朝ドラ「ひよっこ」第6週第35話あらすじ見逃し!ネタバレ&感想あり

4月3日(月)~はじまりました、NHK朝ドラ「ひよっこ」

第6週、5月12日(金)第35話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

朝ドラ「ひよっこ」第1週第1話

写真出典:twitter.com/nhk_hiyokko


スポンサーリンク


あらすじ 第6週「響け若人のうた」第35話

★キャスト・登場人物はこちら→「ひよっこ」キャスト

 

一生懸命実を捜してくれている綿引さんには悪いが、このままずっと見つからない方がいいなと思ってしまったみね子。

辛い事があっても一生懸命頑張る人に、幸せが訪れると愛子が励まします。

 

みね子は一人で夜空を見上げています。

 

コーラスの練習日。

雄大のオルガンの伴奏に合わせて歌うのは、「恋はやさし野辺の花よ」。

ウィーンで活躍したオーストリアのフランツ・フォン・スッペが作曲した、オペレッタ「ボッカチオ」の劇中歌です。

 

朝、仕事が始まってもお給料日が嬉しくて、職場がざわついています。

「お父さん、何だか今日はみんなニコニコしています。なぜだと思いますか?今日は私にとって初めてのお給料日なのです。」と呟くみね子。

 

「こらこら、仕事中だぞ。お給料出たら何食べるとかコソコソしゃべってちゃダメだ。ほら、いつまでもピーチクパーチクやってると、お給料明日にするぞ。」と明。

するとブーとブザーを鳴らす工員。

「冗談だって。」と明。

「言っていい冗談と悪い冗談がありますが。ちなみに今のは悪い冗談です。」と豊子の声。

「分かりました、悪かったよ。でもな、みんな、ここんとこ効率あまり良くないぞ。生産台数目標下回ってるからな。今月は。」と明。

「みんな、松下さんのお給料が下がったら可哀想だから、頑張りましょうかね。」と幸子。

「本当なんですか?目標を下回ってるって?」と愛子が尋ねると、「最近、本社がうるさくて、さらに生産台数上げろって。冗談じゃないですよ。」と明。

「大変ですね、板挟みで。」と愛子。

「ありがとうございます。」と明。

「でも、いい顔ですよ。お給料日の顔。」と愛子。

「そうですね。」と明。

みな、ニコニコしています。

 

そして終業後に、現金の入った封筒を一人ずつ明から手渡しされる工員たち。

ちなみに当時、3年後にボーナスの支給日に現金輸送車が強盗に3億円強奪されるという事件が起き、それからお給料は銀行振り込みになっていきました。

 

「お父さん、これが給料袋なんですね。ずっしり重く・・・は、残念ながらないけど、私が東京に来て1か月頑張った証しなんだと思うと、給料袋も大切にとっておこうと思いました。」と呟くみね子。

みね子のお給料は1万2千円。そこから食費や税金や保険料、積立金などが引かれて、手取り6千円。

この年の大卒初任給が2万千600円でした。

みね子は手取り6千円の中から、5千円を実家に仕送りします。

澄子はもらったお給料をほとんど全部実家に送るようです。

「いいんだ、使わねえし。」と澄子は言いつつ、「やっぱり、ちょぽっとだけ。」と言ってお金を抜き取ります。

 

寮の食堂では、臨時の販売会をしています。

衣類や宝石などが売られています。

「みんな~無駄遣いしちゃダメよ!良く考えてね。無駄遣いはダメですからね~。」と愛子が叫びます。

「舎監さん、そりゃないよ~、デパートなんかよりずっと安いよ。」と販売員。

「何言ってるのよ。この子たちを守るのは、私の仕事ですから。良く考えてね。迷ったらやめときなさい。」と愛子。

みね子と時子は文具を見ています。

「ちよ子と進に?」と時子。

「うん、二人に買っていいかな~って思って。これどう思う?」とみね子。

「可愛いね、喜ぶよ絶対。」と時子。

みね子は60円でノートと消しゴムを買います。

そしてみね子はブラウスを見ています。

「みね子、あててごらん、鏡。」と時子。

みんながお似合いだ、可愛いと言いますが、値札を見ると950円と書いてあります。

「ムリだ~、ちょっと戻してくるかな。」とみね子。


スポンサーリンク



みね子が諦めたブラウスを別の工員が買っています。

横目で気にしているみね子。

そのブラウスを来て喫茶店に行く工員の姿をみね子は見ています。

 

みね子の同室の仲間は銭湯に行く準備をしています。

そこに優子が小包が届いたとみね子に渡します。

中を開けると、可愛いブラウスが入っています。

手紙を読むと、「みね子様、仕送り本当にありがとう。無理してませんか。みね子が働いて送ってくれたお金は大切に使わせていただきます。本当にありがとう。このブラウスはお母ちゃんが作りました。みね子はこんなのが好きなんじゃないかなと思って作りました。いがったら、着てください。」とあります。

お母ちゃんを思い出してブラウスを抱きしめながら涙を流すみね子。

時子も隣でもらい泣きしています。

 

朝ドラ「ひよっこ」第6週 第35話 給料袋

 

あとがき&感想

お給料日は、みんなそわそわしてましたね。

でも本当にお給料日は楽しみで、黙っていられませんね。

お給料日を明日にするぞなんて冗談言う明に乙女たちは反抗していました。

乙女はお金と食べ物の恨みは怖いですよ~~~(笑)

敵に回してはいけませんよね。

もともと少ないお給料からほとんどを仕送りしたみね子。

母からの愛のこもった贈り物につい涙してしまいました。

いい母娘関係で羨ましいです。

あとは実が無事に見つかるといいのですが・・・。

 

あわせて読みたい関連記事

朝ドラ「ひよっこ」第6週第33話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」第6週第34話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」第6週第36話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」登場人物キャスト

朝ドラ「ひよっこ」あらすじネタバレ!第1週~4週

朝ドラ「ひよっこ」あらすじネタバレ!第5週~8週

 

ドラマを見逃してしまった方

U-NEXTの登録時にもらえる600ポイントで

朝ドラ「ひよっこ」5話分と見放題作品が31日間無料!!

↓↓オススメです。↓↓
U-NEXT


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA