[雲が描いた月明かり]第2話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2016年8月22日~10月18日まで午後10:00~KBS2で放送された月・火ドラマ

「雲が描いた月明かり」

第2話のあらすじを紹介します。

※ネタバレを含みますので注意!

「雲が描いた月明かり」ポスター

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama/gurumi/behind/wallpaper/index.html


スポンサーリンク


<雲が描いた月明かり 第2話あらすじ>

 

「雲が描いた月明かり」人物相関図

写真出典:https://knda.tv/kntv/program/kn000663/

 

キャスト・登場人物はこちら→[雲が描いた月明かり]キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

宮殿を逃げ出そうとしたホン・サムノムは、偶然世子イ・ヨンと再会します。

落とし穴からイ・ヨンを助けずに逃げたサムノムは青ざめ、

イ・ヨンはニンマリし、「会えて嬉しい、わんこよ。」と言います。

「ご無事・・・でしたね。別監(護衛)だったのですね?」とサムノムはイ・ヨンに抱き付きます。

「ところで、どうして内侍の服を着ているのか?ふろしきまで持って。」とイ・ヨン。

そこへやって来たソン内官に、「こんな夜遅くに内侍にお使いをさせるとは、

まるで逃げ出すのかと思うような出で立ちでね。」とイ・ヨン。

サムノムは逃げ損ねて、ソン内官について行きます。

そしてサムノムはソン内官から、「お前の犯した過ちは、1.脱出 2.ウソ

3.そして一番バレてはいけない相手に・・・。」と言われ、

ソン内官は一人で怒りを噛みしめています。

 

内班院では内侍たちが集められ、ハン・サンイクが内侍の心得を説きます。

そしてソン内官は内侍試験について、身体検査、筆記試験、

そして人間性で評価する、一つでも不合格なら宮殿から追い出すと説明します。

教育係のマ・ジョンジャは、これから身体検査を実施すると言います。

 

名前を呼ばれた順番に内侍は衣服を脱ぎ検査を受けますが、

困っているサムノム。

とうとうサムノムが名前を呼ばれて前に出ますが、

衣服を脱がずにためらっていると、中殿が倒れたと知らせが来て、

驚いた御医が印を手から落として、走って行ってしまう御医。

内官たちも一緒にいなくなってしまいます。

代わりの内官がサムノムの結果用紙を見ると、

合格と不合格のちょうど間に印が押されていましたが、

印が合格の方に寄っていたので、「合格」になります。

喜んでいいのか、悲しむべきなのか、分からないサムノム。

 

中殿が倒れたのは、ご懐妊だと分かって、大喜びするのは、

キム・ホンとその一派の吏曹判書キム・イギョ、そして戸曹判書キム・グンギョ。

「お腹の子が男の子でなくてはならないのに、

女の子だったらどうしましょうか。」とキム・イギョ。

 

サムノムたち内侍は、東宮殿の前に来て、

「ここが世子様のいらっしゃるところです。」と説明を受けますが、

中からソン内官が世子に突き飛ばされて転がって出て来ます。

「やっぱりうわさ通りだ、東宮殿じゃなくて、トン(糞)宮殿だ。」と同期のトギ。

「何かしくじったら、命はなさそうだ。」と同期のソンヨル

 

イ・ヨンは中殿に懐妊のお祝いをする気持ちになれずに、

亡くなった母であり正室だったユン氏が、

イ・ヨンの幼い時にカヤグムを弾いてくれた時の事を思い出しています。

それでもイ・ヨンは中殿を訪ねて挨拶をします。

まめに足を運んで中殿に会いに来なさい、という王に、

「ご懐妊の大事な時に、私が来たら、お気に障りましょう。

ご出産まで、私は顔を出さない方が良さそうです。」と切り返すイ・ヨンは、

継母である中殿と確執があるようです。

 

内侍の筆記試験の日。

サムノムも試験を受けると知ったイ・ヨンは、

試験官の恰好をして試験会場に現れます。

そしてイ・ヨンは試験官のソン内官に、「私と替われ。」と合図します。

試験が始まり、サムノムは筆をころがして回答を記入しています。

すると後ろから静かに近寄り、正解を教えるのは、イ・ヨン。

そしてサムノムの答えを見て、「これで合格するのか?」と呆れます。

サムノムは筆記試験も合格してしまい、落胆します。

 

そして3つ目の試験が始まり、一人一問ずつくじで問題を引きます。

その問題とは、王族の人が今まで悩んだ内容に関する問題です。

トギが引いた問題を聞いたサムノムは、答えが分かると言います。

 

キム・ユンソンは生をモデルにして、絵を描いています。

そして先日出会った男のフリをした女(サムノム)の話をします。

絵を描き終えたユンソンは、生に目もくれずに帰ってしまいます。

 

サムノムは失態を犯して、罰として人気のない資泫堂で

寝るように言われてしまいます。

幽霊が出るともうわさされる資泫堂に入ったサムノムは、

建物の梁を自由自在に飛び回るイ・ヨンの護衛

キム・ビョンヨンを見かけて気絶してしまいます。

そこへやって来たイ・ヨンは、倒れたサムノムを見て、

「わんこか?」とビョンヨンに尋ねます。

サムノムが気絶したまま眠ってしまったので、

イ・ヨンとビョンヨンが酒を飲んでいると、ちゃっかり起きて来たサムノム。

「花草書生の正体は一体何なんですか?それに、そっちは誰?」と尋ねるサムノムは、

イ・ヨンの頭の冠を触ろうとすると、ビョンヨンが注意します。

理由が分からないサムノムは、腹いせにイ・ヨンが飲もうとした

盃を奪って飲んでしまいます。

そして残りの酒も全部飲んでしまい、ご機嫌のサムノム。

 

ユンソンが政治に興味を持たずに、絵ばかり描いているので、

祖父キム・ホンは、「そんなに絵が好きなら、

いくらでも生を呼んでやる。」と言いつつ、

心の中では別の気持ちを抱いています。

 

サムノムは3つ目の試験の用紙を白紙で提出しますが、

マ・ジョンジャに、「悔いはないのか?」と言われます。

ニヤニヤしながら不合格を待つサムノム。

 

サムノムは領議政キム・ホン宅で行われる、

中殿の懐妊を祝う宴会の準備に駆り出されます。

そして鶏20羽を捕まえて来るようにとソン内官に頼まれます。

鶏をなかなか捕まえられないサムノム。

とうとう家の屋根の上にまで鶏を追いかけますが、

その真下にはキム・ユンソンがいます。

屋根の鶏を捕まえ損ねたサムノムは屋根から落ち、

ユンソンは屋根から落ちて来たサムノムを、とっさに受け止めます。

ユンソンはサムノムの顔を見て、驚きます。

 

夜、キム・ホン宅で宴会が始まると、ホンが持っている盃に矢が飛んできます。

白い仮面を被った人物が、矢を射って逃げて行きます。

その直後にイ・ヨンが酒を持ってやって来ますが、柱に刺さっている矢に気づき、

矢に巻き付いている手紙を読むイ・ヨン。

その手紙の最後には「雲」と書かれています。

そこへユンソンがやって来て、イ・ヨンに酒を注ぐと言います。

過去にイ・ヨンの事を「同志」だと思っていたユンソンですが、

どこかぎこちない二人。

その二人を見ながら、「ユンソンは世子様より世子らしいのに。」とキム・イギョ。

キム・ホンは8年前の事を思い出しています。

昔キム・ホンは、占い師にイ・ヨンとユンソンを観てもらった時、

イ・ヨンに対しては、王族の気品を感じる相だが、短命だと言い、

ユンソンに対しては、温かい心性で聖君の相がある、と言います。

キム・ホンは占い師に、この事を絶対口にしないように、と忠告していました。


スポンサーリンク



イ・ヨンはビョンヨンに、「さっき領議政の家で矢を射った者が、

仮面を被っていただろう。あれは誰だろうか。」と尋ねます。

 

資泫堂でサムノムはイ・ヨンに、「これは領議政の家の尊い鶏ですよ。」と

鶏肉を出しながら、「宮殿でお礼するのも、これが最後だ。」と独り言を言います。

イ・ヨンのありがたく思わない様子に、

「何か嫌な事があったなら、腹いっぱい食べてください。」とサムノム。

「私は飢えた事がない。」と言うイ・ヨンに、

「飢えた事がないかもしれませんが、心は常に飢えているようですね。

心が満たされている私から、少しおすそ分けしましょうか。

朝鮮一心が豊かなサムノムです。」とサムノムは鶏肉をイ・ヨンに差し出します。

 

3つ目の試験の回答を確認するミョンウン王女。

トギが回答した問題は、実はミョンウン王女の悩みだったのですが、

その答えを読んで、

「若旦那様も同じ事を書いてくださったわ。」と恋文を思い出して

涙を流すミョンウン王女。

不思議に思ったミョンウン王女は、過去にもらった恋文を探すと、

トギの回答と全く同じ文を見つけて怒り出します。

 

一方資泫堂では、サムノムとイ・ヨンに、ビョンヨンも加わって鶏肉を食べています。

サムノムは世子様の後ろ姿を目撃したと言いながら、

「世子様のあだ名をご存じですか?」と尋ねると、

「トン(糞)宮殿、半人半獣。」と答えるビョンヨン。

大笑いするサムノムの口に、「うるさい、黙れ。」と鶏肉を突っ込むイ・ヨン。

サムノムは、「ホントかな?」と言うと、ビョンヨンがくすっと笑い、

「笑わない人かと思った。」とサムノム。

「俺も見たぞ。世子様のあだ名がそんなに面白いのか?」とイ・ヨン。

 

翌日サムノムは牢屋に拉致され、回答用紙についてミョンウン王女から、

「お前が書いたのか?」と聞かれます。

トギはすでに牢屋で拷問を受けていました。

「はい。」と答えるサムノムに、

「では、これもお前の仕業だな。」と恋文を差し出すミョンウン王女が、

「一国の王女をもてあそぶとは!」と言うと、

「王女様だったんですか?!」と驚くサムノム。

ミョンウン王女はサムノムの首に剣を振り上げます。

その時「止めろ。」と声をあげたのはイ・ヨン。

みな「世子様。」と言ってひれ伏します。

 

(屋根から落ちたサムノムを助けるユンソン)

「雲が描いた月明かり」第2話 サムノムを助けるユンソン

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama

 

あとがき

 

女の子のサムノムがなぜかいくつもの試験にパスして、

男性として宮殿に入る事になってしまいました。

その宮殿では内侍としていつかは世子様に仕えてお世話する立場なのに、

女の身で務まるのでしょうか。

途中いつでも試験に不合格になって、宮殿を追い出される機会があったのに、

なぜかイ・ヨンが現われては邪魔(?)をして、

内侍として生き残ってしまうサムノム。

その割にはイ・ヨンと護衛のキム・ビョンヨンと三人で、

楽しそうなひとときを過ごし、天真爛漫で自由奔放なサムノムを、

イ・ヨンはどうやら気に入ってしまったようです。

と言うか宮殿では見かけないタイプですね。

その自由すぎるサムノムを待ち構えていたのが、

王女様の怒りでした。

王女様への恋文と、試験の答えを、同じに書くなんて、

サムノムも油断していましたね。

今王女様に処罰される、というその瞬間に世子様として現れたイ・ヨン。

まだ世子の顔を知らないサムノムは、現れたイ・ヨンの顔を

見た?見ていない?

サムノムの命はどうなるでしょうか。

第2話の視聴率は8.5%でした。

では次回第3話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

 

[雲が描いた月明かり]第1話あらすじ

[雲が描いた月明かり]第3話あらすじ

[雲が描いた月明かり]第4話あらすじ

[雲が描いた月明かり]あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って

借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、

という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、

インターネットを接続する環境が整っていれば、

レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

 

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」という

アイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年5月時点で「雲が描いた月明かり」が

全話無料で視聴可能です!

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

 


スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA