[オクニョ]獄中花(オクチュンファ)第42話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

第41話でオンニョは大殿尚宮に案内され、

秘密通路を通って明宗に会いに行きます。

そこで会ったのはいつもオンニョがお会いしている暗行御史でした。

では「オクニョ」(獄中花・옥중화)第42話のあらすじを紹介します。

※なおこの記事内では、

タイトルであり主人公の名前である

「オクニョ」を韓国語読みの「オンニョ」と表記して紹介しています。

※ネタバレを含みますので注意!

獄中花 オンニョ役チン・セヨンとユン・テウォン役コ・ス

出典:http://entertain.naver.com/read?oid=311&aid=0000654398

スポンサーリンク


<「オクニョ」獄中花 第42話あらすじ>

出典http://daejanggeum.xii.jp/okjunghwa_chart

キャスト・登場人物はこちら→「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

御史の正体

オンニョは暗行御史と思っていた人が、殿下だと知り驚きます。

「体はもう大丈夫か?頭を上げてくれ。」と明宗。

「ご心配をお掛けして申し訳ございませんでした。」とオンニョ。

明宗の執務室に入り、

「私の身分を隠してウソを言ってすまない。

いつかオンニョに身分を明かさねばならないと思っていたが、

身分に関係なく色々な所を見て回りたいという欲を出してしまった。

一日も早くオンニョに自分の立場を話さねばと思ったのだが、

問題が起きてしまい機会を逃してしまった。」と明宗。

オンニョは明国の使臣団の件で、

捕まってしまったカン・ソノとソン・ジホンを助けるために

方法があると明宗に言い、パク・テスの遺品の勅書を渡します。

明宗は「この勅書なら、

今の難題を解決する事が出来るだろう。」とオンニョにお礼を言います。

 

喜ぶオンニョ

オンニョは明宗と別れて、大殿尚宮と会います。

「殿下の事を前もってお伝えできずに申し訳ございません。」と大殿尚宮。

獄中花(オクチュンファ)第42話 謝る大殿尚宮

「いいえ、殿下からどうして自らの身分を明かさなかったのか、

お話しくださいまた。

尚宮、私は今まで私の傍で見守り、

助けてくださった方が御史ではなくて、

殿下だったという事に驚きましたが、一方で嬉しいです。

これまでは世の中に身内がいないと思っていましたが、

事情はどうあれ私の傍でずっと兄が

見守っていてくれたという事ではないですか。」とオンニョ。

獄中花(オクチュンファ)第42話 嬉しいオンニョ

そして「お願いがあります。殿下には当分の間、

私の身分を明かさないでください。

私の母を消したのは大妃ママです。

殿下が私の身分を知って、

私の母がどのような最期だったかを知れば、

殿下を苦しめる事になるでしょう。

私はそれが心配です。」とオンニョ。

「はい、翁主様の意思に従います。」と大殿尚宮。

獄中花(オクチュンファ)第42話 お願いするオンニョ

 

明国の勅書

一方ユン・ウォニョンはソソルで使臣と会い、使臣にお願いをします。

それは、明宗が大尹一派を処罰することに応じなければ、

明国から朝鮮に出兵させるという陰謀を企てます。

オンニョはその内容を妓生のマノクから聞きます。

 

明国の使臣は明宗の前で出兵の話を持ち出し、

イ・ジョンミョンやソン・ジホン、

そしてカン・ソノたちを明国で罰すると脅します。

そこで明宗はオンニョから受け取った勅書を渡します。

その勅書を見て、驚く明国の使臣。

獄中花(オクチュンファ)第42話 パク・テスの遺品の勅書

「で、殿下。」と明国の使臣。

獄中花(オクチュンファ)第42話 驚く家臣

「それが何だか分かったか?」と明宗。

「先代皇帝から朝鮮の官員に下された

勅書ではありませんか。」と明国の使臣。

ユン・ウォニョンはじめみな驚きます。

獄中花(オクチュンファ)第42話 驚く宮中

「内容を読みあげなさい。」と明宗。

獄中花(オクチュンファ)第42話 指示する明宗

「明国皇室は朝鮮のチェタミン・パク・テスが、

明国と朝鮮の国境で女真族を討伐した功を賞賛し、

明国皇室はパク・テスの願いを受け入れ、

女真族の討伐のためなら国境を越える事を

いつでも許可する。」と読み上げると、みなざわつきます。

「殿下、急に皇帝の勅書がどこから出てきたのですか?」と

尋ねるユン・ウォニョン。

獄中花(オクチュンファ)第42話 尋ねるユン・ウォニョン

「それのどこが重要か。」と明宗。

「出処が確かなのでしょうか?」とユン・ウォニョン。

「大監が答えなさい。」と明宗。

勅書を読み上げた明国の使臣が、

「先代の皇帝の勅書に間違いはございません。」と言います。

勅書には署名・捺印がしてあります。

「国境に対する明国の皇室の立場がこうなのに、

大監はどうして脅迫するのだ。それともその間、

明国の皇室の考えが変わったのか?」と明宗。

獄中花(オクチュンファ)第42話 尋ねる明宗

「そうではありません。」と明国の使臣。

「では、大監は皇帝の許可もなく私に

挑戦しようと言うのか!大監!」と明宗は怒鳴ります。

「大監は自分の立場をしっかりしなさい。

先代皇帝の勅書が無視されるほど、

明国の皇室の立場がコロコロ変わる理由は何だ?」と明宗。

「殿下、お許しくださいませ。」と床にひれ伏す明国の使臣。

獄中花(オクチュンファ)第42話 土下座する大監

「もうよい、下がれ。」と明宗。

明国の使臣団はその場を立ち去り、

ユン・ウォニョンとの企ては水の泡です。

 

「まだ話がありますか?」と明宗はユン・ウォニョンに言います。

「殿下。」と言って頭を下げるユン・ウォニョンたち。

「今回の件は、私は絶対に許さない。

明国の使臣とどんな裏取引があったのか、

徹底的に明白に調べるからそのつもりでいるように。」と明宗。

そしてイ・ジョンミョンとカン・ソノ、

ソン・ジホンは無事に釈放されます。

 

明らかになる陰の人物

ユン・ウォニョンは自分の側の人間で、

明宗の側近をしている人物から、

勅書をオンニョが明宗に渡したと聞きます。

ユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンは、

文定王后に呼ばれて会いに来ます。

獄中花(オクチュンファ)第42話 文定王后に会うチョン・ナンジョン

部屋から出て来た文定王后に、

ひれ伏して「ママ、過ちを犯してしまいました。」と

謝るユン・ウォニョンとチョン・ナンジョン。

獄中花(オクチュンファ)第42話 謝るチョン・ナンジョン

「そなたは今回の失敗をどのようにして償うと言うのか。

この失敗で主上殿下を有利な立場に立たせて

どうするというのだ。」と文定王后。

獄中花(オクチュンファ)第42話 怒る文定王后

「命を懸けて主上殿下に許しを請うのだ。」と文定王后。

「今回の失敗は大監のせいではありません。

オンニョが明宗を操っているのです。」とチョン・ナンジョン。

獄中花(オクチュンファ)第42話 反論するチョン・ナンジョン

「オンニョだと?!何をいい加減な事を言っているのだ。」と文定王后。

「主上殿下が宮の外で会っていた者がまさに

オンニョだったのです。」とチョン・ナンジョン。

「何だと?!」と言う文定王后に、

「今まで殿下がオンニョと会って、

私たちの行く道を妨害していたのです。

今回も明国の勅書を殿下に手渡したのもオンニョです。」と

チョン・ナンジョン。

驚いた文定王后は、

ユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンを

部屋に招き入れて詳細を尋ねます。

獄中花(オクチュンファ)第42話 部屋で話す文定王后

「あの勅書はパク・テスの物でした。

オンニョはパク・テスの弟子ではないですか。」とユン・ウォニョン。

「今まで大妃ママがオンニョを可愛がっていたので

言えなかったのですが、今まで私と大監の行く道を遮り、

大妃ママのなさる事を妨害して来たのが

オンニョだったのです。」とチョン・ナンジョン。

「その上、オンニョは今回勅書を差し出したのをきっかけに、

大尹と繋がりを持っています。大妃ママ、

今からでもあの女を止めなければなりません。」とユン・ウォニョン。

頭の痛い文定王后は、

内禁衛従事官キ・チュンスにオンニョの監視を命じます。

スポンサーリンク


明宗の提案

勅書のお陰で問題解決しましたが、

勅書を明宗に渡したのがオンニョだと文定王后たちに知られてしまい、

「とうとう母上まで知ってしまったゆえ、

そなたの立場がもっと危なくなるだろう。」とオンニョを心配する明宗。

獄中花(オクチュンファ)第42話 心配する明宗

「何か望む事はあるか?」と明宗が尋ねると、

「典獄署を出てから、まだ自分の身分が整理されていませんので、

また典獄署の茶母として復帰させてください。」と頼むオンニョ。

「分かった。ところで、私はお前を宮女にしたい。

そして側室にして私の側に置きたい。」と明宗。

驚くオンニョ。

獄中花(オクチュンファ)第42話 驚くオンニョ

「お前がユン・テウォンを思う気持ちを知っていながら、

私がこのような提案をするのが悪いようだが、

お前が剣で狙われて命が危険になるのは、

これ以上見ていられないのだ。

私の気持ちを受け取ってくれ。」と明宗。

「殿下、私をそのように考えてくださる

お気持ちは嬉しいのですが、

どのようにお答えしたらいいのか分かりません。」とオンニョ。

「今すぐに答えよという訳ではない。

もちろん、お前の事を考えると、

一日でも早く側に置きたいが・・・。

簡単な事ではないのは分かる。時間を掛けて考えてみよ。」と明宗。

獄中花(オクチュンファ)第42話 殿下と話すオンニョ

 

さらに危険なオンニョ

オンニョのお陰で牢から出されたソン・ジホン。

「お前のお陰で命が助かったが、

お前はこれからも文定王后たちから狙われるだろう。

刺客から狙われてまだ間もないのに、

お前はまた標的になってしまった。」と心配するソン・ジホン。

「心配しないでください。もう狙われません。

私たちを怖がるように仕向けます。」とオンニョ。

 

カン・ソノの指示で

カン・ソノはユン・ウォニョンの勢力に政治的ではなく、

武力で対抗すると部下に宣布します。

カン・ソノは武力でオンニョを守る決意をします。

そしてカン・ソノはチョン・ナンジョンの侍女に

偽装して尚宮をしている者に指示をします。

それはチョン・ナンジョンの食事に毒を盛るようにと言う指示です。

オンニョはミン・ドンジュの手下トンチャンを捕まえて提案をします。

そして「これ以上やられてばかりではいられない。

私の言う通りにすれば命が保証される。」とオンニョ。

 

一方で、チョン・ナンジョンの食事をつまみ食いしようとしたチョングム。

侍女長であるチュングムは愚痴をブツブツ言うので、

チョングムはつまみ食いできません。

そしてチョン・ナンジョンは毒を盛られた食事を

食べてしまい、倒れてしまいます。

チョン・ナンジョンの命には別状無かったものの、

侍女長のチュングムは、チュングムがチョン・ナンジョンの

食事に手を付けていたのを見たと証言します。

誤解されてしまったチュングムは、必死に否定します。

すると、食事を準備した侍女がいなくなったと分かり、

チョン・ナンジョンはその侍女を捜すよう命令します。

 

典獄署に復帰するオンニョ

「まずは主簿から会わないと。お前を見たら喜ぶぞ。」と

チ・チョンドゥクはオンニョを連れて行きます。

獄中花(オクチュンファ)第42話 オンニョを迎えるチ・チョンドゥク

久しぶりの典獄署です。

獄中花(オクチュンファ)第42話 典獄署に着くオンニョ

すれ違う役人から、

「オンニョよ、また典獄署に戻って来たのか?良かったな。」と

声を掛けられます。

典獄署主簿(署長)チョン・デシクたちも大歓迎します。

獄中花(オクチュンファ)第42話 大歓迎する典獄署の仲間

「体は大丈夫か?心配したぞ。」と典獄署奉事イ・ヒョソン。

「はい、大丈夫です。

ご心配をお掛けしてすみませんでした。」とオンニョ。

「オンニョはただの茶母としてではなくて、

俺の補佐をしてもらうんだから、

あいつの話は聞かなくていいぞ。」とチョン・デシク。

獄中花(オクチュンファ)第42話 命令するチョン・デシク

「また典獄署で仕事が出来て嬉しいです。」と笑顔のオンニョ。

獄中花(オクチュンファ)第42話 嬉しいオンニョ

「俺も嬉しいぞ。」とチョン・デシク。

「オンニョよ、俺はオンニョに会いたかったが、

オンニョは俺に会いたくなかったか?」とユ・ジョンフェ。

獄中花(オクチュンファ)第42話 尋ねるユ・ジョンフェ

役人や囚人のみなが、「良く帰って来た。」と喜びます。

獄中花(オクチュンファ)第42話 仕事をするオンニョ

写真出典:http://www.imbc.com

 

あとがき

とうとう王・明宗とオンニョが会う場面になりました。

オンニョはとても驚いていましたが、

オンニョがどうして自分に会いに来たのか、明宗も驚いたようです。

でも、明宗が王と分かってオンニョにとってはとても良かったですね。

たった一人の兄がこの世に生きていたと言う事実がほんとうに嬉しそうでした。

でも、オンニョの正体を明宗も知った方が良さそうですが、いつまで隠せるでしょうか。

第42話の視聴率は21.0%でした。では次回第43話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)第40話あらすじ

「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)第41話あらすじ

「オクニョ」獄中花(オクチュンファ)第43話あらすじ

「オクニョ」獄中花あらすじ一覧はこちら

 

スポンサーリンク


★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」という

アイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年6月時点で「オクニョ(獄中花)」が途中話まで配信されています!

31日間無料トライアル登録すれば、

600円分もらえる「ポイント」を使って無料で視聴が可能です。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す




CAPTCHA