「吹けよ、ミプン」第34話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

第33話でパク・シネは自分と娘ユジンを守るために、

キム・ミプンの母チュ・ヨンエを窮地に追いやろうと企み、

チュ・ヨンエとチョ・ダロが親しくしている写真を

マ・チョンジャに送り付けます。

では「吹けよ、ミプン」第34話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

吹けよ、ミプン イ・ジャンゴ役ソン・ホジュンとキム・ミプン役イム・ジヨン

写真出典:stylus


スポンサーリンク


<吹けよ、ミプン 第34話あらすじ>

吹けよ、ミプンキャスト登場人物相関図

写真出典:http://www.imbc.com/broad/tv/drama/mipoong/cast/

キャスト・登場人物はこちら→「吹けよ、ミプン」キャスト

 

破綻

チョ・ダロとチュ・ヨンエが親しくしている写真がマ・チョンジャに届きます。

その写真が、キム・ドクチョンの目にも入ります。

そしてキム・ドクチョンはチョ・ダロに、

「外でバカなことしてないで、家に戻って来なさい。」と言いますが、

「私はこれ以上この人とは一緒に暮らせません。

暴れてこんな騒動を起こす人とは住めません。」と言って

出て行くチョ・ダロ。

「どこに行くのよ。私を置いて逃げればそれでいいの?」と

チョ・ダロを引き留めるマ・チョンジャ。

吹けよ、ミプン第34話 離婚話になるチョ・ダロ

「近いうちに連絡する。裁判所で会おう。」とチョ・ダロ。

「裁判所?私の何が悪くて裁判所で会わなきゃいけないの。

私はあなたの子を産んで育てただけなのよ。」とマ・チョンジャ。

吹けよ、ミプン第34話 引き留めるマ・チョンジャ

「お前は俺の事を夫だと思っているのか?

人を付けさせて尾行して写真撮って。

俺が何をしたと言うのだ。」と怒鳴るチョ・ダロ。

「うちのチョンジャが浮気したとでも言うの?

ひざまついて謝るならまだしも、そんな事言って!」と

チョ・ダロが写っている写真を見せながら

チョン・クィオクも反論します。

チョ・ダロが家を出て行ってしまうと、

「どうしよう。」と泣き叫ぶマ・チョンジャ。

「ところで、この写真は誰が撮ったの?

本当にチョンジャが人に頼んで写真を撮ったの?」と

チョン・クィオク。

「本当に誰が撮ったんだろう・・・。」とマ・チョンジャ。

吹けよ、ミプン第34話 写真を見るマ・チョンジャ

マ・チョンジャはパク・シネの方を見ます。

パク・シネが人を遣って写真を隠し撮りさせて、

マ・チョンジャに送ったのです。

「お義母さんが病気だと誤解されていたから。

でも、私、余計な事をしたみたい。」とパク・シネ。

吹けよ、ミプン第34話 疑われるパク・シネ

「お前が気を回してくれなければ、

ずっと病気の事を誤解されていた。」と

パク・シネの味方になるマ・チョンジャ。

「お義母さん、この写真を持ってキム・ミプンの家に行って、

浮気しているって事実にしてしまったらどうですか。」とパク・シネ。

 

すぐにマ・チョンジャは友人たちに

「チョ・ダロがチュ・ヨンエと浮気した。」と話して写真を見せます。

 

チュ・ヨンエの家で

チュ・ヨンエの家には冷麺食堂の職員がやって来ます。

「社長が冷麺食堂に出入禁止になった。

キム・ドクチョン会長がカンカン

」と食堂の職員。

そこへマ・チョンジャが友人を連れて

チュ・ヨンエの家に押しかけて来て、暴れて家の中を荒らします。

吹けよ、ミプン第34話 家で暴れるマ・チョンジャ

タルレとイ・ナミは驚いて、「出て行かないか!」と叫びます。

ファン・クムシルは、

「チョンジャ、どうかしちゃったの?止めなさいよ。」と

マ・チョンジャたちを止めます。

するとチュ・ヨンエとチョ・ダロの一緒にいる写真を

みんなに見せるマ・チョンジャの友人。

ファン・クムシルの友人は、

「この女がチョンジャの夫を誘惑したのね。

そんな女の娘が嫁なの?」と驚きます。

「違います。」と否定するチュ・ヨンエ。

キム・ミプンが家に帰るとファン・クムシルは写真を投げつけ、

「他の誰でもない、友達の旦那で、お前の義妹の父親だ。

私はお前が嫁なのがイヤだ。本当にイヤだ。」とファン・クムシル。

そしてファン・クムシルはイ・ジャンゴに、

「ハヨンを断って、その良い頭で選んだ嫁が、

浮気女の娘だ。」と嫌味を言います。

 

唯一の理解者

「一つだけ聞くから正直に答えて。

社長の事好きだったの?」とキム・ミプン。

吹けよ、ミプン第34話 尋ねるキム・ミプン

 

「ミプン、何を言ってるの。

社長にとって職員は家族も同然なのに。」とチュ・ヨンエ。

吹けよ、ミプン第34話 答えるチュ・ヨンエ

「他の人が何て言おうと私は構わない。

私はお母さんの言葉だけを信じる。

お母さんがそうだと言っても、受け止めるから。

理解するから。たった一人のお母さんだから。」とキム・ミプン。

「ミプン、お母さんはそんなんじゃないの。」とチュ・ヨンエ。

「じゃ、あの写真は何?」とキム・ミプン。

「お前もあの写真見た?

お母さんの手がケガしたのは、社長の奥様が突き飛ばしたからなの。

手術して病院から出て来たら、悔しくて涙が出る。

あの時は誰でもいいから頼りたかった。

社長でなくても、きっと誰でも抱き着いて泣いたわ。

社長は、自分のせいでこんな事になって申し訳ないと、

妻の代わりに謝りたいと、それで抱き着いて泣いたのよ。」とチュ・ヨンエ。

吹けよ、ミプン第34話 事件当時の話をするチュ・ヨンエ

「ミプン、お母さんはお前でなければ、

ユソンでなければ、死にたい。

どうしてこんなに無残にも生きて行かなきゃいけないの。」とチュ・ヨンエ。

「お母さんが何の間違いもないのに、

どうして死にたいと言うの。」とキム・ミプン。

「どうしてみんな、あの女の話は聞いて、

私の言う事は聞いてくれないの?

私が貧しい脱北者だから?

夫がいないから?

とっても悔しい。」とチュ・ヨンエ。

「私が信じるから。」とチュ・ヨンエを抱きしめるキム・ミプン。

吹けよ、ミプン第34話 抱きしめるキム・ミプン

 

チュ・ヨンエを守るために

チョ・ダロがチュ・ヨンエの家の前に来ると、

キム・ミプンは、「家の母が社長のせいで今とても辛いんです。

社長のせいで母がもっと誤解を受けるんです。

悪いと思ったらここには来ないでください。」と言います。

チョ・ダロはマ・チョンジャに電話をして喫茶店に呼び出します。

「離婚しようったって、そうはさせないわ。」とマ・チョンジャ。

「お前今日チュさんの家に行ったって?」とチョ・ダロが尋ねると、

「あの女が、私の事家を壊したって言ってた?

人の旦那に手を出す女を黙っていないわ。」とマ・チョンジャ。

「チュさんがしたんじゃなくて、

俺が抱きしめたんだ。チュさんが可哀想で。」とチョ・ダロ。

「あんたが家に帰らなかったら、

私はこれからもあの女に家に行くわ。」とマ・チョンジャが脅迫するので、

結局チョ・ダロは家に帰ります。

 

キム・ミプンはファン・クムシルの元へ行き、

「うちの母は浮気なんかしていません。

今確認してきました。」と弁解しますが、

「それじゃ、抱き合ったり手を取り合ったりして、

あれは何なのよ。図々しいったら、あの母親にしてこの娘ね。

怖い母娘だ。うちのジャンゴと離婚して出て行って。」とファン・クムシル。

「ひどすぎます。一度信じてくれませんか?」と言って涙を流すキム・ミプン。


スポンサーリンク



味方

布団を被って泣いているキム・ミプン。

吹けよ、ミプン第34話 布団を被って泣くキム・ミプン

「ミプン、写真を見たけど、誰かが尾行していて

二人が一番接近したのを意図的に狙って撮ったみたいだ。」とイ・ジャンゴ。

吹けよ、ミプン第34話 慰めるイ・ジャンゴ

 

「あんな写真撮るなんて、悪い人だ。」とキム・ミプン。

「もう泣くの辞めろ。お義母さんだって大変なんだから、

俺らが力になってやらないと。」とイ・ジャンゴ。

「そうね。もう泣かない。お兄さんは私の話信じるでしょ?」とキム・ミプン。

吹けよ、ミプン第34話 尋ねるキム・ミプン

「当然だろ、100%信じる。」とイ・ジャンゴ。

「お母さんを苦しめた人たちをいつか復讐してやる。」とキム・ミプン。

「そうだ、そうしろ。俺はとにかくミプンの味方!」とイ・ジャンゴ。

 

追い出されるチュ・ヨンエ

「ここの母娘ともに問題ね。

だいたい実家で何を習ったんだか。

まあ、他人の旦那と会ってて、

娘に教える事はないわね。」とファン・クムシル。

吹けよ、ミプン第34話 嫌味を言うファン・クムシル

「あまりにも言っている事がひどすぎるわ。

よくもそんなデタラメ言えますね。」とチュ・ヨンエ。

吹けよ、ミプン第34話 呆れるチュ・ヨンエ

「ひどいのはそっちの方じゃないの。

私本当にお宅みたいな嫁恥ずかしくてイヤ。

嫁の顔を見ると、あんたの顔を思い出してムシズが走る。

それなのに、同じ屋根の下で暮らさなきゃいけない私の気持ち、

分かりますか?

ミプン、もうあんたの事嫌がるのも疲れたわ。

今からでもジャンゴと別れて離婚してちょうだい。」とファン・クムシル。

吹けよ、ミプン第34話 言いがかりをつけるファン・クムシル

「クムシル、止めないか!

ミプンが浮気したみたいな言い方じゃないか。

恥ずかしいじゃないか。」とタルレ。

吹けよ、ミプン第34話 反論するタルレ

「何の問題もない子供に離婚しろとは・・・。

それなら私が出て行きます。」とチュ・ヨンエ。

「あんたが出て行ったからって、

ミプンと親子の縁が切れる訳じゃないし。」とファン・クムシル。

「じゃ、どうすればいいですか。

私がミプンと親子の縁を切れば気が済みますか?」とチュ・ヨンエ。

「お母さん。」とキム・ミプン。

吹けよ、ミプン第34話 声を掛けるキム・ミプン

「あんたは黙っていなさい。そちらで望むならそうします。

だから何の罪も無いミプン、

かわいそうなミプンに辛く当たらないでください。」とチュ・ヨンエ。

「お母さん、私大丈夫。」とキム・ミプン。

「私が上手くやるから、ミプンは早く出勤しなさい。」とタルレとイ・ナミ。

「早いうちに引っ越しますから。

お望みの通りに目の前から消えますから。」とチュ・ヨンエ。

「それなら今まで何十回も引っ越し出来たわね。

口だけじゃなくて今回は本当に出て行ってちょうだい。」とファン・クムシル。

 

作戦実行

ユジンが大人たちの前で歌を歌いながら踊りを踊っています。

吹けよ、ミプン第34話 踊りを踊るユジン

楽しく聴いているパク・シネとチョ・ヒドン。

吹けよ、ミプン第34話 歌を聴くパク・シネ

 

「そうよ、ユジンのためにも、

今回は絶対に失敗出来ないわ。」と呟くパク・シネ。

無邪気に歌うユジン。

吹けよ、ミプン第34話 歌うユジン

 

パク・シネはわざとキム・ミプンの企画案を通して、新製品を作らせます。

そして新製品が発売される前日に、

ライバル会社で同じ商品が発売されるように罠を仕掛けます。

「今日の夜です。失敗しないように処理してください。」と電話をしているパク・シネ。

吹けよ、ミプン第34話 電話を掛けるパク・シネ

パク・シネの電話を受けた男性は、

キム・ミプンの事務所に入り机に何かを置いて行きます。

翌日、キム・ミプンは機密流出の件で内部告発を受けます。

監査チームがキム・ミプンの席を探すと、

イ・ジャンゴの目の前で、巨額の札束が発見されます。

吹けよ、ミプン第34話 キム・ミプンの机を調査する

写真出典:http://www.imbc.com

 

あとがき

この一連のゴタゴタの陰には、

ニセの孫の地位を守ろうとするパク・シネが背後にいるわけですね。

チュ・ヨンエとチョ・ダロが親しくなることで、

キム・ドクチョンの本当の親族が誰か明らかになるのを

パク・シネが恐れています。

それでチュ・ヨンエとチョ・ダロが浮気をしているという

でっち上げで、パク・シネに有利になるように企んでいます。

何と恐ろしいのでしょうか。

それだけでなく、キム・ミプンを追い出すために、

また会社で一騒動起きてしまいました。

キム・ミプンは今回は逃れる事が出来ない罪を着せられてしまったようです。

会社の防犯カメラに映像が残っていれば、

誰の仕業か明らかになると思いますが、

パク・シネなら、その位いくらでも操作できそうですね。

この難関をキム・ミプンは乗り越えられるのでしょうか。

第34話の視聴率は15.1%でした。では次回第35話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

「吹けよ、ミプン」第32話あらすじ

「吹けよ、ミプン」第33話あらすじ

「吹けよ、ミプン」第35話あらすじ

→「吹けよ、ミプン」あらすじ一覧はこちら

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」という

アイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年1月現在、「吹けよ、ミプン」の配信がスタートしています♪

そして第1話は無料で視聴可能です!

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩

U-NEXT


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA