[わろてんか]10月24日第20話あらすじ&見逃し動画を無料で見る方法!

10月2日(月)~はじまりました、NHK朝ドラ「わろてんか」

第4週、10月24日(火)第20話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

「わろてんか」タイトル

写真出典:http://www.nhk.or.jp/warotenka/index.html

 

1. あらすじ 第4週「始末屋のごりょんさん」第20話

★キャスト・登場人物はこちら→「わろてんか」キャスト

 

女中としてだったら家に置いてくれると言われて、女中部屋で眠るてん。

すると女中頭のスミに朝早くたたき起こされます。

スミは女中の着物をてんに着るように言うと、「これ、着るんどすか?」と驚くてん。

「その”どすどす”言う京言葉、うっとうしいからやめてんか。ここは大阪や。」とスミ。

「迷惑な話やで。食い扶持(ぶち)が増えて。」と女中のマツ。

 

てんは女中の着物に着替えて廊下の雑巾がけをしますが、もっと腰を入れてとスミにしかられます。

その様子をじっと見ている啄子。

楓はゆっくり起きて来て「何かお手伝いしましょか?」と啄子に尋ねると、何もしなくていいと客人扱いです。

「厠(かわや)の軒下、クモの巣残っておりまっせ。」と啄子。

てんはすぐに軒下に行きますが、高い所なのでてぬぐいで必死に取ろうとしますが、取れません。

 

てんは台所で食事の準備をします。

藤吉は「おてんちゃん、おはようさん。」と声を掛けて、てんにこっそり「ごりょんさん」と書いた文楽人形のガブの絵を見せて、てんを笑わせます。

そして「大丈夫か?お互い頑張ろうな。」と藤吉はてんを励まします。

 

食事は、奉公人の座る場所で食べるてんは、「お米屋さんなのに、麦飯なんや・・・。」と呟きます。

そして「何ですやろか、このにおい!」とてんが叫ぶと、「あそこに漬物樽が置いてありますやろ。」とスミ。

「何であのようなところに。」とてん。

「きっつい匂いさせて、わてらがぎょうさん食べんようにしてあるんや。」とマツ。

 

てんが洗濯板で洗濯していると、スミが大盛りの洗濯物を追加します。

てんは「あの、石けんは?」と尋ねると、「そんなもん、使うわけないやろ。ほな、あと頼んだで。」とスミ。

てんは慣れない洗濯で、手の皮が剥けて手から血が出てしまいます。

 

思わず藤吉の元に行くてんは、藤吉が番頭の又八からコメについて学んでいるのを見て、愚痴を言う事も出来ません。

また洗濯に戻ると、トキがやって来ててんに抱きつきます。

「心配してましたんどす。うちもここでおてんさまとご一緒します。」とトキ。

「何で?おかあはんか。」とてん。

こっくりうなずくトキは、「何で女中の恰好で?」と尋ねると、「女中やからです。」と啄子。

「おてんさま付きの女中のトキと申します。よろしゅうお願いいたします。」とトキ。

「あんたは、女中の、そのまた女中ちゅうことか。よろしいで。ただの働き手が増えるんは、結構なこっちゃ。」と啄子。

「藤岡の旦那様より、手ごわそうですな。」とトキ。

 

台所で食事の準備をしているてんに、藤吉の姉・頼子が着物の襟巻を見せびらかしています。

見るとてんがハツからもらった襟巻です。

「これ、女中にはいらんやろ、うちが借りといてやるわ。」と頼子が言うと、藤吉が来て襟巻を取り上げます。

すかさず楓が来て、かんざしを頼子に貸してあげます。

「楓さん、ええお人やな。」と頼子。

「頼子、あんまりおねだりせんといてな。」と啄子。

「すまないな、嫁いでからもああやって小遣いを時々せびりにやって来て・・・。」と藤吉。

 

藤吉は米市場に米の買い付けに行きます。

「ありがたいこっちゃ。あんさんがこないして働いているだけでお母ちゃん・・・。」と啄子は感激して涙ぐみます。

「お母ちゃん、大げさやな。」と藤吉。

そして「こののれんを守るために、あんさんが立派な若旦那になってもらわないと困りますんや。」と啄子。

「うん、がんばろ。ほな、行って来る。」と藤吉。

 

てんはトキと並んで女中たちと食事をしていると、「何や、今日はいやな匂いがせえへんな。」とスミ。

「漬物樽にきざんだ生姜を入れて、まわりに生姜を干したんどす。匂いが減るし、干した生姜を料理に使えて、無駄になる事ありまへん。」とてん。

「そりゃ、ええなあ。」と使用人たちが喜びます。

「あんた、気い利くな。」とスミ。

みな大笑いします。

 

米の買い付けから帰って、疲れて腰が痛い藤吉に、「お帰りやす。干したよもぎをお灸にしておきましたさかい、腰に効きますよて。」とてんがお灸を持って来ると、てんの手が荒れているのを見て、心配する藤吉。

「お母ちゃん、ほんまに始末好き(倹約家)ないけず(意地悪)やろ。」と藤吉。

「そないな事。」とてん。

「あの始末ぶりはまるで落語や。ケチは6日知らずと言うてな。1日、2日と指折り数えては6日目でにぎった指を開くのがおしゅうなって、6日目を知らん。」と藤吉。

「だから6日知らず!」とてん。

ケチにとって梅干しは食べるのではなくて、眺めてつばを出して、そのつばをおかずにしてご飯を食べる。

扇子はあおぐのではなく、自分の頭を振って10年もたせる。

くすくす笑うてん。

「始末も笑い飛ばしたら、元気が出るやろ。」と藤吉。

「さすが大阪の人や。」とてん。

そこへ楓が来て、「あっちこっちで媚びて、嫌らしい。」とてんに言います。

「そないなつもりは・・・。」とてん。

「楓さん、前にもいうたけど、俺はあんたと結婚する気はない。身を引いてもらえませんやろか。」と藤吉。

楓は啄子が近づくタイミングを見計らい、泣きまねをします。

「あんたら、大事な許嫁さん、何泣かせてはるんでっか。離れなはれ。」と啄子。

「俺の許嫁はおてんちゃん一人や。」と藤吉。

「よろしおす。あんたと楓はんで、どっちが藤吉郎の嫁にふさわしいか、見極めさせてもらいます。二人で商い勝負してもらいまひょ。」と啄子。

 

2. あとがき&感想

 

てんは女中としての仕事ぶりはどうなんでしょうね。

とても頑張っていますから、仕事を覚えるのも早いのかもしれません。

そして薬屋だった知恵がとても生かされて、女中仲間にも褒められていましたね。

それでも楓がなかなか手ごわいので、楓の意地悪がエスカレートしなければいいのですが。

最後に啄子がてんと楓に勝負をさせるようですけど、もしてんが買ったら素直に楓を諦めてくれるのか、気になりますね。

 

あわせて読みたい関連記事

[わろてんか]10月21日第18話あらすじ

[わろてんか]10月23日第19話あらすじ

[わろてんか]10月25日第21話あらすじ

朝ドラ「わろてんか」あらすじ一覧はこちら!

 

3. 動画配信サービスを利用して[わろてんか]を無料で見る

 

前作の「ひよっこ」に引き続き好評の朝ドラ「わろてんか」。

でも、毎日欠かさず見るのって結構大変ですよね。

そこで、もしも見逃してしまったという方必見!

見逃した「わろてんか」の動画を無料で試聴できる配信サービスがあります。

 

それは、今多くの動画配信サービスがある中で、ランキングの高い

「U-NEXT」です。

ネットの環境があれば簡単に視聴できるサービスです。

 

まず配信本数が国内最大級の120,000本以上と、他の動画配信サービスに比べてコンテンツが充実していて魅力です。

最新作はもちろん、お店でなかなか見つからない古い作品なども多数配信されています。

そしてPCやスマホ、タブレットなどに動画をダウンロード出来るので、通勤途中や、寝室など、見たい時に見たい場所で楽しめるのがいいですね。

 

そして何より嬉しいのが、登録してから31日間は無料お試しが可能です。

この無料期間は結構大きいです。

 

U-NEXTは登録をすると600円分のポイントがもらえます。

「わろてんか」は新作なので、このポイントを使えば「わろてんか」5話分が無料で見る事が出来て、しかも「見放題」というアイコンがついた動画を無料で試聴できます。

 

U-NEXTで「わろてんか」を無料で視聴する方法の詳細はこちら

➭➭➭「わろてんか」見逃し動画を無料で見る方法

 

↓ ↓U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録する↓ ↓

U-NEXT

 

コメントを残す




CAPTCHA