[ヘチ]~王座への道~第24話(最終回)あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2019年2月11日〜4月30日

SBSで放送の月火ドラマ

「ヘチ」~王座への道~

第24話(最終回)のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

韓国ドラマ「ヘチ」~王座への道~ポスター

写真出典: https://programs.sbs.co.kr/drama/haechi

スポンサーリンク


韓国ドラマ「ヘチ」~王座への道~ 人物相関図

写真出典: https://programs.sbs.co.kr/drama/haechi

 

キャスト・登場人物はこちら→[ヘチ]~王座への道~キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

<[ヘチ]~王座への道~ 第24話(最終回)あらすじ>

 

亡くなったチョン・ユニョンをその場に置き、都城に逃げ戻ったミルプン君は、市場の鍛冶屋で小刀を盗み、宮殿に入ります。

チャドンは英祖に「急いで宮殿に戻らねばなりません。」と伝えると、英祖は司憲府での会議をすぐに終わらせて宮殿に戻ります。

宮殿では内禁衛長と兵士たちが「私が王だ。王座は私のものだ。」と叫ぶミルプン君を取り囲んでいます。

宮殿が非常事態となり、ヨジは仁元王后にミルプン君のことを報告し、大妃殿から外へは出ないようにと伝え、ヨジは急いでミルプン君がいる場に向かいます。

 

英祖が駆け付けると、ミルプン君は英祖に薄気味悪い笑みを見せます。

「俺がお前に会いに来たのだから、話を聞け。なぜみながお前の味方なのか、お前も手にすることができたのに、どうして俺が手にすることができないのか、分からない。」と叫ぶミルプン君。

「逃げることも出来たのに、なぜ自らの足で宮殿に来たのだ。」と英祖。

[ヘチ] ~王座への道~ 第24話 尋ねる英祖

「王は宮殿で死ぬものだ。」とミルプン君。

英祖は震えるミルプン君の手を見て、「怖いのだな。お前がもう少し早く分かれば・・・。たが遅い。あまりにも多くの悪事に手を染めた。その代価として死を選ぶしかない。」と言います。

そして英祖は内禁衛長に「この者を牢屋に連れて行け。」と命じます。

内禁衛長に連行されたミルプン君は、内禁衛長の剣を抜き取り、内禁衛長と隣の兵士を斬り、英祖に向かって行きます。

兵士は逃げ腰になりますが、そこへ英祖をかばおうとしたヨジが駆け付けます。

英祖はそんなヨジを抱きかかえ、ミルプン君に背を向けてヨジを守ります。

するとミルプン君は剣で自分の腹を刺し、自害します。

周囲は驚くと、「お前の手で死にたくない。そうさ、お前の勝ちだ。俺の負けだ・・・。」とミルプン君。

そしてミルプン君は、ユニョンの遺言である「先に逝ってあの世で中殿になって待っているから、王になって。」という言葉を思い出しながら、息を引き取ります。

[ヘチ] ~王座への道~ 第24話 息を引き取るミルプン君

 

イ・グァンジャは英祖に、イ・インジャとウィ・ビョンジュを処罰しなければいけないと言います。

インジャとビョンジュは処刑場に場所を移します。

ビョンジュはインジャに「お前のせいで、俺が殺される身になった。」と不満を言います。

「堂々と死ね。」と答えるインジャ。

[ヘチ] ~王座への道~ 第24話 不満を言うビョンジュ

そこへパク・ムンスが現れ、インジャとビョンジュを斬首の刑に処します。

スポンサーリンク


ミン・ジノンとチョ・テグは反乱軍の首謀者3人が死んだという知らせを聞き、虚しさが込み上げます。

そしてジノンはビョンジュについて、「言うことをよく聞き、飾りとして老論派に連れて来たのに、後悔しか残らない。」と言います。

 

タルムンはユニョンにきれいな絹の衣装を着せ、棺にはきれいな花を添えます。

ユニョンの棺を船に乗せ、「ポクタン、来世ではいい暮らしができる身分で生まれろ。安らかにな。」と涙を流して見送ります。

[ヘチ] ~王座への道~ 第24話 ユニョンを見送るタルムン

 

一人でたたずむ英祖にヨジは、「お辛いようなので、お慰めに来ました。」と言います。

「怖いのだ。またこのようなことが起こるのかと。その度に私が王になる資格があるのかと自分に問うだろう。」と英祖。

「そのことこそが君主である証しです。私が王様を信じてお慕いする理由も。」と目に涙を浮かべるヨジ。

英祖はヨジを抱き寄せて、ヨジの涙をぬぐいます。

[ヘチ] ~王座への道~ 第24話 涙をぬぐう英祖

 

翌日、英祖は司憲府に行き「吏曹正郎を廃止し、新たな司憲府を編成する。」と宣言します。

[ヘチ] ~王座への道~ 第24話 改革宣言する英祖

これに対して独裁だ、なぜ司憲府を揺り動かすのか、王とは言え勝手なマネは許さないと反対する司憲府。

意思を曲げない英祖。

 

老論派はジノンの元を訪ね、「王様が我々に戦争をけしかけている。ミン大監に助けてもらいたい。」と言います。

「今は民たちも王様の味方だし、反乱も王様が抑えた。その間そなたたちは何をしていたのだ。それに私のことをも必要ないと言ったではないか。私ももう休みたい。荷物をまとめるから、手伝うか、帰るか。」と答えるジノン。

これに無言の老論派たち。

 

司憲府の法を新たに作ると言う英祖。

これにユン・ヒョクは司憲府の監察たちを集め、「我々も王様のために力を尽くそう。」と言います。

 

便殿で常参(宮中議会)を始めた英祖は、吏曹正郎について話し合います。

すると司憲府長は「吏曹正郎を作ったのは不正腐敗を正すためなのに、なぜ廃止するのですか。」と発言します。

英祖は「それで不正腐敗が正せたのか。だからそれを正すために新たな法を作ろうと言うことだ。」と答えます。

[ヘチ] ~王座への道~ 第24話 話し合う英祖

英祖は常参の途中で「いったん昼食の休憩を取ろう。」と言う英祖に、笑顔で「そうしましょう。」とグァンジャが答えます。

英祖がグァンジャに大丈夫か聞くと、「王様こそ大丈夫ですか?」と尋ねるグァンジャ。

英祖はわざと常参、朝参、朝講義、書講、夕講などを次々に開き、臣下たちは疲れ果てます。

 

そして英祖は外に出て民たちの生の声を聞き、悩みを知りたいと言います。

これに臣下たちは反対し、グァンジャも「王様が外へ出て民たちと接することは簡単なことではありません。」と言いますが、「賤民の血が流れる私以外に、このことができる国王はいない。」と外へ出る英祖。

王様を見て驚く民たち。

英祖は朝早くから夜遅くまで、民たち一人一人に耳を傾け、悩みや苦労を尋ねます。

[ヘチ] ~王座への道~ 第24話 民と対話する英祖

ある民は「税の負担を減らしてほしい。」と訴えると、「民あっての国だ。」と同感する英祖。

そして英祖は土地の所有者には税金を上げ、小作人である民たちには税の負担を軽減します。

税の負担が上がった臣下や両班たちは「民たちの肩を持つのは間違いだ。」と英祖に反対します。

 

仁元王后は大妃殿で仕えているヨジを、英祖がいる大殿で仕えるようにと人事します。

スポンサーリンク


タルムンは長年の宿願だった司憲府の改革を英祖がやると聞いて喜び、改革に期待を抱きます。

そして英祖が町に出ていると聞き、「やはり王様らしい。巷の王は私なのに、私の縄張りまで奪われる。」と笑みをこぼします。

ムンスとアボン、ケドルは暗行御史の職責を与えられます。

そして全国の不正腐敗を犯す者たちに刑罰を与えるために、王牌を持って浮かれるムンス。

[ヘチ] ~王座への道~ 第24話 暗行御史になるムンス

 

1年後。

英祖は責任はすべて果たしたからと自分のそばを離れたジノンの工房を訪ねます。

「なぜ私の言葉に背くのか。」と英祖。

ジノンは山の工房で一人、絵を描いたり瓶を作ったりしています。

「私は今、こうしているのが楽です。王様の隣にはもっと若くて有能な人材がいますから。いつか私が”ヘチ”について言及したことがあります。現実的には善悪を審判するのは不可能だと。いくら夢を見たとしても権力を手放すことは死ぬことと同じだと。実際政治というものは不可能なことを信じて実行するのだが。王様も失望する時が来るでしょう。ただその日がゆっくり来ることを望みます。王様は一人ではないから、きっと成すことができます。」と真心で忠告し、宮殿には戻らないと言うジノン。

[ヘチ] ~王座への道~ 第24話 政治から離れるジノン

ジノンは英祖に深々と礼をし、英祖は腰を低く挨拶をして別れます。

 

英祖は桜の花を見上げていると、ヨジが「お辛くないですか。」と慰めます。

「それが私の宿命だと言ってくれ。」と英祖は言い、ヨジの手を握ります。

[ヘチ] ~王座への道~ 第24話 手を握る英祖

「こんなところで、いけません。」とヨジが言うと、「どうしてだ。誰も見ていないではないか。」と英祖。

するとチャドンが「王様、見境なくそんなことを・・・。すみません。」と口をはさみます。

「ほら、言ったではないですか。」とヨジ。

英祖とヨジは桜の木の下に下りて行くと、「木の橋が渡りにくくて民たちが危ないから、直さなければ。」と英祖。

ところがその橋の下にも賤民たちが住んでいて、修理をするのも危険な状態。

そのため英祖はわざわざ橋の下に下りて行って賤民たちに意見を聞きます。

その様子を見て微笑ましいヨジ。

そしてヨジを見つめて笑顔を浮かべる英祖。

[ヘチ] ~王座への道~ 第24話 微笑む英祖

写真出典:https://programs.sbs.co.kr/drama/haechi

スポンサーリンク


あとがき

 

司憲府の長年の不正を改革して、より良い民の生活のために、活躍した英祖。

何といっても英祖は仲間に恵まれて、支えられたおかげで、歴史に残る業績を残したのでしょう。

賤民の血筋だと言われて、蔑まされていた英祖が、その血筋ゆえに民たちの境遇が良く理解できて、支持を受ける君主となったのですね。

ジノンは山にこもって気楽な隠居生活をしていましたが、政治の厳しさを誰よりも知っていて、英祖にもその厳しさを伝えつつ、英祖を応援しているところが、また政治家の厳しさを物語っていますね。

ヨジは宮女になって英祖を支えつつ、その後きっと側室になったのではないかと思いますが、ヨジから英祖に想いを伝える場面がとても印象的でした。

韓国第47話の視聴率は7.1%

第48話の視聴率は7.4%でした。

 

あわせて読みたい関連記事

 

[ヘチ]第22話

[ヘチ]第23話

[ヘチ]あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、インターネットを接続する環境が整っていれば、レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」というアイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2020年3月時点で「ヘチ」は配信されていません。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA