[わろてんか]11月16日第40話あらすじ&見逃し動画を無料で見る方法!

10月2日(月)~はじまりました、NHK朝ドラ「わろてんか」

第7週、11月16日(木)第40話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

「わろてんか」タイトル

写真出典:http://www.nhk.or.jp/warotenka/index.html

 

1. あらすじ 第7週「風鳥亭、羽ばたく」第40話

★キャスト・登場人物はこちら→「わろてんか」キャスト

 

栞はてんに、「藤吉君に伝えてほしいんだ。落語家を捜しているなら、伝統派の文鳥師匠に会ってみないか。」と言って帰って行きました。

伊能製薬が落語家喜楽亭文鳥師匠の舞台の後援をしていたのです。

翌朝てんは藤吉を起こして、「会うてみたらどうですやろ。」と文鳥師匠の話をします。

「いやいや、文鳥師匠言うたら落語の神様みたいなもんや。それに一番尊敬する大好きな噺家や。俺ごときがどのつら下げて会えるんや。」と興奮して手に汗する藤吉。

「会えるだけでも儲けもん。何事も風鳥亭のためです。お気張りやす。」とてん。

 

てんと藤吉は栞に会いに行き、「栞君、文鳥師匠の事、ほんまにありがとうございます。」と藤吉は栞にお礼を言います。

栞はたまたま文鳥師匠を知っていて、伊能製薬の正月行事に顔を出してくれていたと話します。

「親のコネを使うみたいで迷ったんだが、これも良い機会だ。」と栞はてんと藤吉を連れてすぐに文鳥に会いに行き、挨拶します。

文鳥は栞を見て大きくなったと驚き、最近活動写真の輸入を始めたそうで、客をそっちに取られてしまいそうだからお手柔らかにと文鳥。

そして栞は文鳥に藤吉を紹介します。

「わては伝統派の看板を背負わされてますんや。近頃はオチャラケ派と名乗る噺家が出おった。本来落語は庶民のささやかな楽しみ。とにかく笑うてもらうもんや。伝統やらオチャラケやら、どうでもええんやがな。」と文鳥。

「伝統派の大看板として、端席に出すわけにはいかないと言う事でしょうか。」と尋ねる栞。

「端席を下に見ているわけやない。寄席にはそれぞれその小屋の色がある。席主は何年もかけてその色を作るのが仕事や。あんたんとこの小屋の色は何や?その色を作ってから来るのが筋や。ツテを頼って来るのは筋とちゃうで。」と文鳥。

 

帰り道に「すまなかった、役に立てず。筋が違うか、もっともだ・・・。」とがっかりする栞に、「栞君はもっと雲の上の人かと思っていた。」とちょっぴり安心する藤吉。

「金持ちのご子息で、思い通りにならない事は何一つないのかと思っていた。」と藤吉。

「何を言っているんだ。おてんさんは君を選んだじゃないか。」と栞。

「きっと人生なんてうまくいかない事ばかりだ。でもたったひとつだけでいいから、これだけはやり遂げたぞという生きた証しがほしいよな。」と栞。

 

藤吉から文鳥師匠の話を聞いて、吉蔵たちはがっかりします。

藤吉は全国を回ってでも芸人を捜してくるから、もう少し堪えてくれと言います。

 

相変わらず風鳥亭は客の入りが悪く、見ている客も演じる芸人も退屈そうです。

てんは外で道行く人に「どないですか。」と声を掛けますが、「前に見たけど、全然おもろなかったで。」と言われてしまいます。

そんな中、アサリは他の寄席の巡業に行ってしまい、アサリの代わりにまた吉蔵がいやいや出ると、客から座布団が飛んできます。

もうやりたくない吉蔵は、「前面」をやり、完全に客が凍りつきます。

 

てんは今日の売り上げを計算しますが、売り上げはたったの180銭。

てんは思わずそろばんを振ってしまい、啄子が起きてしまいます。

「あの子がしっかりせんさかい、いつまでたってもあんたは夜なべやめられまへんな。」と啄子は心配します。

啄子はむしろてんを心配しますが、てんは寄席の仕事が楽しいから大丈夫と言います。

 

夜なべをするつもりのてんは、居眠りしたまま朝を迎えてしまいます。

飛び起きて台所に行くと、啄子が朝ごはんの支度をしています。

「針仕事はもうやめなはれ。わてがまた天秤棒を稼ぐさかい、あんたの仕事は藤吉のたずなを締めて寄席を繁盛させる事や。」と啄子。

「はい、心して頑張ります。」とてん。

 

2. あとがき&感想

 

栞のツテで文鳥師匠に会いに行きましたが、とても納得する理由で断られてしまいました。

確かにごもっともですね。

だって昔藤吉もてんに「笑いの色は何色か?」となぞなぞを出していましたよね。

藤吉本人も忘れてしまったのかな。

そして売上の計算をしているてんは10銭硬貨を18個並べていましたけど、そろばんは使わなくても計算できそうだなあ・・・。

たしか「10銭寄席」とか言ってましたから、一日の客が18人だったのか、悲しいですねえ。

藤吉は寄席に出てくれる芸人を捜しにどこかへ行ってしまったようですけど、リリコは出てくれないのかな。

 

あわせて読みたい関連記事

[わろてんか]11月14日第38話あらすじ

[わろてんか]11月15日第39話あらすじ

[わろてんか]11月17日第41話あらすじ

朝ドラ「わろてんか」あらすじ一覧はこちら!

 

3. 動画配信サービスを利用して[わろてんか]を無料で見る

 

前作の「ひよっこ」に引き続き好評の朝ドラ「わろてんか」。

でも、毎日欠かさず見るのって結構大変ですよね。

そこで、もしも見逃してしまったという方必見!

見逃した「わろてんか」の動画を無料で試聴できる配信サービスがあります。

 

それは、今多くの動画配信サービスがある中で、ランキングの高い

「U-NEXT」です。

ネットの環境があれば簡単に視聴できるサービスです。

 

まず配信本数が国内最大級の120,000本以上と、他の動画配信サービスに比べてコンテンツが充実していて魅力です。

最新作はもちろん、お店でなかなか見つからない古い作品なども多数配信されています。

そしてPCやスマホ、タブレットなどに動画をダウンロード出来るので、通勤途中や、寝室など、見たい時に見たい場所で楽しめるのがいいですね。

 

そして何より嬉しいのが、登録してから31日間は無料お試しが可能です。

この無料期間は結構大きいです。

 

U-NEXTは登録をすると600円分のポイントがもらえます。

「わろてんか」は新作なので、このポイントを使えば「わろてんか」5話分が無料で見る事が出来て、しかも「見放題」というアイコンがついた動画を無料で試聴できます。

 

U-NEXTで「わろてんか」を無料で視聴する方法の詳細はこちら

➭➭➭「わろてんか」見逃し動画を無料で見る方法

 

↓ ↓U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録する↓ ↓

U-NEXT

コメントを残す




CAPTCHA