朝ドラ「ひよっこ」6月15日第11週第64話あらすじ見逃し!ネタバレ&感想あり

4月3日(月)~はじまりました、NHK朝ドラ「ひよっこ」

第11週、6月15日(木)第64話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

朝ドラ「ひよっこ」第1週第1話

写真出典:twitter.com/nhk_hiyokko

スポンサーリンク


あらすじ 第11週「あかね荘にようこそ!」第64話

★キャスト・登場人物はこちら→「ひよっこ」キャスト

 

みね子がすずふり亭で初めての仕事の日、お店の外には長い行列です。

みね子は慣れない仕事にてんてこ舞いです。

厨房の秀俊がホールに出て来て料理を運んでいます。

 

「お父さん、明らかに私のせいなんです。」と呟くみね子。

 

みね子が秀俊に謝ると、「料理が温かいうちに出したかったから。」と秀俊。

 

午後3時に昼の部が終了すると、厨房から出てきた省吾は、「おいおいオリンピックでマラソンを走ったような顔してるな。みね子。しかもメダルは取れなかったって感じだな。」と言います。

「今日のランチは疲れたな。」と元治。

「すみません。私が足引っ張って忙しくしてしまったんじゃないですか?」とみね子。

「そうじゃないよ、今日の忙しさは。たくさん来て下さったなっていう意味。」と鈴子。

「今日の売上は2万円。」と鈴子が言うと、みんな拍手します。

よりによって忙しい日に初日だったみね子に「最初にこういう日を経験しておくと、運がいいよ。後が楽だ。」と鈴子と省吾。

 

鈴子と高子とみね子はあんみつ食べようと言って、中華屋の安江も誘って柏木屋に行きます。

「フルーツクリームあんみつ4つ、かんてんの底上げなんかしないでね。」と言う鈴子に、「あ・・・。お待ちください。」と覇気のないヤスハル。

そこに一郎が出て来てお茶を入れます。

一郎は、「和菓子屋は覇気がなくてちょうどいい。」と鈴子に言います。

「親父はあんなだし、息子もあんなだけど、味はいいのよ。先代は偉かった。」と鈴子。

「何だって?」と一郎。

「疲れた?」と鈴子、「足痛いでしょ?」と高子がみね子を心配します。

「無駄な動きが多いからね~。」と高子。

「慣れるよ、そのうち。」と安江。

「今日の帰りにメニューを借りて帰っていいですか?寝る前に覚えようかと思って。」というみね子に、「感心だけど、辞めなさい。仕事は時間内だけやって、終わったら忘れる。でないと嫌になっちゃう。よく頑張ってたと思うよ、みね子は。」と鈴子。

「高ちゃんなんてね、初日ひどかったのよ。皿何枚割るのって。ね。」と鈴子。

「皿割れる音が隣まで聞こえて来て~。私なんか、ラーメンをお客の頭の上にひっくり返しちゃったの。」と笑うと安江。

 

あんみつが来ると、安江の方があんこが多いとか、みね子の方が多いとか言いながら、あんみつを堪能します。

「うめ~っ。」と茨城弁でみね子。

スポンサーリンク


午後5時に夜の部が始まります。

省吾が味付けしているのを隣でじっくりみている秀俊、味見もさせてもらっています。

「ドビあがりました。」と秀俊。

それをゆったりとお客に「お待たせいたしました。」と運ぶみね子。

 

「お昼に比べたら、夜はほんの少しだけどやれた気がしています。昼と夜では全然時間の流れや雰囲気が違います。お昼はやっぱりみなさん時間がないなかでの食事だけど、夜はゆっくり食事を楽しんでいるからでしょうか。」と呟くみね子。

 

午後9時に夜の部が終わります。

厨房では秀俊が火元の確認をしています。

元治が秀俊を飲みに誘うと断り、省吾が五郎さんも誘って行くか、というと喜んでついて行く秀俊。

男性は先に飲みに行きます。

「飲み過ぎるんじゃないよ~。」と鈴子。

「なんか、都会~って感じ。」とみね子。

奥茨城村では、飲みに行く店もなく、行くとしたら夜の山道を2時間も掛けていかないと、とみね子。

「それじゃ、酔いも覚めちゃうわね。」と鈴子。

「それじゃ、こっちも終わりにするか。お疲れ様、今日も一日ありがとう。明日もよろしくね。」と鈴子。

「お疲れ様でした。」と高子とみね子。

みね子は店の外に出た途端、レンガの植木に座り込みます。

 

「お父さん、長い一日が終わりました。今東京中のいろんな飲食店で、お疲れ様と言っているんだなあと思いました。私からみんなに言いたいです。今日も一日お疲れ様でした。こんな一日を私はこれから繰り返していくんですね。それはちょっと楽しいです。働く場所があって仲間がいて。」と呟き空に向かってお辞儀をしています。

 

「終わった途端に、激しく来ました。足が棒のようだと良く言った物だと思います。です。」と呟きながら、足を引きずってアパートに帰ります。

 

あとがき&感想

いよいよすずふり亭での初日が終わりました。

工場での仕事を思い出すと、今日はとても頑張っていたようですね。

特に大きなミスなく、無事に終えてホッとしました。

それにみね子の歓迎会であんみつをご馳走になりましたね。

やっぱり女子会は甘い物が人気ですよね♪

そして鈴子の仕事に対する考え方、いいですね。同感です。

でも、みね子も迷惑かけないように、早く覚えたいのでしょうね。

それも同感。

 

あわせて読みたい関連記事

朝ドラ「ひよっこ」6月13日第11週第62話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」6月14日第11週第63話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」6月16日第11週第65話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」あらすじ一覧はこちら!

 

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA