[椿の花咲く頃]第9話,第10話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2019年9月18日〜2019年11月21日

KBS2で放送の水木ドラマ

「椿の花咲く頃」

第9話,第10話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

韓国ドラマ「椿の花咲く頃」ポスター

写真出典: http://www.kbs.co.kr/

スポンサーリンク


韓国ドラマ「椿の花咲く頃」人物相関図

写真出典: http://www.kbs.co.kr/

 

キャスト・登場人物はこちら→「椿の花咲く頃」キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

<椿の花咲く頃 第9話あらすじ>

 

夜遅くまでカメリアで話をした後、ファン・ヨンシクはトンベクを家まで送ります。

和気あいあいとした雰囲気の二人。

すると二人の前にピルグが現れて、二人をジッと見つめます。

[椿の花咲く頃] 第9話 家まで送るヨンシク

「おじさん、うちのママのこと好きなの?もし好きなら、おじさんは店に来ないで。」とピルグ。

「どうして?俺のこと好きじゃない?」とヨンシク。

「うん、好きじゃない。」と正直なピルグに、内心傷つくヨンシク。

「ママのことを好きなおじさんはみんな嫌い。ママのこと好きと言っておきながら、ママがジュンギのおばさんにいじめられてると、みんな知らんぷりしているから。」とピルグ。

「俺はピルグのママを知らんぷりしないよ。」とヨンシク。

「どうせみんな同じだ。ママが言ってたでしょ。僕のパパは立派な博士で、中国にいるんだって。立派なパパだってママのこと一人にして遠くにいるんだ。だからママのこと好きなおじさんはみんな嫌いだ。」とピルグ。

[椿の花咲く頃] 第9話 ハッキリ言うピルグ

ヨンシクはピルグに「お前がイヤだと言うなら、しないよ。親子でかわいいな。」とヨンシク。

 

その頃カン・ジョンニョルは、ピラティスに500万ウォンもカードを使った妻ジェシカと揉めています。

お金を湯水のように使うジェシカに対して、48万ウォンの海外遠征費がなくて参加できないトンベクとピルグのことが気になって仕方がないジョンニョル。

 

ヨンシクはトンベクを家まで送った後、ベルの音が聞こえて来るので振り向くと、逃げて行く怪しい人物を発見します。

そして地面に落ちている栄養ドリンクの空ビンと、ウロウロしていた足跡を見て不審に思い、調査することにします。

スポンサーリンク


ヒャンミから尊敬していると言われ、気分を良くしたノ・ギュテは、二人で揚平に水上スキーをしに出かけます。

ところが車が故障し日帰りで帰ることができなくなり、外泊して翌日に帰ります。

ホン・ジャヨンはギュテのカード利用内訳を見て、揚平に行ったことを知ります。

ギュテは帰宅して葬式に行って来たとウソの言い訳をしますが、ギュテを怪しむジャヨン。

[椿の花咲く頃] 第9話 怪しむジャヨン

 

勘のいいヒャンミはピルグの父親がジョンニョルだと察し、トンベクにどうして別れたのか尋ねます。

トンベクはジョンニョルについて話します。

幼い時から孤児だったという理由で仲間外れにされていたトンベク。

ところがジョンニョルは違ったと言います。

ジョンニョルとは22才で出会い、お互い愛し合っていたトンベクとジョンニョルは同棲していましたが、突然ジョンニョルの母親が訪ねて来て、トンベクに向かって病原菌扱いしてトンベクを傷つけます。

結局トンベクとジョンニョル二人の問題が原因で別れを迎えますが、ピルグが授かったことだけでも感謝の思いを抱くトンベク。

ヒャンミと店の片付けをしていると、ビール瓶のケースに栄養ドリンクの空ビンが捨ててあるのを見たトンベクは、「いつも捨ててあるけど、イヤね。」とつぶやきます。

 

ヨンシクがトンベクのことを好きだと町中が知っているのに、唯一知らないピョン所長。

ヨンシクはピョン所長に「俺はトンベクさんのことが好きだ。」と言い、今まで見せてくれなかったカブル事件のファイルを見せてもらいます。

そこに残されていたのはトンベクがカブル事件の目撃者で、最後の被害者だったということ。

 

ヨンシクがトンベクを好きだと知ったクァク・トクスンは、ヨンシクに「トンベクを選ぶか、私を選ぶか。」と迫ります。

[椿の花咲く頃] 第9話 問い詰めるトクスン

「そんなの卑怯だ。トンベクさんはいい子だって言ってたじゃないか。お袋と親友なんだろ。」とヨンシク。

「トンベクはいい子で可愛いよ。でも子持ちだと話が違う。」とトクスン。

「一打二進だ。一度に嫁と孫ができる。」とヨンシク。

気分を損ねたトクスンは外へ出て行くと、「俺はトンベクとお袋半分ずつ!」と叫ぶヨンシク。

 

<椿の花咲く頃 第10話あらすじ>

 

ギュテの外泊に怒ったジャヨンはカメリアにやって来ます。

誤解しているジャヨンはトンベクに怒りをあらわにします。

大家のジャヨンに笑顔で接するトンベクに、「前もって3カ月前に言っておくけど、契約終わったら店を出て行ってもらうから。」とジャヨン。

「家賃を上げたくて、そうおっしゃるんですか?」とトンベク。

「どうして私がここに来たか分からないの?」とジャヨン。

[椿の花咲く頃] 第10話 誤解するジャヨン

スポンサーリンク


しょっちゅうカメリアにやって来るヨンシクは、トンベクがキムチを漬けると言うので、家からこっそりと粉唐辛子を持って来たのでした。

「ピルグもあなたのお母さんも私たちのこと嫌だって言ってるじゃない。だから諦めて。」とトンベク。

ヨンシクは親の言うことを聞かなきゃいけない中学生じゃないのだからと言い、自分の意志を通すつもりだと言います。

「ピルグが私みたいな女性を好きだと言ったら、私が反対するわ。お母さんの言う通りにして。」とトンベク。

 

ピルグが学校へ行こうと家の前に出ると、ヒャンミに会います。

学校のカバンが重そうなのでヒャンミが手を貸していると、その様子を見ていたジョンニョルは、ピルグに手を貸したくても、周りの目を気にして見ているしかない立場。

ジョンニョルはトンベクが車一台持っているわけでもなく、車を買ってあげたい気持ちにかられます。

すると「ピルグ、暑いから車に乗って行く?」と声を掛けるヒャンミ。

「ヒャンミお姉さん、車持ってるの?」と尋ねるピルグに、ジョンニョルの車があると言うヒャンミは、ピルグのことを車から眺めているジョンニョルに気づいていたのでした。

ヒャンミはトンベクが大家から店を出て行くようにと言われたことをジョンニョルに伝え、店の建物を買ってあげてとヒャンミ。

「どうして俺が?」とジョンニョルが尋ねると、「カン選手、年俸たくさんもらってるじゃない。」とヒャンミ。

[椿の花咲く頃] 第10話 車に乗せるジョンニョル

 

ピョン所長はヨンシクに「秘密を絶対に守れるか?目撃者の命に関わるからくれぐれも注意しろ。」と念を押して確認し、カブル事件の動画や資料を渡します。

「被害者ファン・クモクの事件当日に撮られた動画なんだが、ここにトンベクもいる。この中に必ずカブルがいるはずだ。」とピョン所長。

[椿の花咲く頃] 第10話 情報を提供するピョン所長

トンベクとクモクは教会のミサで初めて出会い、姉妹のように仲が良くなります。

2014年6月、クモクがエステ店を始めたので、トンベクが新しい機械をテストするために、日焼けマシーンに入ります。

その日にカブル殺人事件が起きたのでした。

スポンサーリンク


暑い季節にマスクと手袋をした男が店に入って来て、音楽のボリュームを最大にします。

その7分間にカブルはクモクを殺し、音楽のボリュームを元に戻してエステ店を出ようとしたその時、トンベクが入っていた日焼けマシーンの終わりを知らせるタイマーが鳴ります。

店に戻って来たカブルはトンベクの靴を発見し、トンベクを捜し始めます。

外の様子が分からないトンベクは、機械のタイマーが終わったと知らせるためクモクを呼び、カブルに自分の居場所を知られてしまいます。

カブルがだんだんマシーンに近づき、カブルがふたを開けようとしますが、なかなか開きません。

[椿の花咲く頃] 第10話 犯人がトンベクに近づく

カブルが必死にふたを開けようとしていると、その時警告音が鳴り、スプリンクラーから水が噴き出て来ます。

これに驚いたカブルは急いで逃げて行き、トンベクは無事に助かったのでした。

今でもカブルの金属音のような妙な咳の音と、逃げて行く後ろ姿はしっかり覚えているトンベク。

その後カブル事件の目撃者がトンベクだと町内にウワサが流れますが、実際に証言できる内容はあまりないトンベクに、証言を得るために付きまとう刑事たち。

そして事件現場に「お願いだから俺にふざけないでくれ」というメモが残されていました。

それ以来現れなくなっていたカブルが、最近また出没していることに、ヨンシクは「不安の種は取り除かなきゃダメだ。所長、俺がカブルを必ず捕まえる。」とピョン所長に言います。

 

派出所に行き「うちの粉唐辛子がなくなった。」と通報するトクスン。

「ああ、あれは俺がトンベクさんに持って行った。」とヨンシク。

トンベクのことになると無我夢中になるヨンシクに、「お前を30年も育ててあげたのに、私を捨ててトンベクを選ぶのか。」と怒りをあらわにするトクスン。

「それはそうだけど、今トンベクさんを助けなかったら、俺は30年後悔することになる。」と反論するヨンシク。

[椿の花咲く頃] 第10話 反論するヨンシク

 

その頃トンベクはカメリアを閉めて帰ろうとすると、後ろに誰かの気配を感じます。

その男はいつものようにビール瓶のケースに栄養ドリンクの空ビンを捨てています。

トンベクは帰り道、いつも後からついて来るヨンシクがいないので少々寂しさを感じます。

トンベクが家に着くと遅れてやって来たヨンシク。

ヨンシクはトンベクの家の前にやって来ると、以前栄養ドリンクが落ちていた場所で聞いたベルの音が聞こえます。

そして逃げて行く怪しい男を追い掛けたヨンシクは、男を捕まえて顔を確認します。

[椿の花咲く頃] 第10話 男を捕まえるヨンシク

写真出典: http://www.tving.com

スポンサーリンク


あとがき

 

カブル事件というのは過去の事件かと思っていましたが、犯人はまだ逮捕されていないし、目撃者がトンベクで、最近またトンベクの周りをうろついている怪しい男がいるという、結構物騒な町?だったんですね。

トンベクは危機一髪と言うか、本当に運よく助かったわけですが、オンサンに犯人がいるとしたら、一刻も早く捕まえてほしいですが、ピョン所長は事件を伏せているみたいなところがありましたし、やっとこれからヨンシクが徹底的に調べるのでしょうから、ヨンシクの正義感に期待したいです。

ところでギュテとヒャンミが付き合っている?

全く釣り合わないような気がしますが、ヒャンミにとってギュテはどんな存在なのでしょうね。

そしてジョンニョルは自分に妻と子供がいることをすっかり忘れてしまったのか、頭の中はすっかりトンベクでいっぱいみたいです。

でもあまりオンサンでウロウロしていると、いつかバレる時が来そうで、見ている側がハラハラしますが、どうなることでしょう。

第9話の視聴率は9.3%、第10話の視聴率は11.5%でした。

 

あわせて読みたい関連記事

 

[椿の花咲く頃]第7,8話

[椿の花咲く頃]第11,12話

[椿の花咲く頃]あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、インターネットを接続する環境が整っていれば、レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」というアイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2020年5月時点で「椿の花咲く頃」は配信されていません。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA