[雲が描いた月明かり]第3話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2016年8月22日~10月18日まで午後10:00~KBS2で放送された月・火ドラマ

「雲が描いた月明かり」

第3話のあらすじを紹介します。

※ネタバレを含みますので注意!

「雲が描いた月明かり」ポスター

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama/gurumi/behind/wallpaper/index.html

スポンサーリンク


<雲が描いた月明かり 第3話あらすじ>

 

「雲が描いた月明かり」人物相関図

写真出典:https://knda.tv/kntv/program/kn000663/

 

キャスト・登場人物はこちら→[雲が描いた月明かり]キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

サムノムは牢屋に拉致され、目の前にはミョンウン王女が現われます。

「重罪を犯しました。」と必死に土下座するサムノムに、剣を振り上げるミョンウン王女。

その時世子イ・ヨンが、「止めろ。」と声をあげ、ミョンウン王女は剣を止めます。

そしてイ・ヨンはミョンウン王女の剣を優しく取り上げ、「この者を今すぐ義禁府へ送るのだ。」と叫びます。

驚いたのはミョンウン王女は、「義禁府へ押送すれば、生きて帰らないのでは。事を大きくしたくない。」と言い、イ・ヨンは事を収めます。

イ・ヨンとミョンウン王女が帰ろうとすると、「王女様、申し訳ありませんでした。恋文を代筆するのが、これほど人を傷つけるとは思っていませんでした。」と謝るサムノム。

頭を下げたままのサムノムはイ・ヨンの顔を見る事はありませんでした。

 

キム・ビョンヨンはイ・ヨンに、「どうしてサムノムに身分を明かさないのですか?」と尋ねると、「どうせいつか分かるであろう。」と答えるイ・ヨン。

 

内侍の3つ目の試験の回答を見て、イ・ヨンは合格・不合格を決定します。

「どこか虚しそうに見える人には、何をしてあげたらよいか。」

という問題に、白紙で提出したサムノムの回答用紙を見て、「朝鮮一心が豊かなサムノムです。」という言葉を思い出し、「合格」の印を押すイ・ヨン。

隣で見ているチャン内官は驚き、「どうしてですか?」と尋ねると、「この者はすでに答えを与えてくれた。」と答えるイ・ヨン。

「その答えとは?」とチャン内官。

「鶏肉。」と答えるイ・ヨン。

そして結果発表では、「ホン・サムノム、合格。」と言われて、ガッカリしたサムノムは、「どうして?どうして合格?」と騒ぎます。

「だから、世子様のお心が理解できない。」と空を見上げるチャン内官。

そして集福軒の配属だと言われるサムノム。

 

資泫堂の前で落ち込んでいるサムノムに、「おい、ワンコ。」と声を掛けるイ・ヨン。

「今、機嫌が悪いから、私に近寄らないで。」と言うサムノムに、ちょっかいを出そうとするイ・ヨンを、ビョンヨンは止めます。

そして急に起き出して、「今から東宮殿の世子様に会いに行って来る。」とサムノム。

「何の用だ?」と慌てるイ・ヨン。

「聞きたい事があって。どうして私を合格になんかしたのか。」とサムノム。

「お前なんかに世子様がお会いすると思うか?」とビョンヨンも止めます。

「そうだよな・・・。世子様のせいで、もう終わりです。」とガッカリして諦めるサムノム。

イ・ヨンが理由を尋ねると、「私は内官になる資格のない人間です。

それなのに世子様のせいで。」とサムノム。

「資格のない人間がどうして合格になるんだ?」とビョンヨン。

「きっと、私に恨みがあるから、嫌がらせしているんです。」とサムノム。

イ・ヨンは宮殿が見渡せる高台にサムノムとビョンヨンを連れて行き、「生まれてみたら、家が宮殿だった人間は、どんな資格があるんだ?」と独り言のように呟きます。

「宮殿が家なんですか?私は生まれて一度も自分の家に住んだことがありません。」とサムノム。

「宮殿に好きな人が出来れば、宮殿が家になりますよ。」とビョンヨン。

「そうかな。」とサムノム。

 

翌朝、サムノムは集福軒の配属になったと、淑儀パク氏に挨拶します。

淑儀パク氏は「これから、よろしく頼む。」と挨拶しながら、咳き込みます。

そして口をきかないヨンウン翁主の世話を頼みます。

 

中殿キム氏は「つわりもひどいし、殿下は時々悪夢を見るようで、うなされる事があり、殿下と別の寝所で休みたい。」と訴えますが、キム・ホンは、「このような時こそ、そばにしっかりくっついていなさい。」と助言します。

 

イ・ヨンは具合が悪くて横になっている淑儀パク氏を見舞いながら、7年前の事を思い出しています。

それはイ・ヨンの母であり中殿ユン氏が亡くなった時、イ・ヨンがカヤグムを弾いていると、淑儀パク氏がやって来て、中殿ユン氏の遺言をイ・ヨンに伝えます。

それは、「悲しい時は我慢せずに泣きなさい。もし悲しい事があったら、母の代わりに淑儀パク氏の胸を借りて泣きなさい。」という遺言でした。

「それは本当か、では淑儀の胸を貸してほしい。」と言って、イ・ヨンは涙を流します。

 

サムノムはヨンウン翁主と野原で花を摘んで遊んでいます。

その花を見ていると、つい花草書生を思い出してニヤつくサムノム。

その間ヨンウン翁主は蝶を追い駆けて行ってしまいます。

そこへやって来たイ・ヨン。

「花草書生はここに何の用?そもしも花草書生の正体は何なんですか?気を付けてくださいよ。友としての忠告ですよ。」とサムノム。

「友?いつお前と私が友になったのだ?」とイ・ヨン。

「友じゃなければ、なんですか?」とサムノム。

「主人と飼い犬。」とイ・ヨン。

「自分にはちゃんとサムノムと言う名前がありますよ。ところで花草書生の名前は何ですか。」とサムノム。

イ・ヨンは答えもせずに、サムノムの顔をじっと見つめていると、イ・ヨンを意識して目をそらすサムノム。

イ・ヨンは「男のくせに、なんだ。」と言って、サムノムの頭に飾られて花を取り、頭を叩いて行ってしまいます。

 

一方蝶を追い駆けていて、キム・ホンとぶつかったヨンウン翁主は、キム・ホンの顔を見て、表情が凍りつき、慌てて逃げてしまいます。

 

イ・ヨンは王を訪ねると、「覚悟をするように。代理聴政(代理政治)する。」と王。

王はイ・ヨンに王の権限を譲ると言い、イ・ヨンは嫌だと断ります。

「好きでやる座ではない。」と王。

「世子という身分は選べませんでしたが、どんな世子になるかは、私次第です。」と立ち去るイ・ヨン。

 

淑儀パク氏は殿下に渡してほしいと言って、サムノムに手紙を託します。

そして手紙を持って王の元へ行こうとするサムノムを捕まえて、「ホン内官、その手紙を必ず殿下に渡してください。」という文字をサムノムに見せるヨンウン翁主。

 

サムノムは王に仕える内官に手紙を渡すと、まだその手紙を王が読んでもいないのに、返事の手紙を渡されます。

サムノムは「どうして?」と理由を尋ねますが、「どうせ淑儀パク氏への手紙はいつも白紙だ。」と内官。

スポンサーリンク


そこへ現れた中殿キム氏は、サムノムに淑儀パク氏の具合を尋ね、咳を少ししているとサムノムが答えると、「それでも手紙を書く元気は残っているのね。」と嫌味を言う中殿キム氏。

サムノムは手紙を王に渡すために行こうとすると、中殿キム氏はサムノムの頬を叩き、「いつも通りに従いなさい。」と命令します。

その様子を遠くから見守り、胸を痛めるキム・ユンソン。

そしてしょんぼりしているサムノムの前に現れたユンソンは、松の木に連れて行き、「辛い事があったらここで息抜きしなさい。」とユンソン。

「いつも若旦那さまは私が困った時に現れて、助けてくれる。」とサムノム。

「そして女性が望まない事は知らぬふりをするのが、男の道理ですよね。」とユンソン。

「女性ですって?!」とサムノム。

「もちろん秘密を守るのも。」とユンソン。

「とにかく、ありがとうございます。」とサムノム。

 

何とかして淑儀パク氏の手紙を渡したいサムノムは、王の寝所へ行きますが、とても渡せそうにありません。

すると王に渡す上書を運んでいる内官とぶつかったサムノムは、上書に淑儀パク氏の手紙を忍ばせます。

上書をひとつひとつ読んでいる王は、手紙が混じっている事に気づきます。

 

サムノムは王から淑儀パク氏へ書いた手紙を、嬉しそうに淑儀パク氏に渡します。

そしてその手紙からいい香りもする、とサムノム。

ところが手紙を広げると白紙なので、淑儀パク氏はがっかりして、「手紙を書くのはこれで最後にします。」と諦め、今まで捨てられずにとっておいた白紙の手紙を、すべて燃やすようにサムノムに頼む淑儀パク氏。

 

白紙の手紙を見て、呆然としているサムノムを見つけたイ・ヨンとビョンヨン。

「殿下は、ちょっとひどすぎませんか?白紙の手紙だなんて。」とサムノム。

「どうせ淑儀の手紙は、殿下には届かないではないか。」とイ・ヨン。

「今回は違うんですよ。ちゃんと殿下から直接受け取ったお手紙なのに。」とサムノム。

淑儀パク氏の手紙を上書に忍ばせたのに、白紙の返事だったと聞いたイ・ヨンは、「最後の望みも失ったのだな。お前のせいで。」と言います。

 

夜、王を訪ねたイ・ヨンは、殿下に淑儀パク氏の具合が良くないと知らせると、御医を送る、と王。

そんな事は自分が出来る、王にしか出来ない事がある、淑儀パク氏と直接会ってほしい、とお願いするイ・ヨン。

すると中殿が今懐妊で敏感になっているから、今はダメだと王。

「一体何をそんなに怯えているのですか?母上が亡くなった時もそうでしたね。」と王に尋ねるイ・ヨン。

 

中殿ユン氏が亡くなった時、幼いイ・ヨンは王に、「母上がどうして亡くなったのですか。」と尋ねますが、「世子、病気で亡くなったのだ。」と答える王。

けれども民たちの噂話で、中殿ユン氏は病気で亡くなったのではない、とイ・ヨンは聞いていたのです。

イ・ヨンは「母上をやったのは、一体誰なのですか?」と何度も尋ねますが、「二度とそのような事を言ってはいけない。」と王。

 

過去を思い出し、「あの時、無駄だとしても、何か行動に出なければなりませんでした。この国の王なのですから。」とイ・ヨンは王に言います。

スポンサーリンク


資泫堂では白紙の手紙の前で、まだ悩んでいるサムノムは、白紙の手紙がいい香りがして、焼く事が出来ないと手紙を眺めています。

梁の上で、サムノムの独り言を聞いていたビョンヨンが、「甘い香りか?」と尋ね、何かを思いつきます。

そして手紙を焼こうとしたサムノムを止めて、ビョンヨンは白紙の手紙をあぶりだします。

すると、字が浮かび上がって来て、驚いたサムノムは、ビョンヨンを尊敬のまなざしで見つめます。

字が浮かび上がった手紙を持って走って行くサムノムは、イ・ヨンとぶつかり、「白紙ではなくて、密紙でした!」と嬉しそうに言います。

そしてサムノムは淑儀パク氏に、手紙を渡します。

実は王は、淑儀パク氏が手紙を読んでも読まなくても、毎日同じ場所で、淑儀パク氏を待っていたのでした。

淑儀パク氏はその場所に掛けて行き、王と会うのでした。

 

その様子を見ていたサムノムは嬉しそうですが、イ・ヨンは、王を責めた時に、「私が王として動いたら、お前が危ないのだ。」と言った王の言葉を思い出します。

「どうして殿下は、秘密に会おうとしているのかな。」とサムノム。

 

翌日便殿では、「どうせ何事も決定権は領議政キム・ホンが握っているのだから、お前が王座に座ればいいではないか。」と取り乱す王。

そして「そうだ、世子に座らせよう。」と王は言って、代理政治をさせるため、イ・ヨンを呼び出します。

急に呼び出されて、衣服もきちんと着れていない状態のまま、便殿にやってくるイ・ヨン。

臣下たちは代理政治に反対しますが、キム・ホンは、「世子様のご意志さえあれば、代理政治に賛成します。」と答えます。

「世子の意志はどうだ?」と尋ねる王。

「私、驚いていて、まだ気持ちが固まりません。このように幼い私に、なぜ代理政治などさせようとするのですか。」と震えながら答えるイ・ヨン。

キム・ウィギョは、「あの父親に、あの息子ですな。」と呟きます。

ところが、「ですが、もう一度考えてみれば、出来ないという理由もなさそうです。私、殿下のご命令を喜んでお受けいたします。」とイ・ヨン。

 

実は、前日イ・ヨンは王に、「殿下の心の負担を、私も分かち合います。」と約束していたのでした。

そして「代理政治を自分に命じてください。その代わり必要なものがございます。私が弱くなり、怯えたら、頼れる父です。」とイ・ヨン。

 

翌日、サムノムは東宮殿の配属になり、チャン内官は、「資泫堂の幽霊も恐れないとは、そんな人材が東宮殿には必要だ。」と大歓迎します。

そしてサムノムはチャン内官から、本を書庫に片づけるように、そして今世子様が書庫で本を読んでいるから静かに、と指示を受けます。

世子様に会いたくないサムノムは、嫌々書庫に入ります。

するとサムノムは本を読んでいるイ・ヨンを見つけて、「花草書生、ここで何をしているんですか?」と尋ねます。

「お前こそ。」とイ・ヨン。

「お使いです。ところで、世子様を見かけませんでしたか?」とサムノム。

「あ?ああ。」と答えるイ・ヨンに、「ああ、良かった。」とサムノム。

すると内官に、「ここは世子様だけが出入りできる書庫ゆえ、用が済んだらすぐに出て行くように。」と言われるサムノム。

サムノムは、イ・ヨンにも早く出て行くようにと言いますが、イ・ヨンは全身、世子の衣装を着ている姿をサムノムに見せ、「以前私の名前を尋ねただろう。私の名前はイ・ヨンだ。」と答えます。

目を丸くして驚くサムノム。

 

(野原でサムノムとイ・ヨン)

「雲が描いた月明かり」第3話 見つめ合うイ・ヨンとサムノム

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama

スポンサーリンク


あとがき

 

イ・ヨンはミョンウン王女への恋文を代筆したのが、サムノムと知っていたのか知らないのか微妙でしたが、サムノムが頭を下げたままだったので、気づいていないようでした。

でも、イ・ヨンが間に入って収めてくれて、サムノムは命拾いしましたね。

そして落ちる予定の試験に合格してしまい、女性の身でありながら、内官として配属されてしまいましたが、これから何が起きるのか、気がかりですね。

何だか危なっかしいサムノムですが、なぜかいつもイ・ヨンとビョンヨンに助けられて、何とかうまくやっていますから、これからも危なくも楽しい宮殿生活が待っていそうです。

第3話の視聴率は16.0%でした。では次回第4話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

 

[雲が描いた月明かり]第1話あらすじ

[雲が描いた月明かり]第2話あらすじ

[雲が描いた月明かり]第4話あらすじ

[雲が描いた月明かり]あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、インターネットを接続する環境が整っていれば、レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

 

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」というアイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年5月時点で「雲が描いた月明かり」が全話無料で視聴可能です!

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA