[わろてんか]12月18日第67話あらすじ&見逃し動画を無料で見る方法!

10月2日(月)~はじまりました、NHK朝ドラ「わろてんか」

第12週、12月18日(月)第67話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

「わろてんか」タイトル

写真出典:http://www.nhk.or.jp/warotenka/index.html


スポンサーリンク


 

1. あらすじ 第12週「お笑い大阪 春の陣」第67話

★キャスト・登場人物はこちら→「わろてんか」キャスト

 

風鳥亭の入り口は、客が殺到して押し合いへし合いとなり、入れない客もいます。

高座では月の井団吾を大看板に迎えて、大繁盛です。

そして店の数も松島、玉造、天満と3つに増やします。

てんは三店舗の売り上げを計算しています。

「団吾師匠様々ですな。」と亀井。

「これやったら、団吾師匠の契約金のために作った借金も、なんとか返せそうやわ。」とてん。

ところが、一軒分の芸人で三軒分の番組を組んでいるが難しいと、藤吉。

寺ギンからも芸人を送ってもらっているが、

藤吉の思うような番組を組むには、自分で思うように動かせる芸人が

いればいいのにと、藤吉。

当時大阪の演芸会には、伝統派の喜楽亭文鳥と、

寺ギン率いるオチャラケ派の勢力がありました。

北村笑店は寺ギンの顔色を伺う、弱小寄席グループでした。

 

高座ではキースとアサリがどつき漫才をしています。

アサリはキースにハリセンで叩かれてばかりですが、客に大受けです。

芸が終わって楽屋に戻ったアサリは、「目から火やのうて、タイが出たわ。」と言うと、

「はい、目からタイで、”めでたい”」とキース。

吉蔵は、「お前ら、早よ玉造行かんと間に合わへんのちゃうか?」と吉蔵。

キースとアサリは、「玉造のあと松島へ行って、

またここへ戻ってもたれ・・・。」忙しいと呟きます。

吉蔵はここで昼席やったら終わり、何か手を打たないといけないと悩みます。

そんな時、高座では曲芸師の佐助が足を怪我してしまいます。

寺ギンに知られると大変だと佐助。

 

寺ギンに元に風太が「曲芸の佐助が怪我をした。」と知らせに戻ります。

佐助の代わりはどうしたらいいかと尋ねる風太に、適当に回しとけと寺ギン。

そして佐助のところへ借金を取りに行って欲しいと風太に頼む寺ギン。

風太は佐助の妻・富に会いに行くと、

「すんまへん、今月の支払い、待ってもらいまへんやろか。

もっと仕立ての内職やって、返しますさかい。お願いします。」と必死に頼む富。

「俺は何しとんや・・・。」と呟く風太。

 

富は風鳥亭を訪ねて、藤吉とてんにお金を貸してほしいと頼みます。

「佐助さんは寺ギンさんのとこの芸人やろ。頼むんやったら、

まずはそっちやないか?」と藤吉。

富は、何度も前借していてこれ以上は難しい、

子供が四人いて食べるのが精一杯で、風鳥亭は芸人を大切にするというんで、

恥を忍んでと言います。

藤吉は、「寺ギンさんとこの芸人に金を貸すことができないんや。

筋をたがえることになるんや。」と断ります。

風鳥亭を出る富を追いかけて、てんはお金を渡します。

「これは貸すのではない。自分にも子がおる。困った時はお互い様。」とてん。

「おおきに。」と涙を流す富。

 

リリコは、「あなたの事を、お慕いしております。」と言って、撮影が終了します。

栞が花束を持って来てリリコに、「お疲れ様。撮影終了、おめでとう。」と言います。

「おおきに。」とリリコは花束も受け取らずに帰ろうとします。

「来週からまた新作の撮影だ。」と栞。

「大阪帰ってから、また考えるわ。」とリリコ。

「何度も話しただろ。契約だ。」と栞。

「そんなん、知らんも~ん。」とリリコは栞の頬をつまみます。

 

栞は風鳥亭に寄席を見に来ます。

そして大笑いをする栞と客たち。

栞はてんの自宅で藤吉と話をします。

「リリコの活動写真は、どうなった?」と藤吉が尋ねると、

「もう女優は嫌だとさ。良く言えば芸術家肌なんだから、飽きっぽい。」とため息をつく栞。

「あいつ・・・。栞くん、すまんな。」と藤吉。

「彼女はうちの目玉商品だからな。」と栞。

大阪郊外に、大規模な住宅地を開発する計画があり、その中心となる駅周辺に、

飲食店や遊園地、一大娯楽施設を作ると言う栞。

「一番の目玉は、活動写真館だ。ここで上映する作品の中から、

新時代のスターや花形役者が生まれたら、すごいと思わないか?」と栞。

「それで目玉商品!新時代のスターか。」と藤吉。

「彼女にはその素質がある。」と栞。

「そんなすごい事、考えてはったんですか?」と驚くてん。

「これに失敗したら、全てを失うかもしれないが、君たちとの勝負に負けられない。」と栞。

「俺ももっともっと寄席を増やして、大阪に笑いを広めていかなあかん。」と藤吉。

「伊能さんに負けないように、頑張りまひょ。」とてん。

 

てんの家の外では、泥棒騒ぎでキースが泥棒を捕まえると、何とその泥棒がアサリです。

 

2. あとがき&感想

 

どこにも属さないと言っていた月の井団吾師匠が、

風鳥亭の高座に上がるようになり、いつの間に風鳥亭は

三店舗も展開して、繁盛していますね。

キースとアサリの新ネタも受けているようで、良かったですね。

一方風太は、金貸し屋みたいな仕事までされられて、

なんだか疑問を抱き始めまたようです。

このまま風太は寺ギンの元に居続けるのでしょうか。

かといって、まさかてんの方に来てしまったら、

寺ギンの恨みを買いそうで怖いです。

栞はだんだん事業が大きく展開しているようで、すごいですね。

一大娯楽施設にてんと藤吉の寄席も絡めると、なおいいですよね。

 

あわせて読みたい関連記事

[わろてんか]12月15日第65話あらすじ

[わろてんか]12月16日第66話あらすじ

[わろてんか]12月19日第68話あらすじ

朝ドラ「わろてんか」あらすじ一覧はこちら!

 

3. 動画配信サービスを利用して[わろてんか]を無料で見る

 

前作の「ひよっこ」に引き続き好評の朝ドラ「わろてんか」。

でも、毎日欠かさず見るのって結構大変ですよね。

そこで、もしも見逃してしまったという方必見!

見逃した「わろてんか」の動画を無料で試聴できる配信サービスがあります。

 

それは、今多くの動画配信サービスがある中で、ランキングの高い

「U-NEXT」です。

ネットの環境があれば簡単に視聴できるサービスです。

 

まず配信本数が国内最大級の120,000本以上と、他の動画配信サービスに比べてコンテンツが充実していて魅力です。

最新作はもちろん、お店でなかなか見つからない古い作品なども多数配信されています。

そしてPCやスマホ、タブレットなどに動画をダウンロード出来るので、通勤途中や、寝室など、見たい時に見たい場所で楽しめるのがいいですね。

 

そして何より嬉しいのが、登録してから31日間は無料お試しが可能です。

この無料期間は結構大きいです。

 

U-NEXTは登録をすると600円分のポイントがもらえます。

「わろてんか」は新作なので、このポイントを使えば「わろてんか」5話分が無料で見る事が出来て、しかも「見放題」というアイコンがついた動画を無料で試聴できます。

 

U-NEXTで「わろてんか」を無料で視聴する方法の詳細はこちら

➭➭➭「わろてんか」見逃し動画を無料で見る方法

 

↓ ↓U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録する↓ ↓

U-NEXT

コメントを残す




CAPTCHA