[耳打ち~愛の言葉~]第4話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

第3話でイ・ドンジュンをクラブに呼び出すカン・ジョンイル。

イ・ドンジュンを罠に陥れます。

では「耳打ち~愛の言葉~」第4話のあらすじを紹介します。

※ネタバレを含みますので注意!

韓国ドラマ「耳打ち~愛の言葉~」ポスター

出典:http://www.kbs.co.kr/drama/chodro/


スポンサーリンク


<「耳打ち~愛の言葉~」 第4話あらすじ>

写真出典:http://program.sbs.co.kr

キャスト・登場人物はこちら→「耳打ち~愛の言葉~」キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

罠にはめる

イ・ドンジュンを高級クラブに呼び出したカン・ジョンイル。

「釣り場であったこと。スヨンを探っている影を

解決してくれて感謝する。」とカン・ジョンイル。

そしてカン・ジョンイルは、

「俺はスヨンと一緒にシャワーして、服を着替えて、

今日はホテルからスヨンと一緒に出て来た。」と話します。

薬に酔ってふらつくイ・ドンジュン。

ペク・サングがイ・ドンジュンのお酒に薬を入れていたのです。

意識がもうろうとしているイ・ドンジュンに、

「興奮するな。興奮すると薬の効きが早くなる。

10分後に麻薬捜査班刑事が来る。

記者たちも来る。全てを諦めて、気楽に生きろ。

お前を助ける者は誰ひとりいない。」とカン・ジョンイル。

 

その頃、チェ・スヨンはカン・ジョンイルを

手放すことができずに、

父チェ・イルファンに訴えます。

チェ・イルファンは「ジョンイルが欲しいのは、

お前ではなく太白なのだ。」と言います。

チェ・スヨンは父に、「お父さんは、

同じように母親一家の人脈を見て母に接近したじゃないですか。」と言います。

チェ・イルファンは娘に膝をついて、

「カン・ユテクの息子だけはダメだ。お願いだ。」と頼みます。

するとチェ・スヨンも、

「私もお願いしたじゃないですか。

ジョンイル兄さんの手を汚した血を消して欲しいと。」と言います。

 

数か月前にさかのぼり、二人の仲を反対したチェ・イルファンは

カン・ジョンイルを脅迫します。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」4話 数か月前のチェ・スヨン

そしてチェ・イルファンはカン・ジョンイルに、

「スヨンが結婚式の時、司会をして欲しい。」と残酷に言います。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」4話 脅迫するチェ・イルファン

写真出典:tenasia.hankyung.com

 

チェ・イルファンはチェ・スヨンに

「私と約束したではないか。」と言いますが、

チェス・ヨンは「先にジョンイル兄さんと

一生一緒になると約束したんです。」と言います。

 

クラブでは、カン・ジョンイルが去った後、

イ・ドンジュンを助けるためにシン・ヨンジュが駆けつけます。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」4話 駆けつけるシン・ヨンジュ

「今麻薬捜査班と記者たちが駆け付けるだろう。」と言って、

イ・ドンジュンが薬を飲んだと言うペク・サング。

話しを聞いてシン・ヨンジュはペク・サングを倒して

ペク・サングが持っていた薬をの口に入れて無理やり飲ませます。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」4話 ペク・サングを倒すシン・ヨンジュ

写真出典:http://www.newsen.com

 

ペク・サングの部下が部屋に入ってくると、

「サングがでたらめを言うから、薬を飲ませた。

もし麻薬現行犯で捕まるなら、サングの人生も終わりよ。

正面を締めて裏門を開けて。」とシン・ヨンジュ。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」4話 ペク・サングの部下が入ってくる

そしてシン・ヨンジュは薬に酔って意識がハッキリしない

イ・ドンジュンを、シン・ヨンジュの高校の同級生だった

チョ・ヨンファが勤務する病院に連れて行きます。

運良く、医者チョ・ヨンファの治療のお陰で目が覚めるイ・ドンジュン。

そのイ・ドンジュンに、妻チェ・スヨンとカン・ジョンイルが

ホテルで一緒にいる写真を見せながら、

「カン・ジョンイルはこのホテルを3年間、

長期で借りている。少なくともチェ・スヨンとは3年間交際している。」と

二人が内縁関係であることを伝えるシン・ヨンジュ。

そしてシン・ヨンジュは、自分と手を結ぶのか、

それともチェ・スヨンとカン・ジョンイルにやられるのか、

選ぶようにとイ・ドンジュンに言います。

イ・ドンジュンはシン・ヨンジュと手を組むことを決めます。

イ・ドンジュンはノ・ギヨンに電話をして、

「シン・ヨンジュの件は伏せろ。ヤツと手を組む。」と伝えます。

 

偽夫婦

次の日の朝、帰宅するイ・ドンジュンを見て、

あっけにとられるチェ・スヨン。

イ・ドンジュンはチェ・スヨンに、

「外泊してすまない。」と謝ります。

チェ・スヨンは驚いて、「アメリカではジョンイル兄さんと

1年一緒に暮らしていたし、韓国では3年間、

一週間に1、2度は夜を共にしたわ。」と言います。

イ・ドンジュンはその言葉にも動揺せず、

「俺にも思い出はある。」と言います。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」4話 チェ・スヨンと話すイ・ドンジュン

写真出典:http://ilyo.co.kr

 

部屋に入ったイ・ドンジュンは上着を着替えていると、

「下着はバスルームで着替えるんじゃなかったの?」とチェ・スヨン。

「カン・ジョンイルチーム長と送った夜よりも十倍、

いや、もっと多くの時間を送る事になるだろう。

俺の髪が白くなって体が老いて行く姿を見ながら、

お前も年を取るだろう。」とイ・ドンジュンは警告します。

「もう諦めて。」と言うチェ・スヨンに、

「俺は全てを捨ててここに来た。

これ以上諦めるモノは何もない。」とイ・ドンジュン。

 

太白で

そして何事もなかったように出勤するイ・ドンジュンとシン・ヨンジュ。

会社のエレベーターで、カン・ジョンイルは

ばったり会ったイ・ドンジュンに、

「今日はスヨンの帰りが遅くなるでしょう。

私との約束があって。」と言います。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」4話 エレベーターで会うイ・ドンジュン

写真出典:http://www.tvreport.co.kr

 

イ・ドンジュンは「12時前に返してくれ。

義母の小言がうるさくて。」と答えます。

「プライドがあるかと思ったが。」と嫌味を言うカン・ジョンイル。

「自分でも気づいている途中です。

私に何があり、何がないか。」とイ・ドンジュン。

イ・ドンジュンはカン・ジョンイルとは対立し、

カン・ジョンイルの前でわざとチェ・スヨンに意図的に甘く接します。

そして会議では、カン・ジョンイルに、

「昨日の薬のお陰で今日はコンディションがいい。

今度お礼をしたいから、時間を空けてくれ。」とイ・ドンジュン。


スポンサーリンク



ペク・サングの裁判で

イ・ドンジュンはカン・ジョンイルと

オーストラリアファンドの国内取引の場へ行く事にします。

けれどもイ・ドンジュンはカン・ジョンイルを騙して、

その場に姿を現さず、自分の代わりにチェ・イルファンを送ります。

そしてイ・ドンジュンはペク・サングの裁判に現れます。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」4話 裁判所に現れるイ・ドンジュン

イ・ドンジュンはペク・サングの弁護を担当する事にしました。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」4話 裁判を受けるペク・サング

写真出典:http://www.xportsnews.com

 

これに驚く太白の職員たち。

元々カン・ジョンイルは釣り場での事件の真相を

すべて知っているペク・サングの弁護士に

チョ・ギョンホを立てて、勝訴を確信していたのでした。

 

イ・ドンジュンは、「ペク・サングは現在麻薬類違反の疑いで

執行しています。今回の暴行さえ認められれば

懲役が避けられないでしょう。

被告の無罪を信じる気持ちで証人申請受け入れます。」と

ペク・サングが不利な状況を作ります。

結局、ペク・サングは「私に望む事は何だ?」と尋ねると、

イ・ドンジュンは「キム・ソンシク記事が殺害されたその日の夜、

釣り場で何が起こったのか知りたい。」と圧力をかけます。

 

騙されたカン・ジョンイル

オーストラリアファンドの国内取引の場には

イ・ドンジュンの代わりにチェ・イルファンが現れます。

そしてチェ・イルファンは、

オーストラリアの弁護士パートナーに

「M&Aチーム長は、イ・ドンジュンが引き受けるだろう。

カン・ジョンイルチーム長は、法的に解決することがあるから、

非常に長い時間太白を離れるだろろう。」と言います。

チェ・イルファンはカン・ジョンイルを刑事処罰することを明らかにします。

 

娘チェ・スヨンがまだカン・ジョンイルとの

関係を切れない事に、気付いているチェ・イルファンは、

カン・ジョンイルをチーム長の座から下ろしたのです。

そしてチェ・イルファンはチェ・スヨンに、

「カン・ジョンイルを牢屋へ送るつもりだ。」と告げます。

チェ・スヨンはチェ・イルファンに

「自首します。もし私を外国へ追い出したら、

大使館へ行って自首します。10年はお祖父さんのお墓に

行けないわね。」と言います。

チェ・スヨンはペク・サングにキム・ソンシク記者が

入手した防弾ベストの不正資料を奪うように指示し、

ペク・サングはキム・ソンシク記者を消したのでした。

 

お互い仕事を終えて事務所の駐車場に到着して、

目と目でいがみ合うイ・ドンジュンとカン・ジョンイル。

ペク・サングと連絡が取れないと不安がるチェ・スヨンを

そっと抱き寄せて、「何かあったら、一人で責任を抱えるな。

俺に任せろ。」とカン・ジョンイル。

そしてチェ・スヨンは、

「カン・ジョンイルを守るために自首する。」と

チェ・イルファンを脅迫します。

チェ・イルファンは娘に脅迫されて、

M&Aのチーム長を再びカン・ジョンイルに戻す事にします。

 

捕まるシン・ヨンジュ

カン・ジョンイルはチェ・スヨンとホテルで会うと知ったシン・ヨンジュ。

シン・ヨンジュはカン・ジョンイルの弱点を掴むため、

カン・ジョンイルの事務所に侵入し、

財布からホテルのカードを抜き、コピーします。

そして夜ホテルに向かいます。

 

電話を受けたカン・ジョンイルはチョ・ギョンホから

シン・ヨンジュが実はチョ・ヨンファではない事、

そしてシン・チャンホの娘である事を知ります。

そしてその夜、カン・ジョンイルはスヨンと会う約束をしていた

ホテルでシン・ヨンジュを捕まえます。

カン・ジョンイルはイ・ドンジュンの動画をよこせと

シン・ヨンジュに脅迫します。

シン・ヨンジュはパク・ヒョンスに電話をして、

動画のある場所を知らせるフリをして、マイクロチップを

消去して欲しいと頼みます。

けれども中身が気になるパク・ヒョンスは

イ・ドンジュンとの動画を見てしまい、衝撃を受けますが、

シン・ドンジュの頼み通り、電子レンジで溶かしてしまいます。

 

イ・ドンジュンはパク・ヒョンスから聞き、

チェ・スヨンとカン・ジョンイルがした事と同じようにやり返します。

イ・ドンジュンはカン・ジョンイルに電話をし、

チェ・スヨンが薬服用の容疑で逮捕されるだろうと脅迫します。

実は、イ・ドンジュンはチェ・スヨンのお茶に微量の薬を入れて、

毎日飲ませていたのです。

カン・ジョンイルの恋人であるチェ・スヨンを助ける替わりに、

自分の秘書シン・ヨンジュを放せと言います。

韓国ドラマ「耳打ち(ささやき)」4話 電話するイ・ドンジュン

写真出典:http://pop.heraldcorp.com

 

そしてイ・ドンジュンは隣にいるチェ・スヨンに、

「助けてくれと言うか、そうでなければ別れの挨拶をしろ。」と

くぎを刺す一言を言い、カン・ジョンイルと電話を替わります。

 

あとがき

 

イ・ボヨン演じる主人公シン・ヨンジュが

父の濡れ衣を晴らすために復讐する内容。

この主人公にどうも同情する気持ちが沸かないと

前回書きましたが、やはり韓国でもこのドラマに対する

好き嫌いが分かれているようです。

とはいえ、シン・ヨンジュの前職が刑事という役なので、

結婚&出産という3年のブランクを感じさせない

イ・ボヨンの演技がとてもかっこよく映し出されています。

今回もペク・サングを倒して薬を飲ませてしまいます。

どんだけ強ければ、そんな事できちゃうんでしょうね~。

カリスマがあってアクションがカッコいいシン・ヨンジュ。

これからの活躍にますます期待します。

第4話の視聴率は15.0%でした。

では次回第5話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

 

「耳打ち~愛の言葉~」第2話あらすじ

「耳打ち~愛の言葉~」第3話あらすじ

「耳打ち~愛の言葉~」第5話あらすじ

「耳打ち~愛の言葉~」あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」という

アイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年6月時点で「耳打ち~愛の言葉~」は配信されていません。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

 


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA