バリ島から帰国の新庄剛志の変貌ぶりが凄い!華々しい過去と現在

かつてはプロ野球ファンでなくても知名度が高く、良く話題になる事の多かった新庄剛志氏。

あの華々しい過去の末にバリ島に在住し、自由奔放な生活をしていると言います。

そんな新庄剛志氏のプロフィールや変貌ぶりを見てみましょう。

バリ島の風景


スポンサーリンク


 

華々しい過去

まずは新庄 剛志氏の簡単なプロフィールです。

幼少時代

  • 1972年1月28日(45歳)
  • 福岡県福岡市南区
  • 身長:181 cm、体重:76 kg
  • 生後10か月で歩きだす。
  • 小学生3年時からソフトボールを始めて、後に軟式少年野球チームではキャプテンでエースで4番打者の目立ちたがり屋。
  • コーチをかって出た父親からの至近距離の猛ノックにも泣きながらついていく新庄少年に、監督はかわいそうなくらい厳しく見ていられなかった。

と、ここまでの新庄剛志氏を見ていると、純粋に野球好きで練習熱心な少年というイメージですね。

 

中学~高校時代

  • 中学時代には軟式野球部に所属していた当時の監督から「走力・肩力」が桁外れと実力を認められた。
  • 西日本短期大学附属高等学校の硬式野球部に所属し、県大会の決勝戦で、生涯初のサイクル安打を達成するも敗戦。全国大会(甲子園)には出場できず。
  • 1988年秋のドラフト会議にて阪神タイガースから外野手として5位指名を受ける。

この時入団が決定した選手に混じって取材を受けた新庄剛志氏は「サッカー選手になりたかった。」と言い放ち、この時から「宇宙人」新庄剛志氏の幕開けとなります。

 

阪神時代

  • 1992年5月に一軍の主砲トーマス・オマリーが故障離脱したのを機に、横浜大洋ホエールズ戦で7番・三塁手でその年初出場して第1打席の初球をプロ初本塁打の決勝打で飾り、初のヒーローインタビューを受ける。
  • その後は守備を内野手→外野手→投手と変更するも、左膝を痛めたため、投手挑戦を断念。

当時の野村監督から「下半身を鍛えれば150キロは出る」と言われて、今でも珍しい二刀流に挑みますが、長くは続かなかったようです。(後に大谷選手がプロ入りした時に「二刀流なんてナメている。」と言ったのが野村元監督だったそうで。)

1995年新庄剛志氏は「野球センスがない。」と突然の現役引退宣言をして、2日後には宣言を撤回して契約更改したり、敬遠球をサヨナラ安打したりと言動に何かと注目を浴びる選手でした。

ある時は上半身に比べて下半身が弱いので、トレーニングをしないのかと問われると「脚が太くなってジーンズが似合わなくなる。」と発言して周りを驚かせました。

プロスポーツ選手が筋トレしなくても選手として活躍できるなんて、羨ましくもありますが、いつもブランド品に身をまとい、ファッションに気を遣う新庄剛志氏の最大のこだわりなのかもしれませんね。

当時「宇宙人」と呼ばれたのも、何をしでかすかわからない得体のしれない存在として見られていたのかもしれませんね。

 

  • 2000年8月に初取得したFA権を行使してFA宣言し、阪神が提示した5年契約総額12億円(推定)をあっさり断って、契約金約3300万円・年俸約2200万円のニューヨーク・メッツへ当時のメジャー選手最低保障額で3年契約する。

当時1800万円で購入した愛車の「真っ赤なフェラーリ」を、渡米前にブランドものの洋服などと一緒にネットオークションで競売してしまい、その売上げを生活費に充てるという宇宙人らしい?行動も注目を浴びました。

 

メジャー時代

  • 2001年開幕メジャー入りで外野手、7番・6番・1番・3番・4番と様々な打順をこなし、開幕直後に初本塁打を放ち、その後「SHINJOY(シンジョイ)」と呼ばれる。
  • 翌年には日本人選手初のワールドシリーズ出場でシリーズ日本人選手初の中前安打を放ち、この時使用したバットは自筆サイン入りでアメリカ野球殿堂博物館に展示されている。

この間アメリカでの生活で、英語はほとんど習得できず(個人的な見解ですが)身振り手振りでもチームメイトとジョークを言って(?)盛り上がっている姿は、アメリカでも「友」として受け入れられていたと言えますね。

 

日ハム時代

  • ちょうど北海道へ移転する日本ハムと契約金4000万円、年俸8000万円で2年契約。
  • 2004年日本ハムへ入団するにあたっての気持ちを聞かれて「メジャーリーグでは英語ばかりで、これでやっと日本語で話ができると思ったら監督が外国人だった。」
  • 会見では「札幌ドームを満員にする」「チームを日本一にする」と目標を掲げ、「SHINJO」として登録。
  • 「スパイダーマン」のかぶりものパフォーマンスをしたり、「オレを育ててくれたこの球場に感謝打法」を命名したり、2006年シーズン1本目の本塁打を「28年間思う存分野球を楽しんだぜ。今年でユニフォームを脱ぎます打法」と命名し、開幕直後にもかかわらずシーズン限りの現役引退を表明。

日本に帰国してからも変な言動で常に注目され続けて、2006年引退宣言した年に日本ハムを日本シリーズで優勝に導き「新庄劇場」が幕を閉じました。

 

画像で比較「過去と現在」

さすがにインターネットが一般的に普及する前の画像はなかなか見つかりませんが、(汗)それでも懐かしい画像を見てみましょう。

1992年頃、まだ少年っぽさが残っています。もみあげも切られていておそらく後ろのうなじもジョリっと短めですね。↓

新庄剛志 阪神

 

1995年の阪神時代の画像↓

髪型が分からないのが残念ですが、フツーの野球選手のようです。

阪神 新庄剛志 

 

愛車の真っ赤なフェラーリとお別れも笑顔でネット競売。真っ赤なインナーを車に合わせて↓

新庄剛志 真っ赤なフェラーリ

写真出典:http://www5.nikkansports.com/baseball/professional/shinjo/486/0208-12500.html

 

日本ハム時代に試合前のシートノックに自分の顔を模ったマスクをかぶって登場。球は見えているのでしょうか~?

新庄剛志 被り物

 

札幌で引退会見した際の画像↓

ファッションにもかなり気を使っているようですし、髪型はプロ野球選手としては今見てもかなり長いですね。

新庄剛志 引退会見

写真出典:https://matome.naver.jp/odai/2135358819779489601/2135632525360762803


スポンサーリンク



引退後の写真のようですが、日焼けした肌に目立つのがまるで韓流スターのような白い歯。髪もボリュームがあります。↓

写真出典:http://shinbishika-guide.com/shinjo-tsuyoshi/

 

最近の2016年の画像ですが、以前より目元も腫れて見えますし、顔色が悪く見えるのは気のせいでしょうか。でもスレンダーなスタイルは以前と変わりないですね。↓

新庄剛志 広告

写真出典:http://work-uniform.jp/shopdetail/000000023267/

 

そして2017年2月20日放送、テレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に登場↓

パッと見、「おネエのベリーダンサー」かと思っちゃいました。(笑)

まゆ毛もほとんどタトゥーのようですし、頭は隠れて見えないというよりは隠しているようにも見え、もしかしたら薄毛・・・なんて想像してしまいます。

顔の輪郭も一層細くなったようですね。

新庄剛志 しくじり先生

写真出典:http://www.tv-asahi.co.jp/shikujiri/

 

気になるバリ島での生活

2007年に元妻の大河内志保さんと離婚し、2010年からバリ島でプール付きの大豪邸に一人で気ままな生活を送っているようです。

昨年清原和博氏の有罪判決を受けて、だからバリ島へ逃げたのではないかと新庄剛志氏にも疑いの目がかけられましたね。でも、その後特に問題なく過ぎていますから違うようです。

本人曰く、「趣味で始めたエアブラシアートの師匠がいるのがバリ島」だったとの事。

 

北海道のセリ市で200万円で落札した競走馬がモデル(?)の作品。

彼の作品を売りに出すと数十万から数百万円の値段がつくとも言われています。

新庄剛志 エアブラシアート

写真出典:http://ameblo.jp/tsu-shinjo/

 

それだけでなく、趣味のモトクロスが高じて総工費2000万円でコースを作ってしまって、次はモトクロスでプロを目指すらしいです。

それにしてもやつれているのは、食生活の変化なのでしょうか。↓

新庄剛志 モトクロス

写真出典:http://www.rock-tune.com/2014/11/30/1356

 

このように働きもせずに趣味に没頭している新庄剛志氏。現役時代に貯め込んだ年俸と、メジャー入り後のCM出演料金で悠々自適な生活をしていると思っていましたが・・・。

 

最後に

新庄剛志氏がこれまで隠し通してきた「しくじり先生」史上最高額の金銭トラブルを暴露するとの事で、あまり隠し事はせずオープンなイメージがありますがそれでも私たちの知らない過去があったらしいので気になります。

番組放送を見て、さすが新庄剛志!って感じでした。

昔から感覚のみで生きてきましたが、今も感覚のみで生きていますね。

メジャー時代に英語が出来ないのにどうやってコミュニケーションを取っていたのかとても気になっていたのですが、相手に日本語を教えていたなんて、そこまで考えが及びませんでした。さすがスーパースター!

有言実行の新庄剛志ですから、お金はまたいくらでも稼ぎますね。

番組で過去を大暴露しつつ反省するケースが多いですが、きっと「宇宙人・新庄剛志」氏は過去の反省は見られないどころか、これからも大いに「しくじり」をやってのけるのではないかと期待しています。


スポンサーリンク




Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sweet-muse/so-funlife.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sweet-muse/so-funlife.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sweet-muse/so-funlife.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2/comments.php on line 35

コメントを残す




CAPTCHA