[雲が描いた月明かり]第4話あらすじネタバレ[韓国ドラマ]見逃し動画を無料で!

2016年8月22日~10月18日まで午後10:00~KBS2で放送された月・火ドラマ

「雲が描いた月明かり」

第4話のあらすじを紹介します。

※ネタバレを含みますので注意!

「雲が描いた月明かり」ポスター

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama/gurumi/behind/wallpaper/index.html

スポンサーリンク


<雲が描いた月明かり 第4話あらすじ>

 

「雲が描いた月明かり」人物相関図

写真出典:https://knda.tv/kntv/program/kn000663/

 

キャスト・登場人物はこちら→[雲が描いた月明かり]キャスト

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

王は世子イ・ヨンに代理政治を命じますが、領議政キム・ホンは外交にも関わる重大な問題ゆえ、王に再考を願い出ます。

王は自分の思い通りに行かないので、困惑しますが、「領議政の仰せのとおり、代理政治の問題は、慎重に慎重を期するべきでございます。

ちょうど清国の使臣団が来ると聞きました。

その歓迎の宴に合わせて代理政治を宣言できるように、今ではなく、ご決断をお引き伸ばしください。」とイ・ヨンは王に言います。

するとキム・ウィギョは仕方なく、「ご決断をお引き伸ばしください。」とひれ伏し、その場の臣下たちも同じようにひれ伏します。

イ・ヨンにはめられたキム・ホン一派。

 

東宮殿の書庫で、イ・ヨンが世子の姿をしているのを目撃したホン・サムノム。

「私の名はイ・ヨンだ。」と言われて、サムノムは大笑いし、イ・ヨンの胸を叩きながら、「花草書生、この服は世子様の服ではないですか?まったく、服を勝手に来て、ここは世子様しか出入りできないのに・・・。」と言ってサムノムは、そこで初めてイ・ヨンが世子様だと気付きます。

「花草・・・花・・・あっ!世子様!私を殺してください。」とサムノムはイ・ヨンの前でひれ伏します。

「本当か?殺していいのか?」とイ・ヨン。

「あ、生かしてください。」とサムノム。

イ・ヨンはサムノムの顔を見つめて、「殺そうか?生かそうか?選択の余地がその2つしかないのか?私たちは”友”なのに?」と呟きます。

 

資泫堂では、東宮殿の書庫でイ・ヨンの正体を知ってしまった出来事を、ビョンヨンに嘆くサムノム。

「私たちは”友”なのに?」と言われてしまった、とサムノムは気力を失っています。

そして世子様の悪口を本人に散々言ってしまった事を思い出して、さらに落ち込むサムノム。

「もう考えるのは止めろ。」とビョンヨンが言うと、「キム兄さんは、本当に別監ですか?私に隠し事ないですか?」とビョンヨンの事をも疑うサムノム。

「そんなものない。」とビョンヨン。

それでも隠し事が何かありそうだと疑うサムノム。

 

翌朝、サムノムはチャン内官から、世子様の起こし方を習いますが、「どうか他の仕事ならどんな仕事でも頑張るから、配属を変えてください。」とチャン内官に必死にお願いするサムノム。

「俺が嫌なのか?」とチャン内官が尋ねると、「いえ、そうではなくて。」とサムノム。

するとイ・ヨンが、「じゃあ、俺の事が嫌なのか?」と起きて来ます。

サムノムは聞かれてしまった、と渋い顔をしますが、イ・ヨンは面白がって、サムノムをもっといじめてやる、という得意顔です。

サムノムはイ・ヨンの衣服を整えていると、「東宮殿でなければ、どこでもいい理由とは?」と尋ねるイ・ヨンに、「あれは何でもありません。」とごまかすサムノム。

「私と近くなった事を、後悔しているのか?」とイ・ヨン。

「はい。最初から知っていれば、あんな失礼しませんでした。」とサムノム。

「だから、言いたくなかったのだ。私が世子だと知ったら、私から遠ざかるであろう。黙っていてすまない。」とイ・ヨン。

「その言葉を言うために、他の内官たちを遠ざけたのですか?私に罰を与えようとしたのではないて?」とサムノム。

「二人きりの時は今まで通り、”友”で構わない。いや、そのようにせよ。」と命じるイ・ヨンは、呆然としているサムノムに、早く着替えをさせろと目で合図します。

そしてイ・ヨンに帽子を被せようとすると、背が低くて頭まで手が届かないサムノム。

イ・ヨンはいじわるをして、わざと背伸びをします。

するとよろけてイ・ヨンに抱き付いてしまうサムノム。

帽子も曲がってしまいますが、微笑むイ・ヨン。

 

領議政キム・ホンは清国の使臣団について、「皇帝からの信望は厚いが、国民からは良く思われていない。」とキム・ユンソンから話を聞きます。

キム・ホンはその使臣団の責任者と一席設けたいと言いますが、ユンソンはあまり親しくならない方がいい、と言います。

キム・ホンはそんな人物を利用しようとしています。

 

イ・ヨンは宮殿が退屈なので、「外へ出て案内してやる。」と自慢げにサムノムを誘いますが、「チャン内官の仰るとおりですね。絶対ダメです。」と断ります。

仕方なく諦めたイ・ヨンは、腹痛を訴えると、「それも仮病ですね。」と見破るサムノム。

イ・ヨンとサムノムは書庫へ行き、イ・ヨンが読みたいと言う本を探しています。

なかなか本が見つからないサムノムは、「こんなにたくさんの中からどうやって本を探せと言うんですか?」と愚痴を言っていると、ソン・ヨルが世子の格好でサムノムに、いつも世子様にそんな口をきいているのか?と叱ります。

サムノムは、ふざけるな、とソン・ヨルに食って掛かります。

スポンサーリンク


イ・ヨンはビョンヨンとお忍びで町へ出て行き、流刑が終わった茶山先生を訪ねます。

すると茶山先生は、犬と喧嘩をしているのを見て、呆れるイ・ヨン。

 

一方ユンソンはサムノムを連れ出して市場へ行くと、サムノムは店でチマチョゴリに見とれています。

サムノムは、幼い時にチマチョゴリを着て、母に叱られたのを思い出します。

サムノムはその様子をユンソンに見つかって、慌てて店を出ます。

サムノムが見とれていたチマチョゴリを買ったユンソン。

市場の帰り道、雨が降って来てユンソンはサムノムの手を取って走り出します。

軒下に入ると、手を離してお互い意識します。

雨で塗れたサムノムを見て、ユンソンはさっき買ったチマチョゴリを「どうぞ。」と出します。

「大切な方への贈り物ではないですか。」と尋ねるサムノムに、「そうですよ。でも、その人が喜んで受け取るにはまだ早いようだ。だから気楽に受け取って。」とユンソンは言って、傘を買いに行く間、サムノムはチョゴリを頭からかぶって雨宿りして待っています。

すると隣にイ・ヨンが雨宿りに来ます。

イ・ヨンは幼い時に中殿ユン氏と雨に当たり、裸足で傘も差さずに雨に当たりながら、嬉しそうな母の姿を思い出しています。

そのイ・ヨンの横顔を見たサムノムは、慌てて顔を隠すと、「雨が止むまで、もう少し待ちましょう。」とイ・ヨンは、サムノムに気づいていないようです。

ところが、返事をしたサムノムの声を聞いて、イ・ヨンは宮殿の女官かと思い、サムノムの顔を見ようとした時に、ユンソンがやって来て、イ・ヨンに挨拶し、「私の女人です。急に世子様と会い、驚いているようですから。」と言って、顔を見られずに済みます。

 

イ・ヨンは茶山先生に会い、「キム・ホン一派は、清国の使臣団に世子が代理政治をしていいかと尋ねつつ、代理政治を阻止するつもりだ。」と相談します。

茶山先生は、「まず領議政のクビを捕ってしまえばいい。」と答えますが、「それなら、茶山先生ではなくて、腕のいい暗殺手に頼めばいい事だ。」とイ・ヨンががっかりして帰りろうとします。

「ところで、世子様。血を流すだけが勝ちではないでしょう。甘い蜜で仕留められるのに。」と呼び止める茶山先生。

イ・ヨンは茶山先生の言葉に何かを思いつき、掌楽院の楽器倉庫へ行きます。

 

イ・ヨンは朝鮮全土から数多くの妓生を宮殿に呼びます。

妓生たちを呆れて見ているのは、キム・ホンとキム・ウィギョ、そしてキム・グンギョ。

 

イ・ヨンは妓生たちの舞いの練習を指示し、サムノムにはその練習の記録をさせ、夜遅くまで舞いを一つ一つ絵に描いています。

サムノムは一度舞いを見たらすぐに覚えると、イ・ヨンに自慢しながら、「舞いが終わったら、50数えろとは、どういう事ですか?」とイ・ヨンに尋ねるサムノム。

「見れば分かる。そこからが、本当の公演の始まりだ。」とイ・ヨン。

 

作業に没頭するあまり、イ・ヨンの部屋で眠ってしまい、朝、目を覚めして驚くサムノム。

そしてサムノムはイ・ヨンの寝顔を見て、微笑んでいます。

そこへ部屋の外からチャン内官が、「世子様、お目覚めですか?」と声を掛けます。

びっくりしてしゃっくりをしてしまうサムノム。

チャン内官はいつもと違う返事に戸惑いながら、部屋に入って来ます。

サムノムは慌てて机の下に隠れると、イ・ヨンが、「もう少し寝かせてくれ。」と言い、チャン内官は扉を開けずに戻ります。

命拾いしたサムノムはホッとして、イ・ヨンの顔を覗くと、イ・ヨンは目を開けて、「臆病だな。」とサムノムの頭を撫でます。

 

資泫堂に朝帰りしたサムノムは、ビョンヨンとバッタリ会って、「ああ、花草書生はなんて人遣いが荒いんだ。夕べは一睡もできなかった。」と弁解し、ビョンヨンは、「何も尋ねていないぞ。」と答えます。

そして「世子様をしっかり支えるように。何かあれば王や世子様の足を引きずり下ろそうとする輩がいくらでもいる。」と助言するビョンヨン。

スポンサーリンク


王の40才の祝賀のために、清国の使臣団が到着します。

夜の宴が始まり、妓生が舞いの準備をして出番を待っています。

ところが、最後に独演する妓生が出番の直前に突然消えてしまい、チャン内官やサムノムたちは慌てて、妓生を捜します。

実は、中殿キム氏がこの妓生に「舞台に出ないで準備した籠に乗って、逃げるように。」と前もって脅迫していたのです。

チャン内官から「妓生がいなくなった。」とユンソンも聞き、一緒に捜します。

サムノムが楽屋に行くと、みな男が来たと騒ぎますが、サムノムは他の妓生から、独演をやる予定だった妓生の衣装を渡されます。

サムノムはきっと裏があると感じ、そしてこの独演に懸けたイ・ヨンの気持ちを察して、自分しかいないという必死の思いで、化粧台の前に座ります。

サムノムは長い髪を下ろし、化粧をして、衣装を着ます。

そのサムノムの様子を偶然通りかかった何者かが、目撃して驚きます。

チャン内官がイ・ヨンに、妓生がいなくなったと報告すると、イ・ヨンは顔色を変え、キム・ホンはほくそ笑んでいます。

そこへ登場したのは、鼻から下を隠した妓生。

その妓生の美しい舞いに、ハッと目を奪われるイ・ヨン。

ユンソンも妓生が誰なのかと、注視します。

舞いが終わり、イ・ヨンから王への祝辞を述べる時になり、「領議政キム・ホンは栄誉をありがたく受け、王に祝辞を述べよ。」とイ・ヨン。

キム・ホンは祝辞の文を受け取り、読み上げると、それは、全ての臣下が王に忠誠を誓うという文面でした。

キム・ウィギョは、「まんまとはめられた。」と嘆きます。

そしてキム・ホン一派が世子による代理政治を反対できない状況になり、茶山先生の助言どおりになります。

 

サムノムはその間に、分からないように楽屋へ戻ります。

イ・ヨンは独演の舞いをした妓生が忘れられずに、妓生を追いかけると、妓生の後ろ姿を発見します。

そしてイ・ヨンがサムノムに近づいた瞬間、ユンソンがサムノムの腕を引っ張り、木の茂みにかくまいます。

 

(書庫にてイ・ヨンとサムノム)

「雲が描いた月明かり」第4話 書庫で見つめ合うサムノムとイ・ヨン

写真出典:http://www.kbs.co.kr/drama

スポンサーリンク


あとがき

 

世子イ・ヨン役のパク・ボゴム、端正な顔立ちで、見とれてしまいますね。

それでサムノムもイ・ヨンに見つめられて、胸がドキドキしていたのではないかと思います。

寝ているお顔もとても整っていて、どんな表情をしても美しいです。

話を戻して・・・サムノムはイ・ヨンの身の回りのお世話をすることになり、何かとやりにくそうですが、イ・ヨンはとても嬉しそうです。

今までイ・ヨンが孤独だったのは言うまでもなく、寂しい毎日だったのではないかと想像できますが、サムノムと一緒にいるのが、楽しくて仕方がなさそうです。

いつまでも今の距離感の二人を見ていたいですが、だんだんいろいろな感情が芽生えてきそうです。

今後の展開が楽しみです。

第4話の視聴率は16.4%でした。では次回第5話に続きます。

 

あわせて読みたい関連記事

 

[雲が描いた月明かり]第2話あらすじ

[雲が描いた月明かり]第3話あらすじ

[雲が描いた月明かり]第5話あらすじ

[雲が描いた月明かり]あらすじ一覧

 

★動画配信サービスを利用して[韓国ドラマ]を無料で見る

 

韓国ドラマを見始めると、アレもコレも見たくなりますよね♪

今までは、観たいドラマや映画があるとレンタルショップへ行って借りて来ましたが、返しに行くのを忘れたり、貸出中で待ったり、という手間がありました。

今ではパソコンやスマホ、タブレット、テレビなどで、インターネットを接続する環境が整っていれば、レンタルショップに行かなくてもカンタンに試聴出来る方法があります。

 

それは最新作から名作まで全てのジャンルで「見放題」、「読み放題」というアイコンのついた作品を31日間無料トライアルで楽しめるU-NEXTです。

 

※2018年5月時点で「雲が描いた月明かり」が全話無料で視聴可能です!

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

⇩「韓国ドラマ」を無料で視聴する方法はこちら⇩

☞[韓国ドラマ]動画を無料で楽しむには♪

 

アレもコレも見たくなるのが韓国ドラマ。

U-NEXTで最新作を「見放題」で試聴可能!

そしてU-NEXTだけの「独占配信」も!

新作~懐かしい作品まで、あなたが見たい韓ドラが見つかります。

⇩31日間無料試聴はこちら⇩
U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


CAPTCHA