[わろてんか]10月3日第2話あらすじネタバレ&見逃し!葵わかな,松坂桃李,高橋一生

10月2日(月)~はじまりました、NHK朝ドラ「わろてんか」

第1週、10月3日(火)第2話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

「わろてんか」タイトル

写真出典:http://www.nhk.or.jp/warotenka/index.html

1. あらすじ 第1週「わろたらアカン」第2話

★キャスト・登場人物はこちら→「わろてんか」キャスト

 

「てん、金輪際わろたらアカン!」とてんを叱る儀兵衛。

 

「どなんしよう、わろたらアカンて、そんなんムリや。」とてん。

「俺のせいや。」と風太。

「風太のせいやない。あんたはうちを止めようとしただけや。」とてん。

そこへ母しずが入って来て、「二人ともそんな辛気臭い顔せんと。一日の始まりは笑顔から言うてな。」と言うと、「それがあきまへんのどすやろ。」と祖母ハツ。

「そうやったそうやった。」としず。

てんから笑顔を取ったら、嫁の貰い手がいないのではと心配しますが、儀兵衛も一度言った事はそう簡単には撤回しないだろうとハツ。

「僕がおとうはんと話そうか?おとうはんの機嫌がいい時をみはかろうて、いうてみるわ。僕も話があるし。」と新一は妹りんを連れて部屋に入って来ます。

それはいい案だと喜ぶハツ。

「そうや、そうや。新一さんにお願いしたらええ。簡単なもんや。」とふんぞり返って笑っている風太の後ろに、儀兵衛が歩み寄ります。

後ろを振り返ってあわてて頭を下げる風太とてん、そしてりん。

「おはようさん。」と儀兵衛。

 

藤岡屋から走って出て来たてんと風太は、「やっぱりあかんわ、わらわへんやなんて。」とてん。

「俺がいい方法を教えてやる。もし笑いそうになったらこうすればええ。」と風太はほっぺを横に引っ張ります。

てんも真似てみます。

 

「なんや、そのもみじみたいな赤いほっぺたは。」とハツ。

「あこうなってます?」とてん。

ハツが今日一日で何回ほっぺをつまんだか尋ねると、指で数えるてん。

「そないなことをしなくても、藤岡の娘らしい品格を備えたら、笑い禁止も解けるかもしれまへん。」とハツ。

嬉しそうに返事をするてん。

 

そしててんは茶道を習います。

「茶の道と言うのは、礼を尽くしてお客様をおもてなしする心が大事どす。」とハツ。

そして次は華道を習います。

「お花をいけるんやのうて、心をいけるもの。」とハツ。

てんは剣山に花を刺そうとしますが、花がたおれてしまいます。

そしてお琴のおけいこでは、儀兵衛がやって来て、「せっかく鍛え直してもらっているんや。しっかり身に付けなさい。ひとつ事に専念すれば、無駄に笑う事もなくなるもんや。」と言います。

てんが「さくらさくら」を弾くと、音が外れてしまいます。

 

縁側でうとうとするてんに、ハンテンをかけるしず。

「おおきに、おかあはん。」とてん。

「ムリせんときや。」としず。

「おとうはん、うちが嫌いなんやろか。うち、おしとやかやないし、兄さんみたいに勉強もできへんし。」とてん。

「自分の子を嫌いな親なんていてまへんえ。おとうはんは笑うのが苦手なだけです。」としず。

お父さんが子供のころは丁稚奉公も厳しく、幼いころから親元を離れて甘える事もできず、一心不乱に働いてきたと言うしず。

「藤岡屋の当主として、おとうはんが笑う暇ものう尽くしてくれはったんは確か。今かて一睡もせんと外国語を必死に勉強して、遠い異国の習わしを覚えたり、無愛想なあの人がホームパーティーをしはるやなんてなあ。」としず。

 

てんは、夜寝静まった時間にこっそり起きて来て、儀兵衛の後ろ姿を見ています。

パーティーの失敗で取引がダメになったのか、ドイツのあちこちの薬品会社に必死に手紙を書いています。

一方新一は勉強中に、ぜんそくの発作が出てしまいます。

 

医者が家に来て新一を診てくれます。

「ひとまずはこれで大丈夫でしょう。」と医者。

「ここ何年も発作が出ていなかったんで、安心していたんですけど。」と儀兵衛。

「ぜんそくは大人になってから出ると、厄介なもんでしてな。学校は休学して、ゆっくり静養した方がよろしいな。」と医者。

「休学?そんなに悪いんですか?あの子は進学して、いずれは留学したいと・・・。」としずが言うのを遮るように、「先生、分かりました。」と儀兵衛。

 

しずはてんに、「新一兄さんは大丈夫。あんたが気づいてくれて良かったわ。ホンマに大丈夫や。ただなあ、しばらくは安静にさせてやりたいよって、離れにはいかんといてな。」と言います。

「行ったらあかんの?」とてん。

「ちょっとの間や、あんたが笑うと新一もつられてわろうてしまいますやろ。」としず。

「やっぱりおとうはんのいわはる通り、ゲラでいい事ないんわ。」とため息をつくてん。

「あんたの笑い上戸はな、新一が喘息になったころからなんえ。あんたが4つくらいの時や。私が看病でかかりきりになってこの家がシーンとして暗うなってな。その時一番さびしい思いをしているはずのあんたが、小さいことで急に笑い出してな。おかげで家の中が明るうなった。感謝してるんえ。あんたの名前はな、お天道様からいただいた名や。いつでも明るく周りを照らすような子でいてほしい。そう願ってつけたんや。」としず。

 

それでも新一の事が心配なてんは、離れの部屋にいる新一を見に行くてん。

てんは笑わないように、ほっぺを引っ張っているので、「てん、おいで。何してんのや。」と新一が尋ねると、「わろたらあかんし。」とてん。

「わろうてええや。お前の笑顔を見ると、僕も元気になるさかい。」と新一。

喘息の事だけではなく、勉強の事や家を継ぐことを考えると、くじけそうになると弱音を吐く新一。

そんな時でも笑っているてんを見ると元気が出ると言います。

すると外からおまつりの音が聞こえ、てんがお薬の神様にお参りしてあげると言います。

そのお祭りとは「くすり祭り」と言って、日本と中国の薬の神様や、ギリシャのヒポクラテスまでお祀りして、薬の神様に感謝するお祭り。

そしてそのお祭りにあの人がやって来ます。

その名は北村藤吉。

 

2. あとがき&感想

父の儀兵衛はてんに笑いを禁止していますが、母のしずは新一の事もあり、てんの笑顔にずいぶんと心が救われた場面があったようですね。

やはり父が娘に願う事と、母が娘に願う事って違うみたいですね。

そんなわけで、私もてんから笑顔を奪うのはかわいそうだなと思います。

けなげに笑いをこらえるてん、とても可愛いですね。

藤岡家は薬屋ですから、新一の喘息に何か良い薬があるといいのですが。

これからドイツ留学も目指しているので、早く良くなるといいですね。

ところで、京都弁のセリフはやっぱり難しいですね。

ところどころ標準語に戻っているかもしれませんが、ご了承くださいませ。
m(-.-)m

 

あわせて読みたい関連記事

[わろてんか]10月2日第1話あらすじ

[わろてんか]10月4日第3話あらすじ

[わろてんか]10月5日第4話あらすじ

朝ドラ「わろてんか」あらすじ一覧はこちら!

 

3. 動画配信サービスを利用して[わろてんか]を無料で見る

 

前作の「ひよっこ」に引き続き好評の朝ドラ「わろてんか」。

でも、毎日欠かさず見るのって結構大変ですよね。

そこで、もしも見逃してしまったという方必見!

見逃した「わろてんか」の動画を無料で試聴できる配信サービスがあります。

 

それは、今多くの動画配信サービスがある中で、ランキングの高い

「U-NEXT」です。

ネットの環境があれば簡単に視聴できるサービスです。

 

まず配信本数が国内最大級の120,000本以上と、他の動画配信サービスに比べてコンテンツが充実していて魅力です。

最新作はもちろん、お店でなかなか見つからない古い作品なども多数配信されています。

そしてPCやスマホ、タブレットなどに動画をダウンロード出来るので、通勤途中や、寝室など、見たい時に見たい場所で楽しめるのがいいですね。

 

そして何より嬉しいのが、登録してから31日間は無料お試しが可能です。

この無料期間は結構大きいです。

 

U-NEXTは登録をすると600円分のポイントがもらえます。

「わろてんか」は新作なので、このポイントを使えば「わろてんか」5話分が無料で見る事が出来て、しかも「見放題」というアイコンがついた動画を無料で試聴できます。

 

U-NEXTで「わろてんか」を無料で視聴する方法の詳細はこちら

➭➭➭「わろてんか」見逃し動画を無料で見る方法

 

↓ ↓U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録する↓ ↓

U-NEXT

コメントを残す




CAPTCHA