[わろてんか]10月27日第23話あらすじ&見逃し動画を無料で見る方法!

10月2日(月)~はじまりました、NHK朝ドラ「わろてんか」

第4週、10月27日(金)第23話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

「わろてんか」タイトル

写真出典:http://www.nhk.or.jp/warotenka/index.html

 

1. あらすじ 第4週「始末屋のごりょんさん」第23話

★キャスト・登場人物はこちら→「わろてんか」キャスト

 

てんが掃除をしていると、楓が呼びとめて、

「うちは飾り立てるのが好きではないんやけど、

結納の反物選んで言いはるから。」とてんに反物をわざと見せつけます。

「うち、わかりまへん。」と立ち去るてん。

 

「楓さんと祝言?商い勝負はおてんちゃんの勝ちやったやろ。」と驚く藤吉。

「負けるが勝ち言いますやろ。」と啄子。

「俺はおてんちゃんのために、一人前になろうと必死に頑張ってるんやで。」と藤吉。

「その必死さが空回りしてるとちゃいますか?惚れた腫れたは結婚には無用です。」と啄子。

「もうええ。俺は俺のやり方でこの主として必ず認めさせてやる。」と藤吉。

 

藤吉は勝負をかけて仕入れて来た米を又八に試食してもらいます。

すると「目利きは一人前ですな。」と米の美味しさに絶賛する又八。

けれども船場まで汽車の運搬費がどれくらいかかるのかと又八は尋ね、

大阪の人は味より値だと言います。

 

「ご寮さん、えらいこっちゃ!京都から討ち入りや!」と又八。

しずが北村屋を訪ねます。

てんとトキも驚いて出て来ます。

「京都のええとこのお嬢様がかけおちやなんて、よろしごありますんか?」と啄子。

「おはずかしいかぎりどす。」としず。

「では、お連れ戻しに?」と啄子。

「いいえ、あの子は勘当した身、許す気はありまへん。」としず。

「ほな、なんの御用で。」と啄子。

「あの子は私が大事に育ててきた大切な娘どす。

いたらんところもぎょうさんありますけど、

あの子はどんなつらい時もわろうて私たち家族を明るう照らしてくれました。

その子が藤吉さんといると、もっと笑顔になれる言います。」としず。

「笑うだけでお腹いっぱいになるんやったら、言う事ごあへんな。」と啄子。

「お腹いっぱいになっても笑いのあらへん食卓はさびしおす。」としず。

「ひもじい思いをなさったことがあらへんから、おっしゃれるんですやろな。」と啄子。

「私はあの子を信じているだけですさかい。」としず。

「それは無責任と言うものやあらしまへんか?」と啄子。

「若い二人は半人前同士。補い合って一人前。

結局のところやっていけるかどうかは二人次第。

親には出来る事と出来ひん事がある言う事です。」としず。

「わてが息子を構いすぎや、言う事ですか?」と啄子。

「私にも跡継ぎの息子がおりました。

小さいころから体が弱うて、何かと気にかけてたもんどしたけど、

亡くしてはじめて気いついたんどす。

親が思うてるより子は強い。

私らが守っていたようで、あの子に支えられていたのは

私ら親の方やったと。」としず。

しずはさえに頼んで、京都のお土産を差し出します。

「どうぞ、お受け取りください。」としず。

「うちは藤岡屋さんからこんな物いただく筋合いは・・・。」と啄子。

「てんはああ見えて、父親似の頑固者。

きっと何があっても一度決めた事はやりぬくはずです。

ふつつかな娘どすけど、どうぞこの北村屋さんで一人前に

仕込んでやってください。」と頭を下げるしず。

「私は貧しい行商人の家に生まれて、

物乞い同然の扱いを受けた事もございます。

生きるために必死に商いに励んで、

その才覚を認められてこの家に嫁いだんです。

初めてのれんをくぐった日の嬉しさを決して忘れはしまへん。

船場ではご寮さんは女の成功の証し。

せやけど、この仕事の本当のつらさをあの子が

受け止められると思わはりますか?」と啄子。

「あの子やからできるんやと思うてます。

それに、あなたなら、あの子を仕込んでくれはると信じています。

それでも使い物にならへんかったら、煮るなり焼くなり、

川原に捨ててもろても構しまへん。」としず。

藤吉が入って来て、「お母ちゃん、もうその辺で。」と止めます。

「よう分かりました。ほな遠慮なく仕込まさせてもらいまひょ。

今までは少し手加減させてもろてましたやて。」と啄子。

 

「ほな、おてんちゃんを認めてくれるんか?」と藤吉。

「認めたわけじゃない。望み通り、ぼろ雑巾にして川原に捨ててやる。」と啄子。

「何で、そんな言い方しかでけへんのや。お母ちゃん昔からそうや。

何で惚れた腫れたを嫌うんや。」と藤吉。

「虫唾が走るだけや。惚れた腫れたを嫌うのは

あんたのお父さんのせいや。」と啄子。

啄子が嫁ぐ時、夫には好きな芸子がいて啄子といやいや結婚したと言います。

そして結婚しても商いもろくに習わずに、芸子に店の売り上げを貢いで、

ぼんくらだった夫のようになってほしくないと啄子。

 

しずは女中部屋でてんと話します。

てんの手の荒れを見て、よく頑張っているとしず。

本当はてんの顔を見て連れ戻そうとしたが、てんの顔には、

「連れ戻さないで」と書いてあるからやめたとしず。

そしてしずはハツが一針一針縫った着物だといっててんに喪服をあげます。

「貞女は二夫に見えず」の覚悟で死に装束を持って嫁げと言う事だとしず。

「ありがとうございます。この先どんな苦難にも耐え、

藤吉さんと墓場まで添い遂げてみます。」とてん。

「まだ、結婚できるかもわからへんけどな。」とつっこむしず。

そやったと笑うてん。

 

「うちに、出て行け言う事ですか?」と楓。

「頼む、この通りや。」と頭を下げる藤吉。

ところが、楓はいけずをエスカレートさせる事になります。

 

そして女中部屋に置いておいたてんの着物がなくなります。

「まさか、楓さん?」とトキ。

 

2. あとがき&感想

 

しずの登場が堂々としていて、かっこよかったですね~。

お寮さんもかっこいいですし、二人の対決みたいな場面はとても緊張感があって、

誰も近寄れないオーラが凄味がありましたね。

現場も雰囲気も結構すごかったのではないかと思います。

しずの言葉で結局啄子のいけずに火が点いてしまったようにも思いますけど、

そこがしずの狙いかもしれないし、どういう作戦だったんでしょうね。

てんにとって難しい局面は避けられないとは思いますが、どうなるんでしょうね。

でも啄子はまだ想定の範囲内ですけど、もっと怖いのが楓の存在ですね。

着物が無くなってしまったのは、一体誰なんでしょうか。

てんは用心しないと、いけませんね。

 

あわせて読みたい関連記事

[わろてんか]10月25日第21話あらすじ

[わろてんか]10月26日第22話あらすじ

[わろてんか]10月28日第24話あらすじ

朝ドラ「わろてんか」あらすじ一覧はこちら!

 

3. 動画配信サービスを利用して[わろてんか]を無料で見る

 

前作の「ひよっこ」に引き続き好評の朝ドラ「わろてんか」。

でも、毎日欠かさず見るのって結構大変ですよね。

そこで、もしも見逃してしまったという方必見!

見逃した「わろてんか」の動画を無料で試聴できる配信サービスがあります。

 

それは、今多くの動画配信サービスがある中で、ランキングの高い

「U-NEXT」です。

ネットの環境があれば簡単に視聴できるサービスです。

 

まず配信本数が国内最大級の120,000本以上と、他の動画配信サービスに比べてコンテンツが充実していて魅力です。

最新作はもちろん、お店でなかなか見つからない古い作品なども多数配信されています。

そしてPCやスマホ、タブレットなどに動画をダウンロード出来るので、通勤途中や、寝室など、見たい時に見たい場所で楽しめるのがいいですね。

 

そして何より嬉しいのが、登録してから31日間は無料お試しが可能です。

この無料期間は結構大きいです。

 

U-NEXTは登録をすると600円分のポイントがもらえます。

「わろてんか」は新作なので、このポイントを使えば「わろてんか」5話分が無料で見る事が出来て、しかも「見放題」というアイコンがついた動画を無料で試聴できます。

 

U-NEXTで「わろてんか」を無料で視聴する方法の詳細はこちら

➭➭➭「わろてんか」見逃し動画を無料で見る方法

 

↓ ↓U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録する↓ ↓

U-NEXT

 

コメントを残す




CAPTCHA