朝ドラ「ひよっこ」6月16日第11週第65話あらすじ見逃し!ネタバレ&感想あり

4月3日(月)~はじまりました、NHK朝ドラ「ひよっこ」

第11週、6月16日(金)第65話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

朝ドラ「ひよっこ」第1週第1話

写真出典:twitter.com/nhk_hiyokko


スポンサーリンク


あらすじ 第11週「あかね荘にようこそ!」第65話

★キャスト・登場人物はこちら→「ひよっこ」キャスト

 

「お父さん、すずふり亭で働かせてもらうようになってから何日か経ちました。夜が前より遅い分、朝がつらいです。眠いです。」と呟くみね子。

 

みね子は朝の目覚ましをセットしていますが、いつになっても目覚まし時計を止めないみね子。

同じアパートの早苗が、「止めろ!」と叫んでいます。

漫画家(志望)の啓輔は、「もう、朝か。」と言って寝てしまいます。

スケッチブックは真っ白のまま。

そして純一郎は目覚ましの音も気にせず、勉強しています。

 

すずふり亭に出勤したみね子。

 

「お父さん、私の好きな開店準備の時間が始まります。今日も忙しくなりそうです。」と呟くみね子。

 

店が開店して、大忙しの厨房。

「ソテー、上がったよ。」と省吾。

「早く持ってって。」と元治。

高子は気のない返事をして、持って行きます。

「腹立つな。」と元治。

 

秀俊がホールの手伝いから厨房に戻ったので、厨房の戦力はアップしましたが、ホーールの戦力は落ちていて、出来上がった料理がすぐに客に運ばれずに、溜まっていきます。

それは自分のせいだと思って自分を責めるみね子。

 

「でもね、お父さん、一つだけやってないことがあるんです。それだけは。それが私の誇りと言うか、自慢と言うか。それは勤め始めから今日までなんと一度もお皿を・・・。」と呟くみね子。

 

「ほら、早く持ってけ!」と怒鳴る省吾。

 

「割ってない。」と呟いた瞬間にお皿を落として割ってしまうみね子。

 

お昼の部が終わり、固まっているみね子。立ちすくんでいます。

その空気を読んだ仲間もぎこちない雰囲気です。

「みんな、ちょっといいかな。」と省吾。

「みんな座って。」と鈴子。

「みね子、大丈夫か?」と省吾。

「がっかりしてるのよね。」と鈴子。

「仕事始めてまだお皿割ってなかったもんね。」と高子。

「分かってたんですか?」とみね子。

「そりゃ、分かるわよ。」と鈴子。

「へえ~、すげえじゃん。」と元治。

「割ってから、褒められても・・・。」とみね子が言うと、笑う元治。

「えっ?!初めて皿割った事にしょんぼりしてたのか?何だよ。」と省吾。

「どうしたの?」と鈴子。

「いや、ちょっとカッコよく話しようかと思ってたんだけど。」と省吾。

「何よついでだから話しちゃいなさいよ。」と鈴子。

「何だよ、ついでって。いや、俺もさ、気を付けてはいるけど、忙しいとつい声が大きくなって、”持ってけー”とか。高ちゃんはアレだけど、みね子は怖がっているのかなと思って。」と省吾。

「えっ?!」とみね子。


スポンサーリンク



「高ちゃんはアレだけど、って何ですか?どういう意味ですか?」と高子。

「高ちゃんは慣れてるから大丈夫って事じゃないですか」と秀俊。

「そうそう。」と省吾。

「私、気にしてないですよ。全然。」とみね子。

「あ、そうなの?それならいいんだけど。うちの親父が全然怒らない人だったから、俺もそういう店にしたいと思ってる。」と省吾。

省吾が若いころ修行に行った店では、調理場とホールが離れていて、調理場では上の人間が怒鳴ったり殴ったり酷かった。

そんな料理ってどうなんだと疑問だった、と省吾。

「初めて聞くね。あんたの軍隊での話は。」と鈴子。

「でも、一番悲しかったのは、やられた奴は、下が入って来ると、今度は下に同じ事をやっていた。見たくないと思った。でも、人間はやられっぱなしでは生きていけないんだ。そういうもんだと思った。だから余計に悲しいし、いやなんだ。戦争終わって、もう怖いの見なくていいんだって思って、嬉しかった。ごめん、話それた。」と省吾。

「だから、気が付かないうちにみね子を怖がらせてたらやだなと思って。」と省吾。

「そんな事ないです。そんな事、考えさせてしまって、すみません。」とみね子。

「でも、まあ、アレですよね。料理が上がってなかなか運べない時、早く持ってけと言われると、腹が立ちますよね。」と高子。

「料理が出来たら早く持って行くの、当たり前だよな。」と元治。

「料理が出来たから早く持って行けって言われたら、”分かってるわよ!”って気持ちになる。まあ、でも、軽く復讐させてもらってます。軽くね。」と高子。

「どういう時?」と省吾。

「お客様に催促された時、”すいませ~ん、カツまだですか~?”って。」と高子。

「確かに、その顔する。」と元治。

「腹立ちますよね。その時の高子さんの顔。」と秀俊。みんなが笑います。

「エビまだですか~?」と高子。

「腹立つ~、上がってますけど~。」と元治。

 

「お父さん、私は恵まれているなあと思います。素敵な職場です。ありがたいです。お父さんはどっかで働いていますか?そこには笑顔はありますか?」と呟くみね子。

 

あとがき&感想

昨日の様子ではみね子は大きな失敗もなかったですが、今日はとうとうお皿を割っちゃったんですね。

あまりにも厨房からのプレッシャーが強かったと私も思いますが、そのプレッシャーで慌ててしまったようです。

でも、省吾の怒鳴り声に怖がったんじゃないと分かって、みなホッとしましたね。

みね子には、プレッシャーに動じないで、今まで通り頑張って欲しいです。

 

あわせて読みたい関連記事

朝ドラ「ひよっこ」6月14日第11週第63話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」6月15日第11週第64話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」6月17日第11週第66話あらすじ

朝ドラ「ひよっこ」あらすじ一覧はこちら!

 


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA