朝ドラ「ひよっこ」6月7日第10週第57話あらすじ見逃し!ネタバレ&感想あり

4月3日(月)~はじまりました、NHK朝ドラ「ひよっこ」

第10週、6月7日(水)第57話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

朝ドラ「ひよっこ」第1週第1話

写真出典:twitter.com/nhk_hiyokko

スポンサーリンク


あらすじ 第10週「谷田部みね子ワン、入ります」第57話

★キャスト・登場人物はこちら→「ひよっこ」キャスト

 

すずふり亭の厨房では、「何?ウチで働くことになったの?」と省吾。

「そうなんですよ。たった今。私、頑張ります。よろしくお願いします。嬉しいです。頑張ります。頑張りますはもう言ったか・・・えっと、頑張ります。」とみね子。

「そうか、よろしくな。」と省吾。

「ホールやるの?」と秀俊。

「そうなんです、ホール。カッコいいですよね。ホール。」とみね子が言うと、「やったー。嬉しい。」と秀俊。

「そんなに喜んでいただけるなんて、まいったな。」とみね子。

「えっ?!いや、そうじゃなくて、俺忙しい時調理場とホールと兼任だから、誰でもいいから人が入ってくれたら調理場にずっといれるから、ホント誰でもいいからホールに入って欲しかったんだ。嬉しい。」と秀俊。

「誰でもいいから?」とみね子。

「うん、頑張って。いつから?」と秀俊。

「えっとー、それはまだこれから。私はいまからでも。」とみね子。

その陰で鈴子と省吾がコソコソとジェスチャーをしています。

「髙ちゃんのOK出たん?」と元治。

「何ですか?!それ。」とみね子。

「えっ、まだなの?」と秀俊。

「そこが問題なのよ。」と鈴子。

そこへ高子がやって来て、「すみません、美容室混んじゃってて、どうかな?これ流行りらしいんだけど。ヘン?そんなに?」と高子。

鈴子は「ちょっと外へ行こう行こう。」と慌ててみね子を庭に連れて行きます。

 

「落ち着いて、聞いてね。一つ言い忘れた事があるの。うちの店のホールには、最終面接って言うのがあるのね。」と鈴子。

「あ~最終面接ですか。って事はまだ採用って事ではないですよね。」とみね子。

「そうなのよ、ごめんねごめん。」と鈴子。

「それで、どんな?」とみね子。

「高ちゃんの面接・・・。」と鈴子が言うと、「はい?!」とみね子。

「つまりね・・・うちのホールに入るには・・・一番髙ちゃんと一緒にいるわけでしょ?同じ仕事をするわけじゃない。だからね、私が勝手に決める訳にはいかないわけ。一番一緒にいて一緒に働く人間が、どう思うかって事がね、大事だからね。」と鈴子。

「なるほど~。でも私、高子さんとは上手くやっていけるっつうか、なんか自信があるっつうか。」とみね子。

「あんたに自信があってもねえ。そもそもそういう事じゃないのよね。」と呟く鈴子。

「つまりね、髙ちゃんはウチでは看板娘なわけ。しかも嫁入り前なんだあの娘は。だから、看板娘の座を奪われたくないわけ。要するに自分よりいい女がホールにいるのを認められない訳。分かる?」と鈴子。

「という事は、最終面接は・・・。」とみね子。

「自分よりいい女だと思ったら、採用はなし。」と鈴子。

「えっ?!」とみね子。

 

「お父さん、何ですか?その条件は。しかも今私はどういう顔をしたらいいんでしょうか?その条件を聞いて、”それなら私ダメですね~”という顔も出来ないし、”それなら私大丈夫ですね~”という顔も、女性としてはやはりなかなかできないし、顔が動かせません。」と呟くみね子。

 

店の外ではガラスを磨いている高子は、通りがかりの人に「今日もキレイだね~。」と声を掛けられて、「何も出ないよ~。」と笑顔の高子。

 

厨房では、「厳しいですかね、彼女。」と秀俊。

「どうだろうな~。」と省吾。

「何年もの間、合格者出てないからな~。」と元治。

「数々の美人が、通り過ぎて行ったもんな~。」と省吾。

「ですよね~。」と元治。

 

過去に高子が面接をして、みな不採用だった場面を回想している厨房の省吾と元治。

 

庭では、「ごめんね~、最初はね、ホントにあなたが、あなたがって言うのは高ちゃんの事ね。あなたが働くんだから、あなたがいい人と思う人にしなさいって、だから私はあなたに一任するよってね。そういうのって、アレでしょ。経営者としては潔いでしょ?筋が一本通っている事でしょ?そうだよね。それがね、何だかいつの間にかこんなことになっちまってね。でもま、あの子も長いし、職場で女同士の戦いっていやでしょ。私良く分からないのよね、女同士の戦いっていうのかしら、そういうのあんまりなくてね。子供の時から私、可愛くってね。このあたりの町内で人気だったのよ。」と鈴子。

 

「お父さん、何だか話が違う方へいっているような気がします。この話、必要でしょうか。」と呟くみね子。

 

「話それちゃったね。ごめんごめん。とにかく、頑張って。」と鈴子。

「あの、何をどう頑張ればいいんでしょうか。」とみね子。

「分かんない。」と鈴子。

スポンサーリンク


庭から厨房に入ると、「頑張れ、みね子ちゃん。」と省吾。

「やれるだけの事は、やってみます。」とみね子。

「大丈夫なんじゃねえの?」と元治。

「頑張ってくれ、みね子ちゃん。」と秀俊。

そこへ高子が入って来ます。

「高ちゃん、みね子ちゃんをね、ホール係で雇おうかなって思ってるんだけどね。」と鈴子が言うと、「よろしくお願いします。」とみね子。

「ほお~、へえ~。」と言って手招きする高子。

高子とみね子は椅子に座ります。

「ここで、働きたいんだ。」と高子。

「ふう~ん。」と高子。

緊張感が漂う中、厨房ではみな覗き見しています。

すると、「あのね、あんみつ食べる?」と高子。

「へっ?!」とみね子。

「高ちゃん、それって・・・。」と鈴子は笑いながら厨房から出て来てます。

「あんみつ食べるって事は、ひょっとして、採用だなあ。」と厨房の三人。

「”あんみつ食べる”は採用?!」とみね子。

高子がうなずき、「そういう事ね。」と鈴子。

「やった!」とみね子。

「秀、あんみつ頼んで来て~。」と高子。

「みね子ちゃんすごいな~、大したもんだ。」と省吾。

「いざとなったら鈴子命令で採用しようかと思っていたんだけどね。」と鈴子。

「先に言ってくださいよ~。」とみね子。

「あんみつ、頼んできました。」と秀俊。

「えっと、ちなみに、合格に決め手はどういったとこだったんでしょうか。」とみね子。

「聞く?お前、それ。」と元治。

「あのさ、そういう噂があるのは知ってたけどさ。みんなは自分よりいい女は落としてるって本気で思ってたの?」と怒る高子。

「違うの~?」と鈴子。

「何ですか鈴子さんまで。」と高子。

「俺はそういう風に思ってなかったけどね。」と省吾。

「え~?!何よ自分ばっかり。」と鈴子。

「そんな訳ないでしょ。純粋に、自分と一緒に働きたい人を探してただけ。」と高子。

「先に言ってくださいよ~。」と力を落とすみね子。

 

あとがき&感想

みね子にとって長い一日でしたね。コントに始まり、最終面接まで。

でも、高子に気に入られたのか、みね子は無事採用が決まりました。

これでやっと気が楽になりましたね。

こんな素敵なレストランで仕事出来るなんて、本当にうらやましいです。

もしかしたら目標にしていたビーフシチューもすぐに食べられるかも?!

何て、厨房で味見してちゃ、ダメですよね(笑)

これからみね子の新しい出発、楽しみです。

 

あわせて読みたい関連記事

朝ドラ「ひよっこ」第10週第55話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」第10週第56話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」6月8日第10週第58話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」あらすじネタバレ!第5週~8週

朝ドラ「ひよっこ」あらすじネタバレ!第9週&10週

 

ドラマを見逃してしまった方

U-NEXTの登録時にもらえる600ポイントで

朝ドラ「ひよっこ」5話分と見放題作品が31日間無料!!

↓↓オススメです。↓↓
U-NEXT

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA