[わろてんか]12月23日第72話あらすじ&見逃し動画を無料で見る方法!

10月2日(月)~はじまりました、NHK朝ドラ「わろてんか」

第12週、12月23日(土)第72話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

「わろてんか」タイトル

写真出典:http://www.nhk.or.jp/warotenka/index.html

スポンサーリンク


 

1. あらすじ 第12週「お笑い大阪 春の陣」第72話

★キャスト・登場人物はこちら→「わろてんか」キャスト

 

風太を先頭に、多くの芸人が風鳥亭を目指します。

寺ギンは、風鳥亭の経営を阻み、「わしがここ買い取ってやる。

この様子では、ひと月ももたんやろ。売るんやったら今やで。」と藤吉に言います。

風太と芸人たちが風鳥亭に到着すると、てんと藤吉、寺ギンが外へ出て来ます。

風太は、「頼んます。こいつらの事、ここで雇ってください。」と頭を下げます。

オチャラケ派の芸人150人全員が北村笑店に来たいと言います。

「お前ら何寝ぼけた事言うてんのや。」と寺ギンは叫びますが、

芸人たちの決意は固く、北村笑店に雇って欲しいと頭を下げます。

てんと藤吉は驚き、「お前らが積み上げてきた信頼や。」と風太。

寺ギンは借用書を出して、「この金をきっちり返すまで、お前らはわしのもんや。」と言います。

てんと藤吉は、「芸人は物ではない。家族だ。」というと、

「家族なら、こいつらの借金2千5百円、親のあんたが払うてくれるんか?」と寺ギン。

てんは、「よろしおす。その借金、北村笑店で肩代わりさせてもらいます。

芸人はみな拍手します。

うちに任しておくれやす。」と言います。

「気は確かか?こいつらの借金まで背負ったら、お前らも共倒れや。」と寺ギン。

そこへ喜楽亭文鳥師匠が現われて、「これはまつりでっか?

それとも、大阪春の陣でっか?」と言います。

てんは棚にしまっておいた壺を出すと、中には2千5百円が入っています。

てんが開業以来、何かのためにへそくりしていたと言います。

「でかした、てん!」と喜ぶ藤吉。

「ご寮さん、わしがカレーうどんをいただいたのが、6年前。

あんさんのお召し物、その時と同じ着物ですな。

寄席三軒のご寮さんが、そこまで始末なさってなあ。

この壺の銭もコツコツためはったんですな。

そんな大事な銭で、見ず知らずの芸人の借金肩代わりするなんて、

アホらしい、辞めときなはれ。」と文鳥師匠。

見ず知らずではない、芸人さんはみな家族だと思っていると言うてん。

文鳥師匠は、自分が好きな話に「貧乏花見」という、

貧乏人たちが長屋で肩寄せあいながら、面白おかしく生きるという話があるが、

ここにいたら、貧乏でもなんでも、毎日笑うて暮らせそうだと言います。

「伝統派の噺家一同53名、北村笑店でお世話になりたいんやけど。どないでっか。」と文鳥師匠。

「もちろんです。おおきに、ありがとうございます。」とてんと藤吉。

文鳥師匠も挨拶します。

「そんな、殺生な。」と寺ギン。

「あんたも昔の気持ちを思い出してみたらどないや。」と文鳥師匠は寺ギンに言います。

てんも寺ギンに一緒にやりましょうと言いますが、「どうにでもせえ。ええわ。

俺の持っているもん、全部譲ったるわ。」と寺ギン。

 

トキは風太にお礼を言います。

風太は「風の向くまま、気の向くまま。」と言って出て行こうとすると、

てんが風太を引き留めます。

そしててんは風太にお礼を言い、「風太、うちらから折り入ってお願いがあるんやけど、番頭として働いてくれへん?」とてん。

「えっ?!番頭?!」と風太は耳を疑います。

藤岡屋にいる時から、番頭に憧れていたという風太は涙ぐんで喜びます。

「風太、受けてくれるか?」と藤吉。

「藤吉、いや、席主、ご寮さん、よろしゅう頼みます。」と風太。

「こちらこそ、よろしゅうお願いします、番頭さん。」とてん。

 

寺ギンは僧侶に戻って、修行に出ます。

風鳥亭は200人以上の芸人を雇って、寄席の数も10カ所に増え、

演芸史上初の寄席のチェーン化に乗り出しました。

そして大阪一の繁華街、千日前に新たな小屋を開業します。

そして文鳥師匠と団吾師匠が口上を述べ、盛り上がります。

その様子をてんと藤吉が笑顔で見つめています。

 

2. あとがき&感想

 

寺ギンとの戦いが激しくなるのを心配しましたが、やはり雇われている芸人も

人を選びますね。

みな風鳥亭に来たいと言い出し、その思いを風太がうまくてんと藤吉につなげる事ができました。

そしてオチャラケ派の芸人だけでなく、伝統派の文鳥師匠までが、

風鳥亭の仲間になりたいと自ら言い出しました。

てんと藤吉が目指してきた寄席のカタチに、みなが信頼し賛同するのは、

家族のように思い、人を生かすというてんの思いが実ったんですね。

どんな事にも通用する大切な事ですね。

これでストーリーが終わったらめでたしめでたしと言うところですが、

まだまだ続くストーリー、この先どうなるのか想像もつきませんね。

 

あわせて読みたい関連記事

[わろてんか]12月21日第70話あらすじ

[わろてんか]12月22日第71話あらすじ

[わろてんか]12月25日第73話あらすじ

朝ドラ「わろてんか」あらすじ一覧はこちら!

 

3. 動画配信サービスを利用して[わろてんか]を無料で見る

 

前作の「ひよっこ」に引き続き好評の朝ドラ「わろてんか」。

でも、毎日欠かさず見るのって結構大変ですよね。

そこで、もしも見逃してしまったという方必見!

見逃した「わろてんか」の動画を無料で試聴できる配信サービスがあります。

 

それは、今多くの動画配信サービスがある中で、ランキングの高い

「U-NEXT」です。

ネットの環境があれば簡単に視聴できるサービスです。

 

まず配信本数が国内最大級の120,000本以上と、

他の動画配信サービスに比べてコンテンツが充実していて魅力です。

最新作はもちろん、お店でなかなか見つからない古い作品なども多数配信されています。

そしてPCやスマホ、タブレットなどに動画をダウンロード出来るので、

通勤途中や、寝室など、見たい時に見たい場所で楽しめるのがいいですね。

 

そして何より嬉しいのが、登録してから31日間は無料お試しが可能です。

この無料期間は結構大きいです。

 

U-NEXTは登録をすると600円分のポイントがもらえます。

「わろてんか」は新作なので、このポイントを使えば

「わろてんか」5話分が無料で見る事が出来て、

しかも「見放題」というアイコンがついた動画を無料で試聴できます。

 

U-NEXTで「わろてんか」を無料で視聴する方法の詳細はこちら

➭➭➭「わろてんか」見逃し動画を無料で見る方法

 

↓ ↓U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録する↓ ↓

U-NEXT

 

コメントを残す




CAPTCHA