞も交えて賑やかに朝ご飯を食べます。

風太はトキに、「いつもよりおかずが多い。」と愚痴を言います。

栞は、「昨夜の事だが、僕で力になれるなら、

北村で使って欲しい。」と頭を下げます。

そして新しい家が見つかるまで、風太の家に置いてほしい、と栞。

風太は歓迎します。

てんも、よろしくお願いしますと挨拶します。

 

風鳥亭では朝礼で、新しく作る映画部の顧問として、栞が働くと挨拶します。

そして専務の風太が映画部部長を兼任する事に、

文芸部からは楓が映画の台本を書く事になります。

 

映画部では、お笑い映画に恋愛を扱ったら、

また目を付けられてお蔵入りは嫌だ、と風太とキース。

でも、今作られない映画だから、客も見たいのだろう、とてん。

昭和14年10月に映画法が施行されるから、

これからは撮影前の台本から検閲が入る、と栞。

検閲ばっかり気にしていたら、面白いモノを作れないとてん。

「だから、検閲側を出し抜く方法を考える。」と栞は言い、

作品は一見喜劇だが、その中身は人情や恋愛が入っている、

そんな作品を作ると栞。

それなら、検閲で引っかかりそうな部分は、

あぶり出ししないと見えないようにしたらいい、とキース。

検閲の人が読めないくらいの小さな字で書くといい、と楓。

台本を1ページめくるたびに、札を挟んでおく、とアサリ。

みな大笑いしますが、結局出来上がった作品をまた検閲するだろう、と栞。

それなら、男の検閲官が分からないように、

女子が好きな恋の話をこっそり入れ込めばどうだろう、とてんが楓にお願いします。

 

夜てんの自宅ではトキと一緒に栞が料理をしています。

てんは驚きますが、とても美味しそうです。

飛鳥がつまみぐいをすると、栞がケチャップを付けてあげます。

飛鳥は大きくなったら栞のお嫁さんになりたい、と言い、

風太は「アカン」と叫びます。

栞は映画の事で、「このまますんなりいけばいいのだが。」と心配します。

てんは順調だが、いつ世間の風向きが変わるかもしれない、

とため息をつく栞と風太。

戦争まっただ中で、「国のために命を差し出す忠義」と

もてはやされていてとても危険でもある、と栞。

まるで江戸時代の侍のようだ、と風太。

でも、その侍も家族の愛や恋愛もあっただろう、と栞。

 

てんは、翌日映画部の会議で、「忠臣蔵」を持ち出して、

「その江戸の忠義の話に、四十七士が忠義以外の理由で

かたき討ちをしていたとしたら・・・。」と、てん。

忠義の話と思わせておいて、分かる人には分かる恋の話を入れるのだ、とてん。

そして北村笑店の芸人総出演の「お笑い忠臣蔵」にしようと、話が盛り上がります。

 

夜、風太と栞が布団を並べて寝ていると、

本当に恋愛の映画を作って大丈夫なのかと、心配します。

大金がかかるから、専務としては危ない橋は渡りたくないと風太。

いずれ全ての娯楽が禁止されてもおかしくない世の中だから、

検閲を出し抜く方法に掛けてみたい、と栞。

風太も同意しつつ、もし検閲に引っかかったら、

手直ししてでも上映する、と条件を出します。

栞もうなずきます。

スポンサーリンク


山下は、栞が北村笑店の映画部の顧問になったという情報を、

新聞記者に流します。

翌朝てんは新聞の記事に、「北村てんは金の亡者」と書かれてしまいます。

そこへ風太がやって来て、

「通天閣が売りに出されるらしい。」とてんとトキに伝え、

てんに、「通天閣を買って、北村の名をとどろかせ。」と風太。

てんは、「目立てばいいという問題ではない。お金もかかる。」と答えると、

「悠長に構えてて、他の人に先越されたら一大事だ。」と風太。

悩むてん。

 

2. あとがき&感想

 

栞は結局仕事を辞めて、住む場所もなくなっていた?ようです。

仕事場を寝床にしてたの?

そんな訳ないとは思いますが、

家も処分して映画事業の借金の返済にあてたのかもしれませんね。

それで風太の家族にお世話になり、それはそれで安心というか、

家族の温かさを肌で感じて栞も楽しそうです。

でも、戦争が終わるまであと6年以上はあるようで、

まだまだ映画の検閲は厳しさを増しそうです。

それでも映画の制作は続けたい栞には、

これからも問題がいろいろ押し寄せて来そうです。

戦争が終わるまでは禁止内容は諦めればいいのにと思いますが、

他ではやっていない内容だからこそ、観たいという心理は強く働きそうで、

そうなれば興行収入も期待できそうですね。

 

あわせて読みたい関連記事

[わろてんか]3月12日第134話あらすじ

[わろてんか]3月13日第135話あらすじ

[わろてんか]3月15日第137話あらすじ

朝ドラ「わろてんか」あらすじ一覧はこちら!

 

3. 動画配信サービスを利用して[わろてんか]を無料で見る

 

前作の「ひよっこ」に引き続き好評の朝ドラ「わろてんか」。

でも、毎日欠かさず見るのって結構大変ですよね。

そこで、もしも見逃してしまったという方必見!

見逃した「わろてんか」の動画を無料で試聴できる配信サービスがあります。

 

それは、今多くの動画配信サービスがある中で、ランキングの高い

「U-NEXT」です。

ネットの環境があれば簡単に視聴できるサービスです。

 

まず配信本数が国内最大級の120,000本以上と、

他の動画配信サービスに比べてコンテンツが充実していて魅力です。

最新作はもちろん、お店でなかなか見つからない古い作品なども多数配信されています。

そしてPCやスマホ、タブレットなどに動画をダウンロード出来るので、

通勤途中や、寝室など、見たい時に見たい場所で楽しめるのがいいですね。

 

そして何より嬉しいのが、登録してから31日間は無料お試しが可能です。

この無料期間は結構大きいです。

 

U-NEXTは登録をすると600円分のポイントがもらえます。

「わろてんか」は新作なので、このポイントを使えば

「わろてんか」5話分が無料で見る事が出来て、

しかも「見放題」というアイコンがついた動画を無料で試聴できます。

 

U-NEXTで「わろてんか」を無料で視聴する方法の詳細はこちら

➭➭➭「わろてんか」見逃し動画を無料で見る方法

 

↓ ↓U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録する↓ ↓

U-NEXT

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA