[オクニョ]獄中花(オクチュンファ)第35話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

第34話ではオンニョの出生の秘密に迫りますが、

決定的な事実が分かりませんでした。

またチン・スミョンを典獄署から出したチ・チョンドゥクが、

無実の罪で連行されてしまいます。

では「オクニョ」(獄中花・옥중화)第35話のあらすじを紹介します。

※なおこの記事内では、タイトルであり主人公の名前である「オクニョ」を

韓国語読みの「オンニョ」と表記して紹介しています。

※ネタバレを含みますので注意!

獄中花 オンニョ役チン・セヨンとユン・テウォン役コ・ス

出典:http://entertain.naver.com/read?oid=311&aid=0000654398


スポンサーリンク


<「オクニョ」獄中花 第35話あらすじ>

出典http://daejanggeum.xii.jp/okjunghwa_chart

キャスト・登場人物はこちら→「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

捕まるチ・チョンドゥク

オンニョはチ・チョンドゥクが捕盗庁に捕まったという

知らせを聞き、駆けつけます。

けれどもチ・チョンドゥクに会わせてもらえないオンニョ。

チ・チョンドゥクはチョン・ナンジョン商団の人間を

消した罪の嫌疑を掛けられています。

その上チ・チョンドゥクが刀でチン・スミョンを

切りつけたという目撃証言まで出たのです。

オンニョはチョンドゥンに、チョン・ナンジョンと

ミン・ドンジュの当時の動向を調べさせます。

 

ユ・ジョンフェはチョン・デシクに、

「もっと問題なのは、どうして典獄署に入れられているはずの人間が、

外でやられたかという事です。

もし、そなたがチン・スミョンを外に出したと知られたら、

そなたのクビが危ない。」と告げます。

チョン・デシクは、ユ・ジョンフェに、

「何とか逃れる方法はないだろうか。」と尋ねます。

オンニョは自分の部下から、やられたのはチョン・ナンジョン商団の資金を

管理する者だと聞きます。

 

調査するユン・テウォン

ユン・テウォンはコン・ジェミョンから

「中小商団をまとめていたのは、オンニョだと分かった。」と聞きます。

平市署の執務室で、その言葉を思い出しているユン・テウォン。

部下が執務室に入って来て、オンニョが商団をまとめているのは確かで、

商団の届け出を平市署に提出していないのは、

法に違反するのではないかとユン・テウォンに報告します。

けれどもユン・テウォンは部下に、もう少し様子を見るようにと指示します。

 

ミン・ドンジュの計略

チン・スミョンが亡くなり、捜査が商団にまで及ぶのではないかと

心配しているチョン・マッケ。

「あまり心配しないでください。

計画通り進んでいるではないですか。」とミン・ドンジュ。

「本当にあそこまでやらなくてはいけないのか、

気持ちが重い。」とチョン・マッケ。

獄中花(オクチュンファ)第35話 気が重いチョン・マッケ

「それはどんな意味ですか?」とミン・ドンジュ。

「ナンジョンに秘密でチン・スミョンの事をそなたがやったのは、私は不安だ。

そなたの欲心のために困っている。」とチョン・マッケ。

「いつまでもナンジョン奥様の後始末をして

暮らすわけにはいかないではないですか。

嫌な仕事はみなあなたと私が引き受けて、

手元に残るモノは何一つないではないですか。

これからは自分の事は自分で整えようとするのに、

それがいけない事ですか?」とミン・ドンジュ。

獄中花(オクチュンファ)第35話 本音を打ち明けるミン・ドンジュ

「もしこの事をナンジョンが知ったらどうするんだ。」とチョン・マッケ。

「もう恐れるのはやめてください。私たちの計画通り収集出来れば、

問題なく解決出来ます。」とミン・ドンジュ。

チョン・マッケは部下に、

「チン・スミョンとの関係を証明する物は全て処分するように。」と指示をします。

 

髪飾りの持ち主

文定王后から呼び出されて訪ねるオンニョ。

「私が指示した事は分かったか?

典獄署で出てきた髪飾りの事だ。」と文定王后。

すぐに母親の形見と同じ髪飾りだと分かったオンニョは、知らぬふりをして、

「典獄署で髪飾りを発見したのは茶母でした。

けれども典獄署の執務室を整理していて発見されただけで、

誰の物かは分からないとの事でした。申し訳ございません。」とオンニョ。

獄中花(オクチュンファ)第35話 報告するオンニョ

「大妃ママ、お言葉ですが、どうしてその髪飾りがお気にかかるのか、

伺ってもいいですか?その事情を知れば調べるにも助けになるかと。」とオンニョ。

獄中花(オクチュンファ)第35話 ため息をつく文定王后

「その髪飾りは中宗大王が承恩を与えた

内人(侍女が王の寵愛を受けて寝所にはべる)に下賜された

証票(しるし)だ。」と文定王后。

「えっ?!」と驚くオンニョ。

「どうしてそんなに驚くのだ?」と文定王后。

「いいえ。」とオンニョ。

「その証票がどうして典獄署から出て来たのか、理解が出来ないのだ。

それでそなたに調べて欲しいと頼んだのだ。

待っているから、もう少し調べてみるように。」と文定王后。

獄中花(オクチュンファ)第35話 頼み事を聞くオンニョ

 

真っ向対決を宣言する

文定王后との話を終えて外に出たオンニョに、「大妃様とはどんな話をしたのか?」と

チョン・ナンジョン。

無言のオンニョに、「話さないか!」とチョン・ナンジョン。

獄中花(オクチュンファ)第35話 追及するチョン・ナンジョン

「どうしてですか?奥様が私を消そうとしたと話したと思って怖いですか?

心配はいりません。

大妃様の助けがなくとも奥様が犯した今までの悪行は、

私の力で復讐しますから。」とオンニョ。

獄中花(オクチュンファ)第35話 立ち向かうオンニョ

「何だと?!」とチョン・ナンジョン。

「いくら私に圧力をかけても、そんな事は気にしません。

そうすればするほど私は強くなりますから。

奥様の裏金を管理している者が亡くなって、大変ですね。」とオンニョ。

「お前、何を言っているんだ?」とチョン・ナンジョン。

「ご存じないのですか?奥様の商団のチン・スミョン行首が

亡くなった事を。」とオンニョ。

「何だと?」とチョン・ナンジョン。

「その事件に絡んでいる黒幕も、私が必ず明らかに

してみせますから。」とオンニョ。

獄中花(オクチュンファ)第35話 チョン・ナンジョンと話すオンニョ

チョン・ナンジョンはすぐにミン・ドンジュの元へ行き、

チン・スミョンについて尋ねます。

「どうしてチン・スミョンが死んだのを、

私は知らないのか?」とチョン・ナンジョン。

ミン・ドンジュは一瞬慌てますが落ち着いて、

「はっきりした事が分かってから、報告しようと思っていました。

チン・スミョンが管理している資金は問題なく

管理しています。」と報告します。

 

オンニョ商団では

ヤン・ドングがオンニョの商団にやって来ます。

今、捕盗庁に捕まっているチ・チョンドゥクの件で、

ヤン・ドングはオンニョたちに今の状況を説明します。

「ぜったいに犯人ではない。」とオンニョ。

けれども、「今チ・チョンドゥクにとって不利な

証言ばかりが出ている。」とヤン・ドング。

 

チン・スミョンという男

イ・ソジョンがマノクを連れてユン・テウォンの所へ行きます。

「どうなったのか、話してみなさい。

二人に何があったのか。」とユン・テウォン。

獄中花(オクチュンファ)第35話 尋ねるユン・テウォン

「大丈夫だから、楽に話しなさい。」とイ・ソジョン。


スポンサーリンク



マノクはチ・チョンドゥクとチン・スミョンが飲んでいる時の様子を回想して、

「それが、最初に二人が入って来た時は雰囲気が良かったんですが。」とマノク。

獄中花(オクチュンファ)第35話 回想するマノク

マノクの話では、チン・スミョンがチ・チョンドゥクに、

「チ胥吏(ソリ)、お前はいつまでチョン・デシクの後を

ついて歩いているんだ?」と尋ねます。

獄中花(オクチュンファ)第35話 尋ねるチン・スミョン

「どうしろと言うんだ?食べて生きていくには

ガマンしなくちゃ。」と笑いながらチ・チョンドゥク。

獄中花(オクチュンファ)第35話 笑うチ・チョンドゥク

「俺がチ胥吏の運命を変えてやろうか?」とチン・スミョン。

「運命を?どうやって?」とチ・チョンドゥク。

「オンニョいるだろ?俺が見たところ顔もいいし、

容姿もいいじゃないか。」とチン・スミョン。

「きまり悪いからそういう話はやめて、

酒でも飲め。」とチ・チョンドゥク。

「いいから俺にくれよ。俺が運命を変えてやる。」とチン・スミョン。

「やめろ。」とチ・チョンドゥク。

「お前の運命も、オンニョの運命を変えてやるから。」とチン・スミョン。

「いい加減にやめろと言っているだろ。分からないのか?」とチ・チョンドゥク。

「良く考えてみてくれ。オンニョが俺の息子を

産んでくれたら。」としつこいチン・スミョン。

「やめろー!」とすごい勢いで叫んでお膳を引っくり返すチ・チョンドゥク。

そしてチ・チョンドゥクとチン・スミョンは取っ組み合いになります。

獄中花(オクチュンファ)第35話 取っ組み合いになるチ・チョンドゥク

 

「取っ組み合いになったのを、やっと止めたんてす。」とマノク。

「こんな事になるとは想像もつきませんでした。」とイ・ソジョン。

獄中花(オクチュンファ)第35話 報告するイ・ソジョン

「チン・スミョン行首について、知っている事はあるか?」とユン・テウォン。

「チン・スミョン行首は、チョン・ナンジョン商団で資金を管理しています。

賭博場の運営で大儲けしているそうです。

ソソルに来る度に大金を使います。」とイ・ソジョン。

チ・チョンドゥクとチン・スミョンがお酒を飲んだ

その翌日にチン・スミョンが亡くなり、

気になったユン・テウォンはその日の様子を生から聞き出すのでした。

 

拷問を受けるチ・チョンドゥク

オンニョは捕盗庁ヤン・ドングを通してチ・チョンドゥクに会わせてもらいます。

チ・チョンドゥクに、「一体どういう事なんですか?」と尋ねるオンニョに、

チ・チョンドゥクはただただ「悔しい。無念でならない。」と言うだけです。

そしてチ・チョンドゥクに賭博の借金がある事も分かり、

「どうしてその事を打ち明けてくれなかったんですか?」とオンニョ。

「お前に心配をかけると思って。」とチ・チョンドゥク。

 

外へ出たオンニョは、「おじさんの無実を証明してみせる。」とつぶやきます。

 

チ・チョンドゥクの件を遅れて知ったソン・ジホンは、

オンニョに「どうして話してくれなかったのか。」と言いますが、

「心配を掛けたくなかった。本当に困った時には頼ります。」とオンニョ。

 

王として

「この間の事は、私が軽率でした。私が事件の真意について

母上にお尋ねすればよかったのです。」と明宗。

獄中花(オクチュンファ)第35話 謝る明宗

「その件、まだ調べているのか?」と文定王后。

獄中花(オクチュンファ)第35話 尋ねる文定王后

「いくら関係ないとは言え、そのような残酷な事件が

私の耳に入ったからには、調査しなくてはいけません。」と明宗。

「お話が終わったら、お茶でも飲んで帰ってください。」と文定王后。

「母上、私は今回昭格署を撤廃しようと思います。」と明宗。

「何だと?昭格署を撤廃するですって?」と文定王后。

「はい、それで関与している交際を中止しますので、

よろしくお願いします。」と明宗。

「どうして昭格署を撤廃するのですか?」と文定王后が尋ねると、

「今のように国の事情が難しい時に、祭祀と国庫に

浪費する事はできません。」と明宗。

「浪費ですって?天の思召しを受けて、この国の安寧と国民の無事泰平を

祈願する事に意味がないと言うのか?」と怒る文定王后。

「この国と民は私が他の方法で守ります。」と明宗。

「昭格署で執り行う祭祀は、何より民のためだ。飢饉と凶作に疲れた民たちが、

祭祀までやめたらどう思われるでしょう。失望するでしょう。

どのように民を治めるというのですか。」と文定王后。

「母上、ご心配なさらないでください。民のために民の心を治めます。

この国と民は私が治めます。」と明宗。

「私もこの国の民のために言っているのです。」と文定王后。

「母上、私はこの国の王です。王が直接治めます。

母上がこれ以上口出ししないでください。」と明宗。

獄中花(オクチュンファ)第35話 くぎを打つ明宗

 

実は明宗はソン・ジホンから小尹勢力の弱体化のために、

昭格署の撤廃を提案されていたのでした。

そして明宗はオンニョが昭格署にいる限り、

自分の正体を隠す事に限界があるため、正体を明かすことに決めます。

 

養父を守るために

オンニョはチョンドゥンに、チン・スミョンの家から秘密帳簿を奪うように指示し、

チョンドゥンは秘密帳簿を入手します。

そしてオンニョはユン・テウォンと会い、チ・チョンドゥクの件で相談します。

するとユン・テウォンから

「何年か前までは外知部(今の弁護士)があったが、

十数年前に国で外知部を都城の外へ追い出してしまった。」と言う話を聞きます。

「なぜ、外知部はなくなってしまったのですか。」とオンニョ。

「外知部は裁判を長引かせてしまうからだ。

けれど、これを利用して助け出せるかもしれない。」とユン・テウォン。

オンニョは自分がチ・チョンドゥクの弁護を務めると決意します。

写真出典:http://www.imbc.com/broad/tv/drama/fip/clip/index.html

 

あとがき

チ・チョンドゥクがチン・スミョンの殺人事件の容疑者として捕まり、

ひどい拷問を受ける事になってしまいました。

オンニョをはじめ、オンニョを支える人たちが動き出しましたが、

チ・チョンドゥクを無罪にする決定的な証拠がつかめないようです。

チン・スミョンの事件にはチョン・ナンジョンも知らない所で、

ミン・ドンジュが動いているようですから、

オンニョが相手にするにはなかなか手ごわい相手ですね。

オンニョがこれからどうやってチ・チョンドゥクの弁護をしていくのかが注目です。

そして今回は明宗がオンニョにいよいよ正体を明かすと決意しました。

オンニョは明宗の正体を聞いて、信じるでしょうか。

それとも、ウソを言っていると思って相手にしないでしょうか・・・。

オンニョの反応が楽しみですね。

第35話の視聴率は21.3%でした。では次回第36話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)第33話あらすじ

「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)第34話あらすじ

「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)第36話あらすじ

→「オクニョ」獄中花あらすじ一覧はこちら

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、

「読み放題」というアイコンのついた作品を

31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年6月時点で「オクニョ(獄中花)」が途中話まで配信されています!

31日間無料トライアル登録すれば、

600円分もらえる「ポイント」を使って無料で視聴が可能です。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA