「名前のない女」第82話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2017年4月2日〜9月15日までKBS2で放送された平日連続ドラマ

「名前のない女」

第82話のあらすじ紹介です。

※ネタバレを含みますので注意!

「名前のない女」キャスト ポスター

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama

スポンサーリンク


<名前のない女 第82話あらすじ>

「名前のない女」キャスト 人物相関図

 

キャスト・登場人物はこちら→「名前のない女」キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

ソン・ヨリはユン・ギドンを迎えにハヌル病院へ行き、

ソン・ジュホが「ヨリ。」と呼ぶ声が聞こえますが、

ジュホは倒れてしまい、ヨリの視界に入らず、

すれ違ってしまいます。

 

ホン・ジウォンと話しているチェ・ミヒに近づいたク・ヘジュは、

「あなたは、誰なの?どうしてうちのお母さんに、

偉そうな言葉づかいなの?」とミヒに尋ね、

ミヒは「ク・ヘジュチーム長、

小さい時の顔と同じね。一目見て分かるわ。」と声を掛けます。

「小さい時?どうして分かるの?」とヘジュ。

「何でもないわよ。」とジウォンは

ヘジュをミヒから引き離そうとします。

「あなたは一体誰なのよ。この人は私の母で、

ウィドグループの会長夫人よ。

偉そうにしてるけど、気を付けてください。」とヘジュは言って、

ジウォンとその場を去ります。

 

ヘジュはジウォンが冷や汗をかいているので心配し、

「昔自分が秘書をやっている時からの知り合いだ。」とジウォン。

ジウォンはク・ドヨンから出された課題は進んでいるのか、

ガヤの事で落ち込んでいると、ヨリとドチに先を越されてしまうと、

ヘジュを心配します。

 

ヨリはギドンが寝ているベッドを捜します。

ヨリが心配すると、チラシを貼っている時に、

車を避けて転んだだけだから大丈夫だと言うギドン。

ヨリはギドンと病院を出ようとしますが、

ふとジュホの「ヨリ。」と言う呼び声が気になり、

ギドンに話すと、もしかして病院にいるかもしれないから、

調べて来てはどうかとギドンが言います。

ヨリはナースセンターに行き、

ソン・ジュホが入院しているか聞きますが、

ソン・ジュホという名前は登録されていないと答える看護師。

 

ジウォンは会長室へ行き、

ドヨンに「どうしてチェ・ミヒを会社へ呼んだのよ?!」と叫びます。

ドヨンは知らないと言い、

ミヒがヘジュに直接会いに来たのだろうかと

疑問を抱くドヨンとジウォン。

けれどもいつミヒがヘジュに、

「自分が実母だ。」と言い出すか分からないと心配するジウォン。

「どうせ、チェ・ミヒには母の資格はない。」とドヨン。

ジウォンはミヒの顔を二度と見たくないからと

ドヨンに言って帰ります。

 

ヘジュはジュホの傍にいる男に電話をし、

何事もないか確認します。

ヘジュが指示したように、

他人の名前で入院させた事も確認したヘジュは、

誰にもバレないようにと指示している会話を、

キム・ムヨルに聞かれてしまいます。

ムヨルはヘジュに何を隠しているのか尋ね、

ヘジュは何もないと言って答えません。

 

ヨリは職場に戻り、ドチに孤児院の院長との会話を報告します。

ジウォンが貧しかった時代に、子供を失い、

その子供はドヨンとの間の子ではない事、

そしてその話をヘジュがジュホから聞いた事を

ドチも驚きます。

「くわしい事はヘジュに聞かないと。」とドチが言い、

ヨリもそう思うと答えます。

 

ヘジュはキム・ヨルメを呼び出し、

ヨリの進めている計画について、尋ねます。

そしてヨリの考えたデザインを全部自分に

教えて欲しいとヨルメに言うと、

「泥棒みたいなこと、出来ない。」と断るヨルメ。

ヘジュは、「ヨリの味方なの?私の味方なの?

ガヤも亡くなって、私とムヨルさんのつながりが何もないのに、

もしムヨルさんと離婚したら、

あなたどうするの?」とヨルメを脅迫し、

ヘジュは自分の側につけようとします。

 

ヨリはヘジュと喫茶店で会い、

ジウォンが昔失った娘について尋ねます。

「名前のない女」第82話 ヘジュと話すヨリ

 

ヘジュは急に不安げになり、

「自分以外に娘なんかいるわけない。」と答えるヘジュ。

「私の父から聞いたんでしょ?ジウォンの娘はどうでもいいから、

あんたがいつお父さんからその話を聞いたの?」と詰め寄るヨリ。

「あんたのお父さん、亡くなったじゃないの。

そんな話知らない。」とシラを切るヘジュ。

「それなら、あんたのお母さんに直接聞くからいいわ。

失った娘の事もいろいろとね。」とヨリ。

困ったヘジュは、昔ジュホから聞いた、

ジウォンが失った娘はもう死んでいるとウソを言います。

ヨリは納得がいかないまま、ヘジュと別れます。

 

ムヨルはハヌル病院に誰がいるのか、考えていると、

母エノクから電話が掛かって来て、

ガヤもソン・ジュホやマヤが

死んでいたと思っていたら生きていたのと同じように、

生きていればいいのに、とエノクが言うので、

ムヨルは驚きます。

エノクから、ジュホが生きていて、ヨリが捜していると聞き、

ムヨルはエノクの店に駆けつけます。

そしてチラシを見たムヨルは、

ヘジュがジュホをハヌル病院に隠しているのではと疑います。

 

ムヨルはハヌル病院のナースセンターで、

ソン・ジュホを捜しますが、

名前がないと看護師に言われます。

すると以前ヘジュと話していた男が病室に入るのを見て、

男が出て来た隙に、病室に入るムヨル。

車いすに乗っているジュホを見て、

ムヨルは、「おじさん、生きていたんですね。

僕の事、覚えていますか?ムヨルです。

おじさんと一緒に住んでいたムヨル。」と尋ねます。

「ムヨル?」と覚えていない様子のジュホ。

 

ヨリとドチもナースセンターに来て、

ソン・ジュホという患者がいるか尋ねると、

いないと答える看護師が、

「今日は同じ質問が多いわね。」と言い、

ヨリが尋ねると、男性も訪ねてきたと言います。

ヨリはジュホを捜すチラシを病院に貼らせて欲しいと頼むと、

院務科の許可がいると言う看護師。

ドチはその責任者を知っているから、

直接当たってみると言って会いに行きます。

ドチは許可をもらい、病院内にジュホを捜すチラシを貼ると、

ムヨルが後からはがしてしまいます。

スポンサーリンク


ヨリは院内ですれ違う人みなに、チラシを見せながら、

ジュホを捜しています。

するとムヨルの姿を目撃します。

ヨリとドチと目が合ったムヨルが逃げ出すのを、

ドチは追いかけます。

「どうして会ったとたんに逃げ出すのよ?」とヨリ。

「今この時間にここで何をしているんだ?」とドチ。

「友達の父親のお見舞いだ。」とムヨル。

「もしかしてソン・ジュホおじさんじゃないのか?」とドチ。

ムヨルは顔色を変えて、帰ってしまいます。

 

ミヒはドヨンと会い、久しぶりにドヨンが好きな

ワインを一緒に飲もうと言いますが、

ドヨンは術後で飲めないと言うと、

仕方なく一人でワインを飲むミヒ。

「ヘジュに自分の正体をバラさないから、

そんなに緊張しないで。」とミヒはドヨンに言い、

過去によく二人でワインを飲みに来た、と思い出話をします。

ミヒにそんな思い出なんかあるとは思わなかった、とドヨン。

ミヒは、「私が再婚したのか、子供はいるのか、

気にならないの?私たちはひととき夫婦だったのに。」とドヨンに尋ね、

会えない間、ドヨンが気になったし、会いたかったと言うミヒ。

ドヨンは酔ったミヒに、「ヘジュに真実を明かさないという

約束だけ守ってくれればいい。」と席を立つと、

ミヒがふらつくので、ドヨンはミヒを支えながら

ホテルのエレベーターに乗り、部屋のある階へミヒを連れて行きます。

その二人の様子を偶然目撃したヘジュはジウォンに電話をして、

「職場で話していたあの女の名前は何?」と尋ねます。

ジウォンは、「アンジェラ・チェ。」と教えると、

ヘジュは電話を切り、ドヨンが浮気をしているのではと勘違いします。

 

ムヨルは帰宅してジウォンに、

「ソン・ジュホおじさんを見ました。死亡を偽装したのですか?」と

尋ねます。

驚いたジウォンは、「どこで見たの?」と尋ね、

ハヌル病院で見たと答えるムヨル。

 

病院では、ジュホの血圧を測った看護師が、

ジュホの顔を見て不思議に思い、

院内のチラシを見て、

「行方不明の父を捜しています・・・ですって?」と驚きます。

看護師はすぐに電話を掛け、

ヨリが電話を受け、「もしかして、私の父を見ましたか?」と尋ねると、

「私の担当患者です。患者さんが、”ヨリ”と呼んでいます。」と言って、

看護師はもう一度病室のジュホを確認してから

電話を掛けると一旦電話を切ります。

 

ヘジュはホテルのフロントで、

アンジェラ・チェに書類を渡したいので、

部屋番号を教えて欲しい、と言うと、

フロントで預かると言います。

急いで渡して欲しいと頼むと、

フロントのホテルマンがホテルの部屋まで行くのを

ヘジュがついて行き、部屋の前で書類を奪い、

自分で渡すと言って、ヘジュは部屋に入ります。

 

部屋にはアンジェラ・チェとドヨンがいて、

ヘジュは、「いやらしい」と言ってドヨンを誤解します。

「ヘジュ、違うの。」とミヒが弁解しようとすると、

「気安く私の名前を呼ばないで。」と怒るヘジュ。

「ヘジュ、この人はお前の母親だ。」とドヨン。

ヘジュは驚いてミヒの顔をじっと見つめます。

 

ハヌル病院では、看護師がヨリに電話を掛け、

ジュホに替わります。

ヨリはジュホに「お父さん。」と呼びかけると、

「ヨリ、私の娘。」とジュホ。

ヨリはジュホの声に涙を流して喜びます。

「名前のない女」第82話 父と電話をするヨリ

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama/

 

あとがき

 

ドチがジュホを捜すチラシを貼ったのに、

ムヨルがはがしてしまいましたが、

それでも生き残ったチラシを見た看護師から

電話が掛かって来ました。

ヨリとジュホは電話で声を確認して、

一瞬ホッとしましたが、

ジュホの居場所がジウォンの耳に入ったので、

またジウォンがどこかへ隠してしまうのではないかと、

ハラハラします。

そしてとうとうヘジュは実母と対面と言う事になりましたが、

ヘジュにとっての母はジウォンだけ、

ミヒにどんな態度を示すのでしょうか。

自分を捨てた母には、怒りしかないかもしれませんし、

恨み言をぶつけるかもしれませんね。

第82話の視聴率は21.4%でした。

では次回第83話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

「名前のない女」第80話あらすじ

「名前のない女」第81話あらすじ

「名前のない女」第83話あらすじ

「名前のない女」あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」という

アイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年8月~「名前のない女」の配信スタートです!

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA